福島市 火事。 福島市御山羽山信夫山で火災(山火事)!火災当時の動画画像や出火の原因は?ネットの反応も

福島市陣場町スナック火事原因や場所、火災被害は!8月29日画像動画

福島市 火事

消防団員募集中・動画公開中 福島市消防団は、消防団員を募集しております。 動画に興味を持たれた方は最寄りの支所及び消防本部へご連絡をお待ちしております。 動画紹介 「消防団は火を消すだけじゃないんだね。 」これは、動画の1フレーズです。 消防団は火災の消火活動だけではなく、地域を守るために様々な活動をしています。 そんな消防団の活動を通して、地域の人、目の前の人を守ることができる。 そんな消防団員の姿を収録しました。 福島市消防団に所属する女性団員にスポットを当て、消防団入団のきっかけや消防団活動に対しての思いなどをドキュメンタリー形式で撮影しました。 女性ならではでやっていきたいと語る女性団員の姿をご覧ください。 本編は下記のページに移動してご覧ください。 7月10日 7月8日 7月8日 7月7日 出動情報• 火災の経過については下記リンクをご覧ください。 【】 「福島市消防・災害情報メールサービス」のご案内 「福島市消防・災害情報メールサービス」とは、福島市内で火災が発生した際の『消防情報』、福島市内に気象警報・注意報、地震の観測震度などが発表された際の『気象情報』などを配信する、登録型のメールサービスです。 詳しい登録方法などは下記リンクをご覧ください。 【】 夜間急病診療所のご案内 夜間に急病人等が発生したら、夜間急病診療所を受診できます。 診療時間は午後7時から翌朝8時まで(小児科は午後10時まで)です。 電話:024-525-7672 詳しくは下記リンクをご覧ください。 【】 緊急休日診療当番医のご案内 休日に急病人等が発生したら、緊急休日当番医を受診できます。 診療時間は午前9時から午後5時までです。 詳しくは下記リンクをご覧ください。 【】 消防本部からのお知らせ•

次の

映像福島県福島市陣場町福島駅周辺で火事・火元・被害・原因・現場の様子?

福島市 火事

2019年12月1日福島県福島市渡利丸滝で起きた火災当時の状況は? 2019年12月1日15時前、福島県福島市渡利丸滝で、黒煙が上がる火災がありました。 ツイッター上で、当時の現場付近の状況が垣間見えます。 カフェサリバンでくつろごうと思っていた人はもちろん、付近を通りかかっただけの人もびっくりです。 福島市のサリバン火事ー!! — しらこ 4IDethWOuREc5A8 どうみても火災ナウ 渡利のサリバンさん…😱 消防車🚒か駆けつけました。 早く消火しますように。 — rozeree🌹in 0. 08 reemayufu かなりひどく建物上部が燃えている様子がわかります。 ある方のツイートによると、火災現場には消防車も駆け付けました。 鎮火作業がいつ終わったのか、はっきりしておりません。 2019年12月1日福島県福島市渡利丸滝で起きた火災の出火元と身元情報は? 12月1日、福島市の老舗カフェで発生した火災。 気になる出火元と身元情報を見てみましょう。 出火元は、有名なカフェサリバンです。 レトロな雰囲気漂う落ち着いたお店で、コーヒーだけでなく料理もおいしいと評判だったとか。 火元がカフェということで、厨房で火を使って調理をしていたことが容易にわかります。 調理中に何かに引火したのかもしれませんね。 このカフェのオーナーはあるおじいさんだったようですが、火災による鵜商社の有無などはわかっておりません。 日曜日の午後ということもあり、ゆっくりしようとカフェを利用していたお客さんも多くいたはず。 かなりの規模の火災ですので、店内が混乱したことでしょう。 2019年12月1日福島県福島市渡利丸滝で起きた火災についてSNSネットの反応は? 福島市のカフェサリバンでの火災に対する、SNS上での反応を見てみましょう。 昭和の喫茶店感と、おじいさんが丁寧に入れてくれるコーヒー。 ウィンナーコーヒーはサリバンが1番好きだったのに…。 燃えたカフェ、サリバンが有名なお店だったことから、ツイッター上では「サリバンが燃えている」という情報がすでに出回っています。 サリバンのコーヒーの味を思い出し、残念がる人も。 そして、火災に伴う交通への影響についてもツイートされています。 情報がないのは、負傷者の有無ですね。 日曜日の午後ののんびりタイムを突然襲ったこの火災で、けが人はもちろん亡くなった方がいなければ何よりです。 まとめ 今回は、2019年12月1日に起きた、福島市の有名カフェからの火災について情報をまとめました。 国道沿いということもあり、大規模な渋滞も発生。 日曜日の多くの人の予定を狂わせたことは明らかですが、店の被害状況や負傷者の情報がまず明らかになってほしいです。

次の

二本松市根崎で火事!現場の画像や動画まとめ

福島市 火事

概要 [ ] 以前より、(杉妻城、大仏城)のとして町並みを形成。 時代には、(の一族)、(を多く輩出した家)と藩主が変わり、江戸中期になるととの関係が深いが治めることになる。 現在の福島県内ではに次ぐ石高を有した。 明治以降の福島は、、の集散地として栄え、の支店をに続きで2番目に開設(全国7番目 )し、の誘致にも成功し、現在に続く福島市の経済を支えている。 にはとが合流することになる、にはとが交わる、交通の要所としての基盤が出来上がる。 の面では福島県内第一位の農業産出額であり、特に全国有数の収穫量を誇るをはじめ、別日本一の生産数を誇るなどの栽培が盛んであることから「果物王国」の異名を持つ。 の面ではの名所が点在し、個性あるを複数抱えている土地でもあり、更に唯一のが立地しの街としての顔を持つ。 日本一の大きいを担ぐ祭事の()が有名である。 山の名所としては、にも指定を受けているから福島のともいえるの。 市街地からほど近くでを見渡せる。 そしての名所でもあり「福島にあり」とも唄われるが挙げられる。 福島市内に代表的なが3か所あり、が残る古いを有する古湯である。 全国有数の高濃度で知られる。 福島市を代表するの発祥地として有名ながある。 現在福島市唯一の名誉市民で数多くの、、を手掛けたであるの出身地としても知られている。 地理 [ ] 福島市中心部周辺の空中写真。 1975年撮影の18枚を合成作成。 を基に作成。 福島市はの北東部に位置し、から北東へ約50に位置している。 から北へ約260kmの距離である。 西側のと東側のに挟まれた福島盆地の南西部分とその周辺の山岳・丘陵地域が主な市域である。 市内からは西にを、南西にを仰ぐ。 福島県内陸では最も標高が低い位置にある。 市域は旧全域と周辺の旧、旧の一部を加えた範囲に及び、の南西側とその外周を占める。 北流するを中心に福島盆地を形成している。 奥羽山脈を源とする摺上川、松川、荒川等がそれぞれ市西部にをつくりながら東流し阿武隈川に注ぐ。 かつてその扇状地は畑として利用されたが、現在では園に転用されている。 盆地の南東部に(モナドノック)であるが構えている。 奥羽山脈側にはやのような交通難所が存在する。 市内最高地点はで標高1,974、市内最低地点は向瀬上で標高約55mである。 位置 東経:140度28分11秒、北緯:37度44分52秒、標高:67. 88メートル 東経:140度28分26秒、北緯:37度45分39秒、標高:65. 68メートル 隣接する自治体• : 山岳 [ ]• 系 家形山 1,877m 、 1,948m 、 1,707m 、 前大巓 1,911m 、 1,974m 、 1,802m 、 1,804m 、 918m 、先達山 635m• 系 1,481m 、箕輪山 1,728m 、黒森山 760m 畳石山 719m 、 649m 、 459m 中作山 603m• 系 御在所山 632m 、萬歳楽山 898m 、大頭山 857m 豪士山 1,022m 、摺上山 997m 、 1,216m 葡萄沢山 967m 、三ツ森 897m 、高津森山 550m 665m 、烏帽子ヶ岳 475m 、 452m 568m 、舘山 230m• 系 天井山 532m 、 462m 、十万劫山 428m 142m 、狐郷山 240m• 夏季 太平洋の高気圧に覆われて夏型の気圧配置になると、では風の弱い晴天となり、山岳からのも相成って猛暑日を記録するなどその日の日本最高を記録することもある。 福島の最高気温 極値は、1942年8月15日の39. 太平洋高気圧が衰退し、南から暖湿気流が流れ込むと雷雨が発生する事もあるが、など北関東に比べると少ない。 一方、オホーツク海高気圧が張り出した場合、北東の湿った冷気により低温となり、霧雨が降り続けて日射不足が続く事もある。 冬季 吾妻おろしと呼ばれる北西の季節風が吹き市街地では晴天ながら、にわか雪が舞う様な天気が多くなる。 冬型の気圧配置が強まると、北西の、から雪雲がストレートに流れ込み、市中心部で10〜30cm程度の積雪をもたらす。 福島市中心部は、中通り平野部としては標高が低い事と曇天、強風が多いためがそれほど強くはなく、やに比べ気温は高めであるが、降雪に関しては、中通りとしては郡山や白河より多い地域である。 特により西側にあたる北部や西部では中心部との積雪差が大きく、北部の飯坂町茂庭で年降雪量平均値は393cmとなっており、白河中心部より標高は低いが、地形の影響で降雪は倍の値が記録される。 このため南部を除く福島市の大部分がの定めるに指定されているが、市中心部の積雪は30cm積もれば大雪で、それほど多くはない。 年降雪量平年値(気象庁)• 飯坂町茂庭 393cm• 福島 189cm• 白河 161cm• 1月の降水量(気象庁)• 飯坂町茂庭 100. 9mm• 福島 49. 4mm• 郡山 37. 4mm• 白河 38. 9mm• 桜前線 福島市中心部の標高は67mであり、二本松、郡山、白河に比べて低い為、桜前線は中通り平野部に於いては北から南下すると言われている。 しかし実際には、福島市はであるため、郊外に行くに連れて標高が高くなり、郊外の平野部で標高200mの地域もあり、さらには高山地帯では標高1,700mに至るため、同じ市内でも桜前線は複雑であり、花見などは福島市内だけで低地から高地まで1か月以上楽しむことができる。 極値(観測) 要素 観測値 観測年月日 備考 最高気温 39. 2分、北緯37度45. 1 64. 6 21. 3 70. 3 25. 1 77. 2 32. 2 90 35. 0 95 36. 7 98. 1 39. 0 102. 2 39. 1 102. 4 37. 3 99. 1 30. 3 86. 5 26. 0 78. 8 22. 4 72. 3 39. 1 102. 5 41. 9 6. 5 43. 7 10. 4 50. 7 17. 4 63. 3 22. 5 72. 5 25. 2 77. 4 28. 3 82. 9 30. 4 86. 7 25. 6 78. 1 20. 0 68 14. 1 57. 4 8. 7 47. 7 17. 9 64. 6 34. 9 2. 2 36 5. 3 41. 5 11. 5 52. 7 16. 6 61. 9 20. 1 68. 2 23. 6 74. 5 25. 4 77. 7 21. 1 70 15. 1 59. 2 9. 2 48. 6 4. 4 39. 9 13. 0 55. 8 28. 5 29. 3 0. 9 33. 6 6. 2 43. 2 11. 5 52. 7 16. 1 61 20. 1 68. 2 21. 8 71. 2 17. 6 63. 7 11. 0 51. 8 4. 8 40. 6 0. 7 33. 3 8. 9 8. 5 22. 2 29. 8 3. 8 38. 8 9. 1 48. 4 9. 8 49. 6 4. 8 40. 7 28. 8 21. 5 7. 3 mm inch 49. 4 1. 945 44. 3 1. 744 75. 6 2. 976 81. 0 3. 189 92. 6 3. 646 122. 1 4. 807 160. 4 6. 315 154. 0 6. 063 160. 3 6. 311 119. 1 4. 689 65. 5 2. 579 41. 8 1. 646 1,166 45. 906 cm inch 74 29. 1 57 22. 4 24 9. 4 1 0. 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0. 4 28 11 189 74. 5 mm 10. 8 9. 0 10. 0 8. 7 9. 7 11. 8 14. 7 11. 4 12. 3 9. 6 8. 1 9. 2 125. 9 13. 5 6. 3 0. 4 0. 0 0. 0 0. 0 0. 0 0. 0 0. 0 0. 4 6. 8 45. 0 142. 3 174. 2 186. 4 187. 5 136. 6 123. 6 152. 5 114. 2 135. 8 128. 3 125. 2 1,738. 8 出典 1: 出典 2: 茂庭観測所(福島市字滑滝道) 東経140度26. 2分、北緯37度53. 8 55 18. 2 64. 8 22. 1 71. 8 29. 8 85. 6 32. 3 90. 1 32. 7 90. 9 35. 3 95. 5 36. 3 97. 3 34. 1 93. 4 26. 9 80. 4 24. 8 76. 6 18. 3 64. 9 36. 3 97. 8 38. 8 4. 7 40. 5 8. 4 47. 1 15. 3 59. 5 20. 7 69. 3 23. 9 75 27. 0 80. 6 28. 4 83. 1 24. 2 75. 6 18. 7 65. 7 12. 8 55 6. 8 44. 2 16. 2 61. 1 32. 2 0. 5 32. 9 3. 2 37. 8 9. 2 48. 6 14. 5 58. 1 18. 4 65. 1 22. 0 71. 6 23. 1 73. 6 19. 2 66. 6 13. 2 55. 8 7. 2 45 2. 5 36. 5 11. 4 25. 3 26. 3 29. 7 3. 4 38. 1 8. 6 47. 5 13. 8 56. 8 18. 2 64. 8 19. 3 66. 7 15. 3 59. 5 8. 7 47. 7 2. 4 36. 4 29. 5 6. 7 44. 5 9. 2 11. 6 16. 1 26. 4 0. 5 32. 9 4. 1 39. 4 10. 3 50. 5 12. 0 53. 6 4. 9 40. 5 31. 2 24. 3 17. 5 9. 5 mm inch 100. 9 3. 972 63. 3 2. 492 82. 2 3. 236 84. 5 3. 327 97. 6 3. 843 127. 6 5. 024 186. 3 7. 335 175. 9 6. 925 160. 9 6. 335 115. 3 4. 539 91. 9 3. 618 95. 9 3. 776 1,384. 9 54. 524 cm inch 156 61. 4 116 45. 7 43 16. 9 5 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1. 2 69 27. 2 393 154. 0 mm 15. 6 12. 4 12. 6 10. 4 10. 2 12. 6 14. 4 12. 0 12. 2 10. 4 12. 2 14. 9 149. 9 19. 8 5. 3 0. 2 0. 0 0. 0 0. 0 0. 0 0. 0 0. 0 0. 3 6. 9 54. 4 平均月間 82. 0 99. 3 136. 3 157. 3 167. 0 135. 1 124. 5 136. 9 105. 6 116. 5 97. 6 79. 0 1,439. 4 出典 1: 出典 2: 鷲倉観測所(福島市土湯温泉町字鷲倉山国有林) 東経140度15. 6分、北緯37度40. 8 44. 2 11. 8 53. 2 12. 1 53. 8 20. 6 69. 1 26. 5 79. 7 27. 6 81. 7 27. 3 81. 1 27. 4 81. 3 26. 4 79. 5 24. 6 76. 3 17. 0 62. 6 12. 4 54. 3 27. 6 81. 5 25. 7 0. 2 32. 4 7. 3 45. 1 13. 5 56. 3 16. 9 62. 4 20. 1 68. 2 21. 7 71. 1 17. 1 62. 8 11. 4 52. 5 5. 2 41. 6 30. 9 8. 7 47. 4 20. 3 20. 1 26. 4 3. 5 38. 3 9. 3 48. 7 13. 3 55. 9 17. 0 62. 6 18. 3 64. 9 14. 0 57. 2 8. 0 46. 4 2. 1 35. 2 26. 2 5. 5 41. 0 15. 2 15. 4 20. 2 31. 6 5. 5 41. 9 10. 4 50. 7 14. 5 58. 1 15. 8 60. 4 11. 5 52. 7 5. 2 41. 7 30. 8 21. 6 2. 6 36. 4 2. 0 8. 7 12. 4 25. 9 1. 6 34. 9 5. 8 42. 4 8. 5 47. 3 0. 4 32. 3 13. 6 5. 5 mm inch — — — — 159. 9 6. 295 225. 0 8. 858 296. 3 11. 665 332. 2 13. 079 290. 7 11. 445 224. 8 8. 0 mm — — — — 12. 8 14. 7 17. 7 14. 3 15. 8 14. 0 — — — 平均月間 40. 4 62. 1 105. 6 156. 8 166. 8 128. 2 107. 9 125. 2 86. 0 87. 9 63. 6 39. 3 1,166. 5 出典 1: 出典 2: 人口 [ ] 福島市と全国の年齢別人口分布(2005年) 福島市の年齢・男女別人口分布(2005年) 中央地域(五十辺・信夫山地区を除く) 旭町 荒町 石貝 入江町 上ノ台 上町 江向 太田町 大町 置賜町 御倉町 御山町 春日町 霞町 上浜町 北五老内町 北町 公事田 腰浜町 桜木町 五月町 下谷地 新浜町 新町 陣場町 須川町 仲間町 天神町 道満塚 豊田町 中町 八反田 花園町 浜田町 万世町 東浜町 舟場町 堀河町 松木町 松浪町 三河北町 三河南町 南町 宮下町 宮町 本町 森合町 八島町 矢剣町 柳町 山下町 雷神 六反田 野田町(一部) 東中央(一部) 南中央(一部) 中央地域(五十辺地区) 石田 岩ノ前 岩谷 蝦貫 上荒子 北中川原 北ノ前 北原 高野川原下 坂登 山居 下荒子 滝元 立石 舘ノ内 舘ノ前 田中島 茶屋下 遠瀬戸 中荒子 猫渕 古川 道前 松山町 矢倉下 山際 本内(南下釜) 中央地域() 大平山 狩野 狐塚 狐塚畑 狐山 小金山 駒山 山居上 清水山 下狐塚 太子堂 大明神 鴇頭森 所窪 堂殿 南平 西養山 小倉寺 南向台 黒岩 郷野目 太平寺 鳥谷野 伏拝 清水町 田沢 御山 北沢又 南沢又 森合 野田町(一部) 東部地域 大波 岡島 岡部 山口 鎌田(一部) 本内(一部) 北信地域 沖高 北矢野目 下飯坂 瀬上町 丸子 南矢野 宮代 鎌田(一部) 本内(一部) 仁井田 方木田 八木田 吉倉 西地域 荒井 荒井北 上名倉 さくら 佐倉下 佐原 土湯温泉町地域 土湯温泉町 信陵地域 (一部) 立子山地域 立子山 飯坂地域 大笹生(一部) 松川地域 金谷川 光が丘 信夫地域 大森 小田 上鳥渡 下鳥渡 永井川 成川 平石 山田 吾妻地域 上野寺 北中央 桜本 笹木野 在庭坂 下野寺 庄野 李平 土船 西中央 二子塚 町庭坂 八島田 東中央(一部) 南中央(一部) 飯野地域 - 地域区分についてはこちらを参照。 歴史 [ ] 地名の由来 [ ] には、福島市地域の代表的な地名は岑越(みねこし)と呼ばれており、現在のも岑越山と呼ばれていた。 ただし、岑越は(当時の流路は信夫山の南側)以北以南であり、松川以南は当時でも杉妻(すぎのめ)であったため、駅があったのは現在の福島県庁エリアより北寄りの北五老内近辺であったと思われる。 その後、杉妻大仏の建立、になって(大仏城、後の福島城)やの築城があり、次第に的な中心であり地域を代表する地名は岑越から杉妻に移ったと考えられる。 現在の福島という地名に関しては、に信夫郡・伊達郡が支配になったとき、蒲生氏郷または蒲生氏郷の下で福島城主とされたが、それまでのを縁起の良さそうな福島と改名したという説が有力である。 なお、この時代、による大幅なが相次ぎ、現在のとその近隣(南部、南部)では各地で地名が変えられ、現在に残る地名になった。 事件 [ ]• - 末期の合戦。 当時のを拠点にしていたと福島侵攻を目論んだとの戦い。 - 末期にのが福島城下で斬首された事件。 の引き金となった事件のひとつ。 - 及び以降の福島市街地で起きた。 - 福島県各地で勃発した。 や県民がの圧政に反抗した事件。 - 当時ので起きた事件。 - 最大の冤罪事件。 国鉄で起きた列車往来妨害事件。 のひとつに数えられる。 沿革 [ ] 前史 [ ] 福島盆地は20万年前の中頃に現在まで断続的に続く南部の沈降運動により誕生した堆積盆地である。 現在の福島市域の人類の足跡としては、約3万年前に作られたと考えられている打製石器が平林遺跡から発掘されているほか、市内各地から石器が出土している。 学壇群遺跡からは特に多く出土しており、打製石器の制作場所と考えられている。 福島市内で出土した縄文土器として最古のものは、南諏訪原遺跡から出土した微隆起線文土器と仙台内前遺跡のであり、ともに1万2,000年から1万年前のものとされている。 縄文後期のからは計画的なムラの跡が確認されており、食や狩猟の様子も伺い知ることができる。 福島市内では、弥生時代の遺跡である勝口前畑遺跡やから水田跡が発見されており、市内の広域において稲作が行われていたことが確認されている。 勝口前畑遺跡から朝鮮半島で製造された勾玉が出土しており、広域な交流が行われていたようである。 円墳「月ノ輪山1号墳」から出土した頭椎大刀から6世紀終わり頃から7世紀初頭にはの支配下にあったと考えられており、7世紀初め頃には大和朝廷支配下に特徴的な前方後円墳が阿武隈川沿いにまとまって造られている。 古代 [ ]• (2年)後、大和朝廷の勢力圏の拡大とともに陸奥国も北進して現在の宮城県域まで拡大したため、一時的に現在の福島県の地域は新陸奥国(ほぼ現在の宮城県)と分離して(ほぼ現在の福島県浜通)と(ほぼ現在の福島県中通りと会津)に分割した。 (元年)までに分割した新陸奥国だけでは、蝦夷防備を担うだけの経済力に不足していたため、再び石城国、石背国と合併して元の陸奥国にもどされた。 律令制で道国郡制が整備されたとき、当初は現在の福島市とほぼ同じ地域と伊達郡・の地域を合わせて(しのぶぐん)だった(古代には信夫は忍とも表記された)。 しかし、10世紀前半に信夫郡から、伊達郡を分割した。 当時、律令制の租庸調の課税を整備する必要性から、各郡の人口をほぼ均一にするために、朝廷が郡の分割や住民の強制移動を全国的に行った。 特に朝廷から見れば開拓地であったでは、こうした再編成が盛んだった。 この分割では、旧信夫郡のうち、小倉郷、安岐(安芸)郷、岑越(みねこし)郷、曰理(わたり)郷は新信夫郡となり、伊達郷と靜戸(しずりべ)郷と鍬山郷の3郷が新しく伊達郡となった。 小倉郷とは、大森川の南で阿武隈川の西の地域 - 現在の大森、平田、松川、水原、荒井、土湯、金沢、関谷、浅川、下川崎など。 安岐(安芸)郷とは、松川(現在の祓川流路)と阿武隈川と大森川に囲まれた地域で、現在の福島、、(こしはま)、(いがらべ)、、杉妻(すぎのめ)、吉井田、庭坂、庭塚、野田、水原、佐倉など。 岑越(みねこし)郷とは、松川(現在の祓川流路)と阿武隈川、摺上川に囲まれた地域で、現在の清水、鎌田、瀬上(せのうえ)、余目(あまるめ)、大笹生、笹谷、飯坂、中野など。 曰理(わたり)郷とは、阿武隈川東岸地域で、現在の渡利、小倉寺、岡島、岡部、山口、大波、下小国、上小国など。 なお、現在の信夫山を当時は岑越山と呼び、その山麓地域である宿場(現在の福島市の縁起)の地名も岑越であった。 初期 - この頃、大蔵寺の木造千手観世音菩薩立像が造られたといわれている。 後期 - 東北地方のほぼ全域がの勢力圏となった。 中世 [ ]• (4年) - 追討のために向かったに、飯坂の住人・、の兄弟が付き従う。 (5年) - が奥州へ侵攻。 途中、信夫郡石名坂にて信夫庄住人・を打ち破る。 (20年) - (松犬丸)が大仏城(後の)へ立て籠もり、に対して反乱を起こす。 (11年) - が起こる。 周辺が戦場となる。 (元年) - の家臣が居城をから杉目城(別名大仏城)へ移し、杉目城をと改称する。 (5年) - と家臣の主等が松川で戦った()。 信夫山の北を東流する現在の松川と当時の松川は流路が異なり、信夫山の南側を流れる現在の祓川が当時の松川の痕跡と言われる。 したがって松川の戦いは、現在の南麓から福島市中心市街地一帯で戦われた。 近世(江戸時代) [ ]• (4年) - 信夫郡が上杉領から福島20万石のとなる。 (7年) - 、から福島15万石で入封となり、が成立した。 (延宝7年) - 、から福島10万石で入封。 (15年) - 、から福島3万石へ入封。 (2年) - 寛延の惣百姓一揆。 (7年) - 1万石が立藩される。 (6年) - 下村藩が廃藩する。 (元年) - が現在の荒町に創業する。 (4年) - 北町の金沢屋にて士を含む数人が襲われ、で斬首される事件。 結成の契機となった歴史的事件である。 1868年(慶応4年) - 主が薩長軍に降伏し、を渡辺清左衛門に引き渡す。 近代(戦前) [ ]• (2年) - の中村民政局取締所管轄となり、が消滅する。 (明治4年)• () - により旧制の福島県(、、)が成立する。 - 大蔵省認可により福島村が福島町となる。 - 旧制の福島県が二本松県に合併される。 - 二本松県が福島県と改称され、福島町に県庁が置かれる。 (明治9年) - 旧福島県、()、(地方)が合併し現在の福島県となる。 福島県庁は福島町に置かれる。 (明治12年)未明 - 福島町に信夫郡のが置かれる。 (明治14年) - 柳町の風呂屋みどり湯から出火、1785戸を焼失する(甚兵衛)が発生。 (明治15年) - が起こる。 (明治21年)未明 - 各地で町村合併が行われる。 伊達郡湯野村と同郡東湯野村が合併し湯野村となる。 伊達郡大波村、同郡上小国村、及び同郡下小国村が合併し小国村となる。 伊達郡立子山村と同郡青木村が合併し立木村となる。 安達郡下川崎村と同郡沼袋村が合併し下川崎村となる。 また信夫郡上飯坂村が飯坂町となる。 信夫郡は1町70村から2町26村となる。 (明治22年)• - 福島村から 福島町へ施行する。 - 福島二等測候所(現在の)が設立。 (明治26年) - のが噴火する。 (明治32年) - 全国7番目の店舗として出張所(後に支店)が設置される(東北地方初)• (明治33年) - 大笹生の国有林100ヘクタールが全焼する。 (明治37年)未明 - 現在の福島とうろう流し花火大会の元となる、福島のが始まる。 (明治40年) - 福島町から 福島市へ施行する。 県内で第2番目、全国で59番目であった。 当時人口3万人。 (明治41年)未明 - 福島市立図書館が開業。 (明治44年) - 福島停車場事件が起こる。 (6年)未明 - ができる。 (大正7年)• - で初めて競馬が開催される。 - 米騒動が起こる。 (大正11年)が原因で本内で大火が起こる。 (大正14年)未明 - に浄水場が建設される。 (大正15年)未明 - 福島市の上水道が整備される。 (2年)福島ビルディング(福ビル)ができる。 福島県初のが設置される。 (昭和4年)福島市立図書館が閉業し、福島県立図書館が開業する。 (昭和7年)7月 - 改修工事開始(1938年完成)。 (昭和18年) - の初代庁舎が火災により、本町の福島ビルディングに移転。 (昭和19年)• - で大火が発生し181戸が焼失。 8月 - ・から学童の集団疎開受入れ。 未明 - 福島保健所を設置。 (昭和20年) - 米軍機が、に爆弾を投下する。 現代(戦後) [ ]• (昭和23年) - が解体され、を設置。 (昭和23年)• - が起こる。 - が起こる。 (昭和27年)未明 - 2代目庁舎がに新築。 (昭和27年) - が開催。 (昭和28年) - 上浜町の県教育会館が全焼。 (昭和29年)未明 - 福島市警察がに統合。 - 土湯温泉で76棟が全焼。 - 本町の百貨店クローバーが全焼。 (昭和33年) - 飯坂町の平野小学校および民家128棟全焼。 (昭和35年) - の福島県立図書館が全焼する。 (昭和40年) - 松川農協の建物が全焼。 (昭和45年)• - 新浜公園が開園。 - 第1回開催。 (昭和47年) - 福島中央卸売市場が開場。 (昭和48年) - 市民憲章が制定。 (昭和58年) - を迎え、小鳥の森開園式が行われる。 (昭和59年) - が落成される。 (昭和60年) - 第1回が開催される。 (61年)• - 核兵器廃絶平和都市宣言を行う。 - 、豪雨による洪水が発生。 で観測された24時間の降水量で観測史上記録を更新する。 (昭和63年) - 記念館が落成される。 (平成2年) - 市が音楽賞を制定する。 (平成5年) - の若喜旅館で火災発生、宿泊客5人が焼死する。 (平成6年) - の地下工場跡の坑道内で転落死事故が起こる。 (平成7年) - (ふくしま国体)が、を中心に開催される。 現代(2000年代) [ ]• (平成17年) - 飯坂地域茂庭にが完成し竣工式が行われる。 (平成19年) - 福島市制100周年記念式典開催。 (平成23年) - 3代目庁舎東棟の業務を開始。 (平成23年) - ()。 で震度5強を観測(市内最大震度6弱)。 (平成25年) - 奥郷の不動湯温泉白雲荘が全焼する。 画像一覧 [ ]• 板倉家 市制移行に至るまでの福島 [ ] 旧福島村及び福島町発足時の町域を示す。 後に福島町及び福島市時代に編入したエリアは、編入以前の各村のページを参照。 福島県庁周辺()と福島駅東西の近隣エリア、(当時:須川)の上流エリアを範囲とした町で、現在の福島市都心部を構成するエリアである。 町名の特徴として江戸時代より長く続く福島城下7町は勿論のこと、以前からの字名を由来とした町名が多く存在する。 情報 [ ] 福島町役場所在地• 福島町字12番地 - 初代の所在地でもある。 隣接自治体• 、、、方木田村、八木田村、、笹木野村、八島田村、森合村• 、(現:荒川)• (現:)• - 現:旧国道4号(ほか福島市道)• - 現:()• - 現:福島市道の複数路線 人口(単位:人) 年 人口(人) 戸数(戸) 4,261 -- 3,726 -- 3,360 -- 5,813 -- 30,063 5,064 290,708 122,966 典拠「福島県史」 範囲 [ ] 旧町名 [ ]• 柳町、荒町、中町、本町、大町、上町、北町、豊田町、、御倉町、五月町、、須川町の各全域(全域が旧福島町)• 舟場町、、、置賜町、新町、矢剣町、太田町、三河南町の各一部(旧福島町が大半を占める、残り周辺村)• 陣場町、万世町、宮町、三河北町、野田町一丁目の各一部(旧福島町は一部のみ、大半を旧福島町外の周辺村が占める) 現町名 旧地名(福島町発足時の字名) 旧地名(福島町以外) 柳町 柳町 なし 荒町 荒町、東裡通二丁目の一部 なし 中町 中町、東裡通三丁目 なし 本町 本町、南裡通一丁目の一部 なし 大町 大町、南裡通一丁目の一部、置賜通一丁目の一部 なし 上町 上町、南裡通二丁目 なし 北町 北町、北裡通の一部 なし 豊田町 豊田町 なし 舟場町 南裡通三丁目、杉妻の一部 腰浜村:長楽寺下の一部 杉妻の大半、東裡通二丁目の一部 なし 御倉町 東裡通一丁目 なし 西裡通一丁目、寺後 方木田村:北川原の一部 五月町 西裡通二丁目、西裡、清明塚 なし 西裡通三丁目、寺裏、五月田、早稲田の一部 なし 西裡通四丁目、鈴木堂、早稲田の一部、下公事田の一部、陣場裏の一部、下谷地の一部 曾根田村:広町の一部、六反田の一部 置賜町 置賜通一丁目の一部、置賜通二丁目の一部、北裡の一部、陣場裏の一部 曾根田村:陣場の一部 陣場町 陣場裏の一部、置賜通二丁目の一部、下谷地の一部 曾根田村:雁俣の一部、陣場の一部、南畑の一部、広町の一部 万世町 北裡の一部、御山通二丁目の一部 曾根田村:貝吹田、前田の一部、井戸ノ上の一部、雁俣の一部、陣場の一部 新町 北裡の一部、御山通一丁目の一部、御山通二丁目の一部 曾根田村:前田の一部 宮町 御山通一丁目の一部、北裡通の一部 腰浜村:稲荷東の一部、新町東の一部 三河北町 中谷地、上谷地の一部、下公事田の一部、上公事田の一部 曾根田村:石貝、梐枒、丘𠂤、背燔の一部。 森合村:江向、八反田の一部、三河尻の一部。 八島田村:三河尻前の一部、道添の一部、二反田の一部 三河南町 上谷地の一部、下公事田の一部、上公事田の一部 曾根田村:背燔の一部、凱陣の一部 太田町 用水北、用水南、雷神、阿弥陀堂、堂ノ前、下太田、上太田の一部、下河原の一部、道満塚の一部 曾根田村:幽玄の一部。 笹木野村:下江添の一部 矢剣町 矢劒、清水、一本杉、戸ノ内、中屋敷、江沼、上新田、中新田、下新田の一部、道満塚の一部 方木田村:北川原の一部 須川町 上川原、下河原の一部 なし 野田町一丁目 上太田の一部 下野寺村:村内十数の字(表記は省略)。 笹木野村:上江添の一部、下江添の一部 旧福島城下町 [ ]• 柳町、荒町、中町、本町、大町、上町、北町、豊田町 福島町時代に幾度となく変更は行っているものの、からその区域をほとんど変貌させていないことが特徴である。 現在も県都福島市都心エリアの中核をなす8町である。 に沿いの7町として長く存在したことから福島城下7町や福島本通り7町、福島通町などと称されている。 市政 [ ] 市長 [ ]• 市長:(1期目)• 任期:2017年12月8日 - 交流都市 [ ]• - 災害時における相互応援に関する協定(中にを受け入れた縁)• - 災害時における相互応援に関する協定• ・ - 競馬場同士の交流 イメージキャラクター [ ]• (明治22年)4月1日• 福島町としてを施行。 信夫郡及び同郡の一部(字稲荷東、仲間町、田町、新町及び東新町北)を編入。 信夫郡、同郡腰浜村及び同郡が合併し、同郡を新設する。 信夫郡上飯坂村が町制を施行して同郡となる。 東湯野村が同郡湯野村へ編入。 信夫郡宮代村の一部(字一ノ坪、柳沼、町裏、沢目及び青田)を同郡瀬ノ上村へ編入。 伊達郡茂庭村の一部(字杭甲岳、兎沢、上小川及び与平次)を信夫郡へ編入。 (明治25年) - 信夫郡の一部(大字上鳥渡、下鳥渡、成川)をもって同郡 を分立する。 (明治26年) - 伊達郡を分割し、同郡 及び同郡 を新設する。 (明治34年) - 伊達郡湯野村の一部をもって同郡 を分立する。 (明治35年) - 信夫郡瀬ノ上村が町制施行・改称して となる。 (明治37年) - 信夫郡及び同郡の一部を編入。 (明治40年) - 市制施行により 福島市となる。 (昭和11年) - 信夫郡松川村が町制施行して となる。 (昭和12年) - 信夫郡の一部を編入。 (昭和15年) - 伊達郡湯野村が町制施行して となる。 (昭和22年)• - 信夫郡及び同郡を編入。 - 信夫郡瀬上町、同郡、同郡、同郡清水村及び同郡の一部(大字方木田字道下、橋下、向河原、東河原、北河原、柳原及び高屋前)を編入。 (昭和29年)• 信夫郡を編入。 信夫郡と同郡が合併し、同郡 を新設する。 (昭和30年)• - 信夫郡大森村、同郡鳥川村及び同郡が合併し、同郡 を新設する。 - 信夫郡松川町、同郡及び同郡が合併し、新たな となる。 3月31日• 信夫郡、同郡、同郡吉井田村、同郡、同郡及び伊達郡の大波地区を編入。 信夫郡飯坂町、同郡中野村、伊達郡湯野町、同郡東湯野村及び同郡茂庭村が合併し、新たな信夫郡 となる。 を信夫郡松川町へ編入。 - 伊達郡を編入。 (昭和31年)• 信夫郡を編入。 信夫郡野田村、同郡大庭村及び同郡が合併し、信夫郡 吾妻村を新設する。 (昭和32年)• - 信夫郡吾妻村の一部(野田の八島田・金谷)を編入。 7月1日 - 信夫郡松川町の一部を安達郡に編入。 (昭和33年) - 信夫郡松川町の一部を安達郡安達村に編入。 (昭和37年) - 信夫郡吾妻村が町制施行して となる。 (昭和39年) - 信夫郡飯坂町を編入。 (昭和41年) - 信夫郡松川町及び同郡信夫村を編入。 (昭和43年) - 信夫郡吾妻町を編入。 (平成20年) - 伊達郡を編入。 定数:35名• 任期:2019年8月1日 - 2023年7月30日• 議長:梅津政則(ふくしま市民21)• 副議長:尾形武(真結の会) 会派の構成 2019年9月3日現在 会派名 議席数 代表者 真結の会 9 鈴木正実 真政会 9 半沢正典 ふくしま市民21 6 高木克尚 福島市議団 4 後藤善次 福島市議会議員団 4 村山国子 ・護憲連合 3 羽田房男 広域行政 [ ]• 福島地方広域行政事務組合 - 伊達市、伊達郡および本市の6市町村により構成される。 安達地方広域行政組合と合同でふくしま拠点まちづくり協議会を設立し地域間交流や人材育成や教養文化活動の事業を推進している。 不祥事 [ ] 生活保護違法減額事件 2018年1月、福島地裁は、2014年に市が奨学金を得た生活保護世帯に対し、奨学金を収入と誤認し、生活給付を減額した処分に対し、その違法性を認定、10万円の賠償を認めた。 国政・県政 [ ] 国の行政機関 [ ] 内閣直轄• 福島復興局• 復興庁 総務省• 福島行政評価事務所 法務省• 福島地方法務局• 財務省• 福島財務事務所• 福島税務署 厚生労働省• 厚生労働省福島• 厚生労働省福島 農林水産省• 農林水産省東北農政局阿武隈土地改良調査管理事務所• 農林水産省東北農政局福島統計・情報センター• 福島森林管理署 国土交通省• 東北地方整備局福島河川国道事務所• 国土交通省東北地方整備局福島河川国道事務所吾妻山山系砂防出張所• 国土交通省東北地方整備局福島河川国道事務所吾妻山山系砂防出張所松川庁舎• 国土交通省東北地方整備局福島河川国道事務所福島国道維持出張所• 国土交通省東北地方整備局福島河川国道事務所信夫山国道出張所• 国土交通省東北地方整備局摺上川ダム管理所• 国土交通省東北運輸局• 福島地方気象台 環境省• 防衛省• 防衛省陸上自衛隊• 防衛省陸上自衛隊東北方面隊• 防衛省 司法機関 [ ] 福島市と近隣の、、およびを管轄している。 裁判所• 行刑・矯正施設• 福島刑務支所• 福島 独立行政法人・特殊法人等 [ ]• 福島県支部• 福島障害者職業センター• 仙台主管支所福島支所• 東北検査部福島事務所• 福島研究拠点• 国立研究開発法人関東整備局福島水源林整備事務所• 福島支店• 福島支店• 福島支店• 東北福島年金事務所• 福島管理事務所• 福島支店 県の機関 [ ]• 衆議院 [ ] 選挙結果等はの項を参照。 選挙区: (福島市・・・・・)• 任期:2017年10月22日 - 2021年10月21日 議員名 党派名 当選回数 備考 無所属 2 選挙区 4 比例復活 福島県議会議員 [ ] あぶくま親水公園• - 建物は市指定有形文化財• - に選出• - 日本一高い場所に位置する• 記念館• (など複数の施設)• (飯野堰堤公園)• 大日岩(阿武隈峡)• 旧跡 [ ]• (福島城庭園跡)• 密語橋跡(福島城跡)• - 旧日本銀行福島支店長邸宅、上杉米沢藩米蔵• (跡)• (跡)• (じょーもぴあ宮畑) - 国の• - 国の史跡• 白山遺跡(飯野白山住居跡) - 県指定史跡• 岩谷観音 - 信夫山東峰• 腰浜廃寺 寺社 [ ]• - 福島城下の総鎮守• - のひとつ• 文知摺石• 文知摺観音多宝塔• - 通称:小倉寺観音• - 国の史跡• 温泉 [ ] 福島競馬場• (元)• サテライト福島(場外車券売場)• (アンテナショップ) 祭事 [ ]• - ・に開催。 日本一のわらじを奉納する祭事。 - 10月の第1週の金・土・日に開催。 のひとつ。 例大祭・ - 主に10月の第2日曜日とその前後の連続3日間に開催。 連山車に関しては、稲荷神社氏子内外からもが参加がある。 大波の三匹獅子舞 - 10月上旬に開催• 岡山の水かけ祭り - 県指定重要無形民俗文化財の奇祭、10月の第4日曜日開催 催事 [ ]• 福島山車フェスタ - 主に6月の第1土曜日。 福島市内の山車に留まらず、県内(、エリア等)の山車も参加する。 2015年度はふくしまの向け観光客に合わせに開催。 もともとは市制100周年記念行事だった。 - 8月上旬に開催。 日本一のわらじが市街地をめぐるイベント。 福島とうろう流し花火大会 - 毎年に開催。 福島市都心部を代表するとである。 ふくしま花火大会 - 基本的に7月最終土曜日開催だが、当該日が福島競馬夏開催期間中の場合は花火の音で競走馬を驚かせないという配慮から福島競馬夏開催終了後の最初の土曜日となる。 (2014年はの土曜日に開催) スポーツ大会 [ ]• - 18都道県代表選抜女子チームが出場。 - 福島県を縦断する駅伝。 名産 [ ]• - 年間生産量13700t(平成14年度)で全国有数の生産量、福島市を代表する名産品。 - 日本全国1位の生産量を誇る、福島市を代表する名産品のひとつ。 - こけし発祥地のひとつ。 福島を代表する。 - で作られる、日本国内で初めての存在が確認されたことに因み命名。 ラジウムの成分は含まれていない。 - 立子山地域でつくられる。 - 駒田屋が元祖みそばんの店舗である。 - 福島市発端のお菓子とされ太陽堂のものが有名。 - で円盤状に焼くのが特徴。 夜間営業の店が多い。 - 中期より栽培され、長年「北限の柚子」として知られた。 近年はの影響で及び付近が北限となっている。 - 福島市唯一の酒造メーカーの日本酒が知られている。 経済 [ ] 商業統計確定値では、の年間販売額は3331億円である。 農林水産業 [ ] 福島県内第一位の農業産出額を誇る。 福島市を代表する特産品はとである。 は全国有数の生産量であり、は別 の生産数を誇り、ここで生産される福島の品種「萱場梨」がに挙げられる。 工業 [ ] 製造品出荷額等は6164億円である。 商業 [ ] 江戸時代には業で栄え、福島県内に限らず宮城県南部からもが集まる商品の集散地であった。 明治期にはを中心にが育ち、東北地方で最初となるの支店が設置された。 現在も本町から大町の()沿いには日銀支店を始めとした・の支店など金融機関、あるいは福島県全体を管轄する支店などが集中し、福島県における業務機能の集積地となっている。 通勤・通学圏、あるいは商圏として周辺自治体におよぶが形成されている。 なお福島市は、・両県と隣接し、その立地・交通の便の良さから、他県地域との増加と経済活性を企図している。 例えば市内にはがあるため、開催日には宮城県内からの直通高速バスも運行される。 また、宮城県から訪れる観光客向けに快速「ふくしま花見山号」がから仙台駅間を土日1往復ずつ運転されるなどの流れにある。 本社・本店を置く主要企業 [ ]• - 、市場第一部上場• - 銀行、東京証券取引所市場第一部上場• - リース• - リース• - 業、東京証券取引所市場第一部上場• - 業、東京証券取引所市場第一部上場• - 小売業• - 傘下の重電メーカー• - メーカー• - 建設業• - 新聞社• - テレビ局• - コミュニティラジオ局• - グループ• - チェーン• - チェーン• - ディーラー• - ディーラー• - ディーラー• - 運輸業(鉄道、バス) 郵便事業 [ ]• - 集荷業務:960-8XXX、960-1XXX、960-2XXXエリア• - 集荷業務:960-01XX、960-04XXから960-09XXエリア• - 集荷業務:960-02XXエリア 預金取扱金融機関 [ ]• 本店ほか• 本店ほか• 本店ほか• 福島支店ほか• 福島支店• 福島店• 福島支店• 福島支店• 福島支店• 福島支店• 福島支店• 福島支店• 福島支店ほか• 福島支店• 福島支店• 福島支店• 福島支店• 本店ほか 製造工場 [ ]• 福島工場• 福島工場• 福島事業所• 福島工場• 福島工場• 福島工場• 福島工場• 福島事業場 メディア [ ] 新聞社• 本社(系列)• 本社(系列)• 福島総局• 福島支局• 福島支局• 福島支局• 福島支局• 福島特別支局(系列)• 福島支社 通信社• 福島支局• 福島支局 テレビ局• 本社(系列)• 本社(系列)• 福島支社(系列)• 福島支社(系列) ラジオ局• 本社(、系列)• 福島営業部 ケーブルテレビ• 福島センター 交通 [ ] 福島より六方に通ずる街道として、南北に縦断すると北西部の山形方面にアクセスする経由のや茂庭経由のとの分岐点であり、またの起点でありから分岐する。 そのほかに南西部の方面に向かう経由の、東部の方面へのを経由する、南東部の・を経由し浪江に至るなどがある。 については既存のと新たに福島県から福島市を経由しを直接繋ぐが通っている。 では、がと、そしてとの分岐点となっている。 沿革 [ ]• 未明 - 初代が開通。 - が開通。 - およびが開業。 - 奥羽南線(:福島 - 間)が開通。 同時にが開業。 - 信達軌道会社の(福島停車場 - 長岡 - 湯野間)が開通。 - 飯坂電気軌道福島 - 飯坂(現在の花水坂)間、(後の)が開通。 未明 - 信達軌道会社の軽便鉄道が一般的な鉄道へ切り替わる。 未明 - が改築。 未明 - 飯坂電車花水坂 - 飯坂温泉間が開通。 未明 - 路線バスの運行開始。 - が開通。 1930年未明 - 岡部橋が開通。 - が開通。 - が開通。 - が完成。 1966年 - ルート、(延長2,376m)が開通。 - が開通。 - 阿武隈川サイクリングロードが完成。 1973年 - が開通。 - (郡山 - 白石間)が開通。 - ( - 間)が開通。

次の