幸手 あじさい まつり。 幸手権現堂桜堤のあじさい情報(あじさいの名所・見ごろ)【Lets】レッツエンジョイ東京

幸手市権現堂公園水仙まつり2020!寒さの中で花を楽しもう|埼玉県・東京都の花の名所とイベント

幸手 あじさい まつり

権現堂堤のあじさいについて 桜で有名な権現堂堤ですが、「桜の季節が終わってからも四季折々に咲く花を」という思いから、権現堂桜堤保存会の方たちを中心に、平成7年よりあじさいの花が植えられました。 今では、100種16,000株に増えたあじさいで、6月の権現堂堤を色づかせます。 華やかな桜とは違った美しさで、雨の中しっとりと咲くあじさいをご堪能ください。 必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。 所在地 〒340-0101 埼玉県幸手市大字内国府間887-3 交通アクセス 1 東武日光線 幸手駅から朝日バスで15分(五霞町役場行き) 権現堂から徒歩で1分 2 圏央道 幸手ICから車で10分 3 東武日光線 幸手駅から徒歩で30分• 観光MAP• 印刷用MAP 交通アクセス 1 東武日光線 幸手駅から朝日バスで15分(五霞町役場行き) 権現堂から徒歩で1分 2 圏央道 幸手ICから車で10分 3 東武日光線 幸手駅から徒歩で30分 その他 植物:アジサイ バリアフリー設備 車椅子貸出:3台(あじさいまつり期間中は、貸出があります。 ) 駐車場 無料:約400台 その他情報 時期 :6月上旬〜7月上旬 お問い合わせ じゃらん旅行ガイドを見たと伝えるとスムーズです。 satte-k. com 最近の編集者 じゃらん 2015年10月19日 日本観光振興協会 新規作成 滞在時間•

次の

幸手市観光協会~埼玉県の桜の名所権現堂公園は、紫陽花、曼珠沙華、水仙の花見も楽しめます。

幸手 あじさい まつり

2020年1月5日(日曜日)から 2020年2月9日(日曜日)まで 開催される予定です。 水仙は冬に咲く花だけあって開花期が長いのが特徴です。 そのため水仙まつりの開催期間も長くなっています。 もっとも、その年の開花状況によって日程が変更されることがあります。 また、幸手市は大雪が降るような場所ではありませんが、積もるような雪が降ると折角の水仙が倒れてしまうこともあります。 特に雪の後の状況には注意が必要です。 なお、幸手市観光協会では水仙まつり開催期間中の火曜日と金曜日に開花情報を発表しているので、行かれる方はぜひ事前チェックをなさってください。 権現堂公園は広い敷地を有しますが、さすがに駅の近くで広大な公園を求めるのは難しいところ。 権現堂公園はアクセスに若干の不便が伴うかもしれません。 電車利用の場合 最寄り駅は東武日光線の「幸手駅」です。 幸手駅から権現堂公園までの距離は約2. 5km。 幸手駅から権現堂公園まではバスで向かうのが一般的かもしれません。 バスは幸手駅から五霞町役場行きに乗車し、途中の「権現堂」で下車をします。 ただし、五霞町役場行きのバスは1時間に1本程度。 行きも帰りもバスを使う方は事前にバスの時刻表をチェックしておくことがおすすめです。 幸手駅から権現堂公園まで歩いて向かう場合は、徒歩で30分~40分。 ほとんどが平坦地なので普段着でも差し支えありませんが、歩きやすい靴で行くことがおすすめです。 車利用の場合 最寄りの高速道路のインターチェンジは 圏央道の「幸手IC」または東北自動車道の「久喜IC」になります。 幸手ICから権現堂公園までの距離は約5km、通常であれば10分程度で到着。 久喜ICから権現堂公園までの距離は約10km、通常であれば20分程度で到着します。 幸手市北公民館のすぐ近くに権現堂公園の駐車場があるので、カーナビで行く場合は「幸手市北公民館」を設定しておくと迷うことなく現地に到着できます。 幸手市北公民館の所在地 埼玉県幸手市大字内国府間(うちごうま) 権現堂公園の水仙とは 幸手市の権現堂公園は埼玉県営の施設で第1号公園から第4号公園まであり、総面積は約35ヘクタール。 その中で多くの花が楽しめるのは約13ヘクタールの第4号公園です。 桜で有名な権現堂桜堤も4号公園にあり、水仙・あじさい・曼珠沙華が楽しめるのもこの地になります。 また、権現堂桜堤の中央部分には「峠の茶屋」があり、水仙まつりが開催されている間は荒天の場合を除き無休で営業の予定です。 峠の茶屋ではパンや飲み物の他、幸手市の特産品もあるので、ちょっと疲れたら立ち寄りたいですね。 なお、営業時間は午前9時30分~午後4時30分になっています。 権現堂公園は近年整備が進んでいます。 水仙もその一つで権現堂公園の水仙は地元の有志の方が中心となり、平成17年から植え付けが始まっています。 そのため2020年の水仙まつりは第11回と新しいイベントですが、水仙は年々増え現在では100万本を数えるまでになっています。 まとめ この記事では、埼玉県内でも代表的な花の名所になりつつある幸手市の権現堂公園。 その権現堂公園で新年早々に開催される水仙まつりの日程・アクセス・特徴などをご紹介してきました。 権現堂公園の水仙まつりは、同じく権現堂堤の桜に比べたら知名度は高くはありません。 しかし、それでも既に100万本。 寒い冬の季節、桜堤に咲く満開の水仙は見ごたえがありますし、咲く場所が堤なので上からでも下からでも素敵な写真がたくさん撮れそうです。 アクセスは若干不便かもしれませんが、無料駐車場もしっかりと整備されています。 埼玉県内でこれだけの水仙の群生が楽しめるの場所はほとんどありません。 権現堂公園の水仙まつりはとてもおすすめのスポットと言えそうです。 私も権現堂公園の水仙まつりを訪ねたことがあります。 訪ねたのが平日ということもありますが、車で行っても簡単に駐車することができ、会場の水仙をゆっくりと眺めることができました。 機会があれば、また訪ねてみたいと思っています。

次の

幸手権現堂桜堤のあじさい情報(あじさいの名所・見ごろ)【Lets】レッツエンジョイ東京

幸手 あじさい まつり

Contents• 「権現堂」下車。 (片道 180円) 路線バスの本数が1時間に1本程度。 高速道路利用の場合、 「圏央道 幸手IC」が市の中心部。 「東北自動車道 久喜IC」から幸手市中心部までは約20分。 そのため、堤防は荒れ果て、堤防の桜は終戦前後の混乱や燃料にするために、その多くが伐採されてしまった。 現埼玉県幸手市に相当する。 和宮下向 文久元年(1861年)に、和宮(和宮親子内親王)下向時には助合が命じられ、幸手宿を含む日光道中の3ヶ宿、中山道の桶川宿は人足のほか膳椀・夜着などを差し出している。 宿駅 幸手宿は、近世前期より江戸幕府直轄の天領で、宿内は右馬之助(うまのすけ)町 ・久喜町・中町・荒宿の4町および枝郷の牛村であった。 天保14年(1843年)「宿村大概帳」によると本陣1軒、脇本陣なし、旅籠27軒、人馬継問屋場は1ヵ所、高札場一ヵ所あった。 問屋場への勤めは「問屋場勤向書上帳」によると久喜町・仲町・荒宿・右馬之助町で一日交替であったという。 高2095石6升、当時の人口は3,937人、家数962軒であった。 権現堂河岸 権現堂河岸は、幸手宿の東北14町30間の権現堂村の権現堂川沿いに設置された河岸場で、「幸手宿に集散する物資や年貢米の移出入港の機能を果していた」。 江戸時代前期、伊奈氏を中心とした利根川東遷事業が行われ、権現堂川、江戸川が整備された。 新田開発による米作の増大と相まって、これらの川を利用した江戸との間を結ぶ舟運が発展した。 \ SNSでシェアしよう! / 60代からの遊び方の 注目記事を受け取ろう•

次の