メイン クーン 体重。 メインクーンは短命ってほんと?性格や体重、大きさは?

メインクーンの育て方!食事やしつけ、飼育環境は?

メイン クーン 体重

普段と違う雰囲気の会社の飲み会。 飲み会で盛り上がるゲームと言... メイン・クーンとは? メインクーンはペットとして飼われているイエネコで、長くてふさふさした毛並みが特徴の可愛らしい猫です。 穏やかな巨人という意味のジェントルジャイアントという愛称で知られ、普通のイエネコと比べると体格が大きめで骨格も大きく、存在感のある品種です。 メインクーンは賢くてアクティブなイエネコで、遊び好きで時に飼い主さんの元へおもちゃなどを運んで遊びを催促する事もあります。 メインクーンの原産はニューイングランド地方メイン州とされていて、メイン州でも州猫に認定されるなど、メインクーンが親しまれている事がうかがえます。 体の大きさと長い毛並みが特徴のメインクーンは、アメリカの農場にいたネコとヨーロッパから連れてこられた長毛種のネコが掛け合わされた子供の子孫がルーツとも言われています。 メイン・クーンの特徴や性格は? メインクーンの外見は長い体毛でふさふさしていますが、モコモコというよりは毛並みがシャープな印象です。 純血種であるメインクーンの体長は大きく、普通のイエネコは1年で成猫になりますが、メインクーンの場合は大人になるまでに2年もかかります。 意外と筋肉質なボディと太い骨格を持ち、体はがっしりしていますが長い毛に覆われているため、普通に眺めているかぎりはあまり筋肉質に見えません。 メインクーンは身体的に他のイエネコよりもたくましいですが、そのたくましさは至る所に表れています。 代表的なのがその体毛で、厳しい環境でも生きていけるように体毛が長く、体が濡れても大丈夫なように防水効果もあります。 胸元の毛はたてがみのようにふさふさしていて手触りも良く、毛の長さが不ぞろいで背中から後ろに向かってどんどん長くなっていきます。 毛の生え方は不ぞろいですが決して見た目が悪いわけではなく、むしろチャームポイントとしてオシャレさまで兼ね備えているような見た目をしています。 温厚な性格は人や他の動物との共存にもすぐに順応できる事が多く、比較的飼いやすい部類の品種で、病気にも強いのが特徴です。 メイン・クーンの寿命は?どんな病気になりやすいの? ネコやイヌなどのペットは品種によってかかりやすい病気に違いがありますが、メインクーンの場合は「肥大性心筋症」「脊髄性筋萎縮症」「多発性囊胞腎」にかかりやすいという特徴があり、これらの病気には注意が必要です。 特に中年以降のオスに発生しやすい病気が肥大性心筋症で、心不全や後ろ足がマヒする事もある恐ろしい病気です。 突然死の原因ともなってしまいますので、発症した場合突然の死に驚く事もあります。 脊髄性筋萎縮症、多発性囊胞腎は、メインクーンがかかりやすい病気で、遺伝的にかかりやすい病気なので対処のしようがありません。 しかし脊髄性筋萎縮症の場合は生後3~4か月程度で発症するので、成猫で健康ならばあまり目くじらを立てる必要はなさそうです。 これにかかると脊髄の神経が消失してしまいます。 多発性囊胞腎は腎臓病の一つで、これを患ってしまうと現時点では治すことが出来ない病気なので非常に厄介と言えるでしょう。 もっと詳しく知りたい場合はAMAZONで本を買おう! メイン・クーンに関する200kオススメの書籍はココから検索!.

次の

画像で見るメインクーンの大きさや体重、毛色や目の色の種類

メイン クーン 体重

メインクーンの歴史 メインクーンはアメリカ北東部(メイン州)の出身と言われています。 一説には 現地の港にいた猫と、ヨーロッパから船でやってきた長毛種の猫が交尾してできたと考えられています。 その時のヨーロッパの猫というのが「」などではないかと言われています。 メインクーンの性格 メインクーンに多い性格は以下の3つです。 温厚で愛情深い• 協調性に優れる• 子猫のような遊び心を持つ メインクーンは大柄でワイルドな風貌ですが、温厚な子が多いです。 また 飼い主さんに対しても愛情深いため、「猫界の犬」と呼ばれることもあります。 他の猫や動物、また子供ともうまくやっていける 協調性もメインクーンの性格の一つです。 もし 2頭目の猫を何にしようか悩んでいる場合、メインクーンは良い選択になると考えられます。 猫は成猫に成長することで、より洗練された動きなどを身に着けていきます。 一般的に1年程で成長が終了しますが、 メインクーンは成長に3~5年かかります。 その間メインクーンは常に子猫のような無邪気さを持っています。 メインクーンの特徴 メインクーンの特徴は以下になります。 純血種最大の大型猫• 優れたハンター• 高い学習能力• 長い成長期間• 水遊びが好き• 耳の先の飾り毛• 不揃いな被毛 画像からもわかるようになんといってもメインクーンの最も有名な特徴は、 猫種の中でも最も大きい体を持つことです。 メインクーンはその穏やかさから想像しにくいですが、優れたハンターです。 アメリカ北東部(メイン州)の厳しい冬を生き延びるために、強い体と優れた狩猟能力を持つメインクーンが厳選されていったためです。 賢い猫としても有名です。 人にとっての良きパートナーになれるくらい利口な猫であるため、しつけも大変ではありません。 成長期間も3~5年と一般の猫に比べてとても長いです。 多くの猫は水に濡れるのが嫌いですが、 メインクーンは水に濡れるのを嫌がらない子が多いです。 シャワーやお風呂を嫌がらないこの場合、長毛種は特に手入れが楽になります。 耳の先の飾り毛(リンプスティック)もメインクーンの特徴です。 これは見た目が可愛くなるだけでなく、感覚器官として重要な役割を果たしています。 シャギーをかけたような 不揃いの被毛も特徴の一つで、背中から首にかけて徐々に毛が長くなっていきます。 首回りは冬などはライオンのように厚い毛に覆われることもあります。 スポンサーリンク メインクーンの体重 メインクーンの平均体重は以下になります。 オス 4~7kg• メス 3.5~7kg 猫の平均体重は4kgほどであるため、大きい子は平均の2倍ほどの重さになります。 ただメインクーンで本当に大きくなる子は10㎏に到達することもあります。 その分肥満には気をつけるようにしましょう。 メインクーンの寿命 メインクーンの 平均寿命は11~14歳と言われています。 猫の平均寿命は15歳であるため、少しだけ短いようです。 ただ生活やストレスを溜めないように気を使ってあげることで、長生きすることもできます。 成長中は高カロリー・高タンパクなご飯を与えて、しっかりと運動させることが大切になります。 メインクーンの値段・購入方法 メインクーンは近年、人気急上昇中の猫であるため値段も高騰してきています。 ブリーダーから直接購入するか、ペットショップから買うかで下記のように値段の相場は違います。 購入元 値段 ペットショップ 20万~30万円 ブリーダー 10万~20万円 ブリーダーから購入する場合でも質の高いメインクーンの場合、20~30万円ほどかかることもあります。 メインクーンを飼いたい場合はブリーダーやペットショップから購入するか、もしくは里親募集をするという選択肢もあります。 それぞれのメリット・デメリットはを参照してみてください。 メインクーンの種類 メインクーンは様々な種類がいます。 最も人気の毛色は定番のブルーシルバーパッチドタビーですが、茶色やブラウンタビー&ホワイトのメインクーンも同じように人気です。 それぞれの画像はから確認できます。 メインクーンのはブルー、グリーン、ゴールド、カッパー、オッドアイのいずれかです。 最も多い目の色はゴールドとカッパーです。 サファイヤブルー(メインクーンはいません)• ブルー• アクア(メインクーンはいません)• グリーン• ヘーゼル(メインクーンはいません)• イエロー(メインクーンはいません)• ゴールド• オレンジ(メインクーンはいません)• カッパー• オッドアイ メインクーンの飼い方 ブラッシングの頻度 メインクーンは長毛種であるため、ブラッシングは1日1回する必要があります。 は特に抜け毛が多くなるため、できれば1日2~3回してあげましょう。 シャワーやお風呂は基本的には月に1回程度で大丈夫です。 運動(遊び) メインクーンは食事量が多い種ですが、その分運動をしないと肥満になってしまいます。 毎日15~30分程度の運動は欠かさないようにしましょう。 メインクーンは小さいころからしつけることで、犬と同じように散歩ができる子になることがあります。 かかりやすい病気 メインクーンのかかりやすい病気は以下になります。 股関節形成不全• 肥大型心筋症• 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 股関節形成不全は股関節の形が元々異常な形をしている病気です。 この病気の子は運動を嫌ったり、うさぎのように跳ねて歩くことがあります。 肥大型心筋症は心臓の筋肉量が多くなり、一回の収縮で体に送り込む血液が少なくなってしまう病気です。 詳しく病気の原因は分かっていませんが、遺伝が大きな要因と考えられています。 多発性嚢胞腎は腎臓が徐々に機能しなくなってくる病気です。 と症状が酷似しており、完治は難しいです。 メインクーンがかかりやすい病気は、どれも遺伝が原因で発症する病気になります。 そのため ブリーダーやペットショップから購入する際は、両親猫がこういった病気にかかっていないかも必ず合わせて確認するようにしましょう。 また病気ではありませんが、メインクーンの最大の敵は肥満になります。 しっかりと運動をするように気をつけましょう。 まとめ メインクーンはそのワイルドな風貌とは裏腹に、とても穏やかで飼いやすい猫です。 犬でいうところのゴールデンレトリバーのような性格をしており、男性の飼い主が圧倒的に多いようです。 協調性にも優れた猫であるため、小さいお子さんや他の動物がいる家でも飼いやすい猫です。 メインクーンについてより詳しく知りたい場合は、下の記事も確認してみてください。 はじめまして、ミツバと申します。 以前「猫カフェ」+「ペットショップ」+「ペットホテル」の店員でした。 店員だったときの経験を活かして、現在は『ネコワラ!』の管理人をしています。 プライベートではラグドールのわたげを飼っていましたが、2019年1月17日腎不全や腹水、黄疸などの症状から眠りにつきました。 1歳と11カ月のことです。 当サイトでは管理人が「仕事」「プライベートでの飼育経験」から得た猫に関する知識を、余すところなく公開していきます。 全ての猫好きが笑顔になれる場所を目指して、情報提供をしていきます。 ぜひ気軽に楽しんでいってください: 所持資格: ・少額短期保険募集人資格 ・アニコム損保ペット保険募集人資格 わたげが膀胱結石になり、40万円の治療費がかかったときの話はから.

次の

子猫の時から大きいの? メインクーンの体重事情

メイン クーン 体重

猫にはいろいろな種類がいます。 種類によって大きさや性格も変わってきますが、メインクーンというのはどのような猫なのでしょうか。 メインクーンとはどんな猫? メインクーンはアメリカ原産の猫とされており、もともとアメリカにいた短毛種の猫と欧州からやってきた長毛種の猫が交配して誕生したと言われています。 アメリカでは非常に長い歴史を持つ猫種のひとつで、体の模様、狩りの習性などはアライグマによく似ているとも言われています。 水に対しても強く、分厚い毛とどっしりとした骨格が特徴の大型猫です。 昔はネズミを取るために飼われていました。 メインクーンの起源には、ユニークな諸説があります。 そのひとつが、野生の猫とアライグマのかけ合わせにより誕生したとする説。 生物学的には不可能な組み合わせですが、立派なしっぽや毛色など、アライグマに似ていることから広く信じられていたようです。 実際、「メインクーン」の「クーン(coon)」は「アライグマ(raccoon)」に由来しています。 もうひとつのおもしろい説は、「マリー・アントワネットの愛猫から派生した」説。 フランス革命時、亡命を企てたマリー・アントワネットがフランスから逃がそうとした6匹の愛猫がアメリカに渡り、起源となったというものですが、真偽のほどは確かではありません。 メインクーンの大きさや体重は? メインクーンは猫の巨人と言われるほど大きくなる猫で、体長は1メートルほどになります。 女の子より男の子のほうが大きくなるのが一般的で、猫の血統登録機関「TICA」では、男の子の体重は約6キロ~8キロ、女の子は約4キロ~6キロがスタンダードとされています。 メインクーンの子猫の体重や大きさは? メインクーンは、大体1年から3年で成猫になります。 生まれて1ヵ月前後経過した子猫は500グラムから1キロくらいです。 2ヵ月が経過すると、1. 5キロくらいまで成長する猫もいます。 半年経過すると、4キロ前後になり、毛もしっかりと伸びてきます。 1年くらいで成猫とほとんど変わらない大きさや重さになるのですが、3年ほどは成長の余地があります。 【関連記事】 大きいことで有名なメインクーン。 ギネス記録にも 2017年時点でのギネス記録を確認してみると、世界最大の猫として認定されているのは、イギリスにいるルドという名前のメインクーンです。 体長は118. 33センチメートル、だいたい小学2年生と同じくらいの大きさです。 また、公式ではない記録ですが、2010年に計測されたメインクーンは、体長が123センチメートル、体重が15. 8キログラムあったそうです。 メインクーンの毛色は? 猫は同じ種類であってもさまざまな毛色をしていますが、これはメインクーンも同じ。 メインクーンの性格は? 猫はあまり人にはなつかず、1頭で行動することが多いイメージがあるかもしれませんが、メインクーンは温厚で人になつきやすい猫種です。 飼い主さんはもちろん、他の猫や動物種、赤ちゃんとうまくつき合える子も多いでしょう。 また、賢い性格のため、トイレの方法や、むやみに噛みついたり引っかいたりしないようしつけることも、比較的短期間で行うことができるかもしれません。 男の子と女の子で性格は違う? 同じ環境で生活をしたとしても、男の子と女の子では性格が異なるのが一般的です。 女の子よりも男の子のほうが性格は温厚で、人になつきやすい傾向があります。 比較的おとなしいく、しつけやすいのも男の子です。 女の子は、男の子より活発でよく動き回ることが多く、単独での行動を好みます。 おとなしく暮らしたいという人には男の子が適していますし、おもちゃで一緒に遊びたいという人には女の子が適しています。 もちろん個体差があるので、男の子だから必ずしもおとなしい、女の子だから活発というわけではありません。 メインクーンの育て方 人なつこい性格から、比較的育てやすい猫種と言えるかも知れませんが、やはり忘れてはいけないのが、かなり身体が大きくなるということ。 通常の猫より大きめの居住スペースや多めの食事量が必要になるかもしれません。 また、長毛種であることから、日々のブラッシングで被毛ケアをすることもお忘れなく。 メインクーンは短命ってほんと? アニコム損保発表の「」によると、メインクーンの平均寿命は12. 5年です。 ただし、実際の寿命は、各々が持って生まれた体の丈夫さや飼育環境などにより異なります。 愛情を持って、大切に育ててあげてください。 【関連リンク】 かかりやすい病気は? 猫によってかかりやすい病気も変わってきます。 メインクーンの場合には、やという病気が発症しやすい傾向にあります。 いずれも発症するか否かは遺伝要因が大きく、予防ができない病気です。 しかし、万が一発症した場合、症状の進行を遅らせ、長くお付き合いしていくために、どのような病気であるのか知っておくことが大切です。 肥大型心筋症 肥大型心筋症は、心臓病のひとつです。 若いころから発症する場合もありますが、基本的には高年齢で多く、オスの方がかかりやすいと言われています。 病気が進むと、心不全を起こしたり、大動脈血栓塞栓症により後ろ足が麻痺するといった症状により、突然死する危険性もあります。 病気が進行してから気づくことが多い病気ですので、定期的な心臓のエコー検査で、症状が出る前からケアしてあげることが重要です。 多発性のう胞腎 多発性のう胞腎も、根本的な治療法が存在しない病気のひとつです。 初期は無症状ですが、腎臓に少しづつ嚢胞(のうほう)が作られ、正常な腎臓の組織や機能に負担がかかり、腎臓の機能が低下していきます。 腎不全の症状が強くでる前にも、定期的な腎臓のエコー検査で見つけることができます。 【関連リンク】 可愛い子猫との出会いをお探しなら 末永く一緒に暮らせる、大切な家族と幸せな出会いをしたいものですね。 そんな出会いをお探しなら、を活用してみては?全国のペットショップから探すことができる情報サイトです。 エリアや品種などの条件から簡単に検索できるので、ぜひご覧ください! メインクーンについてはコチラをチェック! メインクーンのお迎え費用は? 前述の「ハローべいびぃ」によると、およそ15万円~30万円です(2018年1月時点)。 新たな家族としてメインクーンを迎えるときには、きちんと衛生面を保たれていて、知識が豊富なスタッフのいるペットショップやブリーダーからお迎えしましょう。 【関連記事】 メインクーンのペット保険料は? わが子にはできるだけ元気で、健康でいてほしい…。 それが家族の一番の願いではないでしょうか。 ただ、どんなに強く願っていても、いつ何が起きるかは誰にもわかりません。 万が一、何かがあったとき、守ってくれるお守りのようなものがあったら安心ですよね。 それが「保険」です。 「もしも」を防ぎ、「もしも」に備える「予防型ペット保険」をご存じですか。 愛するわが子のために、検討してみてはいかがでしょうか。 気になる保険料は1歳だと2,380円~(参照:アニコム損保「ふぁみりぃ」)です。 詳しくはこちらをご覧ください。 受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30 監修獣医師 RANKING• 猫と一緒に暮らすとき、一体なにを用意すればよいのでしょうか。 猫を迎えるにあたって初日に必ず用意しておくべ... 2020. 愛猫のお手入れをすることには、うれしいメリットがたくさんあります。 まず、身体を清潔に保つことで、健康維持... 2020. 猫と一緒に暮らす人なら、誰もが気になる猫の病気。 大切なわが子が病気にならないように気を付けたいことや... 2020. 愛猫がなつかないから、手放したい……そんな風に思い詰めることがあるかもしれません。 精一杯尽くしているのに... 2020. ワクチンとは感染症を予防するために病原体を無毒化または弱毒化した薬液です。 ワクチンを身体に接種すると、感染症... 2020.

次の