竈門 炭 治郎 漫画。 【鬼滅の刃】竈門炭治郎の悲惨な過去

【鬼滅の刃】いい子すぎ!読者を魅了する竈門炭治郎の魅力とは?鬼殺隊に入隊した理由は?父との関係は?

竈門 炭 治郎 漫画

画像引用元: 販売元:アニプレックス (Sponsored) 努力型主人公! 少年漫画の主人公は、 1話目から特別な力を手に入れるのが定石です。 「週刊少年ジャンプ」を例に挙げると、『ワンピース』のルフィは「ゴムゴムの銃」で強さを魅せ、『BLEACH』の黒崎一護は死神の力を手に入れました。 落ちこぼれ忍者だったナルトでさえ、1話のラストで「多重影分身の術」を身に付けています。 昨今のライトノベルにおける「チート能力」「俺TUEEEE」などの言葉に象徴されるように、物語の最序盤から強い力を備えている主人公は トレンドと言ってもいいでしょう。 しかし、竈門炭治郎は違います。 初回は少し鼻がいい程度の普通の少年で、大切な妹を手にかけようとする剣士に対し、土下座で許しを請う姿すら魅せました。 無力だった主人公が努力で道を切り開いていく点は『』にも似ています。 あまり苦労せず、スマートに勝利を収める主人公像が流行する一方、泥臭い努力を続けるたくましい精神力が、視聴者の胸を打つのです。 暗くなり、「まだ続けるのか?」と不安げに問われた際も、「はい」と即答します。 「あいつらは夜活動します。 だから休むわけにはいかない」と。 これらの言動は、師匠・鱗滝さんから受けた最初の叱責「判断が遅い!」へのアンサーだと考えられます。 「全集中の呼吸」を駆使した派手なバトルシーンが注目を浴びがちですが、日頃の立ち居振る舞いを観察しても、初期の炭治郎からは想像できないほどの成長を発見できるのです。 第8話で山かけうどんを台無しにしてしまい、店主を怒らせた際にも「すみません! もう一杯お願いします!」「食うのか!」「はい!」と即断即決の構え。 食事を摂れない妹・禰豆子の分までうどんをすする姿は正に漢。 このエピソードでは、あの言葉も思い起こさせます。 「お前のような食べ盛りは食った分だけ力が付くし、体も大きくなる」 旅立つ弟子へ鱗滝さんが贈った、親心溢れる言葉のひとつです。 師匠の教えを愚直に守りながら成長を続ける姿が熱い! また、 炭治郎の成長の様子が声優さんの演技で味わえるのも、アニメならではの魅力。 うどんを食べた後の明るい一言「美味しかったです!」などは、序盤の炭次郎からは見えなかった爽やかな自信を感じさせます。 (Sponsored) 妹想い! なんといっても、これでしょう。 炭治郎が血のにじむ努力を続ける最大の理由は 「鬼となった妹・禰豆子を人間に戻すため」。 この強力な目的が、物語を動かし続ける原動力になっています。 鬼となった禰豆子もただ守られるだけでなく、兄と二人三脚でのバトルを魅せてくれるもの嬉しいところ。 「妹想い」は、どんなキャラでもたちどころに好感度を上げる魔法の設定であり、その使い勝手の良さから創作に多用される傾向にあります。 しかし、ここまで分かりやすく・かつ効果的に設定された「妹想い」は、なかなか見受けられません。 「努力」「勝利」が出そろった『鬼滅の刃』ですから、次は「友情」にも期待が膨らみます。 OPに登場している仲間たちと合流した時、どんなドラマが待っているのか……。 炭治郎と禰豆子の旅路を、鱗滝さんのような親心で見守っていきましょう。

次の

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門 炭 治郎 漫画

画像引用元: 販売元:アニプレックス (Sponsored) 努力型主人公! 少年漫画の主人公は、 1話目から特別な力を手に入れるのが定石です。 「週刊少年ジャンプ」を例に挙げると、『ワンピース』のルフィは「ゴムゴムの銃」で強さを魅せ、『BLEACH』の黒崎一護は死神の力を手に入れました。 落ちこぼれ忍者だったナルトでさえ、1話のラストで「多重影分身の術」を身に付けています。 昨今のライトノベルにおける「チート能力」「俺TUEEEE」などの言葉に象徴されるように、物語の最序盤から強い力を備えている主人公は トレンドと言ってもいいでしょう。 しかし、竈門炭治郎は違います。 初回は少し鼻がいい程度の普通の少年で、大切な妹を手にかけようとする剣士に対し、土下座で許しを請う姿すら魅せました。 無力だった主人公が努力で道を切り開いていく点は『』にも似ています。 あまり苦労せず、スマートに勝利を収める主人公像が流行する一方、泥臭い努力を続けるたくましい精神力が、視聴者の胸を打つのです。 暗くなり、「まだ続けるのか?」と不安げに問われた際も、「はい」と即答します。 「あいつらは夜活動します。 だから休むわけにはいかない」と。 これらの言動は、師匠・鱗滝さんから受けた最初の叱責「判断が遅い!」へのアンサーだと考えられます。 「全集中の呼吸」を駆使した派手なバトルシーンが注目を浴びがちですが、日頃の立ち居振る舞いを観察しても、初期の炭治郎からは想像できないほどの成長を発見できるのです。 第8話で山かけうどんを台無しにしてしまい、店主を怒らせた際にも「すみません! もう一杯お願いします!」「食うのか!」「はい!」と即断即決の構え。 食事を摂れない妹・禰豆子の分までうどんをすする姿は正に漢。 このエピソードでは、あの言葉も思い起こさせます。 「お前のような食べ盛りは食った分だけ力が付くし、体も大きくなる」 旅立つ弟子へ鱗滝さんが贈った、親心溢れる言葉のひとつです。 師匠の教えを愚直に守りながら成長を続ける姿が熱い! また、 炭治郎の成長の様子が声優さんの演技で味わえるのも、アニメならではの魅力。 うどんを食べた後の明るい一言「美味しかったです!」などは、序盤の炭次郎からは見えなかった爽やかな自信を感じさせます。 (Sponsored) 妹想い! なんといっても、これでしょう。 炭治郎が血のにじむ努力を続ける最大の理由は 「鬼となった妹・禰豆子を人間に戻すため」。 この強力な目的が、物語を動かし続ける原動力になっています。 鬼となった禰豆子もただ守られるだけでなく、兄と二人三脚でのバトルを魅せてくれるもの嬉しいところ。 「妹想い」は、どんなキャラでもたちどころに好感度を上げる魔法の設定であり、その使い勝手の良さから創作に多用される傾向にあります。 しかし、ここまで分かりやすく・かつ効果的に設定された「妹想い」は、なかなか見受けられません。 「努力」「勝利」が出そろった『鬼滅の刃』ですから、次は「友情」にも期待が膨らみます。 OPに登場している仲間たちと合流した時、どんなドラマが待っているのか……。 炭治郎と禰豆子の旅路を、鱗滝さんのような親心で見守っていきましょう。

次の

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門 炭 治郎 漫画

・名前:竈門炭治郎(かまどたんじろう) ・生年月日:7月14日 ・年齢:15歳 ・身長:165cm ・体重:61kg ・出身:東京府 奥多摩郡雲取山(西多摩、雲取山) ・趣味:頭突き、掃除 ・好きなもの:たらの芽 長男パワーで仲間を増やし 炭治郎は一言で言うと、かなりの「人たらし」です。 その人柄は6人兄弟の長男として生まれたことに起因しています。 鼓屋敷の戦いの後、犠牲者の遺体の埋葬を手伝うように伊之助にお願いした炭治郎でしたが「死体を埋めて何の意味がある」と拒否されてしまいます。 普通であれば死体を埋める理由を説明するところ、炭治郎は「傷が痛むからできないんだな?」と返すのですが、このずれた回答こそが人の心をつかむポイントなのです。 父を亡くした弟や妹の面倒を見てきた炭治郎は、幼子に言うことを聞かせるのがいかに大変かを身をもって経験しています。 その時に相手の性格に合わせて思う優位率も身につけたのでしょう。 わずかなやり取りで伊之助の性格を把握した炭治郎は、相手の言い分には取り合わずナチュラルに挑発することで結果として伊之助の行動を操ることに成功しています。 もちろん、このずれた返答が計算ではなく、天然なだけだという見方もありますが… いずれにせよ炭治郎のコミュニケーション力は、兄弟の面倒も見てきたことで養われたものかもしれません。 身も心も石頭 物理的にも精神的にもカチカチな炭治郎の頭。 鬼にも負けない石頭ですが、実際のところそこまで硬い頭というものは存在するのでしょうか。 石頭に関するギネス記録には、アメリカのプロレスラー・ジョンフェラーロが持つ、2分の間に続きだけで38本の釘を木の板に打ち付けたというものがあります。 想像しただけで頭が痛くなりそうですが、炭治郎ならたやすくこなしそうな気もします。 また、空手家が繰り返し小節でいたなどを打つことで、骨密度が高まり骨が硬くなるという説があります。 趣味が「頭突き」だと言う炭治郎ですから、もしかしたらいつのまにか鍛えられているのかもしれませんね。 滅の文字は炭治郎こと 「鬼滅の刃」の「滅」の文字に注目してみましょう。 さんずいは「水」 を表す部首です。 そして、作りには「火」の文字が含まれています。 これはまるで水の呼吸とヒノカミ神楽を使って戦う炭治郎を象徴しているかのようです。 ボツになったタイトル案に「鬼狩りカグツチ」があったように、火の神様を冠したものもあることから、主人公が一の字を使うのは最初から決まっていたのでしょう。 炭治郎の名前の由来 「竈門」という名字は大分県に実在する「八幡竈門神社」から由来しているという説があります。 八幡竈門神社には鬼にまつわる伝説が残されており、夜明けになると鬼がいなくなるという話の流れや、鬼庭「知性」と「慈悲」が欠けているという要素が鬼滅の刃に共通しています。 作者である吾峠呼世晴先生の出身地が福岡県であることもあり、かなり信憑性が高い説なのではないでしょうか。

次の