ワイモバイル 1mbps。 ワイモバイルがスマホベーシックプランを改訂し、新料金プランへ。狭まる楽天包囲網。業界の今後のトレンドとは?|MNPのコンシェルジュ

ワイモバイル、容量超過時の通信速度を128kbps→1Mbpsに高速化、7月1日から

ワイモバイル 1mbps

格安SIMのカテゴリーでは『接続スピード』の面で優位に立っていた『 』。 しかし楽天モバイルの『 』が回線エリアを広げるごとに、その優位性が脅かされる事になります。 の弱点は、契約プランの通信容量を使い切った際の速度が最大『 128kbps』まで落ちてしまうこと。 最大 128kbpsという速度は、他社の低速と比較しても遅め。 一度低速を体験し、解約してしまったユーザーもそれなりの数いるでしょう。 そこで はその弱点を克服すべく、 7月1日から『 スマホベーシックプランM』『 スマホベーシックプランR』の両プランにつき、 低速時でも『 最大1Mbps』の速度に対応する事を発表しました。 ただし、最安プランとなる『 スマホベーシックプランS』については、これまで通り 最大128kbpsが維持されます。 また、『 スマホベーシックプランM』は、高速データ通信容量を 9GBから 10GBに増量。 さらに『 データ増量オプション適用時』も、 12GBから 13GBへとアップ。 『 』の高速データ通信容量は、 楽天エリア内で『 無制限』、 パートナーエリア(au回線)内では『 5GB』となっています。 低速時は最大『 1Mbps』と、今回発表された、 の『 スマホベーシックプランM』『 スマホベーシックプランR』と変わりません。 ただし、通話に関して は『 10分以内』というかけ放題の制限があるのに対し、『 』は 制限なしのかけ放題とやや優位。 月額利用料金は 2,980円なので、 の『 スマホベーシックプランS』と『 スマホベーシックプランM』の中間といったところ。 通常料金の比較であれば、2つで少し悩む余地があるかもしれません。 しかし、今は違います。 『 』では、空前絶後の『 リスクゼロ』キャンペーンを実施中。 『 』は 先着300万名に限り、 1年間のプラン利用料が無料。 しかも 解約にかかる違約金は『0円』です。 最低契約期間も定められていません。 いつ解約しても『自由』です。 次に、契約にかかる 事務手数料の 3,300円。 この 契約事務手数料は、全額楽天ポイントで還元されます。 つまり 実質『0円』。 『 』の 契約と解約にかかるリスクはゼロです。 リスクは 『ゼロ』ですが、逆に もらえるものがあります。 それが『 おサイフケータイ』に対応する 極小スマートフォン『 』です。 正確には、もらえるわけではなく、 1円支払う必要があります。 本来、 18,700円(税込)で販売されているものなので、感謝の気持ちを込めて、 1円支払いましょう。 『 』は、『 世界最小』をコンセプトにした おサイフケータイ対応スマホ。 前述している通り、たったの『 79g』しかありません。 かさばらないので、ファッションの邪魔をせず、通勤カバンに入れて、定期代わりに持ち歩いていても、全く邪魔になりません。 あまりに小さいので、ポケットに入れていると忘れてしまうレベル。 しかも、もらえるのは、『 』だけではありません。 オンラインから登録する事で、 楽天ポイントが『 3,000ポイントプレゼント』されます。 回線が1年間無料で使えて、『 』 までもらえて、挙げ句に ポイントまで?凄すぎる。 合計で、どれくらいの得を出来るのか、計算してみましょう。 :18,700円• 契約事務手数料:3,300ポイント• オンライン申し込み特典:3,000ポイント• それも『 リスクゼロ』で。 申し込まない理由、あるでしょうか。 わたしには見つかりません。 ちなみに、 が『 1年間無料』で使えるのは『 先着300万名』限り。 『 』が『 1円』で買えるのは、 最長で6月17日の11時59分まで。 期間終了までに、在庫が無くなったり、不正転売が発覚すると即打ち切りに。 つまり、 今すぐ申し込みをした方が良いということです。 一点注意が必要なのは、 『楽天モバイルID』の入力による、紹介者キャンペーンとの併用は出来ません。 『 楽天モバイルID』を入れてしまうと、 の 割引が無効になるのでご注意ください。 紹介者キャンペーンで 2,000ポイントもらうより、 の『 18,699円割引』の方が、圧倒的にお得ですからね。 先着300万人は、 利用料金1年間無料という スペシャル特典だけでも契約者が殺到している 『 』。 ダメ押しの が 1円になる キャンペーン。 これはもう、他社が何をやっても、今は太刀打ち出来ません。 なぜなら、 楽天モバイルはユーザー獲得の為に、身銭を切りまくっているからです。 これまでの蓄えが沢山ある筈の既存キャリア。 ユーザーの流出を抑える為に、同様の施策を打ち出してみては。 Rakuten Miniはこんなスマートフォン(実機レビュー) まずはUI。 通常のレイアウトであれば、間違いなく見づらいですし、操作もしにくいかもしれません。 しかし のUIは、オリジナルデザイン。 分かりやすく言えば、ライクな感じ。 円形のアイコンがバランスよく配置され、横ではなく、縦スクロールで表示が切り替わります。 よりは画面が遥かに大きいので、使いづらさは感じません。 そしてもう一つの不安要素は、『 スペックがポンコツそう』ということ。 フラッグシップモデルと比べたら、確かに比較になりません。 スーパーカーと軽自動車の様なものです。 しかしそこで比較するのはナンセンス。 軽自動車には軽自動車なりの、メリットがありますからね。 まず一番のメリットは『 』。 大きい財布と 小さい財布、 同じ金額を持ち歩けるとしたら、どちらが良いでしょうか?殆どの人が『 小さい財布』と答えるでしょう。 しかもその『 小さい財布』は、 沢山のカードを収納する事も出来る。 まるでドラえもんのポケットの様な、魔法の財布です。 最近リリースされたばかりのこの『 赤いSuica』。 Rakuten Payが Suicaに対応したことで、 Rakuten Payのアプリ上から、 Suicaの発行が可能になりました。 Rakuten PayからSuicaにチャージすると、楽天ポイントが付与されます。 現在、Suicaにチャージ出来るのは『 楽天カード(クレジットカード)』限定ですが、今後『 楽天ポイント』からのチャージにも対応するようです。 これぞ を使う醍醐味ですね。 の機能は『おサイフケータイ』だけではありません。 地味にめちゃくちゃ便利なのがコレ。 そう、 Google Mapsです。 サイズが小さく、79gと軽量ので、自転車にとりつけても機動力が損なわれる事なありません。 ポケットに を入れておけば、いつでもナビアプリが使えるってかなり心強いです。 いざって時にスマホを忘れて、目的地に辿り着けなかった事ありますからね・・・。 これは、 ユーザーになったら絶対やって欲しい、オンラインポータブルオーディオとしての使い方。 は低速でも『 最大1Mbps』で通信が可能です。 パートナーエリアでは 低速設定にして、音楽を聞きまくるというのが玄人チック。 イヤフォンジャックは非搭載なので、Bluetoothイヤフォンを用意しましょう。 この見た目なので、バッチリくるのはですかね。 は79gしか無いので、はのケースと一緒に持ち歩いたとしても、普通のスマートフォン1台分より遥かに軽いです。 そして、忘れてはならないのがこれ。 はスマートフォンです。 当たり前ですが、電話回線を使って通話が可能。 楽天回線にも対応しているので、 Rakuten Linkで『 かけ放題』が実現します。 は色々と相性があるようなので、『 楽天回線対応端末』を購入するのが安牌。 Rakuten Miniであれば通話もバッチリOKです。 のサービスをフル活用するなら『 テザリング』。 極小の筐体ながら、バッチリ ルーターとしても機能するんです。 なので勿論『 通信し放題』。 ルーターメインで を使うとして、電池の持ちが心配な場合は、を用意すればOK。 薄型のを1つ持ち歩くだけで、 通信可能時間は大幅にアップします。 この機能が についているのは、正直意外でした。 楽なので、『ロック解除はコレ以外考えられない』という人も多いでしょう。 それが『 顔認証』です。 解除する速度が物凄く速いとは言えないですが、暗めな場所でもしっかりと動作します。 毎回画面にパスコードを入力するのは、今となってはあり得ないですからね。 連絡手段として必須のツール『 LINE』にも対応。 Rakuten Linkよりこっちで通話する人の方が、断然多いんでしょうね。 キータッチは画面が小さいので少しやりづらいですが、画面を横にして使う事で、ある程度は解消されます。 他にも『株価チェック』『電卓』『ボイスレコーダー』『カメラ』など、あったら便利な機能が盛りだくさん。 Googleプレイに対応しているので、自分の用途に合わせて機能を拡張する事も可能です。 『 このサイズで出来る』というのが、 にとって一番の魅力。 たったの 79gで、電車の移動も、買い物も、ナビも、音楽鑑賞も、友達との連絡も、インターネットも全部OK!これ、一度慣れちゃうと他のスマホを持ち歩けなくなりますよ。

次の

ワイモバイルが容量使い切り後も最大1Mbps適用で楽天モバイルを警戒!しかしおサイフケータイ1円配布中は太刀打ち出来ない

ワイモバイル 1mbps

が「スマホベーシックプランM/R」を7月1日に改定。 月間データ容量を使い切っても、1Mbpsで通信できるようになります。 この改定は、auの実質的な格安ブランドである「UQモバイル」の新料金「スマホプランR」に対抗するもの。 UQモバイルの「スマホプランR」は、月2980円で月間データ容量が10GB、かつ容量超過後も1Mbpsで通信できるのが売りで、楽天モバイル対抗との位置づけではありますが、ワイモバイルにとっても脅威となっていました。 今回の改定では、容量超過後の通信速度だけでなく、月間データ容量もそれぞれ1GB増量。 例えば「スマホベーシックプランM」の場合、月3680円で10GBまで利用できるようになります。 一見するとUQモバイルの「スマホプランR」(月2980円)より割高ですが、UQモバイルと異なり10分間の国内通話無料も付随するため、実質的には同等となります。 1Mbpsというと、YouTube動画を標準画質で問題なく視聴できる速度。 軽いウェブページの閲覧もストレスなく、従来の128kbps制限よりはるかに実用的です。 ワイモバイルの1Mbpsへの引き上げは、先行して打ち出したUQモバイルに追従した格好ですが、UQモバイルも楽天モバイル対抗として1Mbpsに引き上げているため、楽天モバイルの携帯商用サービスへの参入が、携帯キャリアの格安ブランドであるUQモバイルとワイモバイル間の価格競争を巻き起こしたとも言えます。

次の

ワイモバイルも制限時1Mbpsに、UQ mobile対抗へ

ワイモバイル 1mbps

楽天モバイルUNLIMITが2020年4月にパートナーエリアだと月5GB&低速1Mbpsを発表 先着300万人まで無料、2年目以降は月2980円 その影響でUQモバイルが2020年6月から月2980円で月10GB&低速1Mbpsの新プランを発表しました。 それらの影響を受けてワイモバイルでも2020年7月から月3680円で月10GB&低速1Mbpsにプランが改善されます。 ここではワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイルそれぞれの違いを簡単に説明します。 ワイモバイルには本家とヤフー運営の公式サイトがあります。 どちらがよりお得に申し込めるかは下記で説明しているのでそちらをご確認ください。 ワイモバイルの低速クズ速度が最大1Mbpsに大幅アップの目次• スマホベーシックプランSは変わりませんが、スマホベーシックプランMとRは低速速度が最大1Mbpsに大幅アップ、プランMは9GBから10GBにアップです。 データ増量オプションは1年間無料で増量します。 1年経過後は月500円かかります。 ワイモバイルの料金プランは変わりません。 通話料金は10分かけ放題が強制的に付いてきます。 ワイモバイルの料金プランは少し見づらいですが、実際の料金は 10分かけ放題付きで ・月3GBのプランSは月2680円 ・月10GBのプランMは月3680円 ・月14GBのプランRは月4680円 家族で契約する場合は、2回線目からは ・月3GBのプランSは月2180円 ・月10GBのプランMは月3180円 ・月14GBのプランRは月4180円 という料金プランが一番適切です。 子回線はSMS付きのデータSIMです。 携帯電話番号で電話はできませんが、LINEの無料通話、アプリ利用やサイト閲覧、メールの送受信などのネットも使えます。 複数のスマホやタブレットを使っている場合や、子供用のスマホにワイモバイルの子回線のデータSIMが便利に安く使えます。 同じころワイモバイルのTwitter公式アカウントもあったので、確認のため同じ質問をしてみました。 ワイモバイルのTwitter公式アカウントの回答は、子回線は最大1Mbpsではなく最大128kbpsだそうです。。 たまに間違える程度なら次回気を付けてで気にしないのですが、通信事業者のカスターマーセンターは嘘ばかりです。 ワイモバイルだけじゃなくて、LINEモバイルのカスタマーサポートも嘘つくし、楽天モバイルのカスタマーサポートなんて正気を失ったかのようなデマばかり。 まともな通信事業者もあるとは思いますが、嘘ばかりでゲロ吐きたくなります。 ワイモバイルの最大1Mbpsは1Mbps出るのかは少し微妙かも UQモバイルの最大1Mbpsはほぼ1Mbpsです。 楽天モバイルUNLIMITの最大1Mbpsもほぼ1Mbpsです。 ワイモバイルの場合は最大128kbpsと記載していて、実測だと100kbpsくらいしか出ていなかったので、ワイモバイルの最大1Mbpsは実測だと900kbpsくらいになっているかもしれません。 制限に引っかかる人はほとんどいないので3日間6GB制限は無視します。 速度はUQモバイルとワイモバイルともに超速いので快適に使えます。 通常の格安SIMのように平日昼に速度低下したりしません。 サービス内容はUQモバイルとワイモバイルで結構違いがあります。 電話をあまりしない場合は、UQモバイルのほうが安くなります。 YouTube等の動画を見る時、UQモバイルなら節約モードにすれば、ギガ消費無しで動画が見れます。 UQモバイルにはそんなものありません。 ざっくりした違いは以上です。 ワイモバイルはYahooショッピングと組み合わせれば、最安値でネットで買い物ができて、ワイモバイルのお得度が跳ね上がります。 ネットでよく買い物をする場合はワイモバイルがおすすめです。 あとはワイモバイルのシェアプランを有効活用できそうな場合に、ワイモバイルを検討してみてください。 それ以外だと、UQモバイルが良いかと・・。 UQモバイルのスマホプランを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。 iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに最大1万8000円の端末割引で買えます。 UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。 楽天モバイルとのプラン比較 楽天モバイルは先着300万人まで1年間無料で、2年目以降は月2980円です。 楽天回線エリアで自社回線を掴めればギガ使い放題、パートナーエリアや楽天回線エリアでもパートナー回線を掴むと月5GB&低速1Mbpsです。 国内通話料金は時間無制限で無料でかけ放題です。 一見するとワイモバイルよりも楽天モバイルUNLIMITのほうがお得に見えますが、使えるスマホと通信の安定性が別物です。 ワイモバイルは基本的にはほとんどのスマホで使える ドコモとauのAndroidスマホだけ少し注意。 ワイモバイルはどこでも同じ条件で使える。 ただし、楽天リンクの通話品質の評価が結構バラバラ。。 楽天モバイルは楽天市場でももらえるポイントが+1倍アップするだけ。。 楽天モバイルUNLIMITは良い感じに使えれば、コスパ最高の通信サービスですが、使う場所によって通信品質&通話品質のバラツキが大きいです。。 楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。 さらにオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイント、事務手数料3300円相当が全額ポイント還元になります。 楽天回線対応機種をセットで購入すると、追加で最大22,000ポイントがもらえます。 Galaxy A7なら実質3700円で手に入ります。 ワイモバイル、楽天モバイル、UQモバイル、どれが良い? 人によってスマホの使い方が違うので、全ての人にとって最高のスマホサービスというのは無いです。 それぞれに合うスマホサービスを選ぶのが重要です。 格安SIMの管理人が独断でざっくりと分けると下記になります。 ワイモバイルが良い人 ネットで買い物を良くする場合は、ワイモバイルです。 ワイモバイルです。 とりあえずワイモバイルを選んでおけばいいです。 ワイモバイルとYahooショッピング、PayPayを組み合わせれば安く買い物ができるんです。 5の付く日に申し込むとPayPayがたくさんもらえるキャンペーンをしています。 公式サイトで申し込むと事務手数料3300円が無料、アウトレットやタイムセールで格安スマホをかなり安く買えます。 ワイモバイルは速度も超速く、Yahooショッピングの買い物が相当お得に使えるようになります。 UQモバイルが良い人 ネットで買物をあまりしない場合で、無難にスマホを使いたい場合はです。 UQモバイルを使っておけば良いんです。 とりあえずUQモバイルを使った後に、考えましょう。 ほとんどの人は、そこで満足して考えるのをやめるのです。 楽天モバイルが良い人 細かいことは気にしない! そんなあなたにおすすめなのは1年無料で使えるです。 楽天モバイルUNLIMITはうまく使える場合 場所 なら、コスパ最高の通信サービスです。 ただ、電波がつながらないケースはほとんどないですが、楽天回線エリアなのに月5GB&低速1Mbpsのパートナー回線しか掴まないとか、楽天リンクの音質が悪いとか、そんな場合がそれなりにあります。 そういったケースに当たった場合でも1年無料だし、まぁいっか!そんな人に楽天モバイルがおすすめです。 完璧なサービスを求める場合は、ワイモバイルとUQモバイルがおすすめです。 楽天モバイルは楽天回線エリアで当たり7割、ハズレ3割な感じがします。 ハズレでも月5GB&低速1Mbpsなので結構使えるのですが、ギガ使い放題と比べると怒る人がそこそこいるので・・。 ハズレを引いても怒らない人が楽天モバイルを選んでくれたらなと思っています。

次の