お シッコ 色 濃い。 濃い色のオーラがある人の特徴 オーラの色が濃くなる理由【実体験】

尿の色が黄色の濃い色になるのは疲れやストレスのせい?病気?

お シッコ 色 濃い

泌尿器科 おしっこ(尿)の色が濃い、茶色っぽい 症状 尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。 健康な時の尿は透明〜薄い黄色ですが、健康状態によって尿の色が変化することがあります。 尿の色の変化が1回だけのこともあれば持続的に続くこともあり、これは変化の原因によって異なります。 例えば、汗をたくさんかいて脱水気味であれば、おしっこが濃縮されて色の濃い、茶色っぽいおしっこが出ることがあります。 激しい運動後でしたらコーラ色、赤ワイン色の尿が出ることがあります。 おしっこの色が濃い、茶色っぽいなどの状況が続く場合は、下記に記載している疾患の疑いがあります。 また、茶色っぽい褐色尿が出る原因としてさまざまな病気が考えられます。 診断の手がかりとなるのは、黄疸、発熱、貧血、腹痛、吐き気、嘔吐といった褐色尿以外の症状があげられます。 ですので、診察の際、医師に出来るだけ詳しくお伝え下さい。 疑いのある疾患 溶血性貧血 通常、血液中の赤血球の寿命は約120日ですが、赤血球の寿命が短くなったことで起きる貧血を溶血性貧血といいます。 原因はさまざまでまれな病気ですが、赤血球の破壊が重度であったり、急速であったりすると、軽い黄疸症状(全身の皮膚や眼球が黄色く染まる状態)が出ることがあります。 壊れたヘモグロビンが処理されてできるビリルビンが尿中に漏れ出すことで、茶褐色の尿が出ます。 横紋筋融解(おうもんきんゆうかい) 横紋筋といわれる筋肉細胞が何らかの原因で一部分が死んでしまい、血液中に流れることで起こります。 手足に力が入らない、手足がしびれる、こわばる、筋肉痛、全身がだるいなどの症状があらわれ、重度の場合は腎臓の機能が悪くなることもあります。 尿の色は褐色になり、原因としては、薬剤性(医薬品の副作用)、高い運動強度の運動、挟まれて傷になったものなどの外傷が挙げられます。 ポルフィリン症 人の赤血球中には、肺で取り入れた酸素を体の組織に運搬する、ヘモグロビンという蛋白質があります。 このヘモグロビンはヘムとグロビンという蛋白質が結合してできたもので、このヘムを合成する過程に異常があるとポルフィリン症が起こります。 尿中にポルフォビリノーゲンが増加するため、褐色の尿になります。 薬剤性 センナ、センノシド(アローゼン、プルゼニド)などの下剤で尿が黄褐色〜赤色に、エパルレスタット(商品名 キネダック)という糖尿病薬で黄褐色〜赤色に、カルパゾクロム(商品名 アドナ)という止血剤で茶色〜黄褐色に変化するといわれています。 尿の色の変化がある薬を処方される時には、薬剤師から説明があります。

次の

おしっこが黄色すぎるのは危険信号なのか!?尿の色が透明と黄色との違いについて。

お シッコ 色 濃い

尿の色が濃くなる原因のひとつとして考えられるのが、肝機能の低下です。 尿は肝機能が健康であるかを測るバロメーターとも言われており、色が濃くなることで知らない間に肝機能障害が進行している…なんてことも。 尿は、肝臓で作られる胆汁に含まれている「ピリルビン」という色素によって色が変わると言われています。 この色素の濃度が高くなることで、どんどん黄褐色や褐色といった茶色のような濃い色へ変化するのです。 肝機能が悪化すればするほど尿の色が濃くなっていき、ウーロン茶のような色になっていくとも言われています。 同時期に白目が黄色くなったり風邪を引いたときのように体がだるくなったりすると、肝機能障害になっている場合もあるので注意が必要です。 尿の色が濃いことから考えられる病気 普段よりも尿の色が濃い、それが続くといった場合は、肝臓の病気が考えられます。 肝炎 主にウイルス感染することによって起こる、肝臓の炎症のこと。 A・B・C・D・E型の5種類があると言われ、その中でもA・B・C型肝炎が日本人に多く見られます。 旅行先での飲水や血液・唾液による感染、性行為による感染などがあります。 自覚症状が乏しいとも言われているので、感染に気付かない場合は他人に移してしまう可能性も。 脂肪肝 アルコールの飲みすぎや食べ過ぎ、肥満、ストレスなどが原因で起こる病気です。 普段は肝臓の働きにより中性脂肪の量を調節できていますが、過剰摂取を続けると肝臓に負担がかかり機能低下してしまいます。 そうすると体に脂肪が蓄積されていき、脂肪肝を発症してしまうのです。 病気が進行すると尿の色が濃くなってきます。 肝硬変 肝炎が悪化して慢性化が進んだり、アルコールを継続して飲み続けたりすると発症するのが肝硬変です。 肝臓が小さく硬くなる病気で、どんどん細胞が減っていき正常に働かなくなってしまいます。 尿の色が濃くなるだけでなく、倦怠感や食欲不振、発熱などさまざまな症状が現れますが、初期は自覚症状がほとんどありません。 なにかしら体に違和感を覚えたときは、病院を受診するようにしてください。 肝臓がん 肝硬変を放置しておくと発症してしまう肝臓がん。 B・C型のウイルス性肝炎から肝硬変になってしまうことがほとんどなので、症状が悪化しないように早めの治療が必要となります。 また、脂肪肝から症状が悪化して進行していくことでも発症する恐れがあるため、日々の生活習慣にも気をつけなければいけません。 その他同じ症状が出る病気 肝機能の低下以外にも、尿の色が濃くなる病気があります。 「肝臓は悪くないから大丈夫」ではなく「他の病気の可能性もある」と考えて、早めに病院を受診しましょう。 溶血性貧血 赤血球の寿命が短くなることで発症する病気です。 何かしらの理由で壊れたヘモグロビンが処理されるとビリルビンができ、それが尿に混じることで色が濃くなります。 横紋筋融解(おうもんきんゆうかい) 医薬品の副作用や外傷などによって横紋筋という筋肉の細胞の一部が壊死し、血液に混じることで発症。 褐色の尿が排出されます。 ポルフィリン症 赤血球の中の酸素を運ぶヘモグロビンを構成する「ヘム」の合成経路に、異常が発生することで起きる病気がポルフィリン症です。 尿の色は褐色になると言われています。 胆管がん 胆汁の通り道である胆管の表面を覆う粘膜に発生する悪性腫瘍です。 黄疸によって血液中のビリルビン濃度が高くなると、尿中に流れこみ色は褐色になります。 症状が見られたときは?.

次の

尿の見た目でわかる病気のサイン

お シッコ 色 濃い

スポンサードリンク 尿の色が濃い黄色になるのって何かの病気? 尿の色が黄色くなる原因の最たるものは、単なる水分の不足です。 例えば、朝起きた後の尿も色が濃い黄色ですよね。 これは、寝ている間に体の水分が不足するからです。 睡眠中は、当然水は飲みませんし、結構な量の汗をかきますからね。 また、 日中でも、運動して汗をたくさんかいた後の尿は濃い黄色になりますね。 これも、体内の水分が汗で失われるせいです。 でも、朝イチの尿や、運動後の尿が濃くなるのは、経験から知っている人が多いのではないでしょうか? 問題は、朝イチでも運動後でもなくて、特に汗もかいていないのに尿が黄色いっていう場合ですよね。 まず考えられるのは、 栄養ドリンクやサプリメントを飲んだというケースです。 タウリンを含んだ栄養ドリンクや、ビタミンB2を含んだサプリメントを飲むと、尿が鮮やかな黄色になります。 タウリンを含む栄養ドリンクというと、ファイト一発のアレが有名ですね。 サプリだけではなく、チョコラBBなどを飲んでも、ビタミンB2などで尿が黄色くなります。 どうでしょうか? 心当たりがありますでしょうか? 栄養ドリンクやサプリメントで尿が黄色くなるっていうのも、知っていた人が多いでしょうか? アレって、濃いというよりも、鮮やかな黄色になりますから、「病気かも?」って不安にはならずに、「わあ、キレイ」って、ちょっと楽しくなってしまうかもしれませんね。 (私はそうなんです) 朝イチでも運動後でもなく、栄養ドリンクやサプリメントを飲んだわけでもないのに尿が濃い黄色になっているとすると、原因は何なんでしょうか? 次の章から、もうちょっと詳しく紹介していきますね。 尿の色が濃い黄色になるのは疲れが関係あるの? 尿が濃い黄色になる、その他の原因の一つとしてあげられるのは疲れです。 言うまでもなく、肉体疲労で汗をたくさんかいたのなら、運動後の場合と同じように、水分不足によって尿は濃い黄色になります。 でも、激しく体を動かしたわけでもなく、汗もかいていないのに疲労感があって、尿も濃い黄色になるというケースもあるんです。 どうでしょう? 当てはまりますか? この場合、 慢性的な疲れによって臓器の働きが悪くなって、その結果として尿が濃くなっている可能性が考えられます。 例えば、腎臓の働きが悪くなると、通常であれば尿には出てこない血液中の成分や蛋白が尿と一緒に排出されてしまい、そのせいで尿が濃くなることもあるんです。 水分はちゃんととっているのに、慢性的に疲れていて、尿が濃い黄色になっている状態がずっと続くという場合には、臓器も疲れてしまっているのかもしれません。 できるだけ休息を取って、臓器をいたわることが重要ですね。 また、肝臓の機能が悪くなって黄疸になったりしても、尿が濃くなるという症状が出ることもあります。 単なる水分不足や汗をかいたせいではなさそうで心配でしたら、医師の診察、健康診断を受けたほうがいいかもしれません。 特に、肝臓は『沈黙の臓器』とも呼ばれていて、病気になっても症状が出にくいですから注意が必要です。 それと、最初の方で、サプリメントを飲むことで尿が黄色くなると書きましたが、実は、人工物のサプリメントを飲みすぎると肝臓が疲労してしまうんです。 肝臓がサプリメントの成分を分解しているので、過剰に摂取すると負担が大きくなってしまうためです。 ですので、サプリメントのせいで尿が黄色くなっているのでしたら、そのために肝臓が疲れてしまって、それによって体の疲労感も出ているという事も考えられますね。 「疲れないように栄養をしっかりとらなきゃ」と思ってサプリをたくさん飲んでいたら、肝臓に負担をかけることで疲労感が出て、それでますますサプリに傾倒するという悪循環になってはいないでしょうか? 心あたりがあるのでしたら、栄養は普段の食事からとるようにして、サプリメントを飲むことはできるだけ控え、肝臓に過度の負担をかけないようにしたほうがいいでしょう。 スポンサードリンク 尿の色が濃い黄色になるのはストレスが原因の場合も 身体的疲れや内臓の疲労だけではなく、精神的なストレスも尿が濃い黄色になる原因として挙げられます。 すごく緊張した時に、口の中がカラカラに乾きませんか? その経験からも分かるように、 ストレス状態に置かれると体内の水分量が不足するんです。 尿が濃い黄色になるのも、そのせいなんですね。 仕事などが忙しかったりして大変だったりすると、ストレスがかかるだけではなく、こまめな水分補給もおろそかになりがちです。 ストレスを感じている時は、水分をしっかり取ることを特に心がけないといけません。 ストレスは尿路結石の原因にもなる場合がありますから、注意したいところです。 経験した人なら分かるでしょうが、結石って痛いですからね。 尿の色が、健康をはかるバロメーターになっているといえるでしょう。 濃い黄色が続かないように、しっかり水分補給です。 まとめ 尿が濃い黄色になる原因には、起床直後や運動後の水分不足のほか、栄養ドリンクやサプリメントの摂取、体や臓器の疲れやストレスも挙げられます。 単なる水分不足や、栄養ドリンク、適度なサプリ摂取のせいだったらいいのですが、腎臓や肝臓などの内臓の疲労のせいでしたら注意が必要です。 慢性的な疲れは内臓の働きを悪くして、その結果、尿が濃い黄色になることがあるんです。 また、サプリメントの過剰摂取は肝臓に負担をかけます。 そのせいで、ビタミン系の成分によって尿が黄色くなるだけではなく、慢性的な疲労感が出ている場合もありますので、心あたりがあるのでしたら注意してくださいね。 それと、ストレスも体内の水分量の不足を引き起こし、その結果として尿を濃い黄色にすることがあります。 そのような場合は、意識して水分補給をしっかりするようにしましょう。

次の