中村 俊輔 フリー キック。 【海外の反応】中村俊輔へのリスペクトがすごい。監督やチームメイトはもちろん、あの有名選手からのコメントも

中村俊輔、遠藤保仁だけじゃない。日本の歴代フリーキック名手一覧【動画あり】

中村 俊輔 フリー キック

この時の中村俊輔選手のフリーキックは、セルティックのオールドファンに今もなお熱く語り継がれています。 その後は、スぺインのリーガエスパニョールを経て、古巣の横浜F・マリノスに戻り、さらにジュビロ・磐田に移籍しています。 ここまでが中村俊輔選手のこれまでのサッカーの足跡です。 追記 中村俊輔選手のその後 2017年7月5日 中村俊輔選手は、セリエAやスコットランドリーグで活躍した後は、スぺインを経て2010年に日本に復帰しました。 復帰時には、リーグ戦全34試合中32試合に出場したのです。 翌2011年には、古巣の横浜マリノスではキャプテンを任され、 「大変光栄なこと」 と語っていました。 2013年には年間2桁得点を挙げましたが、これは中村俊輔選手自身、初めてのことでした。 さらに、この年の大分トリニータ戦では、フリーキックを決めたのです。 これは遠藤保仁選手の記録を超えて、J1のフリーキック最多記録となりました。 Jリーグアウォーズでは史上初の2度目の、2016年では最年長でのMVPを受賞したのです。 このMVPには、かつての古巣であるスコットランドのセルティックからも、公式ホームページで祝福のコメントが贈られました。 スコットランドでは、『ナカ』は今現在でもレジェンドであり、誇りでもあるのですね。 日本人のサッカーファンがスコットランド(とくにグラスゴーでは)に行くと、よく『ナカ』のことを言われるそうです。 とくに年配の人は、熱くそして懐かしそうに中村俊輔選手のことを語り、 「今でもセルティック史上最高の選手だ」 などと言うそうですよ。 中村俊輔選手は、2015年7月19日のガンバ大阪戦でフリーキックを決めました。 このゴールは2015年7月の月間ベストゴールに選ばれたのですが、これがイギリスのメディアでも大きく取り上げられたのです。 スコットランドの人には、『ナカ』は今でも『自分たちの選手』なのでしょうね。 この後、中村俊輔選手は、横浜マリノスで2016年まで連続して主将を務めましたが、シーズン終了後に波乱がおきました。 経営グループの意志により、マリノスの古株選手の多くが減棒や戦力外通告となったのです。 これには中村俊輔選手も首脳陣への不信感が強まり、ついに横浜マリノス退団となります。 2017年1月8日に、横浜マリノスとジュビロ磐田から衝撃の移籍が発表されました。 マリノス側としては、年俸1億2000万円を提示していたのですが、中村俊輔選手としては金銭面より首脳部への不信感の方が強かったようですね。 こうして2017年より、ジュビロ磐田の中村俊輔選手が誕生したわけです。 [adsense] 中村俊輔のプレースタイル!フリーキックに海外の反応は? 中村俊輔選手のプレースタイルの特徴は、なんと言っても フリーキックの精度とパスの正確さ でしょう。 中村俊輔選手のフリーキックの精度については、あるテレビ番組で、 数十メートル先を横切って走るバスの窓に、フリーキックをダイレクトに叩きこむ という、離れ技まで披露しました。 バスの窓なんて、せいぜい数十センチ四方でしょう。 静止しているそのバスの窓にフリーキックを決めることだって、普通の選手には困難な技であるはずです。 それを、中村俊輔選手は、走っているバスの窓にたたき込むのですから、これはもう、 神業の域に達している と言ってもよいのではないでしょうか? この時の動画が海外にも紹介されて話題となり、多数のコメントがありました。 その海外の反応を見てみましょう。 「インドだったら前日のバスだよ。 」 国籍不明 「この動画に評価しないボタンを押してるのはバスの運転手だけだ。 」 タイ 「これはまだまだ序の口だよ。 次は新幹線に挑戦するらしいぞ!」 そしてセルティックのファンからは、中村俊輔選手のセルティック復帰待望論が出ています。 スコットランド各地のセルティックファンから、 「レジェンドだ!」 「早く戻ってきてくれ!」 と、中村俊輔選手のセルティック復帰を熱望されているようなのです。 また、2016年には37歳になった中村俊輔選手に、スコティッシュ・プレミアシップ公式は、Twitterでお祝いのメッセージを送りました。 そこでは、セルティック時代の好プレーをまとめた映像まで公開しました。 この中村俊輔選手の好プレー映像についても、海外から多くの反応があったようで、 「セルティック時代の彼の凄さは、言葉で説明することなんかとてもできないよ」 「セルティック・ファンじゃないが、彼はスコットランドリーグを輝かせた至宝だ」 「セルティックのレジェンドよ永遠に…中村は最後のファンタジスタだ」 「パスも見たいね。 彼が最高のフリーキッカーであるのは間違いないが、パスもとてつもないレベルだったよ」 「フープス(セルティックの愛称)に戻ってきてくれたらと強く願う」 と、大絶賛されているようです。 また、驚くべきは、他のサッカー選手からのコメントもあるということです。 レアル・マドリードの監督に就任したジネディーヌ・ジダン氏は、 「アジアナンバーワンプレイヤーは中村俊輔で決まりだ。 とくに2004年アジアカップでのキックだね」 とコメント。 さらにはあのデビット・ベッカム氏も、 「ナカの事はもちろん知っているよ。 マンUにゴールを決めた選手だよね」 と、中村俊輔選手のことを認知していますし、ブラジルのカカ選手も、 「マンチェスターU戦のフリーキックを見て、衝撃を受けた。 彼は完璧なタイミングでボールを蹴る」 と絶賛。 さらには、あのウェイン・ルーニー選手からも、セルティック戦のインタビューで、 「ファンタスティック!それに尽きる!でも僕の事も聞いてくれよ」 と、コメントされていました。 まさに中村俊輔選手はファンに愛され、対戦相手の選手にも賞賛される、そんなサッカー選手なのです。 追記 中村俊輔選手への反応など 2017年7月5日 中村俊輔選手は、2016年11月に放映されたTBS系の『炎の体育会TV』(土・後7時)の 『ジャイアント・コージくん』 というコーナーに出演しました。 この『ジャイアント・コージくん』というコーナーは、ゴール前にいる番組レギュラー・今田耕司氏を模した大型バルーン人形相手に、 25メートル先の、位置がことなる3箇所位置からシュートを打ち、5球以内で決める という趣向です。 かつて、リオネル・メッシ選手が4月30日に出演した時には、5球で決めたとのことです。 中村俊輔選手は、イギリスのメディアでは世界のフリーキッカーランキングで4位であり、5位のリオネル・メッシ選手より上なのです。 「その面子にかけても、リオネル・メッシ選手より上に行かなければ・・・」 とは思わなかったでしょうね。 所詮テレビのお遊びです。 試合と違って失敗しても笑ってすませられます。 とはいえ、中村俊輔選手は外見は穏やかですが、内面は激しい一面があるようです。 何事につけ、負けるのは嫌い性格。 1球目は左隅上ですが、これはバー直撃で失敗。

次の

本田圭佑の暴言に、中村俊輔がブチ切れ? 6年前の争いを清水ブログ暴露&炎上の真相

中村 俊輔 フリー キック

Contents• ロナウジーニョ(元ブラジル代表) By — 投稿者自身による作品, , 言わずと知れた世界的選手、テクニシャンのロナウジーニョも中村選手をお気に入り、とコメントしている。 「中村はお気に入りの選手の一人。 左足のテクニックがすごいしプレースタイルが好きだ。 彼もパスやフリーキックを得意としたが、それだけに中村選手の巧さをよく分かっていたのかもしれない。 「(中村の)マンチェスターU戦のFKを見て、衝撃を受けた。 彼は完璧なタイミングでボールを蹴った」 「今年のCLのベストゴールは中村のあのフリーキックではないかとブラジル人記者にいじわるを言われた。 確かに素晴らしいゴールだった。 とはいえ今大会のベストゴールは僕が決めてみせるよ」 アンドレア・ピルロ(元イタリア代表) By — 投稿者自身による作品, , フリーキックと言えば必ず名前が挙がるであろう、イタリアの名手ピルロ選手。 フリーキックのレジェンドも中村選手の左足を「魔法」と賞賛。 「魔法の左足だ。 あの左足があればなんでもできるはずだ」 デビット・ベッカム(元イングランド代表) By — 投稿者自身による作品, , イングランドでフリーキックと言えばこの人。 代表はもちろん、マンチェスターユナイテッドでも多くのゴールを決めた名選手も、中村についてコメント。 「ナカムラの事はもちろん知っているよ。 マンU相手にゴールを決めたよね」 マルディーニ(元イタリア代表) 元日本代表監督ザッケローニ氏が、「本物のキャプテンはマルディーニと長谷部だけ」と言うほどのキャプテンシーでイタリア代表を引っ張ったマルディーニ選手。 彼も中村選手のフリーキックを認めている。 「ナカムラのフリーキックの精度はシニーサ(シニシャ・ミハイロビッチ)にも引けをとらないだろう」 マッツァーリ監督(イタリアセリエA・レッジーナ在籍時の監督) 最初の海外でのチームとなったイタリアセリエA・レッジーナで中村選手を重用し、セリエA残留を何度も成し遂げたマッツァーリ監督。 中村選手について、イタリアのレジェンドと並べて賞賛するコメントを残している。 「ナカムラはバッジョのようなもので、FWもできるし、MFもできる。 素質のある選手はDFを抜くこともパスも出せるんだ。 」 ファーガソン(元マンチェスターユナイテッド監督) 名門マンチェスターユナイテッドで25年に渡って指揮を執り、イギリスでサーというナイトの称号を取得したサー・アレックス・ファーガソン。 マンチェスターユナイテッド時代に、ジョーク混じりに中村選手を賞賛している。 「(中村の)あのゴールは生涯忘れられないだろう。 ウチのクリスティアーノ・ロナウドがいつもナカムラのあのフリーキックの蹴り方を真似しているんだよ(笑)」 ウェイン・ルーニー(イングランド代表) マンチェスターユナイテッドとイングランド代表を長きにわたり率いてきたルーニー選手も、中村を賞賛。 自分のインタビューで中村のことを聞かれてコメントしている。 インタビューで例のフリーキックのことを聞かれ、以下のようにコメントしている。 「言い訳するわけではないけどあのようなフリーキックを蹴られたらキーパーにできる事なんてなにもないと思う」 ジョン・テリー(元イングランド代表) 「ナカムラのフリーキックはすごかったねえ」 フランク・ライカールト(元オランダ代表) 「ナカムラはシャビと同じ能力を持った素晴らしい選手だった」 ストラカン監督(セルティック在籍時の監督) セルティック時代にレジェンドとなった中村俊輔を率いた監督。 チャンピオンズリーグでの中村選手のゴールに、狂喜乱舞した映像を知っている人も多いかもしれない。 当然中村への賞賛は惜しみない。 「周囲が言うとおり、中村はタックルができないし、ヘディングもできない。 それがどうした?彼は天才だ!」 FWスティーブン・ボイド(ハミルトンFW)、キーラン・ティアニー(セルティックDF) これは本人達のコメントではなく、ハミルトンの公式ツイッターでのもの。 中村が所属したセルティックとの試合の前日、ハミルトン所属のボイド選手と、セルティック所属のティアニー選手が、ともに中村俊輔選手のファンだったコメントをツイートしている。 「ハミルトンとセルティックは明日戦う。 我々のボイドとセルティックのティアニーは、U-11チーム時代にナカムラの両側で写真に収まっている」 イリチッチ(イタリアセリエA・アタランタMF) イタリアセリエAのフィオレンティーナで活躍し、2017年からアタランタへ移籍したイリチッチ選手も中村俊輔を賞賛。 イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトの取材で、誰にインスピレーションを受けたか、という質問に対し、以下のコメントを残している。 中村俊輔をお手本にしているのだそうだ。 「セルティック時代のナカムラ。 世界一で素晴らしかった」 ロベルト佃(代理人) 柴崎岳をスペインに送り込んだ件を始め、敏腕と称されるサッカー選手の代理人を務める、ロベルト佃氏。 2012年のイタリアメディアのインタビューで、中村俊輔の劣ることのない価値や人気を示すコメントを残している。 「俊輔には、中東や中国から多くのオファーがあります。 セルティックもそうですね。 セルティックは彼に大きな愛情を持っているクラブで、スコットランドで引退してもらうために獲得を望んでいるようです」 セルティック そして中村俊輔がレジェンドとして名を残したセルティックでは、スペイン移籍後もチームから惜しみない愛情が注がれていた。 チームを移籍しても、引退試合をセルティックでやってほしいという打診をしていたのだそうだ。 チーム関係者もかなりの愛情を持ってくれていたのがわかる。 中村の契約延長を断念する代わりに「せめて現役引退をセルティックパークで迎えてほしい」 ロニー記者(セルティック取材歴30年超の記者) 30年にわたりセルティック取材を続けている記者も、特別な選手として2人だけ名前を挙げている。 もちろん一人は中村俊輔だ。 「長年の取材で多くの外国人選手を見てきたが、中村とラーションだけは特別。 セルティックサポーターは、たとえ30年たっても、中村のことだけは忘れない」 クリス・ボイド(元スコットランド代表) 名門レンジャーズで活躍したクリス・ボイドも、かつての宿敵セルティックに在籍した中村俊輔について賞賛のコメントを残している。 「たとえば、スコット・シンクレアとシュンスケ・ナカムラのどちらかを選べと言われても即決できる。 10代でチェルシーに加入しロンドン五輪にイギリス代表として出場、セルティックでも初年からゴールを量産するなど活躍した。 ニール・レノン(元セルティックでの同僚、その後セルティック監督に就任) 「ナカは自分が一緒にプレーした中でも最高の選手だった。 手本となるようなプロ選手だ。 もうセルティックを去ることになるのだろうが、ヤツのプレーは忘れられないね。 (06-07年シーズンの)チャンピオンズリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)戦のFKに、リーグ優勝を決めたキルマーノック戦のFK。 セルティックというクラブの歴史において欠かせない選手だった」 関連記事•

次の

中村俊輔のFKはメッシやCR7より上! 歴代ベストフリーキッカーTOP10に堂々ランクイン|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

中村 俊輔 フリー キック

イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が選出した。 2002年からイタリア南部のクラブ、レッジーナで3シーズンにわたってプレーした中村が、5位にランクインした。 記事では「37歳になった今も完璧な放物線を描くことができる日本のマスター。 レッジョ・カラブリア(レッジーナの本拠地)のスタジアムでは、彼がボールをセットして歩み寄る時、サポーターはすでにゴールの喜びで抱き合った」と、左足から描かれる美しい軌道を絶賛している。 中村より上位の4人は、すでに引退している名手が並んだ。 1位はリヨンなどで活躍した元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ。 2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)の日本戦では流れの中から無回転ミドルを決めたが、セットプレーの名手として知られた。 30メートルを超えるような距離からでも強烈かつ正確に射貫くショットは、世界中に衝撃を与えた。 2位は、昨季ACミランを率いた元ユーゴスラビア代表DFシニシャ・ミハイロビッチ。 FKのみでハットトリックを記録するなど、強さと正確性を兼ね備えた。 3位はJリーグ開幕時に鹿島アントラーズでプレーした元ブラジル代表MFジーコがランクイン。 4位には、1986年メキシコW杯をアルゼンチン代表として制したMFディエゴ・マラドーナが選出された。 そして中村が、世界にその名を轟かせる名手たちに次ぐ5位となった。 伊メディア選出の「歴代FKキッカーTOP20」 中村俊輔がバッジョ、ベッカムら名手を上回る5位!• All Rights Reserved.

次の