消え た ママ 友。 仲がよくても実は何も知らない…陰口、妬み、子どもトラブル「ママ友」って必要なの?【『消えたママ友』座談会】(レタスクラブニュース)

消えたママ友 (コミックエッセイ)

消え た ママ 友

『離婚してもいいですか? 』著者が描くミステリー・コミックエッセイ。 優しい旦那さんとお姑さん、かわいいツバサ君に囲まれてキラキラ幸せそうだった有紀ちゃん。 そんな有紀ちゃんがある日突然姿を消した。 保育園のママたちの間ではその話題で持ち切り。 噂では有紀ちゃんは男を作って逃げたということらしい。 有紀ちゃんとは仲良しだったはずなのに、何も知らなかった春香、ヨリコ、友子。 しかし、みんなそれぞれに思い当たることがあった・・・。 平凡な日常を襲った時間を巡って、ママたちがじわじわと自分たちの闇に気づいていく。 これは、あなたの日常にも起こるかもしれない物語。 【もくじ】 1章 消えたママ友 2章 有紀ちゃんを探せ 3章 本当のことなんて話したりしない 4章 ママ友がいない 5章 つないだ手 6章 本当の有紀ちゃん 7章 あの日 悩んでいたりモヤモヤしているお母さん達へ。 「ママ友なんていなくても絶対に大丈夫」「いや、むしろ、いないほうがいい」 極論で申し訳ないですが、中学生の母です、 母親歴としてはまだまだ未熟かも知れませんが、 ママ友なんて無くても、いや、無いからこそ 平和に子育てをしてきた自負があります。 ママ友の価値って結局「情報の共有」が大部分ではないでしょうか。 乳児から幼稚園、小学校と、第一子は経験が無いため 情報が欲しくなる気持ちはわかります。 しかし、そんな、学校などの集団生活上の情報などたかが知れています、 薄い情報です。 全部担任の先生に聞けば解決します。 そんな薄い情報のために 「先輩ママと仲良くせねば…」 とか、あちこちで顔色を伺って気をつかうことなど無駄の一言です。 馬鹿の極み。 ママ社会でそれなりに生きていくには、挨拶だけしておけばいいのです。 あとは勝手に群れたい奴らが群れてああだこうだと情報交換をしています。 でもそんなコミュニティも子供が大きくなるにつれ縮小していきますし、 この漫画のようにいい歳をした大人が妬み嫉みに狂い、実際にもめたり破綻したり、 第三者として眺めていると面倒くさいこと極まりなくて、 しかしながら滑稽でもあります。 人と人は深く関われば関わるほど面倒くさいことになります。 必ずなります。 血が繋がった家族でもなるでしょう?他人なら余計です。 人間関係など、お互い知らないほうが、高確率でぼんやりとのんびりと平和に 時間は過ぎていきます。 美輪明宏さんが言っています「なにごとも腹6分目でいい」と。 私は子育てでわからないことや行き詰まった時は、 まずインターネットで検索したり 子育て本を読み漁ったりして知識を増やしました。 ネットにはプロの方の助言がたくさんあります、頼りになります。 そして実際の集団生活において困った場合は すべて子供の担任の先生に頼りました。 そのほうが早くて確実です。 先生はプロです。 何百人も子供を見てきたプロです。 井戸端でああだこうだ話してても時間の無駄です、 そんな時間があるのなら、 Amazonプレミアムで良好な映画などを観て心を洗いましょう。 家で1人で美味しい紅茶と美味しいお菓子を食べましょう。 放課後の公園遊び?放課後のおウチ遊び? そんなもん、無くて結構。 幼稚園や学校にいる時間だけで充分子供は学びます。 情操も育ちます。 家に帰ったら家で遊びましょう、 今の時代テレビもDVDもSwitchも動画配信も、なんでもあります。 それでもヒマなら一緒にスーパーへお買い物に行きましょう。 そのタイミングで子供といろいろ話しましょう。 我が子をほったらかして、ママ友の子供や家族のトラブルに首を突っ込んで さも共感してる風にLINEとにらめっこをしているあなたのその時間は無駄の極み、 そんな時間があるならば、大切な我が子と一言でも多く会話をしましょう。 10年後そのママ友が急死したとして… あなたはお葬式で膝から崩れ落ちて泣くぐらいショックを受けますか? 食欲も無く、睡眠も取れず、ボロボロになりますか? なりませんよ(笑)なるわけがない。 所詮はその程度の関係です。 そんな程度の人間関係には距離を置いて 貴重な1日なのですから大切な我が子の目を見て1回でも多く笑い合いましょう。 あなたが死んだ時に膝から泣き崩れてくれるのは目の前の我が子です。 だいたい友達が多ければ多いほど良いなんて、その価値観も馬鹿の極み。 「友達100人できるかな」っていうあの歌、幼児からのあの洗脳、 まったくもって愚か、この世から無くして欲しい。 子供本人が楽しそうに1日を過ごしていたら、よく食べよく寝ていたら、 友達の量も質も、どうでもいい。 本人のペースにまかせましょう。 大きくなれば勝手に自分で取捨選択をして世界を広げていくのですから。 女は集団になると(たかが3人以上のレベルで)面倒です。 子供を出産したら、プロの情報を見聞きしつつ、 まわりのママさん達には挨拶だけして、12年間、堂々と過ごしましょう。 子供が中学生になろうものなら、もうママ友もクソもありません。 私はそのおかげでこれからもこの地域でのんびり過ごせていけそうです。 街でバッタリ会うと気まずい人も、しがらみがある人も、誰一人おりません。 なぜならママ友と深く関わって来なかったので。 よく考えてください、 母親って、子供が中学生になってからの人生のほうが長いんですよ、 自分が高齢者になる頃も、誰に遠慮することもなく気をつかうこともなく、 地域でのんびり過ごしたいじゃないですか。 幼稚園小学校でボスママとして君臨していた人、子供が中学生になれば、 あの取り巻きのお母さん達はどこへいったのと滑稽で仕方ないぐらい、 みんな離れていますよ。 そんなもんです。 ちーなーみーに、 「ママ友とは関わらないに越したことはない」が結論の私ですが、 PTA活動はまた違う意味で本当に辛いこともありました…。 だってこればっかりは関わらざるを得ないのですから…。 PTAの役員になってしまうと単独行動なんてできませんものね…。 役員になった1年間は「とにかく人間関係腹6分目」を保って 「これは修行だ」と割り切り、 ストレスと上手く付き合いながら頑張るしかないです(涙) 野原先生、次作はPTA活動の辛さをテーマにしたコミックエッセイを 期待しています!! *ネタバレあり* ママ友グループに属する4人のそれぞれの視点から描かれた作品。 ママ友グループから、突如姿を消した「有紀ちゃん」が何故消えたのか?を模索していくうちに、バラバラだった点が一本の線へと繋がっていきます。 可愛らしいイラストタッチの絵で描かれていますが、一人一人の表情の描写にドキッとさせられ、ただひたすら怖いです。 フィクションなのに、現代を生きるママ友たちにはノンフィクションであろう描写が多いのがまたひたすら怖い。 「他人の不幸は蜜の味」 本の中で描かれている人物に向けられたのではなく、私自身もこのママ友グループの秘密を知りたくて読んでいたんだと感づいてしまった時の罪悪感もすごいです。 漫画を読み終えたあとは、ミステリー小説を一冊読み終えた並の疲労感が現れるので要注意です(笑) 最後に、ヨリコさーん!!逃げないでー!!泣 あまりにも救いが無い作品で、読後感は最悪でした。 (こどもが闇を抱えていることを、ババアざまぁとは思えないし…) でも、ある意味それがリアルといえばリアル、たしかに現実味があります。 絵がシンプルなのが恐怖感倍増。 主な登場人物がみんな闇。 ママ友に対しての気持ちの距離感とか、外野からのヒソヒソに対して感じる内容とか。 ママ友付き合いの難しさよ。 ただ、組み込まれている内容(逃げた理由とかその他)は「創作物にありがちな、よく聞く内容」で、ふーんって程度でした。 ここが主軸では無いことも理解していますが。 ありがちでも、同作者の『ママ友がこわい』はすごく良かったんですが… 個人的には値段の価値がある内容には感じなかったので星少なめで。 半額ならありかな。 読み終えた感想。 モヤモヤ。 ゆきちゃんの姑って毒だなぁ。 ゆきちゃんもつばさ君とずっと一緒にいたかったろうに。 でも、勝ったっていう風には考えられないよ。 今が幸せでも自分の子供と一緒にいれないもん。 息子はいつもと違うママにビックリしただけだという事が分かれば、勝ったって気持ちにはならなかったかもしれないね。 最後の最後、逃げたことを連想させる終わり方はただ怖かった。 子供産んだばかりの時にママ友作らなきゃ!って言ってた人がいたな。 ママ友なんて、作らなきゃ作らなきゃで作ってる人いたけど、そこに意味を感じられない私はその人達の事を窮屈そうだな…という風に見ていました。 というか、今もそう思っています。 保育園でLINE交換するようになった同じクラスのママも、程よい距離感で付き合うという前提での付き合いでお互い合意してます。 正直、すごく楽。 いま保育園だからこんな感じで済んでるのかもしれないけど。 幼稚園や小学校に行っても、程よい距離感を保ってお付き合い出来たらいいなと祈るばかり。 ネタバレあり 推理小説みたいでおもしろかったし、すらすら読めたけど、最後がハッピーでないのがなあ。 やはり最後は、さわやかな気持ちで終わりたい。 子供は何?歪んだ家庭で育ったから犯罪者予備軍って訳?なんだかなあ。 もっと屈託ない子供がいい。 ゆきちゃんの失踪理由は創作的で、ありきたり。 きっかけや深層心理はそうだろうなと納得。 ゆきちゃんの周りがまさに創作。 義理母がガッツリ育児しててありえない。 ああいう人は嫌なこと押しつけていいとこどりする。 夫も変。 マザコンなら逆らわない人を選ぶ。 ゆきちゃんの会社と仕事、今時の良い会社が育休取らせないなんてありえない。 逃げて会社を退職?失踪休職扱い?もありえない。 10年ほど働いて出張したりバリキャリ設定なんだから最後くらいしっかりすると思う。 むしろあれらの原因でキャリアを捨てていいのだろうか。 あと、なんだかんだ子供はばあちゃんよりママが好きだと思う。 ああいう夫はサクッと再婚しちゃうだろうなあと思いつつ、楽しく暇潰しさせてもらった。 離婚してもいいですか?2冊とママ友がこわいを読んで、さらにこの作品も読んだ。 この作者の作品全体において、舞台設定が地方であると想定しておかないと、保育園の描写に違和感を覚えると思う。 都会では父母ともに正社員フルタイムで、同じ地方自治体内に親族がいないことが保育園入園の大前提になるが、地方だとアルバイトやパート勤務でも、親と同居していても、自営業の手伝いでも、容易に子どもを入園させられる。 つまりは幼稚園と大差ないのである。 その中での、深いママ友づきあいが描かれるわけだが、地方 地方都市かな? ならではの人付き合いの過密さと閉塞感が下敷きにあるのでは?と思わせる。 食堂で配膳の手伝い等に従事する、依存心が少し強めの春香。 今までの作品の主人公と比べれば夫や子どもを大事にしていていい人だと思う 気のいい義実家で仕事を手伝いつつ、閉塞感を感じるヨリコ。 離婚を目論みつつ、アルバイト勤務の、現実的なようで伴うものがない友子。 そこに、唯一、正社員でキャリアのある有紀が存在する。 美人であり、優しい夫とその親に、可愛い息子がいるという恵まれた要素を持っている。 その有紀が、仕切りたがりの義母によって家事も育児もお手伝いレベルのことしかさせてもらえず、家で居場所を失い、パチンコ依存になって家を追い出されるというくだりは、まさに地方ならではだと思った。 地方では、若い夫婦は労働力として働き、育児は老いた親のもの、という考えをする60代以上の人もいる。 その閉塞感から逃れた有紀の、笑顔が、ほとんどのっぺりとした表情しか描かない作者の絵の中で、血が通ったものに思えてよかった。 こういう作品も描けるのか、作者の幅が広がった、と思いきや、自分だけが勝った、と思う有紀の描写や、ヨリコが逃げたと思わせるラストの描写により、 ああ、やっぱり、作者は「ここまで」の作品しか描けないのだな、と残念になった。

次の

漫画 ランキング 消えたママ友【電子書籍】[ 野原 広子 ]

消え た ママ 友

『離婚してもいいですか? 』著者が描くミステリー・コミックエッセイ。 優しい旦那さんとお姑さん、かわいいツバサ君に囲まれてキラキラ幸せそうだった有紀ちゃん。 そんな有紀ちゃんがある日突然姿を消した。 保育園のママたちの間ではその話題で持ち切り。 噂では有紀ちゃんは男を作って逃げたということらしい。 有紀ちゃんとは仲良しだったはずなのに、何も知らなかった春香、ヨリコ、友子。 しかし、みんなそれぞれに思い当たることがあった・・・。 平凡な日常を襲った時間を巡って、ママたちがじわじわと自分たちの闇に気づいていく。 これは、あなたの日常にも起こるかもしれない物語。 【もくじ】 1章 消えたママ友 2章 有紀ちゃんを探せ 3章 本当のことなんて話したりしない 4章 ママ友がいない 5章 つないだ手 6章 本当の有紀ちゃん 7章 あの日 悩んでいたりモヤモヤしているお母さん達へ。 「ママ友なんていなくても絶対に大丈夫」「いや、むしろ、いないほうがいい」 極論で申し訳ないですが、中学生の母です、 母親歴としてはまだまだ未熟かも知れませんが、 ママ友なんて無くても、いや、無いからこそ 平和に子育てをしてきた自負があります。 ママ友の価値って結局「情報の共有」が大部分ではないでしょうか。 乳児から幼稚園、小学校と、第一子は経験が無いため 情報が欲しくなる気持ちはわかります。 しかし、そんな、学校などの集団生活上の情報などたかが知れています、 薄い情報です。 全部担任の先生に聞けば解決します。 そんな薄い情報のために 「先輩ママと仲良くせねば…」 とか、あちこちで顔色を伺って気をつかうことなど無駄の一言です。 馬鹿の極み。 ママ社会でそれなりに生きていくには、挨拶だけしておけばいいのです。 あとは勝手に群れたい奴らが群れてああだこうだと情報交換をしています。 でもそんなコミュニティも子供が大きくなるにつれ縮小していきますし、 この漫画のようにいい歳をした大人が妬み嫉みに狂い、実際にもめたり破綻したり、 第三者として眺めていると面倒くさいこと極まりなくて、 しかしながら滑稽でもあります。 人と人は深く関われば関わるほど面倒くさいことになります。 必ずなります。 血が繋がった家族でもなるでしょう?他人なら余計です。 人間関係など、お互い知らないほうが、高確率でぼんやりとのんびりと平和に 時間は過ぎていきます。 美輪明宏さんが言っています「なにごとも腹6分目でいい」と。 私は子育てでわからないことや行き詰まった時は、 まずインターネットで検索したり 子育て本を読み漁ったりして知識を増やしました。 ネットにはプロの方の助言がたくさんあります、頼りになります。 そして実際の集団生活において困った場合は すべて子供の担任の先生に頼りました。 そのほうが早くて確実です。 先生はプロです。 何百人も子供を見てきたプロです。 井戸端でああだこうだ話してても時間の無駄です、 そんな時間があるのなら、 Amazonプレミアムで良好な映画などを観て心を洗いましょう。 家で1人で美味しい紅茶と美味しいお菓子を食べましょう。 放課後の公園遊び?放課後のおウチ遊び? そんなもん、無くて結構。 幼稚園や学校にいる時間だけで充分子供は学びます。 情操も育ちます。 家に帰ったら家で遊びましょう、 今の時代テレビもDVDもSwitchも動画配信も、なんでもあります。 それでもヒマなら一緒にスーパーへお買い物に行きましょう。 そのタイミングで子供といろいろ話しましょう。 我が子をほったらかして、ママ友の子供や家族のトラブルに首を突っ込んで さも共感してる風にLINEとにらめっこをしているあなたのその時間は無駄の極み、 そんな時間があるならば、大切な我が子と一言でも多く会話をしましょう。 10年後そのママ友が急死したとして… あなたはお葬式で膝から崩れ落ちて泣くぐらいショックを受けますか? 食欲も無く、睡眠も取れず、ボロボロになりますか? なりませんよ(笑)なるわけがない。 所詮はその程度の関係です。 そんな程度の人間関係には距離を置いて 貴重な1日なのですから大切な我が子の目を見て1回でも多く笑い合いましょう。 あなたが死んだ時に膝から泣き崩れてくれるのは目の前の我が子です。 だいたい友達が多ければ多いほど良いなんて、その価値観も馬鹿の極み。 「友達100人できるかな」っていうあの歌、幼児からのあの洗脳、 まったくもって愚か、この世から無くして欲しい。 子供本人が楽しそうに1日を過ごしていたら、よく食べよく寝ていたら、 友達の量も質も、どうでもいい。 本人のペースにまかせましょう。 大きくなれば勝手に自分で取捨選択をして世界を広げていくのですから。 女は集団になると(たかが3人以上のレベルで)面倒です。 子供を出産したら、プロの情報を見聞きしつつ、 まわりのママさん達には挨拶だけして、12年間、堂々と過ごしましょう。 子供が中学生になろうものなら、もうママ友もクソもありません。 私はそのおかげでこれからもこの地域でのんびり過ごせていけそうです。 街でバッタリ会うと気まずい人も、しがらみがある人も、誰一人おりません。 なぜならママ友と深く関わって来なかったので。 よく考えてください、 母親って、子供が中学生になってからの人生のほうが長いんですよ、 自分が高齢者になる頃も、誰に遠慮することもなく気をつかうこともなく、 地域でのんびり過ごしたいじゃないですか。 幼稚園小学校でボスママとして君臨していた人、子供が中学生になれば、 あの取り巻きのお母さん達はどこへいったのと滑稽で仕方ないぐらい、 みんな離れていますよ。 そんなもんです。 ちーなーみーに、 「ママ友とは関わらないに越したことはない」が結論の私ですが、 PTA活動はまた違う意味で本当に辛いこともありました…。 だってこればっかりは関わらざるを得ないのですから…。 PTAの役員になってしまうと単独行動なんてできませんものね…。 役員になった1年間は「とにかく人間関係腹6分目」を保って 「これは修行だ」と割り切り、 ストレスと上手く付き合いながら頑張るしかないです(涙) 野原先生、次作はPTA活動の辛さをテーマにしたコミックエッセイを 期待しています!! *ネタバレあり* ママ友グループに属する4人のそれぞれの視点から描かれた作品。 ママ友グループから、突如姿を消した「有紀ちゃん」が何故消えたのか?を模索していくうちに、バラバラだった点が一本の線へと繋がっていきます。 可愛らしいイラストタッチの絵で描かれていますが、一人一人の表情の描写にドキッとさせられ、ただひたすら怖いです。 フィクションなのに、現代を生きるママ友たちにはノンフィクションであろう描写が多いのがまたひたすら怖い。 「他人の不幸は蜜の味」 本の中で描かれている人物に向けられたのではなく、私自身もこのママ友グループの秘密を知りたくて読んでいたんだと感づいてしまった時の罪悪感もすごいです。 漫画を読み終えたあとは、ミステリー小説を一冊読み終えた並の疲労感が現れるので要注意です(笑) 最後に、ヨリコさーん!!逃げないでー!!泣 あまりにも救いが無い作品で、読後感は最悪でした。 (こどもが闇を抱えていることを、ババアざまぁとは思えないし…) でも、ある意味それがリアルといえばリアル、たしかに現実味があります。 絵がシンプルなのが恐怖感倍増。 主な登場人物がみんな闇。 ママ友に対しての気持ちの距離感とか、外野からのヒソヒソに対して感じる内容とか。 ママ友付き合いの難しさよ。 ただ、組み込まれている内容(逃げた理由とかその他)は「創作物にありがちな、よく聞く内容」で、ふーんって程度でした。 ここが主軸では無いことも理解していますが。 ありがちでも、同作者の『ママ友がこわい』はすごく良かったんですが… 個人的には値段の価値がある内容には感じなかったので星少なめで。 半額ならありかな。 読み終えた感想。 モヤモヤ。 ゆきちゃんの姑って毒だなぁ。 ゆきちゃんもつばさ君とずっと一緒にいたかったろうに。 でも、勝ったっていう風には考えられないよ。 今が幸せでも自分の子供と一緒にいれないもん。 息子はいつもと違うママにビックリしただけだという事が分かれば、勝ったって気持ちにはならなかったかもしれないね。 最後の最後、逃げたことを連想させる終わり方はただ怖かった。 子供産んだばかりの時にママ友作らなきゃ!って言ってた人がいたな。 ママ友なんて、作らなきゃ作らなきゃで作ってる人いたけど、そこに意味を感じられない私はその人達の事を窮屈そうだな…という風に見ていました。 というか、今もそう思っています。 保育園でLINE交換するようになった同じクラスのママも、程よい距離感で付き合うという前提での付き合いでお互い合意してます。 正直、すごく楽。 いま保育園だからこんな感じで済んでるのかもしれないけど。 幼稚園や小学校に行っても、程よい距離感を保ってお付き合い出来たらいいなと祈るばかり。 ネタバレあり 推理小説みたいでおもしろかったし、すらすら読めたけど、最後がハッピーでないのがなあ。 やはり最後は、さわやかな気持ちで終わりたい。 子供は何?歪んだ家庭で育ったから犯罪者予備軍って訳?なんだかなあ。 もっと屈託ない子供がいい。 ゆきちゃんの失踪理由は創作的で、ありきたり。 きっかけや深層心理はそうだろうなと納得。 ゆきちゃんの周りがまさに創作。 義理母がガッツリ育児しててありえない。 ああいう人は嫌なこと押しつけていいとこどりする。 夫も変。 マザコンなら逆らわない人を選ぶ。 ゆきちゃんの会社と仕事、今時の良い会社が育休取らせないなんてありえない。 逃げて会社を退職?失踪休職扱い?もありえない。 10年ほど働いて出張したりバリキャリ設定なんだから最後くらいしっかりすると思う。 むしろあれらの原因でキャリアを捨てていいのだろうか。 あと、なんだかんだ子供はばあちゃんよりママが好きだと思う。 ああいう夫はサクッと再婚しちゃうだろうなあと思いつつ、楽しく暇潰しさせてもらった。 離婚してもいいですか?2冊とママ友がこわいを読んで、さらにこの作品も読んだ。 この作者の作品全体において、舞台設定が地方であると想定しておかないと、保育園の描写に違和感を覚えると思う。 都会では父母ともに正社員フルタイムで、同じ地方自治体内に親族がいないことが保育園入園の大前提になるが、地方だとアルバイトやパート勤務でも、親と同居していても、自営業の手伝いでも、容易に子どもを入園させられる。 つまりは幼稚園と大差ないのである。 その中での、深いママ友づきあいが描かれるわけだが、地方 地方都市かな? ならではの人付き合いの過密さと閉塞感が下敷きにあるのでは?と思わせる。 食堂で配膳の手伝い等に従事する、依存心が少し強めの春香。 今までの作品の主人公と比べれば夫や子どもを大事にしていていい人だと思う 気のいい義実家で仕事を手伝いつつ、閉塞感を感じるヨリコ。 離婚を目論みつつ、アルバイト勤務の、現実的なようで伴うものがない友子。 そこに、唯一、正社員でキャリアのある有紀が存在する。 美人であり、優しい夫とその親に、可愛い息子がいるという恵まれた要素を持っている。 その有紀が、仕切りたがりの義母によって家事も育児もお手伝いレベルのことしかさせてもらえず、家で居場所を失い、パチンコ依存になって家を追い出されるというくだりは、まさに地方ならではだと思った。 地方では、若い夫婦は労働力として働き、育児は老いた親のもの、という考えをする60代以上の人もいる。 その閉塞感から逃れた有紀の、笑顔が、ほとんどのっぺりとした表情しか描かない作者の絵の中で、血が通ったものに思えてよかった。 こういう作品も描けるのか、作者の幅が広がった、と思いきや、自分だけが勝った、と思う有紀の描写や、ヨリコが逃げたと思わせるラストの描写により、 ああ、やっぱり、作者は「ここまで」の作品しか描けないのだな、と残念になった。

次の

仲がよくても実は何も知らない…陰口、妬み、子どもトラブル「ママ友」って必要なの?【『消えたママ友』座談会】

消え た ママ 友

どんな人にも、素晴らしい態度で接して、みんなに好かれているママ友がいます。 私は、その人に初めて会ってから、なぜか距離を置かれています。 私1人にだけ、無視をします。 会った時も、挨拶程度で、特に何もしていませんが、嫌われています。 みんなに好かれているので、私の話を信じてくれる人はいないので、誰にも話さず、悩んでいました。 最初は、どうして嫌われてるのかと、とても悩みましたが、だんだんそれが、恨みに変わってしまいました。 ママ友というのは、同じマンション、同じ幼稚園だからです。 関わりたくなくても、毎日見てしまうのが、苦しいです。 恨みの消し方、教えてください。 みんなの前では、うまい具合に接しくるので、私が裏で無視されてるのは、みなさん分かりません。 こういう裏があるのも許せないんです。 馬鹿にされてる気がします。 こんな私ですが、普通にママ友はいます。 ユーザーID: 1670476081 読んでいただいたみなさん、ありがとうございます。 怒り任せで、書いてしまって、読みづらくて、すみません。 挨拶程度というのは、初めて会った時に、自己紹介したぐらいということです。 親の影響か、子供同士も仲良くないので、助かってますが。 ママ友の狭い世界で、こんなに悩むのは馬鹿みたいと思うのですが、 こんなに露骨に態度を変えられると、凹んでしまいます。 黒い感情が湧いてる状態も、ストレスです。 気にしない強い心がないととは思いますが、限界です。 気持ちが凹むと、子供にも、当たってしまったりします。 旦那には、暇だから、余計なこと考えてと、あまり聞いてもらえず、こちらに投稿させて いただきました。 ユーザーID: 1670476081• 具体的に何かされましたか? その相手のママさんからは具体的に侮辱されたり、挨拶や声かけを無視されるなど具体的に意地悪と誰もが受け止める行為をされたのでしょうか? もしかして主さんは相手のママさんととても仲良くなりたいのに、相手の反応がイマイチだとか、向こうから積極的に声を掛けてたり誘ったりしてくれない、だから意地悪されている嫌われていると思っているのではないでしょうか? もしそうであれば私の考えではそれは主さんの思い込みだと思います。 同じマンション、同じ幼稚園ですって? 一般的にそれは意図的に「親しくなりすぎないように距離を置く」関係だと思うのですが、主さんは逆にと〜っても仲良くならないと気がすまない!そこでお互い上手く行かないって事なのではないのかなと思いました。 そこまで同じ相手だと仲良くなりだすと距離が近すぎて行きが詰まりそうですから。 ユーザーID: 3990643254• 気にしない 会社勤め時代、当方の部下で呑み会で徹底的に当方をはずす男がおりました。 ばれると「誘いたかったんですが」等々、ムニャムニャ言い、その他の面では揉み手 で近づいてきておりました。 当方を嫌っていたわけですが、こちらも面倒なので 適当にあしらっておりました。 トピ主さんが距離を置かれる理由は不明ですが、単に虫が好かないということかもしれません。 トピ主さん1人にだけ、ということは案外そんなところかと。 あれこれ理由を詮索してもしかたがないので勝手にすればいい、と割り切ればいいのでは。 トピ主さんの話を信じてくれる人がいないのが事実なら悲しいですが、それも仕方ない、 と思うしかないのでは。 確かに差別扱いが余りにも度が過ぎると、恨みの感情まで生じるのは理解できるし、嫌な 人物を毎日見ざるを得ない状況はつらいでしょうが、トピ主さんのほうも無視すればいいです。 周囲の人が誤解しているとありますが、実は皆さんちゃんと気付いている可能性も高いと思います。 馬鹿にされてるなどと思わず、他のママ友との交友をエンジョイしましょう。 ユーザーID: 6392110995• ひとランキング• 思いつくままに 原因としては 1.あなたの子供さんが相手のお子さんに意地悪をしている? 2.初対面の時によその方の噂話や悪口、あるいは愚痴をこぼした? 3.あなた、あるいはご主人がマンションの あるいは社会の)ルールを守らない(自転車の置き方とかゴミの出し方)、又マンションの共同作業等に参加せず協力しない 4.あなたのご主人が、そのママに何か言ったあるいは何かした? 5.あなたのことを快く思っていない同じマンションの人が、そのママに何か言った? うーん。 考えると際限なく出てきそうです。 私は1と2と3で疎遠にした人がいます。 1に関して、そのママは自分の子供はよその子に操られていて本当は被害者だとまで吹聴し、全く謝罪もなく、勿論自分の子を躾けることがありません。 2はとにかく鬱陶しいです。 こっちまで負のオーラに包まれてしまいます。 3に関しては言わずもがな。 道徳規範の緩い人とはあまり仲良く出来ません。 心当たりありますか? ユーザーID: 6386218004• 私が悩んでいる事とまったく同じです ママ友ではありませんが習い事で同じ様な事が2回ありました。 後から思えば嫉妬されてたんですね。 相手はそこそこ見た目に気を遣ってるタイプでしたがお化粧が濃くてかなり作り込んでるタイプ。 よく見ると老け顔で美人とは言えない感じで。 私はもっとナチュラルで女性らしいタイプ。 私の方が先輩なのに、最初から睨まれたりお稽古中も遠くから度々睨んでいたりと気分が悪かったです。 彼女も他の人達には愛想よくしているのに私だけ徹底的に無視でしたよ。 気持ち悪いので私も無視してました。 そこに存在しない様に。 続けてたら全然気にならなくなって、他の人達と楽しく笑ってやってたら次第に向こうが折れて笑顔見せる様になって来たりして。 今は普通にしてますが、それでも1年ぐらい睨まれたりした事忘れてないですし、要注意だと思ってこちらからは近づかない様にしてますよ。 向こうがおかしいんだから、こちらは堂々としてたら良いと思いますよ。 ユーザーID: 7771869638• 一方的な恨み。 なんだかわからないけど相手が冷たい。 べつに思い当ることはないんだけどな。 でも、かなり嫌われてる。 これまでの人生でありませんでした? 誤解(? )が解けて解消される時もあれば、そのまま卒業やら何やらで別れたまま忘れてしまって思い出せなくなったりして。 その人にとっては相容れない何かがあって、関わりたくないって意思表示されてるだけです。 仲良くなりたくない線引きの理由なんて本人にしかわかりません。 ひょっとしたら、過去に酷いいじめに遭ってトラウマになってて、たまたまトピ主さんの人相が似てるだけで視界にも入れたくないだけかも?でしょ? 周囲にあることないこと吹き込んで、トピ主さんを孤立させるように仕向けるのはイジメです。 が、そうではないんですから恨むなんて筋違いです。 向こうが仲良くしたくなさそうなのに、こちらは周りのように仲良くしたいなんて… 人の嫌がることはしてはいけません。 大人なんですから、淡々と向こうと同じように挨拶のみで済ませましょう。 ユーザーID: 5820388063• 一生付き合わない人 初対面の挨拶程度で嫌うって、よっぽどですよね…。 例えば、トピ主さんがとてもキレイな方で、相手が女性として嫉妬しているのか、逆にトピ主さんが地味でダサいタイプなので馬鹿にしているとか? でもどちらにせよ、いい大人が取る行動とはとても思えないので、何か挨拶程度でも失礼なことや、気に触ることをトピ主さんが言ってしまったのか…。 トピ主さんを嫌っている、第三者から何か吹聴されているのか。 気にしないようになんて、なかなかできないと思いますが、他の仲良くしてくれる方を大切にした方がいいですね。 共通の知り合いにそれとなく、相談されてはどうでしょう。 ユーザーID: 8224096888• 同じように接する 挨拶程度の事はしていて、みんなの前ではうまい具合に接してくる・・・だったら完全無視って訳じゃないですね。 また子供同士が仲が良いわけでもない・・・だったら仲良くする必要もないと思います。 何より普通にママ友がいる・・・だったら一人位に無視されてもどうでも良くないですか? 皆さんを煽動してトピ主さんを集団で無視している訳じゃないんですよね。 正直、トピ主さんは気にし過ぎだと思います。 恨みを消す方法は一つです。 無視する彼女の存在を認め、許せばいいのです。 彼女に固執する今は難しいでしょうが、同じマンションや同じ幼稚園以外の人間関係を構築していけば彼女の存在も薄くなりますよ。 毎日彼女以外も見ましょう。 ユーザーID: 3491760019• 子供が仲良くないからじゃない? 子供同士が仲良くないどころか、トピ主子供が好かれているママ友の子供にちょっかいを出したり、イジメたりしている。 好かれているママ友の子供がママ友にトピ主子供と関わりたくないと言っているとか。 トピ主はママ友界で浮いてない、ママ友もいるとおっしゃっていますが、実際はママ友界の鼻つまみ者で嫌われて、複数のママ友がみんなから好かれているママ友に進言し距離を取られているか。 考えられるのは以上でしょうか? トピ主さんが要注意人物として嫌われていた場合、その理由を周囲のママ友に聞いても関わりたくないからスルーするだろうし、例え周りでも「ん?」と気づいていたとしても好かれているママ友から嫌われたくないからスルーすると思うのね? 相性もあるだろうし、好かれているママと気が合わなそうなんですからそのママ友とは別のママ友社会を築くか移動するかしたら良いのではないでしょうか? 大人になったら、一旦嫌いになった人を再び好くことは少ないと思いますよ。 第三者として、自分が好かれず、その結果怨みに変るなんて恐ろしくてお付き合いは控えたいです。 ユーザーID: 7013711536• いるいる、そういう人 私の身近にもそういうママ、いますよ。 表の顔は、本当に気が効いて何でも熱心で良いママ。 ママ友にも先生にも、好感度バッチリ! …でも、気に食わない相手には、 無視・うまい具合に、使いっ走りみたいな姑息なことを 平気でやります。 でも、見てる人は見てると思いますよ。 何で嫌われているとか、そんなこと思わないほうがいいです。 どうせ つまらないこと(妬みとか)だし、 あなたは多分、何も悪くないし、やっていないと思います。 誰にでも好かれて完璧〜! みたいな人って 案外疲れるんじゃないですかね。 良い息抜きにされているだけだと思う。 そんなのに限って、コンプレックスの塊だったりしてね。 だから、スル〜よ。 華麗にスル〜。 悩んだり苦しんだら、そのブラックママの思う壺だよ。 ママ友が他にいるんだったら尚の事、 記にしないことですよ。 ユーザーID: 3517265837• わかります 私も似たような事経験しました。 頭にきたり、落ち込んだり、悲しく なったり、今思うと感情コントロールが できない状態で、子供にまでイライラを ぶつけたりして、本当反省ですよね。 でも、必ず乗り越えられますよ。 私は、趣味の仲間に助けられました。 ママ友ではなく、別世界の人達に。 何か趣味など始めてみてください。 それから、学生時代の友人にも話を聞いて もらい、自分に何かおかしな所が無かった か客観的に判断してもらい、何もなければ 自信がつきます。 意味もなく嫌ってくる人に何をしても好かれる 事はないので、すっぱり諦めて気持ちも強く もって、誠実に変わりなく他の方たちとは 浅く付き合ってやり過ごしました。 堂々と何をされても悪口言われても対抗できる 強い自分を作ること。 そうすれば、ママ友の世界だけでなくても 生きやすくなります。 自分はあくまでも誠実に生きていきましょう。 堂々といられる為に。 頑張って下さい。 ユーザーID: 9291595935• 恨みの消し方、教えましょう。 相手を嫌いになりましょう。 以上です。 あ「嫌い」だからといって、わざわざ無視することはないです。 会ったら、普通に挨拶。 関わることなく、すれ違います。 相手が無視してきたら「あなたなんか、大嫌い」とつぶやきましょう。 溜め込んでしまう人は、発散するのが苦手なんです。 ただ、子どもの幼稚園が一緒、というだけの、本当に薄い関わりしか無い相手です。 毎日見るというだけで、苦しくなるのは「相手にとらわれている」からです。 誰にも聞こえなければ、何を言おうと自由。 「大嫌い」と声にして、言ってみてください。 「物言わぬは腹ふくるる」と申しますでしょ? 言ってしまえば、溜め込まなくてすみます。 恨みも消えますよ。 ユーザーID: 3044424453• どこにでもいるね 私も、何故かそういう人の餌食になります。 その人がいかにも意地悪そうだったら納得ですが、綺麗で聖母マリアみたいな人なんですよ。 みんなその人のファンなのですよ。 私の場合はお隣の60代の資産家の奥様です。 美人で気さくでお金持ちなのに気取らず働き者。 誰にも(私以外は)分け隔てなく接して人気者。 なんと私の両親までファンです。 でも私と1対1になると目も合わせてくれません。 私も恨んでいますよ。 でも、その人とっても幸せで太刀打ちできないのですよ。 ご夫婦共に外で働いたこともないのに、 子供さん4人全員医学部で、ご本人も資産家のお家柄。 お孫さんも生まれ順風満帆・・・恨んでも惨めになるだけ。 私と言えば、不妊治療の甲斐もなく子供を断念・・・・本当に世の中は不公平です。 ユーザーID: 3374227407• 同じマンション、同じ幼稚園なら距離ある方が望ましい どうしても気になっちゃいますよね・・・ 私もそういう事ってすごく気になる人間です。 トピ主本人が何かをした訳じゃないかもしれません。 お子さんが何かをしたとかご主人に恨みがあるなどでも 挨拶だけで関わらないようにしようと思われる事もあるでしょう。 相手の方には相手の方の事情があるのかもしれませんし 無理に仲良くなろうとして余計に険悪になるよりも 挨拶だけはして他に仲良くできる方とお付き合いすればいいと思います。 同じマンションなら小学校も一緒でしょうし 恨むよりも適当に相手にしなければいい。 他にママ友がいらっしゃるなら 今ある繋がりを大事にして心穏やかに過ごしてください。 好感度の高いママに嫌われているとしても 特に何かされる訳じゃないのであれば気にしない事です。 ストレスを抱えると体調も崩しやすくなりますので マイナス思考になりすぎないように気をつけてくださいね ユーザーID: 0239326737• 何言ってるの? >私が裏で無視されてるのは 裏で? >みんなの前では、うまい具合に接しくるので 他の人達の前では、アナタに合わせてくれているんですよね? だったら何も問題ないのでは? つまりは、「私も他のママさんみたいにお茶に誘って」という事? 自分は他のママさんみたいにお茶したり、立ち話をしたり、一緒に公園に言ったりしてくれないから、その人が意地悪をしていると? 裏で、無視されていると? 何言ってるの? それで恨まれても困りますよ。 それって、ストーカーの心理じゃない。 私を特別扱いしてよ。 何も言わなくても、私の気持ちをわかってよ。 そちらから声を掛けて誘ってよ。 そんなの無理でしょ。 自分の意見を言ったり、自分から行動を起こさず、黙っていても自分も他の人と同じように優しくしてって。 裏って何なん? 裏もくそもないでしょ。 ご主人の言う通り、主さん暇だからつまらない事を考えるんですよ。 他の人とは仲が良いからって、距離を置かれているとか無視されているとか、そういうの逆恨みって言うんですよ。 ホントストーカーと同じですよ。 ユーザーID: 8876411948• 大人になりましょう 近所や同じマンション住まいだからといって全員にニコニコしなくてはいけない決まりはありません。 同じクラスになった人や同じ職場になっただけで全員に好感持って仲良くできるかといったら無理でしょう? その人のことをママ友と呼ぶのも間違いですね。 全然友達じゃないから。 単なるご近所さんでしょ。 いくら流行りの呼び方とはいえ、ママ友と呼ぶからにはせめてお互いに気が合うって分かってからにしませんか。 その人は単純にトピ主さんに興味ないんだと思います。 貴方だって自分に興味ない人と付き合う事なんかに興味持てないでしょう?そこら辺お互い様です。 ちなみに旦那さん正しいです。 そんな人相手に苦しいとか許せなとか恨むとか、トピ主さん暇すぎだし暗すぎます。 そういう負の気持ちに引きずられて子供に八つ当たりしてるなら最悪です。 自分だって好きになれない人がいるのだから、誰かが自分を好きになれないのは当然だという気持ちを持つ事も必要。 そうやっておどおどしてるから自分の気持ちが晴れない。 彼女に会うたびに笑顔で大きな声で挨拶しながら心の中でバーカと思って、あとは次まで彼女の存在を忘れるのが一番です。 ユーザーID: 8205607447.

次の