白髪 かゆい。 白髪はなぜかゆい!?その原因と正しい3つの予防対策まとめ

白髪はなぜかゆい!?その原因と正しい3つの予防対策まとめ

白髪 かゆい

スポンサードリンク 白髪が生える時かゆいって本当? 「頭皮がかゆいなーと思ってたら白髪が生えてきた!」ってよく聞きますよね。 私的には「そんなの俗説でしょ!」って気にもして来なかったんですが、最近10歳年下の同僚がよく必要以上にデカい声で騒いでて。 「頭がかゆいと思ったらやっぱ白髪が出てきたんだよね~!」と。 はいはい。 まだ白髪が少ないって言いたいのね。 ならあたしゃ頭全体掻きむしらなきゃならんねぇ。 笑 この話はともかく白髪が生える時は頭皮がかゆいと主張する人は多いです。 他にも白髪に関して昔からよく聞く噂はこの2つ。 ・白髪は黒髪より太い! 黒い髪の中に1本ピッカピカのヤツの存在感はめっちゃ憎らしい!! 白髪が異常に目立つのは色が白いせいだけだと思っている人も多いはず。 だいたい老化現象で生えてきてるはずの白髪が太くて他の黒髪より元気そうなんて、おかしくない? ・白髪は黒髪より伸びるのが早い! え?ついこの間染めたばっかりなのにうねうねの太い白髪が!!なんてショックを受けることってありませんか? 白いからそう見えるだけだって思ってはいるけど、それにしてもこの経験ってありすぎる! 「老化のしるし」なはずの白髪が太くて伸びるのも早いなんて納得できない! 実はこの問題、すべてつながっていたんです!! まず、以下の解析結果を見てみましょう。 髪の毛は毛母細胞というところで作られます。 ここで作られた髪の毛に色素細胞(メラノサイト)から作られているメラニン色素が働き黒髪ができます。 最初から髪は黒いわけじゃなく、 もともと白い色の髪に色素細胞が働いてくれて初めて黒くなるってわけなんです! この色素細胞(メラノサイト)の働きが弱くなるとメラニン色素を作れなくなり、毛母細胞で作られた髪の毛は着色されずに白いまま生えてくるというしくみになっています。 白髪の場合はこの「黒い色にする」という働きを省略するので、その分のエネルギーが伸びる方に使われているというのです。 ふんふん、とうなづけますね。 白髪が生える時かゆい原因は? 白髪の解析結果に「断面が黒髪よりもいびつなものが多い」というのがありました。 髪に黒い色素が入らなかっただけの違いなら、断面がいびつになる理由はないはずですよね。 髪は、 たんぱく質80~85%、水分11~13%、脂質1~6%、メラニン色素3%でできています。 でもこのメラニン色素にあたるの3%の部分が空洞になってしまうのです。 この空洞が断面がいびつになる原因。 空洞があるために髪が乾燥しやすくなってまっすぐ伸びずにうねってしまうんですね。 さて、頭皮がかゆくなる問題を考えてみましょう。 新しい白髪は、もともと黒い髪が生えていた 同じ毛穴から生えてきます。 そこに黒髪より太くてうねうねした白髪がスピードも速く出てくる。 そのために毛穴が広げられたり押されたりと今までとは違った刺激が発生するために頭皮がムズムズするのが原因だと考えられています。 どんなに抵抗しようと寄せる年波には勝てないのです(笑) 老化によって、髪に黒色をつけてくれる細胞も機能が低下して白髪が増えます。 ・成長ホルモンと女性ホルモン分泌の低下 身長を伸ばすことで有名な成長ホルモンですが実は新陳代謝に重大な働きをしています。 成長ホルモン分泌のピークは10代の思春期頃。 その後急降下して30代になるとなんとピークの3分の1まで減ってしまうのです。 少なくなった成長ホルモンは体の成長を維持する方に優先的に使われてしまうので髪や肌には足りなくなり、白髪が増えてしまいます。 女性ホルモンのエストロゲンは血管の拡張作用があります。 これにより頭皮にも栄養が届きやすくなります。 しかし女性ホルモンも30代になるとどんどん減り、頭皮に栄養が届かずやっぱり白髪が増えてしまうのです。 この成長ホルモンと女性ホルモン。 加齢によって減少しているならもうどうにもできないんじゃないの?なんて諦めちゃダメです。 健康だってお肌だって、ちゃんとケアしているひとは実年齢より全然若い! そう、 老化は予防できるんです!! ホルモンの働きまかせにしないで、ジタバタしなきゃ! 予防と対策はまず食生活から 体内の酸素と栄養は頭皮の毛細血管を通り、そこにある毛母細胞が細胞分裂して髪が作られます。 そして色素細胞(メラノサイト)がチロシンとチロシナーゼという酵素と共にメラニン色素を作ることによって黒い髪が生えてきます。 原因はさまざまあると言われていますが 血行不良や 栄養不足でも色素細胞(メラノサイト)の働きは弱まります。 頭皮に栄養を送るために大切な血液。 血液は日々の食事で作られています。 偏食は栄養不足だけでなく血行不良の原因にもなり、メラニン色素を作るパワーも低下させてしまいます。 普段の食生活を向上させることが白髪の防止や対策にはとても大切なのです。 ダイエットなどで偏った食生活を続けて髪もパサパサになっちゃったなんて話もよく聞きますよね。 人間のたんぱく質は20種類のアミノ酸からできています。 このうちどれか1つが足りなくなっても体に異常をきたします。 たんぱく質には植物性(豆腐や納豆など)と動物性(肉やチーズなど)があります。 カロリーを気にしてる場合はつい植物性ばかり選んでしまいますが、それぞれに長所短所があるので両方のたんぱく質をバランスよく摂取するのが正解。 豆腐、納豆、肉、卵、チーズ、魚など色んな食材を食べることで必要な栄養をバランスよく摂取できます。 ・鉄 鉄分は血液には欠かせないことで有名です。 赤血球の成分で、酸素を体中に運んでくれる重要な役割を果たしています。 鉄が不足すると頭皮にももちろん酸素が少なくなり、健康な黒髪を作れなくなってしまいます。 ・亜鉛 亜鉛は人間の体に必要な必須ミネラル16種の1つですが、体内で作り出すことができないので食事で摂らなくてはなりません。 髪を丈夫にしたり発毛を促進する働きがあり、たんぱく質の合成に関わる酵素の材料として使われています。 亜鉛は汗や尿から排泄されてしまうので、運動量が多いアスリートなどに不足しやすく、またアルコールを代謝に関わっているのでお酒を飲むことで体内の亜鉛が使用されるため不足の原因になります。 レバー、チーズ、牡蠣、牛肉、高野豆腐、などに亜鉛が多く含まれています。 ビタミンCを一緒に摂取することで吸収率が高まるのでレモンなど沿える工夫をしましょう。 ・銅 鉄や亜鉛に比べると知名度もあまり高くなく、え?と思ったのは私だけじゃないと思います。 実は銅は骨や血液を作るために不可欠な栄養素で、赤血球の成分であるヘモグロビンを活性化させる効果があり、特に血液の働きを高めるためには銅の摂取が大切です。 また新陳代謝や消化をサポートする酵素の原料でもあります。 酵素が充分に生成されることで肌や髪の美しさが得られます。 銅は普段の食生活で不足することはあまりありませんが、ダイエットなどで極端に食事を減らしている人は欠乏症に注意しなければなりません。 銅をたくさん含むのはレバー、いか、大豆製品、カシューナッツなど。 ・ヨウ素 ヨウ素は基礎代謝や成長を促してくれる人間が生きる上で必須なミネラル。 ヨードとも呼ばれます。 たんぱく質の合成や神経細胞の発達、抹消組織の成長に力を発揮してくれます。 海藻、特に昆布やわかめが髪の成長にいい、というのは昔から言われていますが昔から海藻をたくさん摂る日本人には過剰摂取の危険もあります。 白髪の対策になるとは言え偏った食事は禁物です。 わかめなら1日に8g程度で十分な摂取量になるのでお味噌汁1杯で大丈夫。 過不足なくバランス良い食生活をするのが白髪予防の第一歩です。 ストレスを受けることで自律神経に影響し、血管を収縮をひきおこし血流が悪くなるため頭皮に栄養や酸素が届きにくくなります。 特にこめかみにある白髪はストレスが原因の可能性が高いといわれています。 ストレスによる顔の筋肉の緊張はこめかみに強くみられ、血液が行きにくくて白髪が多くなっちゃうというしくみ。 顔周りの血管は細い毛細血管なのでちょっとでも収縮するとすぐ栄養が届かなくなってしまうのが顔周りに白髪が多い原因なんですね。 毛母細胞がうまく働かなると髪が生えにくくなったり白髪が増えてしまいます。 そこで特に白髪予防に効果のある方法をいくつか紹介します。 適度な運動は中性脂肪や悪玉コレステロールも減らしてくれて血液はサラサラになってメラノサイトが活発に働くようになります。 運動が苦手で運動すること自体がストレスになってしまっては元も子もなくなってしまいます。 生活の中でストレッチを取り入れたり、歩く時は早足でくらいからトライして、ちょっと汗ばんだ後「気持ちいいな」と思える感覚を大切にしていきましょう。 頭皮のマッサージは血流をよくするのにとても効果があり、その気持ちよさからストレスも解消されます。 入浴中は副交感神経の働きが活発になりリラックス効果が得られます。 血行不良と酸素不足で色素細胞(メラノサイト)が働けず、白髪の原因になります。 また、アルコールには利尿効果があるので、亜鉛だけでなくメラニン色素に必要なカルシウムも尿とともに排出されてしまいます。 その他、薬の副作用や病気などで急に白髪が増えることがあります。 短期間に白髪が異常に増えたりした場合は医師などに相談しましょう。 まとめ 白髪が生える時に頭皮がかゆいって話は噂じゃなかったようです。 頭皮がかゆくて仕方ない白髪を増やさないようにするには、食生活の改善やストレスをためない生活をすることが何より大切です。

次の

【新着】頭がかゆくなる6つの原因|今すぐできる対処法&タイプ別おすすめシャンプー厳選

白髪 かゆい

スポンサードリンク 白髪がかゆい?!自分だけなの?原因が判明!! 美容師さんも話がバラバラでちょっと不思議でしたが、 勉強する場所が違うと習うことも違うんでしょうかね^^; 白髪が痒いってのはおかしいですね。 頭皮が弱っているんじゃないですか? って言われた時もありました。 でも、白髪が生え始めると痒い!っていう人が私の周りにも結構いたので、 私だけではないんだ。 って安心した記憶があります(笑) 現在、通っている美容師さんには、なんでも質問してしまい、 色々教えてくれるので、白髪がかゆいことを話してみました。 すると、 白髪は黒髪よりも太いんだそうです。 太いと言っても、0. 05ミリくらいとか。 そんなレベルです^^; そのせいで、生え始める時に頭皮の内側でグングン成長する過程で 毛穴から出てくる時んび擦れてかゆくなるらしいのです。 この話を聞いた時に、 なるほど~。 って思いました。 また、白髪は黒髪と毛の形状がそもそも違うようなのです。 どういった違いなのかというと、 髪の毛周りにうろこ状にあるキューティクル等の数や形が違うようです。 〇黒髪 一枚一枚が丸い。 〇白髪 ギザギザで枚数も一定ではない。 こんな形状の違いによって、生え始めは頭皮を刺激して、炎症を起こしかゆみが出る。 という現象が起きるみたいですね。 でも、白髪のある人みんなが痒みがあるわけではないようなので、 人によって痒くなる場合がある。 ってことみたいです。 白髪がかゆい?!抜いたらどうなる? 私の場合、そんなに白髪だらけ! というわけではないので、白髪を見つけたら抜いてます^^; しかし、 白髪を抜くと白髪が倍になって生える。 とか、 白髪を抜くと、ハゲる。 という話も聞きませんか? スポンサードリンク 実際に、私、なんだか部分的にハゲてきているような感じがします^^; 美容師さんに聞いた話では、白髪は絶対に抜かないでください。 と言われました。 かゆいと抜く人が多いんですよね。 白髪を抜くと2倍になって生えてくるという説は、 結局、毛抜きなどで抜くと刺激が強すぎて、他の頭皮にもダメージを与え、 結果、周りの髪も白髪が生えてくるようになるから。 ってことみたいです。 ハゲる、ってのも、毛根がダメージを受けてしまって 生えなくなってしまうとハゲるってことですね。 ハサミで切ってくださいね。 って言われますが、その方が面倒くさいです。 当面、白髪を見つけた時は、マニキュアみたいなのをつけて 一時的に隠す。 ことにしようと思います。 だけど、痒みはどうしたらいいのか...。 白髪がかゆい?!シャンプーで改善できるのか? 白髪がかゆくなるメカニズムはわかった。 でも、白髪は抜いてはいけないこともわかった。 じゃあ、かゆいのはどうしたらいいの? って話ですが、私が今若干ですが効果がありそうだと思い 続けていること。 それは頭皮のマッサージとシャンプーを変えたこと。 頭皮マッサージは専門的じゃなく、適当(汗) シャンプーですが、今まではノンシリコンで香りと手触りがいいもの。 というざっくりした選び方だったのですが、 これではダメなのかな? って思い、ダメージケア用。 を選ぶようにしました。 多少は、値段も高めになるかもしれないですが、 天然成分が多く洗浄成分のマイルドなシャンプーを選ぶことで、 なんとなく、痒みが抑えられてきた気がします。 ただ、最初のうちは、全然効果が感じられませんでしたが、 10日くらい過ぎた頃にかゆくないかも(嬉) そんな感覚でした。 これも個人差があると思うので、シャンプーも 低刺激のものから試してみるといいですよ^^ 少し、メントールが入っているのも気持ちいいかもしれないです^^ まとめ 若白髪でない限り、30代後半あたりからは 白髪が少しづつではじめるのは仕方がないことなんです。 私が今かんがえる対策は 〇美容院でカラーをする 〇海藻やゴマを食べる 〇質のよい睡眠 〇ストレスを溜めないようにする ここあたりだって思っています。 頭皮環境をよくすれば、もしかしたら 黒髪が生えてくる可能性だってあるじゃないですかっ(笑) がんばりましょう^^.

次の

白髪とかゆみの原因とは

白髪 かゆい

白髪がかゆい理由は何? 白髪が生えてきた部分がかゆくなるのはなぜなのでしょうか? 結論から言うと実は、白髪と頭皮のかゆみの関係性は現在の医学でも完全に解明されてはいないんです。 現時点で、もしかしたらこういった理由ではないか?といった考えがあるのでそちらを紹介したいと思います。 黒髪より乾燥しやすい 白髪は黒髪と比べると水分量が少ない為、頭皮が乾燥しやすいと言われています。 身体でもひどく乾燥しているとかゆくなりますよね。 頭皮も身体と同じ皮膚なので同じようにかゆくなってしまうのかもしれません。 白髪の方が太くて成長が早い 普通の黒髪より白髪の方が若干太くて成長が早い、ということが判明しています。 髪の毛の生えてくる毛穴の大きさは変わりません。 そのため、白髪が生えてくる時に毛穴を刺激することからかゆくなるのではと言われています。 なるほど、これは納得。 確かに白髪はやたら伸びるのが早いです。 白髪染めが原因の可能性も…! 白髪の量が増えてくると白髪染めをする人も多いと思いますが、白髪染めなどのヘアカラー剤には「ジアミン」といったアレルギーを引き起こすものが含まれています。 今までは発症したことがなくても突然発症するアレルギーなので、もしかしたらジアミンアレルギーになっているという可能性があるかもしれません。 白髪がかゆい時の対処法 白髪が原因でかゆい場合はどうすればいいのでしょうか? 対処法をいくつか紹介します。 シャンプーやシャンプー方法を変える 頭皮の乾燥を防ぐためにシャンプーを変えてみるのも1つの方法です。 潤いを守りながらやさしく洗えるシャンプーがいいですね。 たとえば アミノ酸シャンプーやオイルインシャンプーなど。 また、シャンプーするときの シャワーの温度をぬるめにするのも効果的です。 お湯の温度が高いと、それだけ頭皮の油分をうばいすぎて乾燥させることになりますから。 かゆいからといって爪を立ててガシガシ洗うのは絶対NG! 頭皮を刺激して余計にかゆくなって・・・と悪循環に陥ります。 やさしくていねいに洗うようにした方がいいですよ。 頭皮マッサージを行う 頭皮の血行が悪いとかゆみが出たり、髪の毛を作るのに必要な栄養分が届かなくなり、白髪の原因にもなるので血行を良くするために頭皮マッサージをしてみてください。 マッサージのタイミングは髪の毛を洗う時などの、頭皮が柔らかい状態がおすすめです。 マッサージの時も、洗髪するときと同じように爪を立てずに優しく揉むよう注意してくださいね。 手でマッサージするのが大変なら、 頭皮マッサージ用のブラシなどもあるので使ってみるといいですよ。

次の