今、れいわ何年。 いま、noteをはじめたきっかけ。|にしむられい|note

今「令和(れいわ)」何年?漢字の意味、由来は?

今、れいわ何年

私たちの住んでいる地球は大きな転換期を迎えています。 地球は波動を有していて、波動レベルが大きくシフトするとアセンションが起きます。 また、地球の波動レベルを「次元」という言葉で表していて「3次元の地球」から「5次元の地球」へアセンションすると言われています。 何で「3次元」から「5次元」なの? 「4次元」がないじゃない? という声も聞こえて来そうですが、地球の波動が一段上のステージへ昇格することがアセンションだと理解しましょう。 そして、地球アセンションに対し、個人アセンションという言葉があります。 これは個人も波動を有していて、個人の波動が大きくステップアップすることです。 私のたち人間は魂の存在です。 魂は波動です。 私たちの魂は、輪廻転生 生まれ変わり をしていて、生まれると肉体をまとい、死を迎えると魂となります。 魂は永遠の存在であり、常に進化しています。 私たちは現実 日常生活 の中で色々な体験をすることで学んでいます。 そして、現実を体験することで意識が高まり、魂の波動を上げています。 地球も私たち個人も日々波動が上下しながらも、アセンションへ向けて進んでいます。 なので、日頃の地球の波動の変化を意識しながら、自らの魂の波動を高めて行くことが大切です。 とりわけ、2019年、2020年あたりは、地球波動の大きなシフトが予測されます。 常時感じた変化を記事にしています。 瀬織津姫様の想いを受けとった人から、言動に現わしていきましょう。 また不要なものを壊し、再生させるとってつもないパワーがあります。 闇の光の両方の力を使って私たちを試してきます。 大黒天さまが打ち出の小槌を振ると、世直しの波動が広がり、そのエネルギーをキャッチした光の戦士たちが曲がった光の柱を元に戻ります。 個人アセンションとは宇宙意識 超意識 が開くことです。 3次元の人間は、自我 エゴ が優位になり生活をしていますが、アセンションして宇宙意識が開くと、自分を持ちながらも、全体として生活をするようになります。 すなわちワンネス思考が生まれ、全てのものとの共生を意識します。 地球の自然とも調和し、健康で精神的に豊かな暮らしを実現させます。 もちろん、経済的にも豊かになります。 意識が高まり宇宙とつながるので、宇宙の叡智へアクセスするようになりますので、経済的な豊かを実現する叡智を得ます。 スポンサーリンク アセンションと霊能力について アセンションと霊能力は別物です。 アセンションすると霊能力が開花し、霊視や透視が出来るようになったり、チャネリングやヒーリング能力も開くと思われがちですが無関係です。 もちろん意識が高まる段階で、そういった特殊能力が使えるようになることもありますが、あくまでもアセンションとは、次元上昇することです。 スピリチュアル界には、アセンションをしていないのに霊能力が使える人もいます。 こういう人には注意が必要です。 動物霊などに憑依されているケースが多く、関わると自分がディセンション 次元降下 してしまいます。 地球の今後はどうなるの? 今までの地球は進化の途中にあり、宇宙の他の惑星と比べたら、決して優れているとは言えない惑星でした。 私たち地球人は、自らの欲望を果たすために争いをし、さらには人間の都合を優先して自然を汚染して来ました。 しかし、2019年の今、地球自体が波動を高め1つ上のレベルへ行くことを決まっています。 もう、自分だけを優先する時代は終わりですね。 自分のみを優先する人は、地球の波動と合わなくてなるので、これからは存在が難しくなります。 これからは地球全体が幸せ波動に包まれるように一人一人が意識を高め、魂の波動を高めて行くことが重要です。 それが地球アセンションを加速させます。 皆で良い地球をつくりましょう!!.

次の

明治、大正、昭和、平成、令和はそれぞれ何年から何年まで?それぞれ何年間続いた?大正が短い理由と簡単な計算方法も一緒に解説!

今、れいわ何年

私たちの住んでいる地球は大きな転換期を迎えています。 地球は波動を有していて、波動レベルが大きくシフトするとアセンションが起きます。 また、地球の波動レベルを「次元」という言葉で表していて「3次元の地球」から「5次元の地球」へアセンションすると言われています。 何で「3次元」から「5次元」なの? 「4次元」がないじゃない? という声も聞こえて来そうですが、地球の波動が一段上のステージへ昇格することがアセンションだと理解しましょう。 そして、地球アセンションに対し、個人アセンションという言葉があります。 これは個人も波動を有していて、個人の波動が大きくステップアップすることです。 私のたち人間は魂の存在です。 魂は波動です。 私たちの魂は、輪廻転生 生まれ変わり をしていて、生まれると肉体をまとい、死を迎えると魂となります。 魂は永遠の存在であり、常に進化しています。 私たちは現実 日常生活 の中で色々な体験をすることで学んでいます。 そして、現実を体験することで意識が高まり、魂の波動を上げています。 地球も私たち個人も日々波動が上下しながらも、アセンションへ向けて進んでいます。 なので、日頃の地球の波動の変化を意識しながら、自らの魂の波動を高めて行くことが大切です。 とりわけ、2019年、2020年あたりは、地球波動の大きなシフトが予測されます。 常時感じた変化を記事にしています。 瀬織津姫様の想いを受けとった人から、言動に現わしていきましょう。 また不要なものを壊し、再生させるとってつもないパワーがあります。 闇の光の両方の力を使って私たちを試してきます。 大黒天さまが打ち出の小槌を振ると、世直しの波動が広がり、そのエネルギーをキャッチした光の戦士たちが曲がった光の柱を元に戻ります。 個人アセンションとは宇宙意識 超意識 が開くことです。 3次元の人間は、自我 エゴ が優位になり生活をしていますが、アセンションして宇宙意識が開くと、自分を持ちながらも、全体として生活をするようになります。 すなわちワンネス思考が生まれ、全てのものとの共生を意識します。 地球の自然とも調和し、健康で精神的に豊かな暮らしを実現させます。 もちろん、経済的にも豊かになります。 意識が高まり宇宙とつながるので、宇宙の叡智へアクセスするようになりますので、経済的な豊かを実現する叡智を得ます。 スポンサーリンク アセンションと霊能力について アセンションと霊能力は別物です。 アセンションすると霊能力が開花し、霊視や透視が出来るようになったり、チャネリングやヒーリング能力も開くと思われがちですが無関係です。 もちろん意識が高まる段階で、そういった特殊能力が使えるようになることもありますが、あくまでもアセンションとは、次元上昇することです。 スピリチュアル界には、アセンションをしていないのに霊能力が使える人もいます。 こういう人には注意が必要です。 動物霊などに憑依されているケースが多く、関わると自分がディセンション 次元降下 してしまいます。 地球の今後はどうなるの? 今までの地球は進化の途中にあり、宇宙の他の惑星と比べたら、決して優れているとは言えない惑星でした。 私たち地球人は、自らの欲望を果たすために争いをし、さらには人間の都合を優先して自然を汚染して来ました。 しかし、2019年の今、地球自体が波動を高め1つ上のレベルへ行くことを決まっています。 もう、自分だけを優先する時代は終わりですね。 自分のみを優先する人は、地球の波動と合わなくてなるので、これからは存在が難しくなります。 これからは地球全体が幸せ波動に包まれるように一人一人が意識を高め、魂の波動を高めて行くことが重要です。 それが地球アセンションを加速させます。 皆で良い地球をつくりましょう!!.

次の

令和元年(1年)はいつから始まるの?令和2年は西暦何年?

今、れいわ何年

山本太郎ブームはなぜ巻き起こるのか いま「山本太郎ブーム」が起きています。 山本さんが各地の街頭で行う演説会は、瞬く間に黒山の人だかりができます。 山本さんが話す内容は、グラフや数字を使った統計資料を基礎とする経済政策が中心で、1時間を優に超えるレクチャーに近いものです。 しかし、人は減らない。 むしろ雪だるま式に増えていきます。 このうねりは一体何なのか。 約2年前、「枝野幸男ブーム」が起きました。 「枝野立て」という声が各地で起き立憲民主党が立ち上がると、あっという間に野党第一党の議席数を勝ち取りました。 「山本太郎ブーム」と「枝野幸男ブーム」は何が同じで、何が違うのか? 両者に共通するのは、「一人で立ち上がる姿」です。 大きな流れに抗し、勝算を度外視して立ち向かう姿勢は、多くの人の共感を呼びます。 大きな塊から飛び出し、安定した場所を捨ててでも、国民の選択肢を作る行動に、人は期待を寄せます。 今回の参議院選挙に向けて、立憲民主党は「物語」の設定がうまくできていないように見えます。 同じブームを同じ主人公・同じ内容で巻き起こすことは不可能です。 新たな「物語」を作らなければ、国民の期待を集めることは難しいでしょう。 一方で、山本さんは「物語」の設定に成功しているように思えます。 山本さんは6年前の参議院選挙でも、東京選挙区から立候補し、ブームを巻き起こしました。 一見すると、今回はこの時のリバイバルのように見えますが、単なる6年前のコピーでは、現在のようなブームは起きません。 東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授 1975年、大阪生まれ。 大阪外国語大学でヒンディー語を専攻。 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科でインド政治を研究し、2002年に『ヒンドゥー・ナショナリズム』(中公新書ラクレ)を出版。 また、近代における日本とアジアの関わりを研究し、2005年『中村屋のボース』(白水社)を出版。 大仏次郎論壇賞、アジア太平洋賞大賞を受賞する。 学術博士(地域研究)。 著書に『ナショナリズムと宗教』(春風社)、『パール判事』(白水社)、『秋葉原事件』(朝日新聞出版)、『「リベラル保守」宣言』(新潮社)、『血盟団事件』(文藝春秋)、『岩波茂雄』(岩波書店)、『アジア主義』(潮出版)、『下中彌三郎』(平凡社)、『親鸞と日本主義』(新潮選書)、『保守と立憲』(スタンドブックス)、『超国家主義』(筑摩書房)などがある。 北海道大学大学院法学研究科准教授を経て、現在、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。

次の