ブルネイ王国 王子。 ブルネイ基礎データ|外務省

ブルネイ王子だけじゃない…世界のイケメンすぎる王子・5人衆

ブルネイ王国 王子

皆さんこんにちは、さとです。 突然ですが、「ブルネイ・ダルサラーム(通称:ブルネイ)」という国、ご存知ですか? 東南アジアに位置するブルネイは、ご存知の方なら「石油の国」、「お金持ちの国」... というイメージがあると思いますが、具体的にどんな国なのか、まだまだよく知られていないかと思います。 そんなブルネイには、2019年3月15日よりロイヤルブルネイ航空が、「成田空港」とブルネイの首都「バンダルスリブガワン」の間で新規就航することとなり、片道約6時間と近い国になります! 一足先にブルネイに行って来ましたので、まだ知られていないブルネイの魅力をご紹介します! 目次• ブルネイ王国ってどんなところ? ブルネイの正式名称は「ブルネイ・ダルサラーム国」、国名には「永遠に平和な国」という意味があります。 世界で3番目に大きい島「ボルネオ島(カリマンタン島)」の北部に位置し、熱帯雨林など自然豊かな国です(ボルネオ島は、マレーシアのコタキナバルがある島としてよく知られていますね)。 気候は、最高気温が年間を通して30度前後、最低気温も24度前後と気温が高いですが、旅行しやすい国です。 面積は三重県と同じぐらい、人口も約40万人(2017年現在)とかなり小さな国ですが、石油や天然ガスなどの豊富な資源により、高い経済水準を維持していました。 ブルネイ国王たちの歴史を知る資料館「ロイヤル・レガリア」 「ロイヤル・レガリア」は、ブルネイ王室や国王の歴史、世界各国の国王から贈られた品々が展示されている資料館です。 入り口正面には現国王の即位パレードで使われた品々が豪華に展示されています。 ブルネイ王国の富のすごさを感じざるをえません。 展示物の説明はアラビア語が多くちょっとびっくりしますが、英語も併記されています。 写真撮影ができるエリアは限られているので注意してください。 出入り口の付近にお土産屋さんがあり、そこではブルネイの石油のキーホルダーなどが販売されていました。 なんともブルネイらしいお土産ですね。。。 買い物についての補足情報 基本的には通貨は「ブルネイ・ドル」となりますが、実は「シンガポールドル」も使えます!ただお釣りはブルネイ・ドルとなるので注意しましょう。 庶民の生活を垣間見る「世界最大級の水上集落」カンポン・アイール 約4万人もの人が住む世界最大級の水上集落「カンポン・アイール」。 ブルネイの人口は40万人なので10人に1 人は水上で生活していることになります。 ボートに乗って水上集落を探検してみると、学校や消防署などもあったりと、日本では想像できない光景が広がっています。 家と家の間は手すりのない橋なので最初は怖く感じるかもしれませんが、実際の地元の方の生活が垣間見えて面白いと思います。 水上集落なんて貧困なのかな... なんて最初は思っていましたが、お邪魔させていただいた地元の方のお宅にはシャンデリアが!!こちらのお宅には使用人らしい方もいらっしゃり、むしろ豪邸でした。。。 電気などのインフラはきちんと整っており、家の中に入ってしまえば、水の上にいることなんて忘れてしまいます。

次の

ブルネイ王子だけじゃない…世界のイケメンすぎる王子・5人衆

ブルネイ王国 王子

一覧参照• ラシーダ ムタ=ワキラ マジーダ ハフィザ アブドゥル・マリク アゼマ ファジラ アブドゥル・マティーン アブドゥル・ワキール アミーラ 王家 ボルキア家 父親 母親 ペンギラン・アナク・ダミト 宗教 ウィキメディア・コモンズには、 ハサナル・ボルキアに関連する および があります。 ハジ・ハサナル・ボルキア・ムイザディン・ワッダラー(: Haji Hassanal Bolkiah Mu'izzaddin Waddaulah、 - )は、()。 第29代に当たる。 日本では「 ハサナル・ボルキア国王」の呼称が主に用いられる。 ・・を兼任し、ブルネイの国体下において、事実上のと言える強大な権限を有している。 ブルネイで発行されている複数の紙幣に肖像が使用されている。 また、世界各国の君主の中でも有数の資産家としても知られ、に世界一の富豪として記録されていたこともある。 スルターン在位期間は52年間にも及びの中ではの に次ぐ長さである。 略歴 [ ]• 7月15日、当時のブルネイで国王の長男として誕生。 となる。 オマール・アリ・サイフディン・カレッジ入学。 サレハ王妃と成婚。 イギリスのへ留学。 翌年までをイギリスで過ごす。 父王の退位に伴い帰国。 10月5日、第29代に即位。 8月1日、にて戴冠式が挙行され 、正式に国王となる。 視察のため初訪日。 以後数回の訪日履歴がある。 2月17日、サレハ王妃との間に後の皇太子誕生。 マリアム第2王妃と成婚(のちに離婚)。 ブルネイ独立。 同時に首相・蔵相・内相を兼任する。 設立構想を発表、同年開学、総長に就任。 首相・国防相を兼任。 現在の首相・国防相・蔵相兼任の肩書に。 アズリナ・マズハル第2王妃と成婚(のちに離婚)。 大統領選に絡んだの被害に遭う。 被害額は200億インドネシア・ルピア。 政策 [ ] 軍を視察中のハサナル・ボルキア国王 ブルネイの政体は形式上を採ってはいるが、においては法律の最終制定権を国王に置き、においても裁判官の任命権を国王が有する など、事実上はと言ってよい。 ハサナルは独立以来この国王の地位にあり、前述の通り・・をも兼任し絶大な権限を振るっている。 ・の豊富な産出に基づく安定した経済力を背景に、の整備、高福祉政策を実現し、更にの大量雇用によって国民の経済水準を引き上げてきた。 また公務以外においても、毎年明けの大祭の際には王宮を開放し、国内外からの数万人に及ぶ参列者一人一人とを交わす など、国民との融和に努めている。 また、訪問者には、手土産に類を渡し、子供にはお小遣いを渡すという。 高い生活水準を享受する国民からの信頼は全般に篤く、毎年7月15日の国王の誕生日には市中に装飾がなされ、国を挙げた祝賀会が催される。 現在のところ、国民のは皆無でありながら大規模な民主化運動や反体制運動も発生していない。 ただし近年は将来の資源枯渇に備えた経済の多角化の必要性もあり、徐々に国政を変化させつつある。 ハサナルは、独立以来停止していた立法評議会()を再開すると共に、改正によって従来の任命議員に公選議員を加えるものとした(しかし2011年現在も選挙が実施されるには至っていない )。 またには大規模な内閣改造での刷新を行い、エネルギー大臣職を新設した。 外遊 [ ] 平成時代の、弟の ()、駐日大使および同夫人と共にに参列した。 令和時代の10月22日に開催されたにも参列し、翌23日には赤坂離宮でと会談を行った。 家族 [ ] 3人のとの間に5男7女、計12人の子女がある。 このうち、サレハ第一王妃との間に生まれた長男アルムタデー・ビラが1998年にに立てられ、2005年からは上級大臣として筆頭の地位にある。 また、実弟のモハメッド・ボルキアも1984年の独立以来(2005年の内閣改造以降は外務貿易相)として政務を補佐している。 サレハ第1王妃( - 、成婚)• ラシーダ王女( - )• ムタワキラ王女 ( - )• 王太子( - )• マジーダ王女( - )• ハフィザ王女( - )• アブドゥル・マリク王子( - )• マリアム第2王妃( - 、成婚、離婚 )• アブドゥル・アジム王子( - )• アゼマ王女( - )• ファジラ王女( - )• アブドゥル・マティーン王子( - )• アズリナ・マズハル第2王妃( - 、成婚、離婚)• アブドゥル・ワキール王子( - )• アミーラ王女( - ) 資産 [ ] ハサナル・ボルキア国王により建設された遊園地、 ハサナルは、その莫大な個人資産と豪奢な生活振りでも知られる。 の米経済誌では、個人資産は200億と見積もられており、これは国家元首としては世界第4位である。 王宮の部屋数は1788を数え、趣味のに用いる馬が多数飼育されている。 また、自身の50歳の誕生日に合わせて東南アジア最大級の「」 を個人資産から建設して国民に開放し、のを無料開催する など、豪遊の話題が非常に多い人物である。 特に彼が熱を上げているのがの蒐集である。 コレクションの総数は5000台に上ると言われ、英紙がに伝えたところによれば、コレクションには以下の車が含まれる。 531台• 367台• 362台• 185台• 177台• 160台• 130台• 20台 これらのコレクションの中には、世界で1台しか存在しないの右ハンドル車や、28台のみ生産されたなど大変希少なモデルや、が製作したの(456GTベニス)や、非公開の等、彼の発注による独自()モデルも多数存在する。 これらのカーコレクションは専用に建設された巨大な立体駐車場に収められているという。 また、やを始めとする、も多数所有している。 陸軍士官学校時代の経験を生かし、自ら操縦を行う場合もある。 脚注 [ ]• 外務省. 2008年7月17日閲覧。 アジア・リンケージ. 2008年7月17日閲覧。 現在、68年間在位中• Freme Travel Services Sdn Bhd""(、2011年8月14日閲覧。 芝田征二(2008)""立命館国際研究. 21 3 :45-64. - 、2013年5月12日閲覧。 2008年7月17日閲覧。 在ブルネイ日本国大使館. 2008年7月17日閲覧。 社団法人日本ブルネイ友好協会. 2008年7月17日閲覧。 livedoorニュース. 2008年7月17日閲覧。 外務省. 2008年7月17日閲覧。 外務省. 2008年7月17日閲覧。 社団法人日本ブルネイ友好協会. 2008年7月17日閲覧。 Forbes. com. 2009年1月1日閲覧。 Mirror. 2008年7月17日閲覧。 2008年7月17日閲覧。 2008年7月17日閲覧。 Web-Tab. 2008年7月17日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ゴージャスな不思議の国,ブルネイのおすすめ観光スポット15選

ブルネイ王国 王子

国の正式国名はブルネイ・ダラサマーヌ国。 石油や天然ガスなど多くの資源で潤う黄金の国「ブルネイ王国」は、イスラム教国でありイギリス連邦加盟国です。 東南アジアの中で、というよりも世界的にも豊かなリッチなアジアの小国として知られ、世界一の資産家である国王が統治するブルネイは、豊かな天然資源で得られる外貨によって潤っているため、国民の生活レベルも高い国。 また、7つ星ホテルがあるのもビックリ!まさにそこは贅の限りをつくした特別な空間です。 一度は訪れてみたい特別な国「ブルネイ王国」の魅力についてご案内させていただきたいと思います。 1.国王の建てた豪華なモスク スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク(オールドモスク) ブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワンの海辺にある前国王の名前がつけられているモスク。 通称オールドモスク。 モスクの前に配された船の形のモニュメントも素敵。 なんだか、ラスベガスやどこかのテーマパークにいるような気分になってしまいます。 豪華絢爛なこのモスクはイタリア人建築家が手がけたもので、イタリア産の大理石や黄金のモザイク、中国の御影石、イギリスのシャンデリア、トルコやペルシャから取り寄せた絨毯など、贅の限りを尽くした背景にはオイルマネーがあるわけです。 内部には、国王のみが使用できるエレベーターもあり、まさにその富を象徴する建物ですね。 その推定工費は、なんと500万USドル!見るに値するモスクです。 さて、モスクの見学ですが、基本的にはムスリム(イスラム教徒)しか入ることができませんが、決められた時間に一般公開されていますのでぜひ入ってみたいところ。 入場に際しての注意は、肌を露出した服装、つまりノースリーブや短パンでは入れませんので入口にある上着を借りましょう。 また、真剣にお祈りを捧げている人もおりますので、迷惑にならないように気を付けてくださいね。 特に写真撮影にはご注意を。 光輝く昼のモスクとは異なる夜のライトアップされた姿も幻想的な美しさ。 そのあまりの豪華さに、出るのはため息ばかり。 そこがまったく違う世界のように感じさせるというのも驚きですね。 しかもそこには歴史があるというのが凄いところです。 ジャメアスル・ハッサナル・ボルキアモスク(ニューモスク) オールドモスクとともにブルネイ観光の目玉ですが、こちらは現国王が建てたものでニューモスクと呼ばれています。 現国王の即位25周年を記念してつくられました。 あまりに内装に凝ったため完成まで2年以上も遅れたという話が残っているように、黄金製の金ピカの丸屋根や大理石をふんだんに使った外観は、ディズ二ーの中に出てくるアラビアンナイトのお城のよう。 モスクとは イスラム教徒のための寺院で、お祈りを捧げる神聖な場所。 丸い屋根が特徴で「ミナレット」と呼ばれる塔からはコーランというお祈りの呼びかけを促します。 オールドモスクの内部にあるエレベーターは、国王専用ですが二階のミナレットまで上がっていくことができるように作られています。 コーランとはイスラム教徒のための聖典のこと。 2.豊かな水上集落「カンポン・アイール」 水上生活というと、貧しい人々の質素な生活と想像しますが、実際はまるで違い、杭を打って水上に新しく地面をつくった新興住宅街もあり、エアコンも衛星放送も上下水道の設備も整った近代的な生活。 約3万人の人々がここで生活しています。 レストラン、ショップ、学校、病院と何でもあり、普通の町と変わりませんがそこが水上だというのが面白いところ。 水上タクシーやモーターボートが陸地と結ぶ交通機関。 船をチャーターしてクルージングも贅沢ですね。 3.王室資料館「ロイヤル・レガリア」 世界一の資産家である現国王の宝物の一部や世界中のセレブから贈られた豪華なプレゼントが展示されているので、ぜひ見にいってみたいところ。 その豪華な外観も写真スポットのひとつです。 4.国王の宮殿「イスタナ・ヌルル・イマン」 ブルネイ国王の宮殿かつ公式な住居で、ブルネイ川の丘の上にあります。 王宮の名前はアラビア語の「信仰の光の宮殿」を意味します。 ブルネイ王国独立を記念してつくられたもの。 国王は公式な謁見はすべてこの宮殿内で行いますが、普段は一般公開はしていないので残念ながら立ち入ることは出来ません。 世界最大の宮殿といわれるこの王宮内部には1788の部屋、257の浴室、1500人収容のモスク、5つのプール、110台の車を収容できるガレージなどがあり、その壮大なスケールに圧倒されますね。 また、オーダーメイドのフェラーリやベントレー、165台のロールス・ロイスという国王の大規模なカーコレクションがあるそうで、その豪華な暮らしぶりが想像されます。 5.超高級7つ星ホテル「ザ・エンパイア・ホテル」 リッチな国ブルネイには、世界でも数少ない7つ星ホテルがあり世界中のVIPが訪れます。 このホテルは国王が所有している超豪華なもので、このホテルに滞在するだけにブルネイを訪れる人もいるほど。 一生に一度は泊まってみたい7つ星ホテル。 大理石をふんだんに使った内装やゴージャスな装飾、5つのプール、ジム、スパ、映画館、ボーリング場、ゴルフ場など、とても1日ではまわりきれないほど豪勢な施設があります。 ホテルというよりは、ひとつの町かテーマパークのように広大でしかもゴージャス感あふれる雰囲気。 それもそのはず、このホテルは元々1998年にAPECの国賓用に王室が贅の限りを尽くしてつくった迎賓館だったのです。 そしてその後2000年に7つ星ホテルとして開業し、ブルネイ唯一のビーチリゾートとなりました。 高級感あふれるエレガントなレストランやカフェも多くあるので、ぜひ出かけたいところです。 滞在していなくともホテルの見学がてら予約をして食べに行ってみたいですね。 ぜひお洒落をして出かけましょう。 スパやマッサージで極上のひとときを味わうのも最高に贅沢な時間。 またこのホテルは、ボルネオ最古の熱帯雨林のそばにあり、ブルネイ空港までは車で15分。 空港送迎もあり便利。 世界有数のセレブ国!ブルネイ王国の魅力5選のまとめ リッチな国として有名なブルネイ王国の名前は聞いたことがあるかと思いますが、この国がどこにあるかを知っている人はまだ少ないかと思います。 最近は、旅行会社のツアーも増えているようですが、物価が高くて見所のない国のように思われていて旅行者にはあまり人気がなかったように思いますが、そうではなく、小国でありながらもこんなに見どころもあるのです。 ブルネイは、以前ボルネオ島と呼ばれていた島にある東南アジアの国のひとつで、3方をマレーシアに囲まれて、一部は海に面しています。 医療費や教育費は無料で税金もなし。 というお金持ちの国王からの恩恵を国民も充分うけている豊かな立憲君主国。 小さい割に観光地もあり、治安もよく非常に魅力的な国。 アメリカのハリウッド俳優もよくバカンスに訪れるようです。 もしかしたら偶然誰かに会えるかもしれませんね。 ブルネイ王国は、日本からもとても近い国。 マレーシアやその他のアジアの国経由で簡単に行くことができます。 ぜひとも7つ星ホテルに宿泊して夢のようなひとときを過ごしていただきたいと思います。 【担当:コロンナ由美】 海外旅行で役立つ!厳選サービス.

次の