神戸 市 コロナ。 【2ch速報】神戸市で新型コロナウィルス感染者確認 兵庫県内2例目

【新型コロナウイルス】神戸市の相談窓口・問い合わせ先電話番号一覧&関連リンク

神戸 市 コロナ

兵庫県(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 兵庫県(補助金・助成金・融資情報)• 兵庫県の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 兵庫県• 神戸市• 尼崎市• 明石市• 西宮市• 芦屋市• 伊丹市• 豊岡市• 三木市• 川西市• 小野市• 三田市• 加西市• 丹波篠山市• 養父市•

次の

神戸市が「新型コロナ軽症者受け入れ施設」を確保。ポーアイにある「ニチイ学館」の宿泊施設

神戸 市 コロナ

出前館代表取締役社長の中村利江氏は神戸市との記者会見で事業協定内容を説明した 出前館では、飲食店が自ら配達する「自配」と出前館のスタッフや提携先が配達を代行するシェアリングデリバリーを展開している。 飲食店の月額固定費は不要、成功報酬型で手数料は実費となる。 飲食店に注文が入ると音声で知らせたり、利用者も郵便番号で検索できるなどユーザビリティにも力を入れている。 現在、全国で約2. 2万店以上が加盟する国内最大級のフードデリバリーサービスで、過去1年間で注文した人は325万人。 出前館全体での月間注文数は303万件におよぶ。 一店舗あたりの月間平均注文数は140件で月間平均売り上げ金額は約35万円だという。 出前館では配達品質の安定性にこだわった対応を進めている 神戸市は今回の取り組みによって、(1) 飲食店の出前サービス利用の際の負担軽減とPR効果向上、(2)飲食店就労者に対する迅速かつ柔軟な雇用による収入確保、(3)家庭での家事や家計の負担軽減並びに利便性と食卓のバリエーション向上といった効果が期待できるとしている。 神戸市企画調整局つなぐラボ特命係長の長井伸晃氏は、今回の対象は神戸市内の中小企業基本法で規定する中小飲食店で、すでに加盟済みの約200店舗と新規加盟店で、神戸市側の事業費として1500万円程度を用意していると発表した。 4月10日に発表した「」でも同様の支援をしているが、配達エリアやメニューの違い、LINEデリマなどとの提携で利用者の選択肢や利便性が広がることを提携の理由として挙げた。 神戸市企画調整局つなぐラボ特命係長の長井伸晃氏 また、「今回の提携はUber Eatsの発表直後に始まり、約10日間という短期間で出前館と神戸市の両者がスピーディーに調整を進めたことで、GWに入る前に発表できた」という。 神戸市経済観光局担当部長の古泉泰彦氏は「中小の飲食店が宅配を利用するのはハードルが高かったが、初期制作費が不要なので(フードデリバリーのニーズが増えている)この時期だけでも利用してほしい」と呼びかけた。 出前館の中村氏は「神戸市内では大手を含めた登録件数が500に留まっていることから、倍の1000件に増やすことを目標にしている。 神戸市の事例を受けてさらに他の行政でも対応が拡がることも期待している」と話す。 今回の支援策にかかる費用については非公開としつつも、3月26日に発表した赤字額も含めて想定の範囲内で行っており、「今後はLINEとの提携を強めるなどして、日本にフードデリバリーの基礎を築きたい」と語った。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

神戸市がホテルと協議 新型コロナ軽症者の受け入れ施設

神戸 市 コロナ

神戸市立医療センター中央市民病院(筆者撮影) 神戸市では神戸大医学部付属病院と並んで市の中核となる2つの大規模病院で、勤務する医師や看護師に 新型コロナウイルスの感染者が出て麻痺状態に陥っている。 一つは海岸際のHAT 神戸(中央区)にある神戸赤十字病院。 ここでは内科の医師4人と看護師、看護助手の計6人の職員が新型コロナウイルスに感染した。 院内感染の可能性があるため4月13日から外来診療や救急の受け入れを完全に停止した。 4月11日に感染者の対応をしていた看護師の感染が確認されたため、患者と接触した職員にPCR検査(遺伝子検査)を実施し判明した。 もう一つが、人工島ポートアイランド(同)にある 神戸市立医療センター中央市民病院(以下、市民病院)だ。 神戸新聞などによると、軽症の新型コロナウイルス感染者約30人が入院していた病棟で、4月9日、別の疾患で入院していた70代の女性の感染が確認された。 15日には重症病棟で働く看護師の感染が判明。 さらに17日には別の一般病棟などでも感染者が出た。 市は「新たに看護師、さらに70代の男女の入院患者ら計6人の感染が確認された」と発表した。 男性患者は重症だという。 看護師ら3人は自宅待機中に発熱などの症状が出ていた。 これで同病院での感染者は4月20日現在、計26人となった。 内訳は医師1人、入院患者7人、看護師13人、看護助手ら5人。 全18病棟のうち8棟で感染者が確認される明らかな院内感染で、医師や看護師らの自宅待機者は約200人となってしまった。 市民病院は兵庫県内で新型コロナの重症者を受け入れる中心的病院の一つ。 コロナの重症者だけは受け入れを続けるが、救急受け入れも外来診療も停止、手術も一部を除きすべて停止した。 脳卒中や心疾患などに対応する救急は当面、市内の別病院などが引き受ける異常事態になっている。 医療崩壊が懸念される事態に井戸敏三知事は「中心的な病院で大きな患者の固まりが発生したのは残念。 (他の病院も)収容しきれなくなれば医療が持続できなくなる危険がある」と危機感を表した。 同病院の木原康樹院長は「市民の最後のとりでで院内感染が発生してしまった。 深くおわびします。 国際的なガイドラインに従い、衣服の交換や感染防御をしてきたのだが」などと話した。 ウイルスが外に漏れないよう気圧を低く保てる部屋に新型コロナの軽症者約30人を受け入れ、看護師らは出入りのたびに防護服を脱着していた。 看護師3人のうち2人は軽症のウイルス感染者を受け入れている病棟で勤務し、患者2人は感染者と同じ病棟で入院していたという。 木原院長は「(患者に接した職員が)防護服を脱衣した後のプロセスに問題があった可能性がある」と話し、現在、病床から出て防護服を脱衣した時の手順などを調べている。

次の