急性胆嚢炎 英語。 胆管炎について

胆嚢炎

急性胆嚢炎 英語

胆嚢炎・胆管炎の病態整理の説明 胆嚢や胆管に細菌が感染して炎症を引き起こす疾患です。 胆管は十二指腸と繋がっているため、 逆行性に大腸菌などの細菌が流入して、炎症を招くことが多いと考えられています。 胆汁の役割 胆汁は食事で摂取した 脂肪分の消化・吸収を助ける消化液です。 肝臓で1日に約500㎖生成され、この胆汁が通る道を胆道と呼びます。 さらに、胆道は肝内胆管、肝外胆管、胆嚢に分けられます。 胆嚢は、胆汁の貯蔵庫です。 食事をとると、胆嚢内で濃縮された胆汁は胆嚢が収縮することにより肝外胆管に送り込まれ、十二指腸に流れ出し消化を促進させます。 胆嚢炎・胆管炎の主な原因は「結石」と「腫瘍」 肝臓・胆嚢の構造と胆汁の役割から考えると、 胆嚢炎・胆管炎は胆汁の流れが悪くなると感染しやすくなります。 つまり、胆汁の流れをせき止めるような状態、 結石や腫瘍が原因となりが胆嚢炎・胆管炎を引き起こすのです。 胆道を流れる胆汁は細菌が繁殖しやすく、細菌が侵入すると急速に繁殖して、胆道内の組織に炎症を起こします。 ( 胆嚢炎・胆管炎の9割の患者は結石を持っています) また、胃瘻など経管栄養中の方は口から食事を摂取しないため、消化液が分泌する必要がありません。 つまり、胆嚢が機能しなくても問題ないため胆嚢炎を合併しやすくなります。 (*結石は脂肪分の多い食生活の変化により保有者は増加しており高齢かつ男性の方が多いと言われています。 ) 胆嚢炎・胆管炎の主な症状• 右上腹部痛• 発熱 症状が悪化すると胆汁内で繁殖した細菌が全身へ広がり、 敗血症やDIC を併発する可能性があります。 (他の臓器と比較し、肝臓に流入する血液量は多いため胆管炎・胆道炎は全身状態を悪化させやすい) 敗血症やDICを併発した場合、 意識障害やショックバイタルとなり、重症です。 胆管炎・胆嚢炎の検査と診断• 腹部超音波• CT検査 採血では肝臓の機能を確認できます。 CT検査では、腹部全体や胆嚢・胆管周囲を見ること有用で、腹膜炎などの合併症を確認することが可能です。 炎症を抗生剤で抑え、絶食により胆汁分泌を抑制させ休ませることができます。 腹痛が強い場合は、鎮痛剤の使用による対症療法で様子を見ます。 保存治療で良いと判断した場合でも抗生剤治療が奏功せず、炎症が悪化する可能性もあるのでバイタルサインや症状の増悪に注意が必要です。 内視鏡下逆行性膵胆管造影検査(ERCP によるドレナージ 口から十二指腸まで内視鏡を挿入し、胆管・膵管の出口である十二指腸乳頭から胆管の中に細いカテーテルを挿入します。 カテーテルより造影剤を流し、放射線で撮影しながら胆管の中の様子(結石や腫瘍、狭窄の有無)を評価します。 また、胆管炎では必要ないですが、胆汁を検体として採取したり、組織や細胞をとって癌の診断に役立てることもできます。 ERCPを施行しながらできる治療法が ステント留置術、結石治療の2種類です。 ステント留置術 腫瘍により胆管が狭窄し、胆汁の流れが悪くなっている場合、狭窄部位にステントを留置して胆管を広げます。 その結果、胆汁の流れが改善され、胆管炎・胆嚢炎が期待できます。 結石治療• 内視鏡的乳頭切開術(EST)• 内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)• 内視鏡的採石術・砕石術 十二指腸乳頭とは、総胆管の十二指腸の出口にあたります。 内視鏡を通して、挿入した電気メスで切開したり、バルーンを挿入して膨らませて乳頭部を拡張します。 乳頭から総胆管内にバスケット状のワイヤーやバルーンを入れて、結石を十二指腸に引き出します。 結石が大きい場合は、特殊なカテーテルを胆管内に挿入して石を小さく砕いて結石を取り除きます。 ERCP後のドレナージについて 胆管炎・胆嚢炎の治療後はドレーンを留置します。 留置の仕方と留置する場所によって5通りあります。 この表を見て規則に気づきますか? 英語の頭文字をとって、ドレナージの名前が決まってます。 胆嚢手術 結石が原因で胆嚢炎になった場合、無症状であれば経過観察も可能です。 しかし、何らかの症状を認める場合、いずれ胆嚢炎を引き起こし、反復することもあるので、腹腔鏡下手術で胆嚢切除をすることも治療の1つです。 Q:なぜ結石だけでなく、胆嚢まで切除する必要があるのか? 実は、 石だけ取る方が難易度が高いのです。 そして一度、結石ができると、繰り返すことがあり、そのような胆嚢を持っていることがリスクになるので、切除した方が原因ごと取り除くことが可能です。 救急看護の実際 救急外来 1~2次救急の腹痛・高熱を主訴に来院した場合、すぐに胆嚢炎・胆管炎を思い浮かべます。 まずはバイタルサインと疼痛の程度、採血と補液の開始です。 胆管炎・胆嚢炎の場合は、炎症値と胆道酵素が急上昇しているので診断は比較的容易です。 また、既往に肝臓がん・胆管がん・膵癌がある場合は、胆管炎・胆嚢炎を繰り返している場合、結石を保有している場合が多いので診断は早いです。 ERCPに出棟するか、保存治療になるかのどちらかなので医師の指示に従い準備を始めます。 ERCPの出棟のための準備は静脈ラインの確保と延長ルートの接続程度なので特別なことはありません。 救急部ICU ショックバイタルになった症例が入院することはありますが、ERCPで原因となっている結石を取り除く、狭窄を広げることでバイタルも安定することが多いので、胆管炎・胆嚢炎が原因でICU管理が必要になる事例は少ないです。 むしろ、一般床で入院していた患者が急変した時に一時的にICU管理となることはあるでしょう。 救急病棟 胆管炎・胆嚢炎の患者は一晩に1~2例くらい入院が決まる印象です。 ERCP後に入室する場合 鎮静剤の影響で呼吸抑制のリスクがあるので酸素投与や呼吸の変化に注意をしましょう。 レベル改善後は、疼痛の確認は重要です。 ERCPによってどこにドレーンやステントを挿入しているか、検査中どんな薬剤をどれほど使用したかは必ず確認しましょう。 ERCPへ出棟する場合 検査に行くまでにショックバイタルになることがあるので、バイタルサインの症状の変化に注意が必要です。 保存治療の場合 疼痛が強い場合は、鎮痛剤を活用し安楽に過ごせるよう援助します。 胆汁様の嘔吐が持続する場合はドレーンを挿入した方が良いこともあるので医師へ報告するとともに、電解質異常にも注意が必要です。 保存治療で抗生剤投与を開始しても、経過が改善しないこともあるので採血値の推移にも注意しましょう。 【観察項目】• 嘔気、嘔吐• ドレーン周囲トラブル• 排液量・性状• 採血値(感染・胆道系酵素) 今の仕事に悩んでいる看護師へ をぜひ参考に。

次の

急性胆のう炎と急性胆管炎|一般社団法人 日本肝胆膵外科学会

急性胆嚢炎 英語

もくじ• 胆道系には、 胆嚢(たんのう)と肝臓内および肝臓外の胆管が含まれる。 胆汁は肝臓から1日に500~800ml分泌される。 (胆汁は脂肪を分解し、消化・吸収しやすい形に変える働きがある。 壁の肥厚や腫大を認めない。 2018-07-13 14:27 胆道系の基準値(エコー検査) 🔵胆嚢の大きさ プローブの位置 (例)右季肋部縦走査(左下側臥位)など エコー上の計測位置 基準値 【A】長径 6~8cm (腫大>8cm) 【B】短径 2~3cm (腫大>4cm) 【C】壁の厚さ 3mm以下 (壁肥厚 4mm以上) 🔵総胆管の直径 プローブの位置 例 右季肋部縦走査(左下側臥位)など エコー上の計測位置 基準値 【A】 7mm以下 セブンイレブン ルール Seven-eleven rule 肝外胆管の最大径を測定して次のように考える。 ・音響陰影(おんきょういんえい)を伴わない。 【胆嚢結石との鑑別所見】 ・体位変換による可動性はない。 【胆嚢結石との鑑別所見】 ・一般的に胆嚢結石よりエコーレベルが低い。 広基性で内部エコーが不均一なものは、胆嚢腺腫や胆嚢癌を疑う。 【胆嚢ポリープとの鑑別所見】 ・体位変換すると(胆嚢内)動く。 【胆嚢ポリープとの鑑別所見】 エコー用語 音響陰影(acoustic shadow/アコースティックシャドウ とは? 結石など硬いものの後ろに黒い影ができる現象である。 つまり後方に音響陰影ができるもの=硬いものと考えることができる。 後述する。 超音波サイン コメット ライク エコー(comet-like echo) 高輝度エコーの後方に彗星のような白い縞がみられ,深部にいくほど小さく,おたまじゃくしの尾のように描出される現象をいう。 (アーチファクトの一種で多重反射による。 )対象物の超音波反射強度が音響陰影を伴うほど強くなく,対象物のみで超音波の往復が起こるために生じる。 胆嚢の壁在結石の存在や胆嚢腺筋腫症が認められる胆嚢で観察される事がよく知られているが、 肝臓、胆管、膵臓、脾臓など、いろいろな場所の超音波像で使われる。 主に3つのジャンルについて書いています。 ひとつめは、初心者向けの腹部エコーの手順や医学用語、看護用語などについて。 ふたつめは、小学校教育及び教員採用試験対策について。 みっつめは、海事代理士試験の分析や勉強法について。 いずれも参考程度でご覧くださいませ。

次の

胆嚢炎の看護|治療方針別にみる胆嚢炎患者への看護目標とケア

急性胆嚢炎 英語

急性胆管炎では診断基準上,疑診以上の場合,国内版ガイドラインでは91. 7%,国際版ガイドラインでは75. 0%の症例が診断基準に合致した。 重症度判定基準に関しては国内版ガイドラインでは中等症が最も多く(87. 3%),国際版ガイドラインでは軽症が最も多い結果(80. 0%)となった。 急性胆嚢炎の場合,診断基準上,国内版ガイドラインでは確診以上で73. 8%,疑診以上で87. 5%,国際版ガイドラインでは確診以上で85. 0%の症例が合致した。 重症度判定基準に関しては国内版ガイドラインは中等症が最も多く(48. 6%),国際版ガイドラインでは軽症が最も多い結果(48. 5%)となった。 国内版ガイドラインと国際版ガイドラインに関しては多くの部分で異なる部分があり,今回の両ガイドラインの最終診断例を用いての検討は,その長所・短所を理解するうえで有用であったと思われる。 The present study examines the differences of utility of both guidelines based on actual cases. The clinical records of 60 patients having a final clinical diagnosis of acute cholangitis and 80 patients having a final clinical diagnosis of acute cholecystitis before publication of the guidelines were retrospectively examined. On the acute cholangitis, the Japanese Guideline's diagnostic criteria were met by 91. On the other hand, under the Tokyo Guideline's diagnostic criteria 75. Regarding the severity index, 9. Based on the Tokyo Guidelines, 80. For acute cholecystitis, under the Japanese Guideline's 87. As for the severity index, 28. Based on the Tokyo Guidelines, 48. 13 WADA KEITA , TAKADA TADAHIRO , KAWARADA YOSHIFUMI , NIMURA YUJI , MIURA FUMIHIKO , YOSHIDA MASAHIRO , MAYUMI TOSHIHIKO , STRASBERG STEVEN , PITT HENRY A. , GADACZ THOMAS R. , BUCHLER MARKUS W. , BELGHITI JACQUES , DE SANTIBANES EDUARDO , GOUMA DIRK J. , NEUHAUS HORST , DERVENIS CHRISTOS , FAN SHEUNG-TAT , CHEN MIIN-FU , KER CHEN-GUO , BORNMAN PHILIPPUS C. , HILVANO SERAFIN C. , KIM SUN-WHE , LIAU KUI-HIN , KIM MYUNG-HWAN J Hepatobiliary Pancreat Surg 14 1 , 52-58, 2007-01-01 References 24 Cited by 21• 3 [in Japanese] ASAI Koji , WATANABE Manabu , KUSACHI Shinya , MATSUKIYO Hiroshi , SAITO Tomoaki , KODAMA Hajime , HAGIWARA Osahiko , ENOMOTO Toshiyuki , NAKAMURA Yoichi , SAIDA Yoshihisa , NAGAO Jiro Nihon Fukubu Kyukyu Igakkai Zasshi Journal of Abdominal Emergency Medicine 32 3 , 629-635, 2012-03-31 References 27 Cited by 1•

次の