遠慮 類語。 遠慮させていただきますの丁寧なビジネスメールは?敬語や類語の断り方も

「遠慮の塊」の意味と使い方・方言なのか・類語と出世との関係

遠慮 類語

遠慮させていただきますの使い方3選!敬語やビジネスメール例文は? 「遠慮させていただきます」の意味は? 「遠慮させていただきます」の意味は、何かに参加することを断るといったような「断り」の意思を意味します。 主に相手の方から何かを誘われたときに、ソフトかつ丁寧に断る言い回しとしてよく使われる表現です。 「遠慮させていただきます」のほか、断りの意思を表明する言葉としては「お断りさせていただきます」や「辞退させていただきます」といった類語があります。 今回は類語の使い方や例文などもご紹介していきます。 「遠慮させていただきます」は断り方として正しい敬語? 「遠慮させていただきます」は敬語として正しい表現です。 遠慮という単語に「させていただきます」という丁寧な敬語表現をつけているので、目上の方にも使える表現となります。 失礼な表現なく断りの意思を相手の方に伝えるときに便利なので、覚えておくと良いでしょう。 「遠慮させていただきます」の別の丁寧な表現として、「遠慮させていただきたく存じます」や「遠慮させていただきます」といった表現方法もあります。 状況や相手との関係などに合わせて、言い回しを変えていくと良いでしょう。 参加できない旨をソフトに相手の方に伝えたいときなどに、よく使われる断り方になります。 例えばゴルフに誘われたときや、パーティーに誘われたとき、何かの勉強会に誘われたときなどの断り方に使える表現でしょう。 口語でも使うことはありますが、主にメールなどの文章でよく使います。 身内の方が亡くなるなどで年賀状を出せない、返事を書けないといったときに「年賀状は遠慮させていただきます」といった表現で年賀状を辞退する断り方をします。 年賀状を辞退するときは、年末の年賀状を投函する前のタイミングで年賀状辞退のお知らせを相手の方に送っておきます。 年賀状を辞退された方は、寒中見舞いなどの形にして年賀状に代わるハガキを投函するなどします。 その場合は行動をやめるのは自分ではなく相手の方なので、言い方が「ご遠慮ください」といった断り方です。 事前に連絡なく訪問するのをやめてほしいときは、「事前にご連絡いただくことなくご訪問いただくことは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。 」などといった使い方をします。 ・この度は起業〇周年記念パーティーにお誘いいただき、まことにありがとうございます。 誠に申し訳ありませんが、〇月〇日は予定がございますので、参加を遠慮させていただきます。 何かの集まりやイベントに誘われたとき、出席できない場合に「遠慮させていただきます」のフレーズを使ってお断りします。 遠慮させていただく、という表現を使うと相手の誘いを断るときにソフトな印象になるので、相手の印象を悪くする度合を低くすることが可能です。 何かを断るときに柔らかい印象を与えたい場合は、「遠慮させていただきます」という表現がおすすめです。 遠慮という単語を使うことで「出席できなくて申し訳ない」というニュアンスを込めることができます。 ・誠に勝手ながらお電話でのお問い合わせには対応いたしかねます。 お電話でのお問い合わせはご遠慮いただければ幸いでございます。 「ご遠慮ください」という表現にすると、相手に対して特定の行動をやめてもらう表現になります。 こういう行動をやめてほしいという意思を、丁寧に伝えるときに便利な表現なので覚えておくと良いでしょう。 相手に対して行動をやめてほしいときも、「遠慮」という単語を使うことでやや柔らかい印象を与えることができます。 「こちらの都合で申し訳ないけど、そういった行動はやめてほしい」といったニュアンスになるので受け手の印象もソフトになります。 また、下記の記事は「頑張ります」の敬語表現について書かれた記事です。 そのほか「頑張る」の丁寧語や精進、尽力いたしますといった類語、メールの文例などについても紹介されています。 「頑張ります」の敬語表現などについて興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 辞退という単語の意味は、断るという意味なので「遠慮する」「断る」と同義となります。 「辞退させていただきます」という表現は「遠慮させていただきます」という表現よりも、きっぱりと断るというニュアンスです。 「辞退させていただきます」の例文• ・この度はご招待いただきありがとうございます。 誠に申し訳ありませんが、その日は予定がありますので参加を辞退させていただきます。 ・申し訳ありませんが、この度のご依頼は辞退させていただきたく存じます。 断るの丁寧な表現で、「させていただきます」という表現がついていることで謙譲語として使えます。 遠慮させていただくという表現よりも、「辞退させていただきます」同様ややシャープな印象になる表現です。 「お断りさせていただきます」の例文• ・ポストへのチラシの投函はお断りさせていただきます• 「致す」は「する」という単語の丁寧な表現となります。 「致しかねます」は「することができない」という意味で、相手の方に対して断りの意思を表現する表現です。 「致しかねます」の例文• ・お電話での対応は致しかねますのでご了承ください• 口語であまり使われることがない表現ですが、ビジネスメールなどの文章で目上の方のお誘いなどを丁寧に断るときに使われることがあります。 「拝辞させていただきます」の例文• ・この度はご招待いただき誠にありがとうございます。 大変恐縮ではありますが、当日は別件があり出席することができません。 申し訳ありませんが出席を拝辞させていただきたく存じます。 申し出をされたときに辞退する表現のひとつとなります。 遠慮させていただきますという表現よりも、きっぱりと拒否する旨を伝えるニュアンスがあります。 「お受けできません」の例文• ・この度はご提案いただきありがとうございました。 折角のお申し出でございますが、今回のお話はお受けできない運びとなりました。 また、下記の記事は「以後気を付けます」の意味について書かれた記事です。 そのほか「敬語表現」やメールでの丁寧な謝罪の仕方についても紹介されています。 「以後気を付けます」の意味などに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の

「深謀遠慮」の意味とは?使い方から類語や英語を例文つきで解説

遠慮 類語

「ご遠慮ください」の意味 「ご遠慮ください」の意味は「慎んでください・控えてください」 「ご遠慮ください」の意味は「 慎んでください・控えてください」という意味で使用される表現で、 相手に何かを「やめてほしい」とお願いをする場面で使用される言葉です。 例えば、目上の人やお客様にたいして「やめてください」と注意するのは勇気がいりますよね。 そんなときに、お互いが不愉快な思いをすることなく注意できる表現が「ご遠慮ください」という言葉です。 「ご遠慮ください」の本来の意味は「禁止」ではない 「ご遠慮ください」には、 本来「禁止」という意味はありません。 「遠慮」という言葉には「行動や言動を控えめにする」という意味があるため、「できれば控えてください」というのが本来の意味合いになります。 つまり、「ご遠慮ください」は遠回しに相手に抑制を促す表現であるということです。 「ご遠慮ください」は「遠慮」に尊敬を表す接頭語の「ご」をつけた敬語表現 「ご遠慮ください」は、「遠慮」という言葉に 尊敬を表す接頭語の「ご」をつけて、さらに「くれ」の丁寧語である「ください」をつけた敬語表現です。 この場合の「ご〜ください」は、相手に要望・懇願する意をして使用されています。 つまり、「遠慮してください」というお願いをする丁寧な表現が「ご遠慮ください」であるということがわかります。 「ご遠慮ください」の使い方と注意点 「遠慮」は本来自分に対して使用する言葉なので、誤用という意見も 「ご遠慮ください」という表現を使用することは、誤用であるという意見もあります。 理由としては、「遠慮」という言葉は「自分自身の言動や行動を慎む・控える」という意味であり、 本来は自分に対して使用する言葉であるということがあげられます。 したがって、相手に対して「控えてほしい」という意味合いで使用することは本来誤用であると言えるのです。 しかし、現代では広く使われている表現であるため、一概に間違いだから使うべきではないとは言えないのです。 「〜ください」は強い命令口調に感じられてしまうことも 「ご遠慮ください」の「〜ください」という表現は、「くださる」の命令形となります。 「くださる」は、元々、相手に物や何かを請求する意を表す 「くれ」の尊敬語であるため、相手にお願いをする場面で使用すると強い命令口調に感じられてしまうのです。 したがって、「ご遠慮ください」とお願いする場合は、相手に深いな思いをさせてしまうことがないよう注意を払う必要がありうと言えます。 目上やお客様に使用する場合はクッション言葉を使用する 目上の人やお客様に「ご遠慮ください」と伝える場合は、クッション言葉を使用しましょう。 クッション言葉とは、主に ・恐れ入りますが ・大変申し訳ありませんが ・失礼ですが ・せっかくですが といった相手への配慮や思いやりを示す言葉のことをいいます。 「やめてください」とストレートに言ってしまうと、きつい印象を与え相手に深いな思いをさせてしまうことがありますし、お願いをする側もとても言いづらいものです。 しかし、クッション言葉を使用することで、「やめてください」のような、きつい言葉を和らげることができます。 「ご遠慮ください」と言われたら「やらない・やめておく」ことがマナー 「ご遠慮ください」と言われた場合は、「控えてください」というニュアンスであっても遠回しに「やめてください」とお願いをされていることと同じであるため、「やらない・やめておく」ことがマナーです。 「控えめにしてください」「控えめであればやってもよい」という意味で使用されているわけではありませんので注意してください。 「ご遠慮ください」の丁寧な敬語表現・例文 「固くご遠慮願います」 「固くご遠慮願います」の「固く」は、「 心が動揺したり、用意に変わったりしない」という意味合いで使用される言葉です。 つまり、「固くご遠慮願います」という言い回しをすることで、 「禁止」の意味合いを強めている表現です。 また、「願います」は「願う」の丁寧語ですが、相手を敬う表現ではありません。 お願いをするには少々丁寧さにかける表現であるため使用する場面には注意が必要です。 例文 「未成年のお客様のご入店は固くご遠慮願います」 「上映中の携帯電話のご使用は固くご遠慮願います」 「喫煙所以外での喫煙は固くご遠慮願います」 「プログラム途中での入退室は固くご遠慮願います」 「ご遠慮くださいませ」 「ご遠慮くださいませ」の「くださいませ」は、 ・「ください」=補助動詞「くださる」の連用形「くださり」がイ音便に変化した形 ・「ませ」=丁寧の助動詞「ます」の命令形 で成り立っています。 「ください」は「相手に何かを要望・懇願する意」を表し、「ませ」は「 丁寧な気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意」「丁寧な気持ちを込めて挨拶する意」を表します。 したがって、「ご遠慮くださいませ」は「遠慮すること」を丁寧にお願いをしている表現であるということがわかります。 例文 「恐れ入りますがこの場所でのご喫煙はご遠慮くださいませ」 「上映中の席のご移動は周りのお客様のご迷惑となりますのでご遠慮くだいませ」 「現段階ではご質問にはお答えできかねますので、ご遠慮ください」 「ご遠慮いただければと存じます」「ご遠慮いただきたく存じます」 「ご遠慮いただければと存じます」「ご遠慮いただきたく存じます」は、「 ご遠慮してもらえたらと思います」「 ご遠慮してもらいたいと思います」という意味合いで使用される言い回しです。 「ご遠慮いただければと存じます」の例文 「この先の関係者以外の立ち入りはご遠慮いただければと存じます」 「こちらでのご飲食はご遠慮いただければと存じます」 「店内への飲食物のお持込はご遠慮いただければと存じます」 「ご遠慮いただきたく存じます」 「開始1時間前より前の場所とりはご遠慮いただきたく存じます」 「フラッシュ撮影は、ご遠慮いただきたく存じます」 「こちらにあります資料の持ち出しはご遠慮いただきたく存じます」 「ご遠慮くださいますようお願い申し上げます」「ご遠慮のほどお願い申し上げます」 「ご遠慮くださいますようお願い申し上げます」「ご遠慮のほどお願い申し上げます」は、「 遠慮してくれるようお願いします」という意味の言い回しです。 「くださいますよう〜」と「〜のほど」を使用することによって、「〜してくれるよう」という意味合いになり、 断定を避けて表現を和らげることができます。 したがって、「ご遠慮くださいますようお願い申し上げます」と「ご遠慮のほどお願い申し上げます」はともに、とても丁寧な表現であるといえます。 「ご遠慮くださいますようお願い申し上げます」の例文 「本日の会議内容の口外はご遠慮くださいますようお願い申し上げます」 「申し訳ございませんが、こちらでのご飲食はご遠慮くださいますようお願い申し上げます」 「恐れ入りますが、会場内の撮影はご遠慮くださいますようお願い申し上げます」 「ご遠慮のほどお願い申し上げます」の例文 「チラシの投函はご遠慮のほどお願い申し上げます」 「こちらに使用されております画像の無断転載はご遠慮のほどお願い申し上げます」 「お部屋での喫煙はご遠慮のほどお願い申し上げます」 「ご遠慮いただければ幸いです」 「ご遠慮いただければ幸いです」は、「 遠慮してもらえると嬉しいです」というニュアンスになります。 「幸いです」は、ビジネスメールなどで相手に何かを依頼するときに用いることが多い言葉で「幸いです」をお願いをするときに使う場合は、「 〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」「〜していただけたら幸いです」などといった方が、柔らかい印象になるため、「ご遠慮いただければ幸いです」とすることで、かなり柔らかくお願いをすることができます。 例文 「こちらでの写真撮影はご遠慮いただければ幸いです」 「お一人様5つ以上のご購入は他のお客様のためにもご遠慮いただければ幸いです」 「未成年のお客様のご入場はご遠慮いただければ幸いです」 「ご遠慮ください」と「お控えください」の違い 「お控え下さい」の意味は「配慮して自分の行動を抑えてください」 「お控えください」は、「控える」という言葉に接頭語の「お」に、「くれ」の丁寧語である「ください」をつけた言葉です。 「控える」には、 ・分量や程度をおさえて度を越さないようにする ・あることを配慮して自分の行動を抑える ・差し控える といった意味がある、相手に「抑制してほしい」と禁止を促す表現です。 「遠慮」は漢語で「控える」は「和語」 「ご遠慮ください」も「お控えください」も、「やめてください」という意味の言い回しです。 「 ご遠慮ください」は「 漢語」で、元々は中国で使用されていた言葉 「 お控え下さい」は「 和語」で、元々は日本で使用されていた言葉 であるという種類の違いがあります。 「漢語」はストレートに物事を伝える言葉であるため和語に言い換えて表現を柔らかくするという場合がります。 例えば、 〈漢語〉 謝罪 〈和語〉 お詫び 〈漢語〉 希望 〈和語〉 望む といった例があげられ、同じように「ご遠慮ください」と表現するよりも和語である「お控えください」を使用したほうが印象が柔らかくなります。 「お控え下さい」の例文 例文 「公演中に席をお立ちになることはお控えください」 「喫煙所以外での喫煙はお控えくださいますようお願い申し上げます」 「映画の内容に関する郊外はお控えくださいますようご理解とご協力お願い申し上げます」 「開場前のご来園は、お控えいただければと存じます」 「選手に関するご質問はお控えいただきたく存じます」 「お子様のみでのご利用は危険ですのでお控えください」 「ご遠慮ください」のほうが禁止の意味合いが強く感じる どちらにも「おやめください」というニュアンスを含んで使用されることが多いですが、上述したように「漢語」である「ご遠慮ください」のほうがどちらかというと禁止の意味合いが強く感じられます。 「控えてください」はかなり柔らかい印であるのが一般的なイメージであるため、強制的なニュアンスを含めて伝えたいのであれば「ご遠慮ください」と使用するのがいいでしょう。 「しないでください」という禁止の意味がある敬語表現 「おやめください」 「おやめください」は、 「止め」という言葉に接頭語の「お」と「ください」をつけて丁寧語にした表現です。 「やめてください」と伝えるよりは丁寧な表現にはなりますが、かなりストレートな表現であるため、目上の人に使用する場合などは注意が必要です。 「やめていただけませんか」「おやめくださいますか」といった表現のほう柔らかいニュアンスになります。 例文 ・駆け込み乗車は大変危険ですのでおやめください。 ・タバコのポイ捨てはおやめください。 「ご容赦ください」 「ご容赦ください」の「容赦」は「 ようしゃ」と読みます。 「容赦」の意味は「 許す、大目に見る」で、「ご容赦ください」は「許してください」「大目に見てください」の尊敬語になります。 「ご容赦ください」は尊敬語ですので、目上の人に対して使うのが正しい使い方です。 立場が同じもしくは下の人に使うと過剰な敬語使用とみなされてしまいます。 ビジネスシーンでは企業が顧客や取引先に対して使うのが一般的で、また口語より文章で使うことの方が多い言葉となります。 例文 ・会場内は走らないよう、何卒ご容赦ください。 ・この場所での喫煙はご容赦くださいますようお願い申し上げます。 「お断りいたします」 「お断りいたします」は、人の申し出、依頼、希望を受け入れない際に使う言葉で、「 辞退する」「 拒否する」といった意味があります。 直接的な響きのある言い回しなので、目上の人に対して使用すると失礼だ感じる人もいるかもしれませんが、「お断りいたします」は敬語として全く問題ない正しい表現です。 例文 ・家庭ごみのお持ち込みはお断りいたします。 ・ペット同伴でのご入店はお断りいたします。

次の

「遠慮なく」の意味とは?類語、英語や使い方、例文を紹介!

遠慮 類語

「遠慮なく」の意味とは? 「遠慮なく」の英語 解釈• 「遠慮なく」を批判的な表現で使う場合• 「遠慮なく」の言葉の使い方• 「遠慮なく」を使った例文や短文 解釈• 「遠慮なく」の類語や類義表現• 「遠慮なく」の対義語 「遠慮なく」の意味とは? 「遠慮なく」という言葉の意味として気遣いや配慮・控えるといった遠慮をせず、気兼ねなく行動することを意味します。 状況によって意味合いも変わり、相手に対して使う際には遠慮をしないことを促す意味を持ちます。 相手からの促しの際に自身が使う際には好意に甘えるという意味合いを持ちます。 自発的に使う際には配慮や気遣いはしない旨を伝える意味となります。 そのため状況に応じてそれぞれの意味を知っておく必要があります。 「遠慮なく」の英語 解釈 「遠慮なく」という言葉の意味をそのまま表現する単語はないため、多くはその意味合いから解釈される単語・文章にて表現されます。 そして英語において 「遠慮なく」は様々な表現がされており、言葉も複数存在します。 それぞれに意味合いが変わり、使う場面に応じて選択も必要となります。 「遠慮なく」の言葉の使い方 「遠慮なく」という言葉は自身に対しても相手に対しても用いられますが、多くは敬語の中で用いられる為、目上の方やビジネス上で使われる機会が多いです。 自身に対して使う際には相手に気兼ねなく対応する旨を伝える形となります。 他者へ使う際は遠慮をしなくてよいという旨を伝えたり促すために用いられます。 また自然と敬語になるため、目上の相手に対しても失礼に当たることなく使うことが出来ます。 しかし 「遠慮なく」と使うことで気兼ねなく対応する意味を含むため、相手との関係性が築けていなかったり状況・場面に応じては失礼に当たる可能性もあります。 そのため使う際には十分な注意も必要です。

次の