子供 口臭 うんち の 臭い。 うんこ臭い口臭がするのは便秘だから?本当の原因は?対策はこうする!

子供の口臭がうんちの臭い…原因とパターン別、年代別で最新対策!

子供 口臭 うんち の 臭い

Contents• 幼児の口臭が臭う原因 幼児の口臭がうんちくさいのはなぜでしょうか。 口臭がうんちくさいと感じたお母さんたちの中には病気だと感じてしまう方もいるかと思います。 まずはなぜうんちくさい口臭となってしまうのか原因をみてみましょう。 また、その原因の対策をみていきましょう。 1.歯磨きがしっかりされていない 幼児は、自分でしっかりと歯磨きができません。 基本的にはお母さんやお父さんが歯を磨いてあげます。 幼児の頃からしっかりと歯磨きをしないと、食べ物のカスなどが歯の間に挟まってにおいがすることもあります。 そのため病気かもというような口臭がしますが、しっかり歯磨きをしていればそんな臭いはしないはずなんです。 毎日隅々まで気をつけてしっかりと歯を磨いてあげましょう。 2.鼻呼吸ではなく口呼吸になっている 口呼吸になる原因としては、鼻の病気である鼻炎、アレルギーなどが考えられますが、主に鼻が詰まる病気が挙げられます。 想像の通り、鼻が詰まると鼻での呼吸が苦しくなるため自然と口呼吸になってしまいます。 口呼吸だと常に口の中が乾いていることになり、口内は細菌がすみやすい環境へと変化・・・ 細菌が増殖し、細菌が原因で口がにおってくるわけです。 また、直接空気を口の中に吸うことになるので、外にとんでいる細菌を直接口にいれる形になるので別の意味でも悪いことがわかりますね。 口の臭いだけが気になるのではなく、口内炎など様々な病気を引き起こす原因となるので、なるべく小さいころから口呼吸はさせないように鼻呼吸になるように気を付けておきましょう。 口呼吸をしていると気づいたときには、病院に行って鼻に異常がないかみてもらい、異常があった場合にはしっかりと治療をしてもらいましょう。 スポンサーリンク 3.虫歯が原因 就寝前に飲食をしていると寝る前に歯磨きをしていようが、関係なく雑菌だらけです。 ちゃんと歯磨きをしていても、雑菌は舌等にくっついたままになります。 そのため虫歯になりやすくなります。 虫歯で神経が腐ってしまいます。 その腐った臭いがします。 また、虫歯の部分に食べカスがつまり臭いがします。 対策としては、寝る3時間前からは子供がほしがっていてもお菓子やジュースなどは控え、虫歯がある場合には歯医者でしっかり治療をしてもらいましょう。 4.風邪やお腹の調子が悪い 胃炎や胃の調子が悪いと臭うことがあります。 その時は、もしかして、風邪かな?と疑ってみてください。 幼児の場合、中々意思疎通ができないことが多いですよね。 その時は、お母さんからどこか痛む?などと言った優しい言葉をかけてもいいかもしれません。 風邪がなおれば口臭も治る可能性があります。 5.ストレスや疲れ 子供でもストレスや疲れは感じます。 大人よりも感じやすいかもしれません。 ストレスによって緊張状態が続き、そうすると、唾液の分泌が低下します。 唾液の分泌が低下するとどうなるか。 口の中が乾きますよね。 2番でお伝えしたように、口の中が乾燥すると細菌が増え臭いがします。 なるべく、子供たちがなるべく緊張しない環境を作るのもいいかもしれませんね。 子供の口臭がうんちくさいと感じたら、夜寝るとき子供が口呼吸していないか、鼻づまりや風邪っぽい症状はないかしっかりみておきましょう。 口臭は子供からのSOSの可能性もあるので、臭うからといって歯磨きを激しくするのではなく、念のために病院にいってもいいかもしれませんね。 まとめ 今回は幼児の口臭がうんちくさい、もしかしたら病気なのか、その対策はあるのかをみていきました。 病気以外にもたくさんの原因がありましたね。 子供をしっかりと見ていれば、体調不良なのか、歯磨きが原因なのか、色々考えることができますね。 考えてみると自分達で出来る対策はたくさんありますのでぜひ実践してみましょう。 スポンサーリンク.

次の

子供の口臭がドブ臭い!?臭いの原因は便秘かも

子供 口臭 うんち の 臭い

スポンサーリンク 口臭が便臭になるのは病気? 口臭が便臭(うんち臭い・おなら臭い)になるのは病気だからでしょうか? 病気が原因で起こる口臭はたくさんあります。 口臭の原因としては1割程度です。 口臭のほとんどの原因は口の中にあって口臭がするのです。 主な病気によって起こる口臭について紹介します。 肝臓病、腎臓病 タマネギの腐ったような口臭や生ゴミのような腐敗臭 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 卵の腐ったような口臭や酸っぱい口臭 胃の病気 ドブのような臭いの口臭 副鼻腔炎 肉の腐ったような口臭 腎機能低下や尿毒症 アンモニア臭のような口臭 糖尿病 甘酸っぱい臭いやリンゴの腐敗臭のような口臭 ほかにも口の中のがん(舌癌、頬粘膜(きょうねんまく)癌など)により口臭が発生することがあります。 副鼻腔炎(蓄膿症)や咽頭炎、喉頭炎などによって、たんぱく質を含む血液や膿が口の中に出てくることがあります。 これにより口臭が発生することがあります。 病気によって 口臭が便臭(うんち臭い・おなら臭い)になるようなことはあまりありません。 スポンサーリンク 口臭が便臭、うんち臭い原因とは? 口臭が便臭(うんち臭い・おなら臭い)になるのは病気である可能性は低いです。 では、どういったことが原因でなるのでしょうか。 それは 腸にガスや便が溜まっていたり、歯周病になっているからです。 腸内環境が悪化していて悪玉菌が増えたり活発になったりすると、腸内の食べカス(タンパク質)の腐敗が進み、悪臭の元となるガスが発生します。 この臭いの元となる成分は、インドールやスカトールといった物質です。 おしりから体外に排出されればオナラですが、腸管から吸収され肺まで運ばれれば口臭になります。 そうなると口臭が便臭になるのです。 肺に運ばれることはよくあることなのですが、強い臭いが口臭として出てくる事はありません。 しかし腸にガスや便が溜まっていたり、腸内の不調による消化不良が起きていたり、便秘になっていると便臭になります。 便臭の臭いの元となる成分は、インドールやスカトールといった物質だと説明しましたが、これらの物質は歯周病によっても作り出されます。 歯周病になると口の中で毒素を出しながら活動していく細菌があります。 この細菌が口の中の食べカス(タンパク質)の腐敗を進めさせ、悪臭の元となるガスを発生させます。 このガスの成分の中にインドールが含まれています。 歯周病の場合、出血や膿の臭いなども混ざるので、歯周病が進行していくとかなりきつい臭いとなってしまいます。 口臭が便臭、改善するには 口臭が便臭(うんち臭い・おなら臭い)になるのは病気ではなく、腸内環境が悪化していたり、歯周病になっているからです。 口臭が便臭なのを改善するにはこれらを改善していけば良いということになります。 腸内環境が悪化している原因が病気によるものであれば、それを治療することが必要です。 そうでない場合には、食生活の改善と腸内の善玉菌を増やすようにしましょう。 臭いの元となるのはお肉などのタンパク質です。 肉類は控えめにして、野菜や豆類などを積極的に摂取する食生活をしていきましょう。 乳酸菌が生きたまま腸まで届くヨーグルトなどを食べて善玉菌を増やすようにしましょう。 また、便が腸に滞留しないように便秘にならないようにしましょう。

次の

子供の口臭がひどい場合の臭い別原因と対策を紹介!口臭対策アイテムも|ゴッソトリノの効果は嘘?口コミを徹底検証したらやばかった!

子供 口臭 うんち の 臭い

赤ちゃんの頃は、思わず匂いをかいでしまうほど爽やかな息だったのに、いつの間にか子供の口臭がするようになった、ということはないでしょうか。 実際に、うちの息子も4歳くらいから大人と同じような口の臭いが気になるようになりました。 そんな、子供の口臭の原因について、世田谷通りデンタルオフィス松陰神社前の壱岐聰一郎先生にお話を伺いました。 生臭い、すっぱい…子供の口臭がひどい原因は!? 口臭がおこる3つの原因とは 口臭の原因は、おもに3つ。 唾液の分泌の減少による起床後、空腹時、緊張時による生理的口臭 ニンニクやネギなど香りの強い食品を食べた時の口臭 胃・腸の消化器系の病気による口臭 子供の口臭の8割は、お口のトラブルが原因です! 子供の場合の8割は、磨き残しや虫歯など菌からくるものだと言われています。 磨き残しがあると、食べカスから繁殖した菌によってガスが発生し、悪臭が発生します。 さらに、虫歯が進行すると、歯の神経が死んで腐敗し、それが臭いの元になります。 口臭が気になったら、歯科で診てもらうことが先決です。 口臭の元に病気が潜んでいる場合も! 意外に多い、子どもの歯肉炎 子供の口臭から発覚する病気は、虫歯の他に歯肉炎も多く見られます。 「まさか、子供が歯肉炎になるなんて」と驚くお母様も多いのですが、子供の4割が歯肉炎という厚生労働省のデータもあります。 不十分な歯磨きが歯肉炎を引き起こす 歯肉炎の原因は、磨き残しによってたまったプラーク(歯垢)です。 プラークの中では歯周病菌が繁殖し、歯茎に炎症を起こします。 進行すると歯周病になるので、プラークを残さぬよう仕上げ磨きをしっかりするようにしましょう。 また、口臭を起こす病気として単純性ヘルペスを見かけることがあります。 この場合は、発熱や歯茎の腫れを伴います。 気が付いたら、すぐに歯科を受診しましょう。 子供の口臭が気になったら、病院に行くべき? まずは、歯科を受診して 子供の口臭が気になる時、何科にかかればいいのか迷う方もいらっしゃいますが、まずは歯科を受診してください。 定期的に通いながら、自宅での歯磨き、フロスの使用を徹底することで、口臭は改善されます。 口呼吸ではなく、鼻呼吸を また、口呼吸をしていると、唾液の分泌が少なくなりそれも口臭の原因になるので、鼻呼吸を習慣づけるようにしましょう。 お話を伺ったのは、 世田谷通りデンタルオフィス松陰神社前 壱岐聰一郎先生 取材・文/安田光絵.

次の