アルコール 除 菌 コロナ。 新型コロナウイルス「最適な消毒薬は?」「安全な使い方は」「入手困難どうすれば?」薬剤師に聞きました

【マンガで解説】新型コロナに勝つ! 正しいアルコール消毒とは?|PRTIMES|時事メディカル

アルコール 除 菌 コロナ

エビデンスを求めて三千里、着太郎 です。 新型コロナウイルス SARS-CoV-2 に有効な アルコール濃度のエビデンスのまとめです。 物質表面上でのウイルスの半減期については「」でまとめています。 15 2018 , 7. 422 2017 に Early Release として 2020年4月13日に掲載された論文で、それに先立ち生物学の に査読前論文として 2020年3月17日にされています。 以下の図は SARS-CoV-2 の不活化における の効果についてのものです。 左側の A と C がエタノールベース、右側の B と D がイソプロパノールベースで、 C と D の右上の挿入図はコロナウイルスの不活性化のを示しています。 LLOQ は(適切な精度と正確さで定量分析できる試料中の分析対象物質の最低濃度)。 暴露時間はいずれも 30秒。 試験方法は 浮遊試験で、混合比率はの薬液8:負荷物1:菌液1。 また、以下の図は SARS-CoV-2 の不活化における市販のアルコールの効果についてのものです。 A がエタノールで B が イソプロパノール。 国内の新型コロナウイルスの実験 北里大学大村智記念研究所 の片山ら 2020 の研究グループは 2020年4月17日に、エタノール、界面活性剤成分を含有し、新型コロナウイルスの消毒効果が期待できる市販製品を対象にウイルス不活化評価を実施したとを出しました。 ・試験系評価のために実施したエタノールについても試験結果を開示した。 試験方法は 浮遊試験のようで、混合比率はウイルス液1:試験対象液9。 1分未満は実験していないようなので この条件での短時間での不活化効果は不明です。 「国内複数企業へ製品サンプルの提供を要請」とありますが、試験された製品は花王株式会社の製品のみのようです。 ちなみに花王はに採択され、5月末までにアルコール消毒液等の増産設備の導入を行い、 例年の1. 8倍 と同量の170万Lの増産を行うようです。 また、同研究室が花王と新型コロナウイルスに対して感染抑制能を有するVHH抗体の取得に成功したと2020年5月7日にしています。 コロナウイルスには効果が弱いとされるベンザルコニウム塩化物0. 5%含有しているようでした。 新型以外のコロナウイルスの文献レビュー 4人全員が前述の A. Kratzel ら 2020 の論文の共著者としても名を連ねている による 2020年2月6日付けで公開されたコロナウイルスに対する消毒剤の文献レビューがあります。 掲載されている のは 3. 354 2017年 です。 エタノールについて触れている文献の参照はレビュー対象22件のうち、 浮遊試験が 、、、 の4件、 表面試験が 、 の2件の合計6件。 各論文を確認する限り、Siddharta ら 2017 の研究以外は既存の消毒剤製品の原液での調査のみで、アルコール濃度の下限の調査は行われていないようです。 レビューでは以下のように総括しています。 5-2. 23-7. 62—71%エタノールによる表面の消毒は、 1分以内の露出時間で表面のコロナウイルス感染力を大幅に低下させる。 SARS-CoV-2 に対しても同様の効果が期待できる。 Saknimit ら 1988 はが発行する学会誌 Experimental Animals に掲載された論文で、ベータコロナウイルス属の、 アルファコロナウイルス属の、キルハムラットウイルス KRV および に対する消毒薬等の殺ウイルス効果を検討しています。 30年以上前の古い実験でヒトコロナウイルスは含まれていません。 に希釈した上で混合比率は1:1、室温23度で 10分間反応させているようです。 96 2018 ,3. エタノールについてはドイツの という製品で 0. 試験方法は浮遊試験で、混合比率は8:1:1。 いずれも 30秒で非感染性になったようです。 エタノールの最終濃度は 62. Rabenau ら 2005, Journal of Hospital Infection もう一つの は に掲載されており、SARS-CoVに対する8つの消毒剤の活性を調査しています。 時間は 30秒。 Siddharta ら 2017 文献レビューの共著者にも3人ほどが含まれている のエンベロープウイルスに対する実験は、試験方法は 浮遊試験で、混合比率は薬液8:負荷物1:菌液1。 文献レビューでなぜこの論文の値が言及されていないのかはよく分からないので、お分かりになる方がいたら教えて下さい。 なお、 によると WHO 製剤のグリセロース含有量1. Sattar ら 1989 表面試験は「非生体(器具・環境)表面上の乾燥菌体に対する生菌数を減少させる能力(殺菌効果)の評価法」です。 2つの表面試験のうちの一つは20年以上前の で、コクサッキーウイルス B3 型、アデノウイルス5型、パラインフルエンザウイルス3型、 の4つのヒト病原性ウイルスを使用してウイルスで汚染された無孔無生物表面の化学的消毒を調査。 Hulkower ら 2011 もう一つの 表面試験の では、2つの代理コロナウイルス、 と に対する医療用殺菌剤の有効性をステンレス鋼表面の定量的キャリア法を使用してテスト。 接触時間は 1分間。 その他のウイルスでの実験 東京医療保健大学大学院の の博士論文におけるエタノール濃度に応じた殺菌・抗ウイルス効果の調査研究があります。 pdm. 2009 No. 本論文では、各濃度のエタノール溶液に菌液またはウイルス液を混合後、すみやかに 撹拌することで 均一系とし、 作用中撹拌を継続することで殺菌効果および抗ウイルス効果の評価を行った。 エンベロープか否かなど詳細を後で確認したいと思います。 【閑話休題】キッチン用アルコール除菌スプレー 日本環境感染学会の理事の話として「キッチン用のエタノールは、濃度が50%ほどのものが多く、現時点ではコロナウイルスへの効果があるか、科学的には証明されていない」としたNHKのに対して、フマキラーが2020年3月9日にを披露しています。 フマキラー株式会社がに依頼してキッチン用アルコール除菌スプレーの ネコ腸コロナウイルスへのウイルス不活化試験実施し、2020年2月19日に効果が確認できたとして2020年2月28日に。 アース製薬もネコ腸コロナウイルスへの不活化試験を実施したとに記載しています。 9mLにウイルス液0. 1mLを混合し、 10秒作用させた。 1mL採取し、培地で100倍程度に希釈して作用を停止させた。 対照(ブランク)の初期感染価は1. SFSS(NPO食の安全と安心を科学する会)によるでは、NHKの報道について「不正確(レベル2):事実に反しているとまでは言えないが、言説の重要な事実関係について科学的根拠に欠けており、不正確な表現がミスリーディングである。 」と結論しています。 しかし、そもそもの話として、同一条件下で ノンアルコール製品でも効果があるとした試験結果ですので、エタノール濃度による失活効果を確認したものではなさそうです。 【追記】 フマキラーが広島大学大学院医系科学研究科に依頼して新型コロナウイルスで追試をしたようで、2020年4月21日に結果を確認したとして2020年4月24日にを出しています。 9 mL にウイルス液0. 1 mL を混合し、 10秒作用させた。 05 mL 採取し、培地で100倍程度に希釈して作用を停止させた。 対照(ブランク)の感染価は3. 単純に推測すると水道水(不純物)による希釈の影響が大きいと考えられますが、Kratzel らの実験は妨害物質を1割混ぜているため、もし水道水が原因であれば水道水が妨害物質以上に悪影響を及ぼしていたことになるため、エタノールの希釈は蒸留水によるのが望ましい可能性がより高くなることを意味するかと思います。 また、論文化されていないので詳細なデータが分からないこと、同意が得られなかったという体で花王製品のみしか取り扱っていないこと、エタノールの下限の評価の幅が広いことなどがつらいところです。 ちなみに、経済産業省の要請で独立行政法人 製品評価技術基盤機構 NITE が行っている「」にオブザーバーとして当該の片山和彦氏が名を連ねており、当該研究所が国立感染症研究所と並行して試験を担うなどしているようです。 このレビューで参照されている6つの文献のうち5つはアルコール濃度の調整は行っておらず、濃度の下限を検証している訳ではありません。 残りの1つである A. Siddharta ら 2017 が濃度の下限を探っている訳ですが、何故これの数値がレビューで言及されていないのかよく分かりません。 神明 2019 の実験は異なるエンベロープウイルス間でどの程度違いが出るのかが分かるので参考になります。 惜しむらくは細菌なども含めているためウイルス自体の種類が少ないことですが、株の違いでも差があることが見て取れるのは興味深いですね。 ただ、ずっとかき混ぜてるっぽいので、日常でのスプレーでの吹きかけや拭き取りでも同等と見做すことはできなそうです。 フマキラーの件は、ノンアルコールでも結果が同等であり、感情的な表現やファイティングポーズなども含めて完全に パブリシティ(マスメディアに情報を提供し、報道してもらうことで消費者に宣伝するのと同じ効果を得ること)が狙いかと思います。 SFSS のファクトチェックも、この辺りの文脈を理解せずにフマキラーのリリースを真に受けて科学的な評価に終始しており、試みや周辺情報は大変興味深いのですが、そもそもの大前提として アルコールについて最初から何一つ検証していない、ということに気づいて欲しいなと心配になりました。 普通に考えたらノンアルコール製品を同一条件で一緒に検証実験しているのは失敗のはずですが、フマキラーに利する形で見事にまるめこまれており残念感が半端ありません。 ちなみにこの話題の発端になった菅原氏は、今回紹介した神明氏の博士論文の指導をした1人のようで、ご自身でもを書かれており、その辺のつながりも面白い要素でした。 入手可能なエタノール製品(業務用) 商業施設等でアルコール消毒に利用する業務用エタノールとして、20L, 15kg, 5L の製品などがあります。 一部製品に含まれている乳酸はエタノールの殺菌を向上させるという調査があります。 85wt%, グリセリン 0. 01wt%, 精製水 32. 22wt%, クエン酸 1. 93wt%, グリセリン脂肪酸エステル 0. 20wt%, 硫酸マグネシウム 0. 06wt%, クエン酸ナトリウム 0. 06wt%, 精製水 40. 1wt%, グリセリン脂肪酸エステル 0. 2wt%, ブドウ種子エキス 0. 03wt%, デキストリン 0. 01wt%, 乳酸ナトリウム 0. 003wt%, 乳酸 0. 001wt%, 精製水 49. 8vol%〜 480ml [] センケン エタノール 99. 1~96. Emerging Infectious Diseases, Volume 26, Number 7, April 2020. 片山 和彦ら 2020. 北里大学大村智記念研究所プレスリリース, 2020年4月17日. , Volume 104, Issue 3, March 2020, Pages 246-251. Morakot Saknimit, 稲月 一高, 杉山 芳宏, 八神 健一 1988. , Volume 37, Number 3, 1988, Pages 341-345 Holger Felix Rabenau, Jindrich Cinatl, Birgit Morgenstern, Gabi Bauer, Wolfgang F. Preiser, Hans Wilhelm Doerr 2005. Medical Microbiology and Immunology. 2005; 61: 107-111 Anindya Siddharta, Stephanie Pfaender, Nathalie Jane Vielle, Ronald Dijkman, Martina Friesland, Britta Becker, Jaewon Yang, Michael Engelmann, Daniel Todt, Marc Peter Windisch, Florian Holger Hubert Brill, Joerg Steinmann, Jochen Steinmann, Stephan Becker, Marco P. Alves, Thomas Pietschmann, Markus Eickmann, Volker Thiel, Eike Steinmann 2017. Journal of Infectious Diseases, Volume 215, Issue 6, 15 March 2017, Pages 902—906 Miranda Suchomel, Michael Kundi, Didier Pittet, Manfred L. Rotter 2013. 245-250. 神明 朱美 2019. 東京医療保健大学大学院 医療保健学研究科 医療保健学専攻 博士論文.

次の

新型コロナウイルスに効くアルコールの種類

アルコール 除 菌 コロナ

最近だとコロナウイルスも怖いですよね… しかしドラッグストアに行くと、アルコール除菌スプレーは数多くあり、違いがわからずどれを選ぶか迷いますよね、、。 ここでは、 アルコール除菌スプレーの選び方やおすすめ商品、効果的な使い方などを紹介していきます。 アルコール除菌スプレーは、食品や調理器具などのキッチン周りの消毒に活躍するほか、赤ちゃんやペットなどのおもちゃの除菌にも役立ちます。 ただし、アルコール除菌スプレーは濃度や成分により使い道が異なるため、トイレ用をキッチンや部屋の除菌に使うのは危険です! アルコール除菌スプレーを安全にかつ効果的に使うためにも、このページをぜひ参考にしてくださいね。 アルコール除菌スプレーは気軽に使える菌退治グッズ アルコール除菌スプレーは、食中毒の原因となるサルモネラ菌や病原性大腸菌、ノロウイルス(濃度次第)などの除菌に効果があります。 また軽度のカビ除去や予防などにも効果を発揮する優れもの。 ここでは、簡単にアルコール除菌スプレーの魅力を紹介します。 高い安全性 市販で購入できるアルコール除菌スプレーの多くが、食品添加物の認可を受けており、食品や調理器具など口に入るものに使えるため安全性が高いです。 キッチン周り以外にも、赤ちゃんのおもちゃやペット用品の除菌などにも効果的。 油汚れに効果的 アルコールは油を溶かすので、キッチンの油汚れや手垢などの皮脂汚れにも効果的です。 鏡や窓ガラスに付いた手垢もアルコール除菌スプレーでひと拭きすれば、ピカピカになりますよ。 すすぎや拭き取り、2度拭きが不要 アルコールは揮発性が高くすぐに蒸発するので、水拭きやすすぎを行う必要がありません。 水拭きのように拭き跡な残らないため2度拭きする手間が省けるのもうれしいポイントです。 アルコール除菌スプレーの選び方 アルコール除菌スプレーは、 用途に合わせたアルコール濃度を選ぶ、ことが大切です。 ここでは、効果別のアルコール濃度の目安や成分表示の注意点、価格など選び方のポイントを紹介します。 用途に合ったアルコール濃度を選ぶ アルコール除菌スプレーは、使いたい目的により適切なアルコール濃度が異なります。 たとえば• ただし高濃度なアルコール除菌スプレーは、肌への刺激が強いため、使用の際は注意が必要です。 トイレ用、キッチン用などの違いは? アルコール除菌スプレーの中には(カビキラーやフマキラーなど)、キッチン用・トイレ用・食卓用などありますが、 併用しないように注意しましょう。 いずれも用途が異なるため、アルコールの濃度だったり、含まれる成分に違いがあります。 成分の記載が抽象的な商品は注意 アルコール除菌スプレーの中には、赤ちゃんやペットにも安全と書かれている割に、成分表示を確認すると「除菌剤」や「抗菌剤」としか記載されていないものがあります。 このように一括りにされた記載しかない除菌スプレーは、注意が必要です(買わないほうがいいです)。 中には人体に悪影響のある「ベンザルコニウム塩化物」や「Quat」などの第四級アンモニウム塩が使われていることもあります。 過去に海外では「」により肺炎にかかった幼い子どもが命を落とす事故もあったほど…。 また除菌効果のある銀イオンも、薬品焼けやアレルギー発症などの原因となる場合があるので注意が必要です。 コスパを考える アルコール除菌スプレーは、こまめに使うため、結構消費が激しいアイテムですよね。 継続使用したいだけに、続けやすい価格設定が望ましいです。 アルコール除菌スプレーを比較する際は、上記の濃度や成分表示を確認した上で、価格・内容量を考慮して選びましょう。 高濃度・強力なアルコール除菌スプレーおすすめ5選! おすすめのアルコール除菌スプレーをご紹介します。 高濃度のアルコールが配合されているものや、ドラッグストアなどで手軽に入手できるアルコール除菌スプレーを、特徴を交えながら説明しています。 ドーバー パストリーゼ77 おすすめアルコール除菌スプレーの1位は、ドーバーのパストリーゼ77。 除菌以外にも防臭・防かび・保湿・食品保存などにも効果的です。 アルコール77%と高濃度のアルコール除菌スプレーで、感染症対策にも使えます。 極めて純粋度が高いため、食品にスプレーできるほど安全。 緑茶カテキンも配合しているので、長時間除菌効果が持続します。 何といってもパストリーゼの魅力は、白と青を基調としたおしゃれなボトルデザイン。 家のどこにでも置いておけるデザインなので、気になったときにいつでも除菌できるのもうれしいポイントです。 成分についても数値までしっかりと記載されているので、安心して使うことができます。 近所のドラッグストアを3件回りましたが販売されておらず、ホームセンター3店舗中1店舗でようやく発見しました。 しかし、価格が税込で約1,000円ほどだったので、Amazonの方がお得に購入できるのでおすすめです。 しっかりと成分表示が記載されているので信頼できますね! 一般的なキッチン用アルコール除菌スプレーよりはアルコール濃度が高いので、より高い効果を求めるならティポスのアルコール除菌スプレーがおすすめです。 口コミでは、ボトルがとても使いやすいとのことで、握りやすい、スプレーしやすいとの声が多くありました。 広い範囲をスプレーするときは手が疲れるので、ボトルデザインにまでこだわっているのはうれしいですね。 食品添加物の認可を受けているので、こちらのアルコール除菌スプレーも食品に使うことができます。 ライオガードアルコール ライオガードアルコールは、エタノール53. 薄めることなく使うことができます。 シンプルなボトルデザインで一見大手メーカーの商品に見えないのですが、販売元はあのライオン株式会社です。 容量によりボトルデザインが変わります。 お客様がみてもおしゃれなデザインなので、来客時だけでなくカフェなど飲食店でも活躍してくれます。 アルコールにクエン酸ナトリウムを配合することで、相乗効果により除菌力がアップ。 食品添加物のみを使用しているため、食材が触れる調理道具や保存容器などの除菌に安心して使うことができます。 ジェームズ マーティン フレッシュサニタイザー ジェームズマーティンのフレッシュサニタイザーのアルコール除菌スプレーは、エタノール57. キッチンやお部屋だけでなく、トイレや布団・スポーツシューズの消臭にも使える万能アルコール除菌スプレーです。 ボトルデザインがおしゃれ、グリセリン配合で手が荒れない、と口コミでも高評価。 価格が500mlで1,500円ほどなので、こまめに除菌したい方にはちょっと高いと感じるかもしれませんが、使える範囲が広いので場所別に買い揃えることを考えるとお得です。 ハイアルコールスプレー ハイアルコールスプレーは、ライオンから販売されている除菌スプレーで、ライオガードよりも高濃度でアルコールが配合されています。 たまに成分表示を調べていると、前文のように「w%」や「v%」という数字を見かけます。 アルコール濃度を示す表示方法は、• wは重量(ウエイト)%• vは容量(ボリューム)% があり、比重が異なるため数値に違いが出てくるのです。 製品に記載するのは重量%で統一するよう義務付けされているので混乱することはないと思いますが、念のため頭の隅に入れておくと安心です。 価格も1Lで約900円ほどとリーズナブルなので続けやすいのも魅力です。 【濃度が不明?】市販のアルコール除菌スプレーの濃度を調べた結果… 市販のアルコール除菌スプレーには、アルコール濃度が記載されていないものがほとんど。 これでは何を参考にして選べば良いのか、本当に除菌効果があるのか疑問に思いますよね。 そこで、アルコール濃度について調べたり、メーカーに問い合わせたものをご紹介。 特徴なども詳しく説明するので、比較する際にはぜひ参考にしてみてくださいね! フマキラー キッチン用アルコール除菌スプレー フマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーは、実際にメーカーに問い合わせると、アルコール45%と除菌効果が期待できる数値でした。 除菌成分として発酵アルコールとグレープフルーツ種子エキスの相乗効果により、長く除菌効果が続きます。 私も現在フマキラーのアルコール除菌スプレーを使っており、魚などニオイが気になる食材を切ったあとも、緑茶カテキン配合のおかげかスプレーするとニオイが気にならなくなりますよ。 天然由来成分で作られているので小さい子どもがいる我が家でも安心。 ドラッグストアで手軽に購入でき、価格も200~300円ほどとリーズナブルなので、まな板・包丁・お皿などキッチンのあらゆる場所に気兼ねなく使っています。 (参考:より) カビキラー アルコール除菌 キッチン用 カビキラーのアルコール除菌キッチン用は、メーカーに問い合わせ確認したところ、「60%以下ということだけしか申し上げられない」との回答が得られました。 危険物となる60%よりも少ない濃度で除菌が可能な濃度、そしてパッケージにも「高濃度」「強力除菌」という記載があることから、一般的なアルコール除菌スプレーと同等の濃度ではないかと予測できるのではないでしょうか。 成分は、発酵エタノール・クエン酸ナトリウム・乳酸・精製水。 クエン酸も配合されていることから、相乗効果により除菌効果を高めているといえますね。 100%食品・食品添加物を原料として作られているので、安心して使うことができます。 詳しく知りたい方はカビキラー公式HPのをご覧ください。 上記の濃度だとすると、日用品や手が触れるところの除菌、対策として問題ないと思います。 価格は通常約200~300円程度で売られているようなので、他社製品と比べても安くてコスパが良さそうですね。 ルック キッチン用 アルコール除菌 ルックのキッチン用アルコール除菌スプレーは、発酵エタノール・クエン酸・精製水で作られています。 アルコール濃度について調べてみたのですが見つけられなかったため、メーカーに問い合わせると、 具体的な成分の配合量につきましては企業のノウハウにつながりますので、公開はしておりません。 との回答をいただきました。 口コミでも、濃度について疑問に思った購入者がおり、実際に燃やして確認したところ、すぐに燃え尽きてたくさんの水が残ったため、配合量は少ないのでは?と感じているようでした。 メーカーの製品情報をみると、生肉を切ったあとの包丁の菌をアルコール除菌スプレー後の状態と比較したものをみることができます。 生肉を切ったあとの包丁には1,000個以上いた菌の数が、アルコール除菌スプレーを行ったあとでは菌が検出されなかったとう結果が出ているので、除菌効果はある程度期待できるようです。 無水エタノール 無水エタノールは、エタノール C2H6O 99. そのまま布に染み込ませて、除菌消毒したい部分を拭き取る方法でも良いのですが、アルコール除菌スプレーとして使うときは精製水を好みのアルコール濃度になるよう混ぜてから使用します。 作る手間がかかりますが、作り方も簡単ですしコストパフォーマンスもよいので、市販の除菌スプレーを購入するよりも安上がりでおすすめ。 好みのエッセンシャルオイルを加えれば除菌しながら香りをつけることができますよ。 アルコール度数が高く手荒れしやすいので、ゴム手袋をつけて作業しましょう。 アルコール除菌スプレーの使い方 アルコール除菌スプレーは、少しずつスプレーして拭き取る使い方をします。 ただしアルコール除菌スプレーを吹きかけるところが濡れていると、アルコール濃度が薄まり効果も弱まってしまいます。 アルコール除菌スプレーを使う前には、しっかりと水気を拭き取ってから使用しましょう。 細かいところを拭くときは、直接スプレーせずに布などにスプレーしてから行うと拭き取りやすくておすすめです。 (関連記事:) アルコール除菌スプレーの注意点 アルコール除菌スプレーは、• ニスやワックスなどでコーティングされた床• ゴム製品• テレビやパソコンなど液晶画面 には使うことができません。 リモコンやスイッチなどの電化製品には、直接スプレーせず、クロスなどにスプレーしてから汚れを拭き取るようにしましょう。 特にキッチンで使用する際には、引火するので必ず火を止め、火がつかないよう元栓を締めてから使うようにしてください。 携帯用にアルコール除菌スプレーを持ち歩く人もいますが、車で使用したあとにタバコに火をつけたり、車で保管したりするのは絶対にやめましょう アルコールとは?なぜ除菌できる? アルコールとは、「エタノール」「メタノール」「イソパノール」というアルコール類の総称のこと。 私たちがドラッグストアなどで手にすることができるアルコール除菌スプレーは、毒性が低いエタノールやイソパノールがほとんどなので、成分表にはアルコールではなくエタノールなどと記載されています。 アルコールの効果 アルコールは、細菌の細胞膜を壊して侵入し、細胞内を変質させる働きがあり、この働きにより細菌が死滅するため除菌効果が期待できます。 ちなみに、除菌効果が期待できるアルコール濃度は40%~だといわれているのですが、調べてみると市販のアルコール除菌スプレーのほとんどが30~40%で作られています。 また濃度が60%以上のアルコールは、消防法で危険物にあたるのでドラッグストアなどでは手に入りにくいのですが、ホームセンターや通販ではアルコール濃度が70%を超えるものもを購入できます。 除菌の定義とは 除菌の定義についても詳しく説明しましょう。 除菌とは菌を減らすという意味です。 殺菌や滅菌とは、菌の全滅度に違いがあります。 除菌<殺菌<滅菌(菌を全滅させる) この順番を覚えれば菌に対する効果も分かりますね。 除菌に関しては定義があいまいなのですが、では「限られたスペースの菌をある程度減らせたら除菌である」ことを定義としています。 しかし除菌スプレーによって「除菌できる菌の種類」や「除菌できる程度」が違うので、キッチンに多い菌を除菌したいのか、トイレに多い菌を除菌したいのか、ノロウイルスなどの感染症にも有効であるかを確認してから購入することが大切です。 まとめ アルコール除菌スプレーといってもさまざまな種類があることが分かりました。 特に市販のアルコール除菌スプレーは濃度や用途(キッチン用やトイレ用など)が違うため、選び方をぜひ参考にしてみてくださいね。 おすすめのアルコール除菌スプレーはパストリーゼ。 パッケージのデザインがおしゃれなので、家のどこにでも置いておくことができます。 アルコール濃度も高いので、通常の除菌から感染症対策もバッチリです。 もちろん市販のアルコール除菌スプレーも手軽でおすすめなので、ぜひあなたのご家庭に合ったアルコール除菌スプレーで家族の健康を守ってくださいね!.

次の

【新型コロナウイルス】アルコール消毒の濃度は?スプレーとシートどっちが良いのか調査!

アルコール 除 菌 コロナ

こんにちは! 気温も急激に上昇して、春本番を通り越したような陽気ですね!エクシールの鈴木です。 気温が上がってくるこれからは食中毒の発生しやすい季節。 また今の時期、新型コロナウイルス対策として「アルコールで除菌したい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。 注意しなければならないのは、 単に「アルコール」成分を使えば菌やウイルスが全て死滅するわけではない、ということです。 今回の記事では食品工場では必須の「 アルコール除菌」について、よくある間違いや正しい使い方・使い道についてご紹介していきます。 是非この機会にチェックして、今一度工場や家庭内の衛生管理、除菌対策について確認してみましょう。 コロナウイルスに対する食品からの感染はあるのか? 食品工場において心配なのは、 食品から感染が広がらないか?ということですよね。 厚生労働省のHPでは、以下のように記されています。 新型コロナウイルス感染症の主要な感染経路は飛沫感染と接触感染であると考えられています。 2020年2月21日現在、食品(生で喫食する野菜・果実や鮮魚介類を含む。 )を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。 製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理やこまめな手洗い、アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理が実施されていれば心配する必要はありません。 WHOは、一般的な注意として、生あるいは加熱不十分な動物の肉・肉製品の消費を避けること、それらの取り扱い・調理の際には、交差汚染予防のために注意すること、としています。 また同時に、飲食店や小売スーパーなどの事業者に対しては、 接触感染を予防するためには、手がよく触れるところ、たとえば、ドアノブ、スイッチ、手すり、エレベーターのボタン、テーブルやカウンター、共用で使うもの(トングやメニュー等)などについて、消毒用アルコールや界面活性剤を含む住居用洗剤等で定期的な清拭をすることが有効です。 特に小さなお子さんが来店する機会が多い施設については、こまめな清拭をお願いします。 アルコールはどんな場所を除菌するのに向いているの? 食品工場や食品を扱う店舗で用いられる除菌消毒は、主に3種類あります。 アルコール除菌だけしていればよいというわけではなく、それぞれの消毒方法に向き不向きがありますので、それを把握して用途によって使い分けていきましょう。 他二つの除菌方法はこまめに行うことが出来ないため、手軽で効果的な除菌ツールとして食品現場では広く使われています。 ただし、使い方が悪いと効果が大きく損なわれてしまうことや、 ノロウイルスなどのノンエンベロープウイルスには効かないことには注意が必要です。 アルコールによる消毒剤は、エンベロープを持つウイルスに効果的とされる一方で、膜のないノンエンベロープウイルスはアルコールに強く効果が期待できないと言われています。 エンベロープを持つウイルスとしては、インフルエンザウイルスや新型コロナウイルスなどが、 エンベロープを持たないウイルスとしてはノロウイルス、アデノウイルス(プール熱等)が挙げられます。 アルコールスプレーでの除菌ではノンエンベロープウイルスにダメージを与えられません。 しかし家庭でのウイルス予防に使用する手指用のアルコールジェルの中には、配合により、このノンエンベロープウイルスにも効果があるように作られている商品もあるようです。 アルコールで手指の除菌を行う際は、手のひら、手の甲の他、指先や指と指の間(指の根本)、親指の周りを入念にこすり合わせ、乾くまで揉み込んでください。 原液を希釈して水溶液を使い、まな板などの調理器具やダスターをつけ置きした後、十分に流水ですすいで使用します。 使用開始前や終了後にしっかり除菌するのに使われ、作業時間中のこまめな除菌はアルコールスプレーで行います。 厚生労働省のHPでは、 新型コロナウイルスの感染予防としての消毒剤にも、次亜塩素酸ナトリウムが有効との情報が出ています。 ただし、 次亜塩素酸は人体への消毒用ではないので、直接手で触ったり、スプレーしたりしないでくださいね。 不特定多数の人が触るドアノブやトイレ、蛇口やコピー機、電話機などの除菌に、0. 05%濃度の次亜塩素酸ナトリウムで拭いたあとで、水拭きして拭き取るといった消毒が推奨されています。 消毒を行う際は手荒れ防止に手袋、マスクなどを着用し、換気を行ってください。 塩素系漂白剤に比べ穏やかな作用の漂白剤になります。 酸素系漂白剤についてはこちらの記事でも詳しくまとめてあります。 アルコール除菌剤の特徴や注意点 この項目では、アルコールスプレーを正しく使うための、 アルコール除菌の特徴 や 注意点についてまとめてみたいと思います。 食品についても大丈夫! 食品工場用の除菌用アルコール(詳しくは後項目参照)は食品にかかっても安全なため、直接食品にかけたり、食品の直接触れるコンベアや番重(ばんじゅう)、容器などにも使用することが出来ます。 効果は一瞬!こまめに除菌しよう! アルコールスプレーによる除菌は、吹きかけた瞬間、最初の数秒が最も強力に作用するそうです。 そのため、 除菌力の持続はしないと考えましょう。 こまめにスプレーし、常に除菌された状態にしましょう。 濡れた場所では効果が激減?! シュッシュと吹きかけるだけの手軽なアルコールスプレーですが、実は対象が 水で濡れていると、効果が著しく低下してしまうことが知られています。 これは水分のせいでアルコールの濃度が変わってしまうことが原因で、水拭きなどで汚れをふき取った後は、乾いてから噴霧するようにしましょう。 また同様に、作業場の入口やトイレなどによく設置されている、手に吹き付ける形のアルコール除菌液も、 濡れた手にシュシュっとしても効果はほとんどないと考えた用が良いでしょう。 アルコール濃度は高すぎても除菌力はイマイチ! アルコールの除菌能力は、濃度によって大きく変化すると言われています。 その中でも最も効果が高いとされるアルコール濃度は 70~80%とされています。 最近では商品によっては配合されている添加物との相乗効果で50%代のアルコール濃度でも十分な除菌力を持ったモノもあり、アルコール濃度は60%を超えると 消防法の保管料制限の対象となるため、低濃度のタイプの人気も高まっているそうです。 また、90%以降のアルコールはかえって除菌作用が弱くなります。 アルコールなので火気厳禁! 食品工場では特に注意が必要ですが、アルコールスプレーはその名の通り、アルコールですので、陽が近くにあると引火し、火災になる可能性もあります。 こまめな除菌は大切ですが、使用する場所や保管などには細心の注意を払いましょう。 アルコール除菌の正しいやり方 前の項目でご紹介したような特徴をアルコール除菌は持っています。 それを踏まえたうえで、より効果の高い除菌を行っていきましょう。 包丁やまな板などの調理器具は、洗剤でしっかり 洗ってから十分に乾かして、アルコールスプレーを噴霧します。 スプレー後ふき取る際は、清潔なダスターかペーパーで拭きとります。 大きな調理器具や冷蔵庫、オーブンレンジの中、調理台等を除菌する場合は、きれいな場合はそのままアルコールスプレーをかけたり、アルコールスプレーをかけた清潔なダスターで拭いて除菌します。 少し汚れている場合は、最初に硬く絞ったダスターで汚れを取り除き、その後乾いてから同様の作業を行います。 アルコールスプレーは揮発するので、ふき取りはしなくても大丈夫です。 食品工場でアルコール除菌スプレーを選ぶ際のポイント 食品衛生の分野では、アルコールスプレーの元となるエタノールに食品添加物を配合して作られた、「 食品添加物」の認可を受けたものの使用が望ましいとされています。 食品添加物ですので、食品に直接かかってもOKですし、すすぎも不要となります。 アルコール除菌スプレーを選ぶ際には参考にしてみてくださいね! 足元用の異物混入対策マット(ステップマット)にも専用アルコールスプレーがお勧め! エクシールが製造する、食品工場向け粘着マット「 ステップマット」は、よくあるめくるタイプの粘着マットと異なり「 洗って繰り返し使える」ため、コスト削減にピッタリな異物対策用ツールの一つ。 ホコリやごみの吸着力も紙シートタイプよりも強く、食品衛生管理に欠かせないアイテムだからこそ、いつもきれいな状態で使用したいですよね。 ステップマットは 抗菌剤が配合されており通常の水拭きによるお手入れでも汚れや菌を洗い落とすことは可能ですが、よりしっかり除菌出来るお手入れをしたい!という場合には、 専用のアルコール系クリーナーがお勧めです。 こちらの記事も是非参考にしてみて下さい! カテゴリー• 239• 113• 148• 16 アーカイブ•

次の