イン トゥー ジ アンノウン。 中元みずき イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに(エンドソング) 歌詞

松たか子&オーロラ「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに (アナと雪の女王2より)」のMP3フル配信ダウンロード情報まとめ!

イン トゥー ジ アンノウン

2019年11月22日に公開される続編「アナと雪の女王2」。 イディナ・メンゼル演じるエルサが歌う主題歌 『Into the Unknown(イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに)』の歌詞を自分なりに、物語の場面や状況をできる限り想像して和訳してみました。 今作の主題歌は、魔法の力が与えられた理由を探るため、エルサがアレンデールから再び冒険に出る重要なシーンで歌われる曲です。 見知らぬ世界へ冒険するか、それともアレンデールに留まるかというエルサの葛藤が描かれています。 エルサだけに聞こえる不思議な歌声が、果たしてエルサを危険に貶めようとしているのか、それともエルサを新しい世界へと導こうとしているのか、そして、エルサはこの声に従うのか。。。 それでは!早速、英語の歌詞と和訳を同時にご紹介します。 『Into the Unknown(イントゥ・ジ・アンノウン)』英語歌詞&和訳 I can hear you but I won't 聞こえるわ、あなたの声が、でも応える気はないの。 Some look for trouble while others don't 私は面倒事はうんざり There's a thousand reasons I should go about my day 私はただ、いつも通り過ごしていたいの And ignore your whispers which I wish would go away, oh oh oh あなたの誘惑になんか耳は貸さないわ You're not a voice あなたは何の意味もない You're just a ringing in my ear ただ鳴り響いているだけの音よ And if I heard you, which I don't もし耳を貸してしまったら、いいえ貸さないわ I'm spoken for I fear 恐怖が私を縛るの Everyone I've ever loved is here within these walls 私が愛しているものはすべて私の目の前にある I'm sorry, secret siren, but I'm blocking out your calls 私にだけ聞こえている誘惑、悪いけど、あなたに答えるつもりはない I've had my adventure and don't need something new あんな冒険はもう十分、二度とごめんよ I am afraid of what I'm risking if I follow you あなたに乗せられて危険を冒すのが怖い Into the unknown 見知らぬ世界へ Into the unknown 見知らぬ世界へ Into the unknown 見知らぬ世界へ What do you want? 'Cause you've been keeping me awake どういうつもり?私を揺さぶり続けて Are you here to distract me so I make a big mistake? あなたは私の心をかき乱して間違いを犯させるためにここにいるの? Or are you someone out there who's a little bit like me? それとも、あなたは私を受け入れてくれる?好きになってくれるの? Who knows deep down I'm not what I'm meant to be? 今の私がありのままじゃないとあなたは知っているの? [コーラス] Every day's a little harder as I feel my power grow 力がどんどん強くなって、毎日それを押し殺している Don't you know there's part of me that longs to go… 心のどこかで、外に出たがっていることをあなたは知っているの? Into the unknown? 見知らぬ世界へ? Into the unknown 見知らぬ世界へ Into the unknown 見知らぬ世界へ Are you out there? あなたはあちらにいるの? Do you know me? 私を知っている? Can you feel me? 私を感じる? Can you show me? 私に教えて? Where are you going? どこへ行くの? Don't leave me alone 置いていかないで How do I follow you どうやってたどり着くの Into the unknown? 見知らぬ世界へ? 作詞・作曲は前作『レット・イット・ゴー』を手掛けたロペス夫妻 楽曲を担当したのは、ロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペス夫妻。 前作「アナと雪の女王」の『レット・イット・ゴー』もこの夫妻が手がけました。 サウンドトラックは通常版と、英語音源CDも入ったスーパー・デラックス版の2つ サウンドトラックの発売は、• 通常版:11月22日• スーパーデラックス版:11月27日 です。

次の

アナと雪の女王2: アカペラバージョンのイン・トゥー・ジ・アンノウンが公開

イン トゥー ジ アンノウン

2019年11月22日に公開される続編「アナと雪の女王2」。 イディナ・メンゼル演じるエルサが歌う主題歌 『Into the Unknown(イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに)』の歌詞を自分なりに、物語の場面や状況をできる限り想像して和訳してみました。 今作の主題歌は、魔法の力が与えられた理由を探るため、エルサがアレンデールから再び冒険に出る重要なシーンで歌われる曲です。 見知らぬ世界へ冒険するか、それともアレンデールに留まるかというエルサの葛藤が描かれています。 エルサだけに聞こえる不思議な歌声が、果たしてエルサを危険に貶めようとしているのか、それともエルサを新しい世界へと導こうとしているのか、そして、エルサはこの声に従うのか。。。 それでは!早速、英語の歌詞と和訳を同時にご紹介します。 『Into the Unknown(イントゥ・ジ・アンノウン)』英語歌詞&和訳 I can hear you but I won't 聞こえるわ、あなたの声が、でも応える気はないの。 Some look for trouble while others don't 私は面倒事はうんざり There's a thousand reasons I should go about my day 私はただ、いつも通り過ごしていたいの And ignore your whispers which I wish would go away, oh oh oh あなたの誘惑になんか耳は貸さないわ You're not a voice あなたは何の意味もない You're just a ringing in my ear ただ鳴り響いているだけの音よ And if I heard you, which I don't もし耳を貸してしまったら、いいえ貸さないわ I'm spoken for I fear 恐怖が私を縛るの Everyone I've ever loved is here within these walls 私が愛しているものはすべて私の目の前にある I'm sorry, secret siren, but I'm blocking out your calls 私にだけ聞こえている誘惑、悪いけど、あなたに答えるつもりはない I've had my adventure and don't need something new あんな冒険はもう十分、二度とごめんよ I am afraid of what I'm risking if I follow you あなたに乗せられて危険を冒すのが怖い Into the unknown 見知らぬ世界へ Into the unknown 見知らぬ世界へ Into the unknown 見知らぬ世界へ What do you want? 'Cause you've been keeping me awake どういうつもり?私を揺さぶり続けて Are you here to distract me so I make a big mistake? あなたは私の心をかき乱して間違いを犯させるためにここにいるの? Or are you someone out there who's a little bit like me? それとも、あなたは私を受け入れてくれる?好きになってくれるの? Who knows deep down I'm not what I'm meant to be? 今の私がありのままじゃないとあなたは知っているの? [コーラス] Every day's a little harder as I feel my power grow 力がどんどん強くなって、毎日それを押し殺している Don't you know there's part of me that longs to go… 心のどこかで、外に出たがっていることをあなたは知っているの? Into the unknown? 見知らぬ世界へ? Into the unknown 見知らぬ世界へ Into the unknown 見知らぬ世界へ Are you out there? あなたはあちらにいるの? Do you know me? 私を知っている? Can you feel me? 私を感じる? Can you show me? 私に教えて? Where are you going? どこへ行くの? Don't leave me alone 置いていかないで How do I follow you どうやってたどり着くの Into the unknown? 見知らぬ世界へ? 作詞・作曲は前作『レット・イット・ゴー』を手掛けたロペス夫妻 楽曲を担当したのは、ロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペス夫妻。 前作「アナと雪の女王」の『レット・イット・ゴー』もこの夫妻が手がけました。 サウンドトラックは通常版と、英語音源CDも入ったスーパー・デラックス版の2つ サウンドトラックの発売は、• 通常版:11月22日• スーパーデラックス版:11月27日 です。

次の

『イントゥ・ジ・アンノウン(Into the Unknown)』の意味とは?

イン トゥー ジ アンノウン

『アナと雪の女王2』のエルサ。 Disney• ヒット曲『レット・イット・ゴー(Let It Go)』を手掛けたことで知られる2人が、続編のために同じくらいキャッチーな『イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに(Into the Unknown)』をどのように生み出したのかを語った。 2人は、最初は別の曲で想定していたところに『イントゥ・ジ・アンノウン』を入れ替えた経緯についても明かした。 2人は最初の『アナと雪の女王』の楽曲制作を終えると、監督のジェニファー・リー氏とクリス・バック氏によるストーリーの再調整を手伝い、オスカー賞を受賞した世界的なヒット曲『レット・イット・ゴー』を含む9つの曲でそのストーリーに力を与えた。 最初の映画の後、2人はすぐに『アナと雪の女王』のに取り掛かり、12曲のオリジナル・ソングを書いた(その間に2人は、2017年に公開されたピクサーの映画『リメンバー・ミー 』の主題歌で、同じくアカデミー賞を受賞した『リメンバー・ミー(Remember Me)』も書いている)。 長い時間をアレンデール王国で過ごしてきたロペス夫妻だが、2015年にウォルト・ディズニー・アニメーションから声がかかったとき、2人は映画『アナと雪の女王2』に参加することにためらいはなかった。 だが、どうすれば『レット・イット・ゴー』のような成功を収められるか、最後まで悩んだという。 「そうね。 実際、彼らは続編に取り掛かってから初めの2年間は、楽譜や楽器をしまい込んでいたという。 2人はこの頃、映画の曲作りのためだけでなく、ストーリー作りのアドバイスのためにも招かれていた(2人の名前はストーリー作りにもクレジットされている)。 そのため、監督のリー氏やバック氏、ディズニーの他の担当者と毎日のようにビデオ会議を行い、アイスランドやノルウェーへの出張にも同行した。 このプロセスについてロペス氏は、「心の中の感情を集めて、あとで書く時のために考えを取っておくんだ」と語っている。 ストーリーの基礎ができると、話を前に進めるために歌が不可欠な瞬間が見つかった。 早い段階から『オール・イズ・ファウンド(All Is Found)』や『ザ・ネクスト・ライト・シング(The Next Right Thing)』といった歌が確定していたという。 だが、エルサのここぞという瞬間の歌を決めるのは難しかった。 『レット・イット・ゴー』のような歌が必要だったのだ。 『アナと雪の女王2』では、エルサは自分だけに聞こえる"不思議な歌声"に導かれて森を旅する。 アナ、オラフ、クリストフ(とスヴェン)もこれに付き添い、コメディーと歌を通じて、自分自身を見つけていく。 映画の終盤に向けて、エルサはついに"不思議な歌声"を見つけ、その声とともに『イントゥ・ジ・アンノウン』を歌う。 最初の映画『アナと雪の女王』の『レット・イット・ゴー』同様、『イントゥ・ジ・アンノウン』には病みつきになるようなサビがあり、イディナ・メンゼル(エルサの声を担当)の驚異的な声域を十分に見せつけている。 だが、ロペス夫妻によると、このシーンには当初、別の曲が予定されていたという。 「同じ瞬間のために、わたしたちは全く別の歌を書いていたんです」と、ロペス氏は明かした。 そのシーンには『アイ・シーク・ザ・トゥルース(I Seek the Truth)』という歌が予定されていた。 当時のストーリー上、エルサが探している"不思議な歌声"はまだ見つかっていなかったという。 「わたしたちは、もう少し一般的な歌を書いたんです」と、ロペス氏は当時を振り返った。 「なぜこの歌がややエキサイティングさに欠けるか、分かると思います」 『アイ・シーク・ザ・トゥルース』(英語版)はこちら: だが、ストーリーがエルサの"不思議な歌声"探しを中心に展開し始めると、2人にひらめきが訪れ、『イントゥ・ジ・アンノウン』を書き上げた。 「一部の歌はストーリーのイノベーションに刺激を受けていて、わたしたちとチームは、エルサだけに聞こえる過去からの声があるというアイデアを得ました。 この考えに至ると、デュエット曲がはっきりと見えてきたんです」とロペス氏。 「最初の声はエルサに呼びかけるもので、エルサはこの声にどこかへ行ってほしいと思っている。 歌の半ばで、エルサは自分の一部が、外の世界に何があるのか知りたがっているのかもしれないと認め始める。 そして歌の終わりで、エルサはそこへ向かって進もうとする……。 エルサは声に歌い返すのです。 『未知の旅へ 』と」と語った。 だが、『レット・イット・ゴー』同様、誰もがこの歌に興奮したのは、エルサの声を担当するメンゼルが実際に歌ってからのことだった。 そして、3度目は11度上がるんです。 自分の限界を大幅に超えるんです。 これはストーリーを反映しています。 そして、イディナは月に向かって吠えるこの感情の核心を突いていると思います。 わたしたちは自分の目的を見つける必要があるんです」 『アナと雪の女王』シリーズでエルサの声を担当しているイディナ・メンゼル。 AP 『イントゥ・ジ・アンノウン』は『レット・イット・ゴー』同様、アカデミー賞の有力候補だ。 だが、ロペス夫妻は、自分たちの書いた歌がヒットするかどうかは全くわからないという。 2人は、歌がストーリーに役立つかどうかに集中している。 ただ、わたしたちがこうした強い感情を抱くのは、別世界の声とのデュエットまで待たなければなりません」と語った。 ロペス氏は、「それぞれの場面で、アニメーションがどのくらいの感情をもたらすか断定するのは不可能です」と付け加えた。 「正直に言うと、歌が機能したと本当に感じるのはそういう時なんです。 ワクワク、ゾクゾクしました」 『イントゥ・ジ・アンノウン』(英語版)はこちら:.

次の