ディス トラクション 意味。 ソーシャルディスタンスとは何?どんな意味?を分かりやすく解説

脱構築

ディス トラクション 意味

この記事にはやの一覧が含まれていますが、 によって参照されておらず、情報源が不明瞭です。 脚注を導入して、記事のにご協力ください。 まで、を重視する英米哲学と、やを問題にする独仏哲学は、それぞれ独自に議論を重ねてきたが、この問題に至り、活発に相互参照と議論交流が起こる。 しかしながら、脱構築という思想においては、「脱構築という思想そのものもまた、つねに脱構築され、つねに新たな意味を獲得していく」ということを意味しており、それぞれの哲学者によって、またその発言の機会によって、主張の主眼が異なる。 だが、この不定形さを受容することそのものが、脱構築である。 デリダによる脱構築 [ ] あるテキストがある事柄を伝える内容として読めるとき、それとはを起こす別のパラドキシカルな内容がテキスト中に含まれているとする。 の『』において西洋の伝統が論じられる際にあらわれる「Destruktion」の仏語訳として採用されたもの。 その意味で、彼の脱構築はハイデッガーの試みを継承するものと言える。 脱構築は、の内側から 階層的な二項対立を崩していく手法である、といえる。 それはすべてを併置し「と」という接続詞を重視するドゥルーズの思想と呼応する。 デリダは、以降のが、王探し、「ロゴス中心主義」()に陥っているとし、また、(書き言葉、デリダにおいては二項対立で劣位に位置する概念全てに当てはまる)に対する(話し言葉、王の言葉。 エクリチュールとは逆に、二項対立の優位に位置する概念)の優越(、「音声中心主義」)を批判した。 とはいえ、この批判は、エクリチュールのパロールに対する優越を意味するのではない。 それでは単なる階層的な二項対立の優劣逆転に過ぎない。 デリダは、の中期対話篇の一つ『』をモティーフに、語の「パルマコン」という言葉を使って、脱構築を試みている。 『パイドロス』の末尾では、ソクラテスがエクリチュールを批判し、パロールの優越を掲げているが、同作品の冒頭で、イリソス川を渡りながらソクラテスとパイドロスが古い言い伝えについて雑談する際に登場する言葉が「パルマコン」である。 「パルマコン」は「」を意味すると同時に「」をも意味する点で、 決定不可能性をもつ。 この多義性は豊かさでもある。 エクリチュールはであるから、人のを保つとともに、記憶しようという意志を奪い取る。 ここに、エクリチュールのもつ「薬」でありかつ「毒」のパルマコン的意味合いがある(多義性)。 パロールはエクリチュールに先立って優越するといわれるが、その劣位のエクリチュールが逆にパロールを侵食している事態をデリダは暴き出す。 このエクリチュールの概念は、そのまま存在に対するの概念に対応する。 で伝統的だった階層的な二項対立の形而上学システムは、こうした脱構築によって批判される。 脱構築によってデリダは、二項対立によって回収されえない他者(差延)へのを呼び起こし、さらなる哲学の活性化を目指そうとした。 したがってデリダの真意は形而上学の転覆にあるのではなく、むしろ真の意味での形而上学の新たな可能性を開くところと見るべきである。 脱構築は、哲学のみならず、人文系・社会系の学問でも広く応用され、有力なの一つともなっている。 広義の意味 [ ] 脱構築という概念は、いうまでもなくかつと強く結びついている。 デリダが提唱するにおいての脱構築、あるいはその影響を受けアメリカで発展した理論に留まらず、あらゆる分野に広く用いられており、次の両方の意味に当てはまる。 ある対象を解体し、それらのうち有用な要素を用いて、新たな、別の何かを建設的に再構築すること。 だが「脱構築」というときには、積極的に意義を見出すために行われる作業とみなされる。 ある対象に隠された、矛盾する(あるいは倒錯している)、無意識下の形而上学を暴き出すための手法。 この場合、脱構築された対象は、我々が一般的に認識している観念・概念を揺るがし、覆すものとして現れる。 下記の関連項目の「建築における脱構築主義」に即して一例を述べてみよう。 我々が一般的に「建築」として認識している対象は、「人が合理的に住みよい場所」という既成概念に、気付かずに縛られている。 この合理性とはまさにの産物であると考えられる(これに関してはの議論を参照)。 よって脱構築された建築物は、そのような思い込みが一つの構築された観念に基づいたものにすぎないことを、一種の違和感を与えつつ、我々に暴露する。 このとき、いわば、機能性・整合性という合理主義が解体されながら、同時に、行き詰まったモダニズムの閉塞感を打破するために、新しい(あるいはポストモダン的な)美学に基いた観念が具体的に形として提示される(あるいは 再構築される)のである。 このように、広義の意味での脱構築は、ありとあらゆる対象に向けて行われる、固定化された既成の観念の相対化を促す作業であると同時に、それを乗り越えようとする、新たなる地平への可能性の提示である、と言える。 関連文献 [ ]• 『』1、・ 訳、岩波書店〈岩波現代選書 105〉、1985年1月23日。 - 原タイトル: On deconstruction。 カラー『』2、富山太佳夫・折島正司 訳、岩波書店〈岩波現代選書 106〉、1985年5月31日。 - 原タイトル: On deconstruction。 カラー『』1、富山太佳夫・折島正司 訳、岩波書店〈「特装版」岩波現代選書〉、1998年5月6日。 - 原タイトル: On deconstruction。 カラー『』2、富山太佳夫・折島正司 訳、岩波書店〈「特装版」岩波現代選書〉、1998年5月6日。 - 原タイトル: On deconstruction。 カラー『』1、富山太佳夫・折島正司 訳、岩波書店〈岩波現代文庫 G210〉、2009年2月17日、新版。 - 原タイトル: On deconstruction。 カラー『』2、富山太佳夫・折島正司 訳、岩波書店〈岩波現代文庫 G211〉、2009年3月17日、新版。 - 原タイトル: On deconstruction。 『』新曜社〈ワードマップ〉、1998年2月20日。 ほか著『わかりたいあなたのための 現代思想・入門』JICC出版局、1990年1月。 小阪修平 ほか著『』宝島社〈宝島社文庫〉、2000年3月25日。 - の改訂。 『』講談社〈現代思想の冒険者たち 第28巻〉、1998年3月10日。 高橋哲哉『』講談社〈現代思想の冒険者たちselect〉、2003年7月10日。 ジャック・デリダ『』上、 ほか訳、法政大学出版局〈叢書・ウニベルシタス 79〉、1977年12月。 ジャック・デリダ『』下、 ほか訳、法政大学出版局〈叢書・ウニベルシタス 80〉、1983年6月。 ジャック・デリダ『』・ 訳、法政大学出版局〈叢書・ウニベルシタス 1000〉、2013年12月。 ジャック・デリダ『』上、 訳、現代思潮社、1972年6月25日。 ジャック・デリダ『』下、足立和浩 訳、現代思潮社、1972年11月25日。 ジャック・デリダ『ポジシオン』 訳、青土社、1981年5月。 ジャック・デリダ『ポジシオン』高橋允昭 訳、青土社、1988年4月、新版。 ジャック・デリダ『ポジシオン』高橋允昭 訳、青土社、1992年7月、増補新版。 ジャック・デリダ『』高橋允昭 訳、青土社、2000年5月、新装版。 - 原タイトル: Positions. ジャック・デリダ『声と現象 フッサール現象学における記号の問題への序論』高橋允昭 訳、理想社、1970年。 ジャック・デリダ『』 訳、筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2005年6月8日。 - 原タイトル: La voix et le phenomene. 3e ed. ジャック・デリダ ほか『』 編、 訳、法政大学出版局〈叢書・ウニベルシタス 741〉、2013年12月、新装版。 ジャック・デリダ 述『』、 編、・ 訳、岩波書店、2005年10月25日。 - 原タイトル: Deconstruction engaged. 関連項目 [ ].

次の

ディスタンスの意味とは?英語の使い方(例文)は?ゴルフボールにも関係?

ディス トラクション 意味

駆動方式によって、瞬間的に大きなトラクションをかけられる車と、安定してトラクションを発揮できる車に分けられます。 前輪駆動車と後輪駆動車 車が加速するときには後輪に大きな荷重がかかるため、前輪駆動よりも後輪駆動のほうが瞬間的に大きなトラクションを発揮します。 しかし、後輪駆動車は、減速時には荷重が前に移り、駆動する後輪は軽くなるため、減速時のトラクション性能は極端に低下しています。 駆動輪とエンジン搭載位置 軽い車よりも重い車の方が、駆動輪に大きな荷重が常に加わっているため、安定したトラクションを発揮することができます。 とくに車のなかでもっとも重い部品であるエンジンが駆動輪側にあるほど安定したトラクション性能を発揮することができるため、FRよりFFのほうが状況を問わず安定したトラクションを発揮することができます。 エンジンが後方にあるMRやRRは、エンジンの重さが加わった大きなトラクション性能を加減速によって増減できることが特徴です。 4WDのトラクション性能 四輪を駆動する4WDはやや特殊な例といえるでしょう。 1本あたりのタイヤが路面に伝えられる馬力には上限があるため、駆動輪が多いほどトラクション性能は有利になります。 そのため、4WDは2WDに比べて圧倒的に大きく安定したトラクション性能を発揮することができます。 フロントにエンジンを搭載した4WDよりも、リアにエンジンを搭載した4WDのほうが絶対的なトラクション性能は優れることになります。 トラクションをかけるには? かけられるトラクションの上限を増やすことは、タイヤのグリップ性能を引き出すこととほぼイコールです。 そのためには、太く柔らかいハイグリップタイヤに交換するのがもっとも簡単な方法ですが、車がタイヤに加えられる荷重に対して極端に太すぎるタイヤでは接地荷重が低下し、トラクション性能はむしろ低下してしまいます。 上手くトラクションをかけるためには、車を前に進ませたい状況で必要なトラクションを発揮できる車の状態と、車のトラクションを引き出す操作ができていることが肝心です。 トラクションがかかるセッティング トラクションをかけるには、タイヤを路面に押し付ける力を強くすることが肝心です。 駆動輪にかかる重量を増やしてやることでトラクションを向上させることができますが、単純に重量を増やしただけでは、遠心力が強まるとともにエンジンパワーをロスしてしまうため、トラクション性能向上のメリットは相殺されてしまいます。 トラクションが掛かるようにするには、車重の増加を抑えたままタイヤに加わる荷重を増やしてやらなければいけません。 サスペンション ノーマルの柔らかいサスペンションでは車のロール量が大きく、左右の駆動輪の荷重差によりタイヤのグリップ性能を引き出せているとはいえません。 また、サスペンションが柔らかいと、トラクション性能タイヤ車重がタイヤを押し付ける荷重が最大になるまでにタイムラグが生じてしまい、必要なときにトラクションをかけることが難しくなります。 サスペンションを固くすることで、荷重をより素早く、ダイレクトにタイヤへと伝えることができるようになりますが、固すぎるサスペンションでは荷重の伝わり方が唐突になってしまうため、トラクションを発揮できる操作に対する許容範囲が狭くなります。 LSD ノーマルデフ(オープンデフ)は構造上、過度にロールが発生した状態では、外輪に伝わるはずの駆動力が、接地荷重の小さな内輪のほうへと伝わってしまい、空転してトラクションがかからない状態に陥ってしまいます。 それを解消するのがLSD(リミテッド・スリップ・デファレンシャル)。 ロック率が高いLSDほどコーナリング中の左右輪の回転差を少なくして空転を抑え、イニシャルトルクが高いLSDほどトラクションをかける操作がコントローラブルになります。 4WDが搭載するセンターデフの場合は加速時のフロント浮き上がりによるトラクション抜けを防止する効果があります。 リアスポイラー 車の横断面は、飛行機と同じ翼断面形状であるため、速度が上がるほど浮力が発生し、タイヤに加わる荷重が少なくなることでトラクション性能は低下します。 それを解消するには、空気の流れを妨げるスポイラーや、翼断面形状の反対向きにすることで地面に押し付ける力が働くGTウィングなどの空力パーツが有効です。 トラクションがかかる操作 どれほどトラクション性能に優れた車でも、急にアクセルを踏み込み、一瞬にして100馬力や200馬力のパワーを与えればタイヤは空転しトラクションを失ってしまいます。 そのためには、アクセルを一気に踏み込まず、少しだけスロットルを開け、トラクションがかかることを確認してから段階的にアクセルを踏み込むことが大切です。 ハイパワーでレスポンシブルなエンジンを搭載しているほど、連続的に変化する現在のトラクション上限を感じながら丁寧なアクセル操作を心がける必要があります。 トラクションコントロールシステム(TRC).

次の

ディスクロージャとは

ディス トラクション 意味

改めて御礼申し上げます。 からだいぶ時間がたってしまいましたが、今回は「トランザクション」とは何か?をお話ししたいと思います。 「トランザクション」とは? 「トランザクション」と言うと、単純に商業的な「取引」を連想する方もいらっしゃるかと思いますが、ここでは、IT用語としての「トランザクション」を採り上げます。 この用語は、例えば設計や実装をするときばかりでなく、テストを実施したり、パフォーマンスを評価したりする際に必ず1度は聞く用語かと思います。 他方、「そもそも『トランザクション』って何?」と聞かれた場合、どのように連想しますでしょうか?「とりあえず、複数の処理を1つにまとめたものかな?」といった漠然としたイメージは持つかもしれません。 そうです。 「トランザクション」とは複数の処理を1つにまとめたものです。 他方、その「複数の処理」について、「そもそもなんで複数の処理をわざわざ1個にしているわけ?」「別に1個にしなくても分けてしまうのもありなのでは?」という意見もあるかもしれません。 果たして「複数の処理」というのは切り離すことはできるのでしょうか?これを踏まえて、筆者なりに「トランザクション」を以下のように定義できると思います。 複数の処理を1つにまとめたもの。 ただし、これら「複数の処理」は分離させることはできない。 2. 「トランザクション」の例 更に理解を更に深めてもらうため、例を挙げたいと思います。 「トランザクション」の例と言うと、やはり銀行の口座振込みですよね。 ここでは、Aさんの口座 残高:10,000円 から5,000円、Bさんの口座 残高:20,000円 へ振り込むケースを考えます。 これは以下の処理から構成されます。 ここで、これら2つの処理を分離する、言い換えると2.の処理を別の「トランザクション」として新たに独立させたとします。 そうしたらどうなりますでしょうか? 1.の処理がうまくいって、2.の処理が何らかの原因で失敗したとします。 そうなると、Aさんの口座残高は5,000円になっているいる一方で、Bさんの口座残高は20,000円のままで、5000円が「消失」してしまうことになります。 見方を変えると、1.の処理と2.の処理をまとめて「1つの処理」として扱うことにより、仮に1.がうまくいって2.がうまくいかなかったとしても、この「1つの処理」としては失敗したことになるので、最初からなかったことにすることで5000円が消失してしまうのを避けることができるというわけです。 この「1つの処理」とは「トランザクション」を指すことはご理解いただけるかと思います。 「トランザクション」は成功か失敗のいずれかである。 ここまで来るともしかしたらピンとくるかもしれませんが、「トランザクション」は成功か失敗かのどれかしかありません。 失敗した場合は「トランザクション」実行前に戻ります。 中途半端に成功したとか中途半端に失敗したとか、そういうことは絶対にありません。 「トランザクションのACID特性」という言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、そのうちのA Atomicity 、つまり「原子性」に該当します。 Aさんの口座残高は5,000円になり、Bさんの口座残高は25,000円になった。 トランザクション成功• Aさんの口座残高は10,000円、Bさんの口座残高は20,000円で金額に変動はなかった。 トランザクション失敗 振込み処理とは普通、1回の振込みにより、振込金額分だけ振込元の口座残高から差し引かれ、振込先の口座残高がプラスになるものです。 この「1回の振込み」がたとえ複数個の小さな処理に細分化されたとしても、そのうちのどこかで失敗したら全て失敗、振込み前に戻るという扱いになります。 なぜなら、繰り返し述べているように、Aさんの口座からは5000円引かれているのにBさんの口座には5000円入金されていない、という中途半端な結果にしてはいけないためです。 そうです!結果の整合性が求められる処理については、仮にその処理が複数個の細分化された処理に分かれたとしても、これらは1個の「トランザクション」としてまとめる必要があるのです。 4. 「トランザクション」のまとめ ここまで来ると、「トランザクション」とは何か?について、イメージはつかめたのではないかと思います。 このように、「トランザクション」は以下のようにまとめられるでしょう。 結果の整合性が要求される、複数の処理を1つにまとめたもの。 ただし、これら「複数の処理」は分離させることはできない。 実行した結果は、成功か失敗のいずれかである。 実際「トランザクション」とは奥が深いものです。 本稿は、あくまでその一部に触れたにすぎませんが、読者の方々にとって「トランザクション」をマスターするためのとっかかりとして寄与できればこれに越したことはありません。 ここまで読んでくださりありがとうございました。 一方で、「トランザクション」の中の一連の処理のうち、どこかがうまくいかなかったら「ロールバック」することで「トランザクション」実行前の状態に戻ります。 「コミット」、「ロールバック」含めたトランザクション機能は、DBMSやアプリケーションサーバ等の多くの製品で搭載されています。

次の