ララ の 結婚。 【ララの結婚3巻】13話(ネタバレ注意)感想/ビーボーイゴールド6月号

ララの結婚(2) (ビーボーイコミックスデラックス)

ララ の 結婚

また広告につられて…… ためこうさんの「ララの結婚」 何となく『乙嫁語り』的な感じ?と思いつつ読了。 いやー…… 何考えているかわからない人は大好きですね。 登場人物 ラムダン 双子妹(ララ)の身代わりでウルジに嫁ぐ。 ウルジ 黒髪無表情系男子。 ララの顔狙いと思わせてラムダンねらい。 地味にクレイジー。 ララ ラムダンの双子の妹。 愛する男と逃避行するが…… タシ ラムダンの兄弟伴。 いいやつ。 ラムダンの世話係の少女 ウルジに惚れているけどラムダン(ララ)の面倒をしっかりと見るいい子。 ラムダン父 ダメ親父。 ウルジ父 子供最上主義。 感想(ネタバレ多し) なんかラムダンとタシくらいしかまともな人がいない……ような感じ。 ラムダン父は、奥さんに言われてしぶしぶ育てた、実の子ではない捨て子だからといっても20年近く育ててきた子供に対する愛情はないのかね。 あとラムダンの故郷の村の人々の鬼畜さよ。 ラムダンの悲しみは無視なんですか…… ラムダンを取り巻く環境が地味につらい中で、ラムダンとタシの関係は一種の清涼剤だ。 男の友情を見せてくれる。 個人的にタシがラムダンに恋愛感情を抱く……みたいな展開にはなってほしくないな。 ラムダンが、このままウルジの嫁になるのだとしても、この二人はなんとか友情を維持してほしい。 ただウルジさんが許すかな……?このままタシはフェードアウトだろうか。 あと、ララが地味にかわいそう……な感じ。 兄はとんでもないのに惚れられているし、ララはララで、己が愛する男はそのとんでもないのの差し金とか救いようがない。 ラムダンさんはまだ一応愛されているけど、ララ恋人はララのことどこまで好きなんだろう。 できれば、最初は打算から始まった愛だとしても、ララのことを本当に好きになってほしい。 まあ、ララはララで兄を身代わりにしちゃう辺りは、やっぱり周りが見えていなかったのかもしれない。 ラムダンさんはいろいろ悩んではいるけど、じわじわとウルジに外堀を埋められ、ほだされつつあるみたい。 まあ、なんだかんだ言いつつウルジは誠実だもんな。 あれだけど。 あれだけど! 自分を捨てた村に戻ろうとするよりも、たぶんウルジさんと一緒のほうが幸せになれるよ。 友達のタシとかにまで嫉妬するから前途多難だけどね…… なんか最後のほうでウルジ兄が出てくるっぽい。 ちらっと見た感じウルジにそっくり……?もしもウルジも双子だったら面白いけど、どうなんだろうな。 どうもこの兄は放蕩者だそうで。 ウルジさんがぎりぎり歯ぎしりしそうですな。 『ララの結婚』2巻について 単行本巻末によると「2019年後半発売」だそうで。

次の

「ララの結婚」全巻を無料で読む方法!rarやzipで無料漫画を読める?

ララ の 結婚

ララの結婚|4話のネタバレ ラムダンを人質にウルジを脅そうとした男達でしたが、剣を抜いたウルジの気迫に気圧され逃走。 ウルジはラムダンの無事に安堵しますが、ラムダンは「ただララを幸せにしたかった」と涙を流します。 逆上したラムダンは短剣をウルジに突きつけ、村に売られたのも父親に捨てられたのも全てウルジのせいだと振るいました。 好きなララの顔だったら男の自分でも良いのか、「もう抱かれたくない」と罵り結婚の無効を叫びます。 しかしウルジにどうにもならない怒りと悲しみをぶつける一方で、逃げたララの事や自分を逃したタシの事、村も父親の事も案じるラムダンは入れ替わりを仕掛けたのは自分で、これは自業自得だと分かっていました。 けれどもうウルジしか八つ当たりする相手がいなかったのです。 めちゃくちゃに振り回した短剣がウルジの腹部を切り裂いた事で、ラムダンは正気に戻りました。 狼狽えるラムダンを抱きしめ、初めて「ラムダン」と本当の名前を呼ぶウルジ。 最初からラムダンの事を見ていてラムダンでなければダメだと、不安にさせた事を詫びるウルジにラムダンは状況をうまく飲み込めません。 しかし結婚指輪に愛しげに口付ける彼を見て、素直にウルジの家へと帰ったのでした。 ウルジの家に囚われていたタシは、帰って来たラムダンに「何故村に助けを求めなかったのか」と問われますが本当のことは告げず自分の事は忘れて村に帰るように促します。 なおも言い募るタシの前でウルジはラムダンからキスをするように要求し、深い口付けを見せつけました。 ショックを受けながらもまだラムダンをほっとけないと諦めようとしないタシをウルジは「ラムダンはもうオレの物だ」と追い返し二度と来るなと言い含めます。 夜、ウルジが寝室を訪れると抱かれる事を恐れたラムダンが涙を流していました。 触れられて身を硬くするラムダンを慰撫するように、いつもより高めるような触り方をされ耳を舐られ、そして今まで一度も触れられる事の無かったラムダン自身に触れられ追い上げられてしまいました。 余韻に浸る暇もなく、今度はラムダンを口で愛し始めたウルジ。 初めての快感に翻弄されるラムダンを口で高めながら指を挿入して両方で追い詰めたウルジは、「お前の居場所はオレが作ってやる」と額に口付けを落とし、ラムダンを腕に抱いて眠りました。 結婚後、ラムダンが初めてぐっすり眠った夜でした。 まだウルジの執着や重過ぎる思いには気がついていませんが、自分が求められているという状況は傷心のラムダンにとっては抗い難い心地よさではないでしょうか。 果たしてラムダンの心境に変化は訪れるのか?次回も楽しみですね。 ララの結婚|無料まとめ 今回は『ララの結婚』4話のネタバレと『ララの結婚』を無料で読める方法についてお伝えしました。 \FODプレミアムで『ララの結婚』を、無料で読む/.

次の

ララの結婚はzipで無料で読める?無料で読む方法を徹底調査!

ララ の 結婚

「ララの結婚」の漫画を無料で読む方法は? 「ララの結婚」は電子書籍が読める漫画配信サービスの無料トライアルでもらえるポイントを使えば、実質無料で2巻分読むことができます。 下の表は漫画配信サービスごとにもらえるポイントと、「ララの結婚」を無料で読める巻数の一覧です。 配信サービス もらえるポイント 無料で読める巻数 640ポイント 最大25%ポイント還元 600ポイント 最大40%ポイント還元 1300ポイント 最大1600ポイント 2巻分を無料で読める 20%ポイント還元 なし ポイント還元アリ 最大50%ポイント還元 紹介している作品は、2019年12月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はU-NEXT、FODプレミアムなど公式ホームページにてご確認ください。 これらのサービスは無料トライアル期間中に解約すれば、 一切お金を支払わずに実質無料で楽しめます! それぞれのマンガ配信サービスの特徴や、実質無料で漫画を読む方法を詳しく解説していきます。 FODなら漫画「ララの結婚」2巻分が無料で読める! 月額料金 888円 税抜 無料トライアル期間 2週間 初回ポイント 100ポイント 合計1300ポイント ポイント還元 購入額の20% 漫画の価格 687円〜699円 無料で読める巻数 2巻分無料 2週間の無料期間中に解約すれば一切お金は掛かりません。 FODプレミアムは月額料金888円 税抜 でドラマや映画・電子書籍が楽しめるフジテレビが運営する動画・漫画配信サービスです。 Amazonアカウントで登録すると2週間無料お試し期間を受けられ、登録時に100ポイントがもらえます。 さらに、電子書籍の購入金額の20%がポイント還元されるため例えば500円の漫画を3冊購入すると合計300円分のポイント還元があるので、 最大で1600ポイントもらうことができちゃいます! 「ララの結婚」は一冊あたり687円〜699円で配信されているので、ポイントを使って2巻分を実質無料で読むことができます。 補足 ・FODプレミアムは2週間の無料期間中に解約すれば一切お金は掛かりません。 電子書籍の配信数は約64万冊以上、漫画は50万冊以上なので、とにかく漫画を楽しみたいなら ebookjapanに登録しておけば、配信されていない漫画はありませんと言えるでしょう。 ebookjapanは初回登録時に50%OFFクーポンがもらえます。 2012年に違法ダウンロードの刑事罰化が行われており、もしダウンロードしてしまった場合あなたは逮捕されることになります! 漫画村は閉鎖に追い込まれましたが、こうした違法ダウンロードをし続けることは好きな漫画家の収入源を断つことにもつながります。 好きな漫画を応援する意味でも、違法アップロードサイトではなくこの記事で紹介した• 「ララの結婚」のあらすじネタバレ 「今日からお前はオレの嫁だよ」 約束されていた富豪との婚儀の直前、双子の妹・ララは好いた男と村を離れてしまう。 ラムダンはララを無事に逃がすため、ララのふりをして花嫁に成り代わる。 広島県出身。 花とゆめ漫画スクールで1位になり、本誌で受賞作として掲載される。 蜂宮よう子とためこうの名義を使い分けている。 ためこう名義では2014年「クリブティック・ホワイト」がデビュー作となる。 繊細で独特の雰囲気を持った少年を得意とし、シリアスなストーリーが多い。 主な作品には• ララの結婚• 恋するサノバビッチ【単行本版】• ジェンダーレス男子に愛されています。 僕のセックススター• カッコウの夢• 泥中の蓮• なつめくんはなんでもしってる• 旧繁華街袋小路• 君で満ちる空の器【電子限定版】【イラスト入り】• ためこう初期作品集• てぶくろ などがある。 カテゴリー•

次の