ボンベイ ドライジン。 ボンベイロンドンドライジン・サファイアとの味の違いや飲み方とは

カークランドシグネチャー ロンドン ドライ ジン 1750ml

ボンベイ ドライジン

ボンベイサファイアとは? ボンベイサファイアは世界的な酒類メーカーである バカルディ社の子会社 ボンベイ・スピリッツ社がイングランドのチェシャー州で製造するジンの銘柄です。 発売は1987年とジンのなかではそれほど長いわけではなく、むしろ新しいほうだといえるでしょう。 水色の透き通った美しい瓶が特徴的なジンで、従来レシピを秘伝のものとしてきたジンブランドのなかで、 10種類のボタニカル 植物 を用いていること、そしてその内容も公表している珍しいジンとして発売から今まで多くの人に愛されてきました。 その内容はジンの香味を決定づける代表的な原材料である ジュニパーベリーとアーモンド、レモンピール、スペインカンゾウ、オリスルート、セイヨウトウキ、コリアンダー、シナニッケイ、ヒッチョウカ、マニゲット。 これらのボタニカルを蒸留時の気体 蒸気 で蒸すようにして香りづけする ヴェーパー・インフュージョン製法という方法を採用し、 繊細で香り高い仕上がりにしているのが特徴です。 ボンベイサファイアの味は? それでは実際に飲みながらボンベイサファイアの味わいをテイスティングしていきましょう。 まずは香りからです。 10種類のボタニカルを使用したボンベイサファイア、ヴェーパー・インフュージョン製法を採用していることもあってか香りが やわらかいのにハッキリとしている点が特徴です。 これが ボンベイサファイアが非常に華やかなジンだとされるゆえんでしょう。 ジン特有のジュニパーベリー感も強くなく、香りも繊細なのでジンが苦手・・・という方でも受け入れやすいのではないでしょうか? ラベルにはしっかりヴェーパーインフュージョンを行っていること、ハンドセレクトしたボタニカルを使用していることを明記している。 じっさいに口に含んでみましょう。 ドライでツンとする傾向が強いドライジンと呼ばれるジャンルのお酒ですが、 ボンベイサファイアは非常にクリーンで清涼感に溢れています。 さほどドライな印象も強くなく、酒質は柔らかくのど越しもよい印象。 と比べると、同じクリアでキレのいい印象のボンベイサファイアのほうが良い意味で水に近いような透明感があり、タンカレーのほうがお酒感が強い重厚感があるというイメージでしょうね。 Amazonでの買い物の機会が多い方はいちどAmazonチャージでAmazonギフト券で買い物するのがオススメ。 じつはいま 現金で5000円以上チャージするとチャージ額の最大2. 特にプライム会員だともらえるポイントが多くなるので、とよりおいしいです 1ヶ月の無料お試し期間中でも適用! で初回チャージのさいに1000円分のポイントまでついてきます。 現金払いなどいくつかチャージするさいの注意点はありますが、Amazonで買い物される方はメリットしかないのでぜひチェックしてみましょう。

次の

カークランドシグネチャー ロンドン ドライ ジン 1750ml

ボンベイ ドライジン

今日も晩酌。 今年の冬はなんだか暖かくて、いつの間にか終わってた感じですね。 でも乾燥する日も多くのどが渇きます。 今夜は、ジンですっきりと晩酌したいと思います。 今回レビューする1本は、とてもスタンダードな1本です。 今日の洋酒は、サッポロビール「ボンベイ ドライジン」 公式サイトより 英国で250年、伝統の味わいと香りのスタンダードジン。 1761年から続くレシピを継承し、8種類のボタニカルで磨き上げられたクラシックな味わい。 伝統の味わいはまさにジントニックのためのロンドン・ドライ・ジン。 とのこと。 原材料は。。。 書いてません。 アルコール度数40%。 ジンってなんてゆうかあんまり違いが書けないんですが、個人的主観のレビューをさせてもらいます。 【味わいレビュー】ロック・炭酸割りでいただきます。 一口飲んだ感想は「香りが強い」。 オレンジピール主体の柑橘の強めの香りが先行。 きちんと甘さも感じる味わい。 後味に複雑なボタニカルな香り、ちょっぴり苦みが残ります。 飲み方とすると、ロックもうまいのですが、炭酸で割ると甘さと柑橘の香りが立って非常にうまい。 トニック割りでジントニックにしても良いのですが、結構甘さの立つ香りなので炭酸割りでもかなりおいしいです。 ジンの香りを堪能したい方には非常におすすめの1本ですね。 価格は1本1000円ほど。 購入は全国の酒量販店にてお求めいただけます。

次の

ジントニックのレシピ|ボンベイサファイア・タンカレーの味、違い

ボンベイ ドライジン

ボンベイサファイアとは? ボンベイサファイアは世界的な酒類メーカーである バカルディ社の子会社 ボンベイ・スピリッツ社がイングランドのチェシャー州で製造するジンの銘柄です。 発売は1987年とジンのなかではそれほど長いわけではなく、むしろ新しいほうだといえるでしょう。 水色の透き通った美しい瓶が特徴的なジンで、従来レシピを秘伝のものとしてきたジンブランドのなかで、 10種類のボタニカル 植物 を用いていること、そしてその内容も公表している珍しいジンとして発売から今まで多くの人に愛されてきました。 その内容はジンの香味を決定づける代表的な原材料である ジュニパーベリーとアーモンド、レモンピール、スペインカンゾウ、オリスルート、セイヨウトウキ、コリアンダー、シナニッケイ、ヒッチョウカ、マニゲット。 これらのボタニカルを蒸留時の気体 蒸気 で蒸すようにして香りづけする ヴェーパー・インフュージョン製法という方法を採用し、 繊細で香り高い仕上がりにしているのが特徴です。 ボンベイサファイアの味は? それでは実際に飲みながらボンベイサファイアの味わいをテイスティングしていきましょう。 まずは香りからです。 10種類のボタニカルを使用したボンベイサファイア、ヴェーパー・インフュージョン製法を採用していることもあってか香りが やわらかいのにハッキリとしている点が特徴です。 これが ボンベイサファイアが非常に華やかなジンだとされるゆえんでしょう。 ジン特有のジュニパーベリー感も強くなく、香りも繊細なのでジンが苦手・・・という方でも受け入れやすいのではないでしょうか? ラベルにはしっかりヴェーパーインフュージョンを行っていること、ハンドセレクトしたボタニカルを使用していることを明記している。 じっさいに口に含んでみましょう。 ドライでツンとする傾向が強いドライジンと呼ばれるジャンルのお酒ですが、 ボンベイサファイアは非常にクリーンで清涼感に溢れています。 さほどドライな印象も強くなく、酒質は柔らかくのど越しもよい印象。 と比べると、同じクリアでキレのいい印象のボンベイサファイアのほうが良い意味で水に近いような透明感があり、タンカレーのほうがお酒感が強い重厚感があるというイメージでしょうね。 Amazonでの買い物の機会が多い方はいちどAmazonチャージでAmazonギフト券で買い物するのがオススメ。 じつはいま 現金で5000円以上チャージするとチャージ額の最大2. 特にプライム会員だともらえるポイントが多くなるので、とよりおいしいです 1ヶ月の無料お試し期間中でも適用! で初回チャージのさいに1000円分のポイントまでついてきます。 現金払いなどいくつかチャージするさいの注意点はありますが、Amazonで買い物される方はメリットしかないのでぜひチェックしてみましょう。

次の