メガニウム。 【ポケモンGO】メガニウムのおすすめ技と強さ:スーパー・ハイパーリーグで活躍!|ポケらく

【メガニウム】第95回ポケモントレーナーなら全てのポケモンについて語れる説【のしかかりアンドのしかかり】

メガニウム

メガニウム ハーブポケモン ぜんこくNo. 154 高さ 1. 8m 重さ• 100. 5kg• けたぐり威力100 タイプ• 英語名• Meganium タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 16で『チコリータ』から進化• 32で『ベイリーフ』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 5倍になる。 通常攻撃。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『どく』タイプや『はがね』タイプ、『くさ』タイプ、特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 『どく』タイプや『はがね』タイプ、『くさ』タイプ、特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 『きのみ』はなくなる。 相手の回避率を2段階下げる。 第6世代までは草むらなどフィールドで使うと野生のポケモンが出現。 第6世代では群れバトル発生 Lv. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 交代しても効果は続く。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 通常攻撃。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代しても効果は続く。 最大102。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 第6世代は沼地の時は『どろばくだん』、雪原の時は『こおりのいぶき』 技. 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分は交代しても効果が引き継ぐ。 『くさ』タイプのポケモンには無効。 自分が『ひこう』タイプや、特性『ふゆう』のポケモンの場合は『じめん』タイプの技が当たるようになる。 5倍になり、技『じしん』『じならし』『マグニチュード』の受けるダメージが半減する。 道具『グラスシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。 USUM New! USUM New! また、威力が150になる。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の

ポケモン育成論 〜メガニウム〜

メガニウム

ページ:• 投稿者:MEGANIUM• コメント 37 みんなの評価 :• 投稿者:GOLDEN DARKNESS• コメント 6 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:momo• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:hirokunn• コメント 30 みんなの評価 :• 投稿者:ゴトウ• コメント 20 みんなの評価 :.

次の

ポケモン育成論 〜メガニウム〜

メガニウム

ポケモン鑑定:ポケモン解説(メガニウム) [ポケモン・ポケモン解説] *ここはポケモン(メガニウム)の対戦に向けた解説情報 *ここについての追加、訂正、注文などありましたらの方へ *情報提供:カメX さん メガニウム [基本情報] *.レベル100固体値/努力値MAX時ステータス HP 攻撃 防御 特攻 特防 早さ 363 262 298 264 298 258 *.タイプ別相性:ダメージ4倍 、2倍 、1/2 、1/4 、無効 自分のタイプ N 炎 水 草 電 氷 格 毒 地 飛 E 虫 岩 G 竜 悪 鋼 くさ *.詳しいステータス等は参照 *.ステータスについて 3進化することもあってかどの数値も平均かそれ以上の値である。 特徴はやっぱり防御面の2ステータスにありと見るのがいいでしょう。 普通『草タイプ』=炎タイプに非常に弱いとのイメージを強くもちます(私だけ?)が、他にも氷タイプにも同じように弱いのです。 氷タイプの技は良く見ても氷タイプのポケモンは少ないのが原因かもしれませんし、こちらの草タイプの攻撃が通常通り効くからというのもその1つだと思います。 草タイプのポケモンの場合、草タイプの技で攻撃する機会はそんなに多くないと思われます。 なぜなら、草タイプの[ ソーラービーム]は[ にほんばれ]すれば逆に状況が悪くなる可能性があり、[ はっぱカッター]はいまいち威力不足です。 [ ギガドレイン]が回復を考えると少々使えるかもしれませんが、やはり攻撃技として威力不足ですから。 つまり、思い切って草タイプの攻撃技を外してしまえばこちらからの攻撃での相性の悪さは無視できるという事。 想定する相手としてはガラガラ/ヌオー/サイドンあたり。 最後に要注意!![ ほえる]が使えないポケモンであります。 メガニウムは受け主体のポケモンなため、相手を入れ替える必要はそう多くないと思いますが、強制入れ替えが出来ないため[ やどりぎのたね]や[ どくどく]で入れ替えを誘わなければならない。 *.弱点 炎技を持つポケモン: 炎タイプのポケモンはまず100%炎技を持っているのでダメージは通常の2倍、こちらからの草タイプの攻撃は半減とかなり状況が悪いです。 とくにリザードンは飛行タイプも入っているので、、、 決定力のなさ: 強い直接攻撃技がなく([ じしん]があるにはあるが)。 すばやさ: ヘラクロスより10低い。 と言う事は、、、[ メガホーン]の餌食である。 まぁ、一撃耐えられるから[ カウンター]でかえす方法もありますけどね。 *.長所 防御面: まっこれでしょうね、メガニウムの特徴は。 弱点をつかれなければ[ こうごうせい]や『 たべのこし』で粘ります。 又、[ ひかりのかべ]と[ リフレクター]を両方ともLVアップで覚えます。 ただし、相手を考えないと[ どくどく]コンボや[ ほろびのうた]には弱いしハッサムに楽にステータスアップを許すなどなどのような結果になり一気に形勢が不利になる。 *.強敵 リザードン/ホウオウ: ホウオウは特別としても飛行タイプを持つリザードンは[ じしん]が効かないので1vs1では100%負けると言ってもいいくらい。 [ げんしのちから]が4倍で効くという事もあるが所詮1撃では倒せない。 次のターンで2回目の炎攻撃を受けるとダウンとなる。 ブラッキー: 代表格としてブラッキーを挙げたが他にもいる。 理由は以下、、、[ くろいまなざし]等で交換を不能にされると[ ほえる][ ふきとばし]がないのでそれを使ったコンボを返せない。 ステータスアップされると[ ほえる][ ふきとばし]がないのでステータスアップ解除できなくヤバイ。 ハッサム: 防御力が高いと言っても相手は最大級の攻撃力の持ち主。 その上ステータスアップをするのは必至。 *.楽勝 ランターン: 草タイプの技、[ じしん]が有効。 [ あやしいひかり]を使ってくる事があるので[ にほんばれ]はターンの無駄にならない時につかう。 ヌオー/イワーク: 草タイプの攻撃が4倍で効きます。 *.お勧め技 ギガドレイン:技マシン19 <草タイプ、威力60、命中100、1/2吸収> 与えたダメージの1/2吸収を考えれば威力は90と言えない事も無いがやはり与えるダメージは威力60の分だけ。 威力不足である。 [ 目覚めるパワー(草)]は吸収がないものの威力は少し高い。 はっぱカッター:LV8で覚える <草タイプ、威力55、命中100、急所に当たりやすい> 急所に期待するなら持ち物は『 ピントレンズ』である。 じたばた: <ノーマル、威力最大200、命中100> タイプが不一致の上、弱点を突けないので威力最大200といえど使えない可能性が高い。 じしん:技マシン2 <地面タイプ、威力100、命中100> これはそこそこ有効な技。 メガニウムの打撃攻撃技の中では一番役に立ちそうである。 やどりぎのたね:ハネッコやフシギダネ等からタマゴ遺伝 <相手のHPを徐々に吸い取る> 長期戦に備えるものであるが捕獲バトンしていないと単純に入れ替えられて終わりの事がある。 カウンター:前作で技マシンを使ったゼニガメ/ヒトカゲ/カビゴン等からタマゴ遺伝 <打撃攻撃のダメージを倍返し> 相手が打撃攻撃しかないと読めれば非常に有効。 こうごうせい:LV23で覚える <HPを最大値の1/2回復> 回復技は使い所が肝心。 間違えると千日手になり兼ねない。 持ち物を『ひかりのこな』にするとか。 つるぎのまい: <自分の攻撃力を2段階アップ> どくどく:技マシン06 <相手をどくどく状態にする> ひかりのかべ:LVで41覚える <5ターンの間特殊攻撃のダメージを半減> 受け専門に近いので結構重要視される技。 リフレクター:LV12で覚える <5ターンの間打撃攻撃のダメージを半減> その他の技:[ ソーラービーム][ にほんばれ][ ねむる][ しんぴのまもり] *.お勧めコンボ どくどく+やどりぎのたね: 捕獲バトンされていれば効果抜群である。 喩え[ ねむる]でHPと状態異常を回復しても[ やどりぎのたね]がHPを吸い取る。 *.お勧め技の組み合わせ 基本型[ はっぱカッター、 やどりぎのたね、 こうごうせい、 ひかりのかべ]『 ピントレンズ』 フルアタック[ ソーラービーム・ こうごうせい・ じしん( げんしのちから)・ にほんばれ]『 ピントレンズ』 炎タイプには[ じしん]であるが炎ポケモンで良く見るリザードン、バクフーン、ウインディはメガニウムより素早くたちうちできない。 交換するのが良い。 (これはどの組み合わせでも言える事) コンボ型[ やどりぎのタネ・ どくどく・ 眠る・ はっぱカッター]『 きせきのみ』 はっきり言ってメガニウムでどんなコンボができるのだ?等と思ってしまう。 [ ひかりのかべ]を使っておいて[ カウンター]を狙うぐらいではなかろうか。 カウンター型1[ カウンター、 じしん、 ひかりのかべ、 こうごうせい]『 たべのこし』 カウンター型2[ カウンター、 やどりぎのたね、 ひかりのかべ、 こうごうせい]『 たべのこし』 一応直接攻撃技の[ じしん]が入っているが思い切ってはずして[ どくどく]あたりと交換してもいいかもしれない。 その場合はメガニウムを出すタイミングを誤らない事。 [こいつを倒せ] *攻略法 *有利なポケモン リザードン、バクフーン、ファイヤー: メガニウムより素早い炎ポケモンは絶対有利ですね。 [ じしん]を一回くらったとしてもすぐ[ かえんほうしゃ]の2回目で倒せます。 相手が[ ひかりのかべ]を貼ってもすでに先制の効果抜群の一撃が決まっているのでHPは激減しているはず。 次のターン、あるいは3ターン目でダウンできます。 もしろ次のポケモンと戦う時の方が苦戦。 ハッサム: [ こうそくいどう][ つるぎのまい]から[ 目覚めるパワー]や[ バトンタッチ]で有利な状況が出来ます。 メガニウムにはこれを阻止する技がありません。 [][].

次の