ヒカキン 小池 百合子。 HIKAKINの動画に小池都知事 新型コロナウイルスの気になる情報をわかりやすく発信

ヒカキンYoutubeに小池都知事登場「1番分かりやすい」と好評な動画

ヒカキン 小池 百合子

2020年4月10日、YouTuberのHIKAKIN(以下、ヒカキン)さんが、『小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた』という動画をYouTubeで公開。 新型コロナウイルス(以下、コロナウイルス)についての疑問や不安な点を、東京都知事であるさんとの対談で解決していく動画に、称賛の声が寄せられています。 今回の企画は、ヒカキンさんから小池都知事に打診し実現したとのこと。 ヒカキンさんは、「コロナウイルスについての正確な情報を拡散し、未来で人が助かれば」という思いがあったといいます。 動画では、若い世代も多く見ていることから若者への注意喚起や、『ソーシャルディスタンス』の意味を小学生でも理解できるような言葉に言い換えて説明がされていました。 非常事態宣言や医療現場についてなど、ヒカキンさんから小池都知事に質問した数はおよそ15問。 ヒカキンさんの元には、医療従事者からの大変な声も届いていたといい、医療現場で働く人々へのサポートを小池都知事に求めました。 【ネットの声】 ・小学生でも分かるような内容でとてもいい。 ・的確すぎる質問。 とても参考になった。 ・分かっていると思っていたことでも、今回改めてちゃんと理解できた。 ・この動画を収益化していないところが素晴らしい。 この動画は、公開してから1日も経たずに、再生回数が500万回を超えていました。 ヒカキンさんと小池都知事の対談で、幅広い世代の人に正しい情報として伝わったことでしょう。 [文・構成/grape編集部] 出典 小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた【ヒカキンTV】【新型コロナウイルス】.

次の

小池百合子が痩せた理由は病気なの?着用マスクもまとめてみた

ヒカキン 小池 百合子

「」という動画は、4月10日に公開。 ヒカキンさんは「若者代表」として対談し、「日本で若者の重症者は出ている?」「ソーシャル・ディスタンスとはどういう意味?」といった素朴な疑問をぶつけている。 そもそもヒカキンさんは3月28日に「」という動画を公開。 動画の中で「」と外出自粛を呼びかけており、小池知事は、このツイートを「感謝します」と引用リツイートしていた。 東京都政策調整課の担当者によると、そもそも異例のコラボのきっかけは、こうしたやりとりを受けた、ヒカキンさんからの対談の呼びかけだったという。 担当者はこう語る。 「若い方、10代〜40代の方の感染者数がいま増えています。 そうした方々の中にはテレビを視聴されていない方も少なくありません。 そのような若い人にインフルエンサーの力を借りてメッセージを届けたいと考えています」 「若いから大丈夫」と思っている人たちへ 動画の中でヒカキンさんは「この動画をきっかけにたくさんの人に新型コロナウイルスの正確な情報が届くよう、時間の許す限りたくさん質問させていただければと思ってます」と語っている。 どのようの思いを込めて、今回動画を公開したのか。 ヒカキンさんはBuzzFeed Newsの取材に以下のようにコメントした。 「僕たち、YouTuberやインフルエンサーと呼ばれますが、若いひとたちに情報を届けられる立場なので、多くの方に正確な情報を届けることに使うべきだと思っています。 そして自分の発信によって未来で一人でも助かることを祈っています」 「若いから大丈夫、と思っている人たちもまだたくさんいると思いますので、若いみんなにとって自分ごとだと思ってほしいと思います」と改めて一人ひとりが自分ごととして捉えることの重要性を強調する。 「まだ実感のない人たちも、僕たちひとりひとりの行動で1週間後、1ヶ月後という未来を大きく変えるんだということを、危機感を持ってしっかりと理解して欲しいです。 そしてこれからも が広がって、1日も早く感染拡大が収束することを願っています」 なお、ヒカキンさんはこの動画を収益化していない。 どれだけ拡散されて再生数が増えたとしても広告収入は入らないことになる。

次の

小池都知事、ヒカキン動画に登場 若者に新型コロナ対策呼びかけ: J

ヒカキン 小池 百合子

「小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた」 タイトルは「小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた」。 ヒカキンさんが若者に対し新型コロナウイルスをめぐり、自宅で過ごすよう呼びかけた過去の動画をきっかけに対談が決まったという。 若者に正しい情報が広まってほしいというヒカキンさんの言葉から対談は始まる。 「感染の中で今できること」「病床数を増やしていく予定は?」など、自分なりに考えたという質問を投げかけた。 「最近出てきたソーシャル・ディスタンスとはどういう意味?」という質問に対しては、小池都知事は人との距離について「1. 8〜2メートルぐらい空けましょう」とし、フリップを使いながらソーシャル・ディスタンスの有無による感染拡大具合の差を解説した。 また、「ユーチューバーやインフルエンサー(影響力のある人)ができること」という質問に対しては、「おウチにいましょう」「STAY HOME」と書かれたフリップを見せた。 ヒカキンさんは「#STAY HOMEを発信するっていうことですね」と納得。 最後に若者へのメッセージを求められた小池都知事は、 「自分のことだと思って、このコロナウイルス対策、皆さんのご協力お願いします。 そして『STAY HOME』お家に居ましょう。 よろしくお願いします。 ヒカキンさんありがとうございました」 とコメントした。 対談終了後、ヒカキンさんは「あぁ緊張した」とした上で対談を振り返り、ユーチューバーやインフルエンサーによる「#STAY HOME」「#うちで過ごそう」の拡散、そして対談動画の拡散や2メートルの距離を空ける「ソーシャル・ディスタンス」を改めて呼びかけた。 コメント欄には「誰も触れてないけど都知事と繋がってるという事実が信じられない」「ついに都知事がYouTubeに出る時代が来たか」など、知事との対談企画に驚く声が寄せられた。

次の