希望ナンバー 無駄。 【希望ナンバーで『358』を選ぶ人たちが急増】358にはどういう意味があるのか?

新車の希望ナンバー取得タイミング

希望ナンバー 無駄

年式 初年度登録 2017 平成29 年 走行距離 0. 8 万円 132 万円 128. 3 万円 内:諸経費 7 万円 7. 8 万円 12 万円 8. 3 万円 内:本体価格 120 万円 120 万円 120 万円 120 万円 写真・パック内容 本体価格に諸費用を合わせたパックです。 希望ナンバーを取得するパックです。 ご了承ください。 全国対応365日24時間ロードサービス。 基本パック パック名 ー 支払総額 税込 127 万円 内:諸経費 7 万円 内:本体価格 120 万円 写真・パック内容 本体価格に諸費用を合わせたパックです。 8 万円 内:諸経費 7. 8 万円 内:本体価格 120 万円 写真・パック内容 希望ナンバーを取得するパックです。 ご了承ください。 3 万円 内:諸経費 8. 全国対応365日24時間ロードサービス。

次の

ナンバー図柄変更容認へ、国交省→全く理解できません。

希望ナンバー 無駄

先日のABSトラブルでクラッシュした影響で、ナンバープレートがベコベコになっています。 調べてみると、申込に1日、取りに行くのに1日、合計2日間平日に陸運局にいかなくてはなりません。 代書屋でやってもらうこともできますが、相場がだいたい15000円くらい。 ということで「まあ、いいかー」と放置していましたが、ちょっと調べてみると、申込はインターネットでできるような感じ・・・。 でも、これ、すごくわかりにくい。 ということでちょっとやってみました。 陸運局の説明を読むと・・・ 「自動車登録(車両)番号標交換申込書(様式5)(ナンバー受付窓口にて、タブレット入力により申込書をプリントアウトしてください。 )又は、 インターネット(図柄ナンバー申込みHP 交換申請)からも、申込み可能です。 」 ここだけを読むと、「図柄ナンバー」に付け替える人のためのサイトのようにも感じ取れます。 「もしかしたら、その中で図柄じゃないナンバープレートが選べるのかも!」と思ってやってみることにしました。 やはり「ナンバープレート再交付申込」というサイトはなく「」というサイトの中で、「図柄のないプレートを選ぶ」みたいな感じで申し込むっぽいです。 寄付をするかどうかは個人の自由ですが、寄付をしない人は普通のナンバープレートしか選べません。 というか、そもそも普通のナンバープレートを再発行したいのです。 これはわかりにくい!!! あと、迷ったのは、前のプレートのみ再発行したいのですが、前後もしくは後ろのみしか選べないところです。 後ろのみを選択して前に使ってもいいのかなと思いましたが、トラブルのもめんどくさいので、ひとまず前後で発注することにしました。 陸運局で申込する場合、「前のみ」で発注できるはずなので、ここは謎です。 まあ、基本的に図柄プレートに変えるためのサイトなので、基本は前後同時交換、リアのみのクルマのために「後ろのみ」が設けられているのでしょう。 あとは、陸運局の方で照会できたら連絡が来て、振り込みを行い、出来上がり次第取りに行くという感じでしょうか。 うまくいけば4,140円で完了です。 平日休める日が7日後なのですが、間に合うのか!? うまくいくかどうかは、また後日・・・。 ---------------------------------- ということで、無事新しいナンバープレートを入手できました! はじめまして。 こちらを参考にして、前面の再交付を申請してみました。 有難う御座います。 前面だけ再交付したかったので、後面のみで申請してみました。 結果はNGでした。 後面のみの車、トレーラーや牽引のみと言う事なので、照会時に普通車なのでNGとなるようです。 なので、前後面だと上手く行くかも知れませんね。 ただ、この申請画面は図柄有りに変更する人や、図柄無しに変更する人のみの申請画面なので、デザイン変更無しの再交付は受け付けないそうです。 バレずに進めばOK、バレたら無効になるそうです。 違う部署でハンコを貰って 再交付は待たずにハンコくれる 再提出。 トータル2~30分でした。 ナンバー代750円+往復の高速代2000円。 1枚で申請出来ればネットが安いが、2枚だと赤字。 後は仕事との折り合いかな。 以後、皆さんの参考になれば・・・。 2020年 07月 08月 09月 10月 11月 12月 2019年 12月 2018年 06月 11月 2017年 02月 03月 04月 07月 12月 2016年 06月 2015年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 2014年 02月 03月 04月 05月 06月 07月 12月 2013年 03月 04月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 2012年 04月 06月 09月 10月 12月 2011年 04月 07月 08月 09月 12月 2010年 2009年 2008年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 2006年 01月 02月 03月 04月 05月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 2003年 01月 02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 2002年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月.

次の

軽自動車のナンバーを選べる希望番号に変更する方法

希望ナンバー 無駄

一番人気は「3776」で富士山の標高と同じ番号。 大人気で初回希望者は30人…。 30人? えっ!たった30人? だって、「3ナンバー」とか「5ナンバー」があって「5ナンバー」なら500〜の3桁。 しかも、「あ〜ん」の組合せがある。 予約されている番号や文字を抜いてもかなり多くの「3776」が取得できることになる(はずだ)。 まったくもって富士山ナンバーを取得する予定も無かったが、ダメもとで申請をしてみた。 結果、簡単に「3776」のナンバーを取得することができた。 「1」とか「7777」とかは抽選になるそうだが、それ以外の数字は早い者勝ち!急げ急げ! 570は合成です。 これは…、チャンスですよ。 現在も「3776」が取得できるかどうかわかりませんが、好きな希望ナンバーはかなりの高確率で取得できるはず。 だって、まだ「富士山ナンバー」は始まったばかりなんだから。 まず、事前に山梨県の運輸支局で希望番号を取得します。 私の場合はした。 同ページ内に希望番号の取得方法があるので熟読すべし。 また、があるので、そこで予約する。 希望通り予約が完了すると、4,300円(普通自動車)の支払いをもって受付完了(メールがくる)。 その後、に以下の書類を持って車で出かけると30分ほどで新ナンバーに変更可能。 以下、その顛末記。 自動車検査証• 所有者の認印(軽自動車は使用者の認印)• 希望番号予約済証(希望番号の場合)、またはインターネット予約時に付与される予約番号。 敷地内「B棟」にて上記書類を提出。 申請書を記入するのだが、面倒なら代書(1,900円)をしてくれる。 作成された書類を持って敷地内「A棟」に向う。 作成された書類を受付に置き、名前を呼ばれるまで待つ。 手渡された書類を持って敷地内「C棟」に向う。 C棟には「富士山ナンバー」の受付が特別に設置されていた。 敷地内「B棟」にもどり、納税関係(手続きのみ)を終了させたら、 いよいよ希望番号のプレートを受け取り自車に戻る。 自車のプレートを自分で取り外す。 ナンバーの封管はマイナスドライバーで破る。 受付にも工具はあるが、持参(プラス・マイナスドライバー)すると良い。 新規ナンバーをしっかり取り付ける。 車体番号の確認のためボンネットを開けて封冠係員を待つ。 取り付けが完了するころに封冠をはめる係の人がやってきてポチッ。 「山梨」となっている部分が封冠。 以上にて手続きはすべて終了。 そのまま乗って帰ることが可能。 総費用4,300円+1,900円。 しかし、無駄に建物をあっちこっち移動させるし、職員だらけ。 こんなに人が必要か?って思いましたよ。 何故、我々が書類を持って移動する必要がある? 動くのは書類のみでいいと思うのだが。 以上、経験してみると案外簡単にナンバー変更できた。 変更した日が11月4日(交付初日)だったので、注目度はNo. 1でした。 知らない人に質問された回数、ナント6回! 駐車した車に戻ると人々が取り囲んでいます。 中には写真を撮る人もいました。 「富士山」と「3776」の部分だけ公開してね。 All Rights Reserved.

次の