に んじゃ h2。 カワサキ Ninja H2 が世界最高速、337km/h…ボンネビル スピードウィーク : 乗り物速報

コンセプト|〈公式〉ホテルH2長崎

に んじゃ h2

透析患者に禁忌の薬一覧 透析患者に禁忌とされている薬は多い。 薬物動態のADME(吸収・分布・代謝・排泄)における排泄の部分で腎臓の果たす役割が非常に大きいからである。 透析患者に禁忌といっても、禁忌の部分に「透析患者」と記載されている薬は少なく、「重篤な腎障害」「高度の腎障害」「無尿」など、記載方法はさまざま。 検査結果がわかればそれを参考にできるが、何も語らない患者もいるので、それぞれの腎障害の程度のニュアンスの違いを知り、疑義を持ったときには医師に問い合わせる姿勢が必要である。 CKD(慢性腎臓病)の重症度分類では以下のようになっている。 透析導入の目安としては、eGFR15ですが、あくまで目安。 しかし、確実に高度から重度の腎障害であると言えるだろう。 腎臓の血流量を低下させ、腎機能を悪化させる。 尿の出ていない透析患者に利尿剤は無意味であることは容易に想像できる。 しかし、透析患者が全て無尿であるとは限らない。 しかし、正直言って、何が透析に禁忌の薬か、透析専門の診療所の門前薬局に勤めている薬剤師でもなければピンとこないのではないかと思う。 目薬や軟膏で透析に禁忌の薬というのは、まったくもってピンとこない。 透析を行っているという患者や、カリウム吸着剤やクレメジンなど飲んでいる患者に遭遇したら、処方されている薬の添付文書を全て調べる姿勢が必要であろう。 681• 183• 257• 188• 251• 104• 283• 249• 127• 113• 240• 127• 177• 188• 116•

次の

Z H2

に んじゃ h2

概説 [ ] をテーマとした長編。 2人の野球少年であるヒーローと2人のヒロインの、野球にかける青春と恋を描く。 単行本は小学館:少年サンデーコミックスより全34巻、同ワイド版より全17巻、小学館文庫より全20巻。 2018年時点で、シリーズ累計発行部数は5,500万部を超える。 同年には「」にて電子版が連載を開始。 映像では、にが 、1月から3月までが放送された。 タイトル『H2』とは、「ヒーローふたり、ヒロインふたり」を意味する(詳細はの項を参照)。 制作背景 [ ] 本作はあだち充の長編漫画では最もほろ苦い最終回を迎えるとされる。 あだちは野球を真面目に描くつもりで、比呂と春華とひかりと英雄の四角関係の組み合わせを決めずに連載を開始。 最後の最後まで比呂とひかりがどちらにいくかはわからない展開が繰り広げられる。 主人公である比呂の初恋が敗れるという結末については、他にも収拾の仕方はあったのだろうが流れに任せていたらこうなったとコメントする。 そのほろ苦さについて問いかけられた際、「普通だったら、幼なじみの比呂と雨宮ひかりがくっつくところを、読者的には古賀春華の人気が出ちゃったので、まぁ、許してくれるかなと(笑)」 と答えた。 少年の思春期の出遅れとそれによる同級生の少女とのすれ違いは当初からあだちが本作のテーマとしていた要素であり、比呂とひかりの関係のターニングポイントとなる第213話「夢じゃないみたいだな」の会話において象徴的に表現されている。 結末は担当編集者とも相談して決定。 通常版コミックの20巻近くまで連載が進んだ時点、比呂がまだ春華とひかりのどちらを選ぶか明確でないタイミングで配属された担当は、いち読者としては比呂がひかりへの純愛を貫くことを希望していた。 しかし打ち合わせで、読者人気のある春華でなくひかりとくっつくと比呂が悪者に映ってしまうので、ひかりと英雄の幸せのために比呂が一歩退く方向で行けばまとまるのではないかという意見がどちらともなく出る。 担当はその打ち合わせ以後『H2』のセリフが切れ味を増していくのを感じ、あだちが物語の結末をイメージできたのだろうと考えた。 それが顕著となる第213話「夢じゃないみたいだな」の原稿を読み、担当は完成度の高さに震えたという。 春華のスチュワーデスの夢など、多くの要素を長期にわたって結実させたラストである。 甲子園の準決勝までは描いたが決勝は描かなかった点も、高校野球漫画としては特徴的である。 比呂・英雄の直接対決と4人の恋の決着を描くことを重視していたため、決勝について描くつもりはなかったとのこと。 あだちは読者を信用し、自作では言葉で全ては与えずに少しずつ匂わせて深読みしてもらう手法を取る。 思いをあからさまに言葉にして野暮になることを避け、ちゃんと読者が受け取ってくれて伝わったと感じる時を喜びとする。 あらすじ [ ] 親友でありそしてライバルでもあるエース国見比呂とスラッガー橘英雄、比呂の幼なじみであり英雄のガールフレンドでもある雨宮ひかり、比呂が進学先の千川高校で出逢った古賀春華。 名前の頭文字に「H」を持つ「2」人の野球少年であるヒーローと「2」人のヒロインを軸に話が展開する。 比呂と英雄はチームメイトで捕手の野田敦と共に中学野球で地区大会二連覇を果たすが、その後医師から比呂は肘、野田は腰にそれぞれ爆弾を持っていると診断されてしまい、野球を断念。 英雄がひかりとともに野球の名門・明和第一高校へ進学したのに対し、比呂と野田は野球部の無い千川高校に進み、それぞれ、に取り組むことにした。 千川高校に野球部はなかったが、実は「野球愛好会」が細々と活動していた。 比呂は、ひょんなことから行われることになったサッカー部と野球愛好会との野球の試合に参加するも、試合中のサッカー部員たちの野球を馬鹿にした態度を嫌い、その場でサッカー部を退部し野球愛好会へ入会する。 また、たまたまこの試合を観ていた野田も一緒に入会。 2人は1試合だけの参加のつもりだったが、故障の診断を行った医師が実は無免許だったのが発覚して逮捕されたことを知り、別の病院にて何の異常もないことを知ると正式に愛好会へ入会した。 そして、千川高校にて甲子園出場を果たすことを決意。 「野球部」への昇格を目指すことになるが、校長が高校野球嫌いのために断られ続けていることを知る。 比呂と野田は校長の息子にして名二塁手でもある柳守道の協力を得ながら、明和一との試合に勝つという校長の提示した無理難題に挑む。 英雄に対抗意識を燃やす野球経験者の木根竜太郎も加わり、惜しくも試合には敗れるものの、この試合が校長の心を開くきっかけとなり野球部創設が認められる。 こうして出来上がった千川高校野球部は、マネージャー・古賀春華の兄の古賀富士夫を監督に迎えて本格稼働する。 千川高校と明和第一高校はそれぞれ北東京、南東京に属しており 、比呂と英雄の直接対決は、両校が甲子園出場を果たさない限り実現しない。 千川高校野球部は比呂と野田のバッテリーを中心にまずは甲子園出場を目標に奮闘。 比呂たちは2年生に進級し、英雄の幼なじみである佐川周二ら新入生を加えた千川高校野球部は地区大会を勝ち進む。 準決勝の相手の栄京学園高校は黒い噂が囁かれるだけでなく、監督の城山義明は古賀監督と、2年生エースの広田勝利は佐川と、それぞれ因縁を持つ相手でもあった。 試合の直前に、1年生部員の島オサムと大竹文雄が、家庭の事情から広田のスパイとして潜入させられていたと発覚。 だが部での交流を深めていた島と大竹は広田への反抗の覚悟を固めており、比呂も2人を受け入る。 広田の肘の故障もあって千川は栄京を撃破。 千川は決勝でも勝利し、比呂と英雄はともに甲子園出場を果たす。 だが千川は明和一と対決する3回戦を前に、エース月形耕平と4番志水仁を擁する伊羽商業高校との2回戦において、比呂が足を負傷して敗退してしまう。 海辺で落ち込む比呂は慰めるひかりに対し、隠していたが初恋はひかりであり、初恋では戦えなかったためせめて野球では英雄と戦いたかったと告白する。 ひかりは比呂を抱き留めながらその気持ちに対して謝るが、2人の様子は比呂に想いを寄せる春華に目撃されていた。 全国大会では明和一が優勝。 この夏で英雄はもちろん比呂も注目選手となる。 秋季東京都野球大会、準決勝にて千川は指導者を交代し体制を一新した栄京と対戦する。 一塁手に転向しラフプレーを改めた広田と熱戦を繰り広げ、比呂は勝利を掴む。 明和一はこれからの全国大会に向け、新エースである1年生石元豊をあえて起用し続けて敗退しており、千川は秋季大会で優勝。 春の選抜高校野球大会出場を確実なものとする。 練習を積み重ねる中で比呂と春華が急接近する一方、英雄とひかりは気持ちのすれ違いが続いていた。 春の選抜で千川は優勝し、甲子園にて前年の夏の優勝チームとその年の春の優勝チームで最後の夏を戦うという英雄の希望がいよいよ現実味を帯びる。 その後ほどなくしてひかりの母が急死。 ひかりと息子同然に可愛がられていた比呂は激しく落ち込み、同じ痛みを共有できる絆を再確認する。 2人は幼なじみと現在同じ学校で隣りにいる相手との関係を問い直すために悩み、ひかりをうまく慰められずにもどかしく思う英雄は、比呂への嫉妬とそれを感じてしまう自分に苦しむ。 春華は3人の中学生からの因縁を傍から見ることしかできず悲しむが、比呂から今自分が高校で野球を頑張れているのは春華のおかげだと伝えられる。 そして最後の夏、千川は北東京大会で、明和一は南東京大会でそれぞれ優勝。 甲子園でも準々決勝に進出し、突破すれば準決勝で明和一との対決となる組み合わせが決まる。 準々決勝は比呂の温存のため木根が先発で登板。 チーム一丸でのバックアップも手伝い完投を果たして勝利する。 準決勝前夜となるその夜、比呂は英雄とひかりの重大な秘密を野田の失言から不意に知ってしまう。 この対戦を最後まで見届けて、自分か比呂かをもう一度選ぶように英雄がひかりに持ちかけていたのだ。 試合開始時に比呂は英雄へ自分はひかりが大好きだと宣戦布告。 両者ともに絶対に負けられない勝負が始まる。 9回裏二死、2対0での英雄との対峙において、比呂は葛藤の末に二度と投げられないようなストレートを投げ、三振を奪う。 千川が勝利に沸き立つ中、比呂は勝利の嬉しさからではない涙をこぼす。 ひかりが英雄の融通の利かないバカ正直さに惚れたことを、比呂は痛いほどに知っていた。 英雄は1人海辺で悄然とするが、ひかりに見つけられ、比呂の真っ向勝負を疑ってしまい比呂にも自分にも負けたと吐露する。 ひかりはそんな英雄のカギを閉めたような融通の利かなさを確認し、そのドアを開けた中にひかりの居場所があることを比呂の奪三振から教わったと英雄に伝える。 比呂があえて試合前に挑発して悪役に回った理由と、終了時に涙した本当の意味を英雄は悟る。 野球の勝敗にひかりとの恋愛関係を託し、負ければ身を引くつもりで自分か比呂かをもう一度選ばせようとした英雄は何もわかっていなかったのだ。 ひかりは自分こそ選ぶ権利など最初からないのをわかっていなかったと語る。 英雄は自分も比呂からだれよりもひかりのことが必要なのは自分だと教わったと応え、ひかりと抱き合う。 一方、比呂は宿舎で仲間たちと準決勝の勝利を祝いながらも、内心の悲しみは野田に察されていた。 翌日の決勝戦当日の朝、早くに起きてきた比呂は紙飛行機を作り、同じく起きていた春華と、へ向かう比呂とスチュワーデスとなる夢を叶えた春華がともに搭乗するという冗談を交わし合い、受け入れる。 決意も新たに、千川高校野球部の仲間たちを全員乗せたバスは甲子園に向かう。 抜けるような青空の中をあの紙飛行機が風を受けて真っ直ぐに飛んでいき、登場人物たちの未来を示唆する形で物語は幕を閉じる。 登場人物 [ ] 「」も参照 ここでは主要人物のみ紹介。 タイトル『H2』とは、「ヒーローふたり、ヒロインふたり」 を意味する。 コミックス完全版表紙には「The Highschool Days of 2 Heroes and 2 Heroines, Hiro Kunimi, Hideo Tachibana, Hikari Amamiya, Haruka Koga. 」と副題が付けられている。 国見 比呂(くにみ ひろ)(Hiro Kunimi) 千川高校3年(開始当時:千川高校1年)。 右投げ・右打ち。 物語の主人公。 ひかりと野田は幼なじみで、英雄・ひかり・野田とは同じ青南中学校。 中学時代から有名投手だったが、肘の故障を宣告され野球部のない千川高校に入学。 誤診が判明し千川高校にて一からの甲子園出場を目指す。 橘 英雄(たちばな ひでお)(Hideo Tachibana) 明和第一高校3年(開始当時:明和第一高校1年)。。 右投げ・右打ち。 明和第一高校野球部の4番バッター。 比呂の親友でライバル。 雨宮 ひかり(あまみや ひかり)(Hikari Amamiya) 明和第一高校3年(開始当時:明和第一高校1年)。 比呂と野田の幼なじみ。 中学時代に比呂の紹介で英雄と付き合うようになった。 明和第一高校では弓道部に所属しており、夏季限定で明和第一野球部にもマネージャーとして籍を置く。 古賀 春華(こが はるか)(Haruka Koga) 千川高校3年(開始当時:千川高校1年)。 千川高校の野球部マネージャーで、古賀商事の社長令嬢。 高校野球の大ファンで千川高校に野球部を創設させる立役者となり、甲子園を目指すという夢を比呂に再び与えるきっかけを作る。 テレビアニメ [ ] (ABC)制作、系列にて1995年6月1日から1996年3月21日まで毎週木曜19:00〜19:30に放映(以前に木曜7時枠向けに制作されたアニメ作品には『』と『』があった)。 現在、『』を放送中。 この枠のメインスポンサーだったは、引き続きテレビ朝日制作バラエティ枠(『』と『』)となった後もスポンサーを継続したが、1997年4月に制作・系の月曜19:30〜20:00のアニメ『』へと移った。 からドラマと連動させるように(MBS)で17:30 - 18:00の間で再放送されていた。 なお、作品中、末期に放送予定の2作は、編成の関係などで、本放送では欠番、未放送となっている。 なお、MBS等テレビ朝日系列外での再放送時では、スタッフロールや制作局表記時に「ABC」の表記を削除した素材が使われている。 次回予告では、最後にひかりが「いい汗、流してますか?」と視聴者に問いかけるのが定番だった。 キャスト [ ]• 国見 比呂 -• 橘 英雄 -• 雨宮 ひかり -• 古賀 春華 -• 野田 敦 -• 木根 竜太郎 - 竹中伸一、(小学校時代)• 柳 守道 -• 佐川 周二 -• 古賀 富士夫 -• 広田 勝利 -• 雨宮 高明 -• 国見 太郎 -• 佐川 テツ - スタッフ [ ]• 原作:• 企画:(ASATSU)、藤原正道(東宝)• シリーズ構成:• キャラクターデザイン:• 美術監督:海野よしみ• 撮影監督:杉浦充• 音楽:(サントラ盤発売元:)• 音響監督:• アニメーションプロデューサー:釜英樹、橋本和典• デザインワークス:、高木弘樹、村田俊治、• 編集:正木直幸• 監督:• アニメーション制作:• 制作:、株式会社、 主題歌 [ ]• オープニングテーマ• 1〜23話:『』• 24〜41話:『BACK TO THE GROUND』• エンディングテーマ• 1〜23話:『「二人」に帰ろう』• 24〜41話:吉村麻希『絶対会えてよかった』• 挿入歌• 23話:西脇唯『ゆるやかな虹のように』• どうする野球愛好会 小出克彦 清水明 葛谷直行 平岡正幸 18 10月5日 熱戦九回裏!バッターは国見… 桶谷顕 うえだひでひと 安東信悦 勝亦祥視 深沢幸司 19 大逆転!千川野球部誕生? 日下直義 高麗了 青木新一郎 深沢幸司 20 10月19日 追跡!比呂VS春華 岸間信明 鈴木胡擯 花井信也 21 10月26日 春華とひかりと比呂の海 山下久仁明 高田淳 高木弘樹 22 11月2日 代打デート・帰れない二人 吉田玲子 うえだひでひと 勝亦祥視 広田正志 23 11月9日 眠れないよ…二人だけの夜 小出克彦 高田淳 平田智浩 24 11月16日 それぞれの夏・花火のように 岸間信明 吉村文宏 内田裕 25 11月23日 監督決定!私が古賀富士夫です 桶谷顕 葛谷直行 清水明 平岡正幸 26 11月30日 サヨナラ先輩!涙の壮行試合 山下久仁明 安東信悦 深沢幸司 27 12月7日 ヒデちゃん幻のホームラン 吉田玲子 小林哲也 佐藤修 28 12月14日 記念試合!危ない奴らがやって来た 小出克彦 鈴木胡擯 花井信也 今泉賢一 29 12月21日 ひかりピンチ!周二の罠!? 桶谷顕 うえだひでひと 高田淳 高木弘樹 30 1996年 1月11日 ひかりのウソ比呂の涙 山下久仁明 安東信悦 勝亦祥視 広田正志 31 1月18日 新たなる好敵手(ライバル)!栄京・広田 岸間信明 二見緋絽志 棚橋一徳 32 1月25日 天才・橘気迫のバッターボックス 吉田玲子 清水明 平岡正幸 33 2月1日 千川祭歓迎!栄京学園さま 小出克彦 小林哲也 佐藤修 34 2月8日 真剣勝負は嫌いじゃないさ 桶谷顕 鈴木胡擯 高田淳 岡辰也 35 2月22日 予告三振しろってか? 山下久仁明 安東信悦 深沢幸司 36 2月29日 俺のスコアブックは3対1さ 岸間信明 棚橋一徳 谷口守泰 37 3月7日 クシュン!ダンボールの中の待ちぼうけ 小出克彦 清水明 平岡正幸 38 3月14日 初デート!これからもよろしく 吉田玲子 高田淳 高木弘樹 39 未放送 心のギブスがとれてねえぞ 桶谷顕 木暮輝夫 宮崎一哉 飯野皓 40 いつまでも変わらない夢 小林哲也 佐藤修 41 3月21日 夏への誓いここからスタート! 桶谷顕 岸間信明 山下久仁明 うえだひでひと 高田淳 平田智浩 テレビドラマ [ ]• プレスリリース 2018年8月6日. 2018年11月18日閲覧。 Narinari. com 2004年11月17日. 2018年11月18日閲覧。 『漫画家本vol.6 あだち充本』 、2018年8月8日、164-165頁。 あだち充 『おあとがよろしいようで』 小学館、336頁。 『漫画家本vol.6 あだち充本』 、2018年8月8日、170-171頁。 『漫画家本vol.6 あだち充本』 、2018年8月8日、167頁。 『 2012年12月号』、、 31頁。 現実では東京の代表校の区分は東西。 更に遡れば、にで開始した『』以来。 37話では挿入歌としても使用された。 22話では挿入歌としても使用された。 38話では挿入歌としても使用された。 本放送終了後に放送。 外部リンク [ ]• - をはじめとする 木曜19:00 - 19:30枠 前番組 番組名 次番組.

次の

+

に んじゃ h2

来歴 中学生の時にのホームでスカウトされ入り。 伊藤正次演劇研究所(現:Ito M スタジオ)の研究生として演劇の指導を受ける。 、『』で映画デビュー。 映画『』()への出演で注目を集め 、ドラマ『』()、映画『』()、『』()などに出演する。 2007年、3回目のオーディション挑戦で同年度後期のNHK『』のヒロインに選出され 、初主演を務める。 放送終了後には4月期『』()、同7月期『』()と、民放の連続ドラマで2クール続けて主演。 2008年、第32回新人賞を受賞。 また、『』()などの番組でナレーションを務める。 一方で、21歳のときに在学していたを中途退学し、学業との両立から女優業に専念する。 、チェコのアニメ映画『』やNHKの連続人形劇『』でを務め、自身の冠番組となるTOKYO FMのラジオドラマ『』では座長(主演とナビゲーター)を務める。 、舞台『』で舞台初主演。 第7回でThe Best of Beauty 2010を受賞。 、『』で映画初主演。 、同作で主演女優賞を受賞。 には、朝ドラ100作目の節目の作品となる同年度前期の連続テレビ小説『』に歴代ヒロインの1人として出演する。 私生活では、かねてより交際していた一般男性と、2019年9月に婚姻届を提出し結婚した。 所属事務所を通じ、、一般男性と結婚したことを発表 、この時点で妊娠はしておらず、結婚後も仕事は続けていくとした。 人物 特技は役柄で習得した と、の着付け。 ラッキーナンバーは「12」。 これは、本人の誕生日が12月12日であることからきており、「12」という数字にこだわっている。 、、、のファンである。 また、『』がきっかけでが好きになった。 NHKの『』で共演したからは、「女優になるために生まれたような子。 頭が良いし、体も神経もタフだし、感受性が豊かで表現が的確。 私のライバルです。 」と評価された。 作家のは連載コラム(のち単行本『B型の品格』に収録)で『』を取り上げ、特に貫地谷のぶりは海外ドラマでも比類がないと絶賛した。 映画『』で共演した、映画『』、『』で共演した、フジテレビドラマ『』で共演したとは親友。 やはり親しいは高校の同級生。 憧れの女優は、舞台『労働者M』で共演した(「」のカバーインタビュー [ ]より)。 ドラマ『あんどーなつ』で共演したに対しても「女優としての展望が持てた」と敬意を表している。 2007年に行われた連続テレビ小説のバトンタッチセレモニーでは、前作『』のヒロインを務めたから「ファンです」と告白された。 姓名に関して 「 貫地谷」という名字は大変珍しく、本人の家族及び下記の親戚を合わせても全国で6世帯しかない。 このうちの大半は父親の実家のあるにある。 競艇選手の貫地谷直人(登録番号4097)とは二従兄妹の関係である。 「 しほり」は、母がファンというの楽曲「」にちなんだ名前。 誕生当時(1985年)はに漢字の「栞」を使用できず 、かな表記が好ましいという姓名判断をうけ「しほり」で届出がされた。 出演 テレビドラマ レギュラー• (2005年2月 - 3月、) - 小山内美歩 役• (2005年7月 - 9月、) - 南原亜紀 役• (2005年10月 - 12月、) - 役• (2007年1月 - 4月) - ミツ 役• (2010年1月 - 7月) - 役• (2013年1月 - 12月) - 高木時尾 役• (2017年) - 役• (2007年1月 - 2月、TBS) - 日向更 役• (NHK)• (2019年) - 大沢麻子 役• (2008年4月 - 6月、テレビ朝日) - 主演・森田さくら 役• (2008年7月 - 9月、TBS) - 主演・安藤奈津 役• (2009年1月 - 3月、TBS) - 香川芽衣 役• (2009年7月 - 9月、フジテレビ) - 海老名麻衣 役• (2010年1月 - 3月、) - 町田佳乃 役• (2010年4月 - 5月、テレビ朝日) - 桂美晴 役• (2011年2月 - 4月、テレビ朝日) - 来島美和 役• (2011年4月 - 6月、テレビ朝日) - 役• (2011年7月 - 9月、TBS) - 華和桜子 役• (2012年4月 - 6月、フジテレビ) - 青田洋子 役• (2013年1月 - 3月、TBS) - 馬場英恵 役• (2014年1月 - 2月、) - 主演・千倉つぐみ 役• (2014年6月 - 9月、NHK) - 汀女 役・語り• 吉原裏同心〜新春吉原の大火〜(2016年1月3日)• (2015年1月 - 3月、) - 主演・神林恵 役• 女くどき飯 Season2(2016年1月 - 3月)• (2015年4月 - 6月、TBS) - 神谷由紀 役• (2016年4月 - 6月、フジテレビ) - 久我山ミカ 役• (2017年1月15日 - 2月19日、) - 結城亜実 役• (2018年1月 - 3月、読売テレビ・日本テレビ系) - 主演・篠崎鮎美 役(、()とトリプル主演)• (2019年4月15日 - 6月3日、) - 藤村浅子 役• (2019年4月21日 - 6月23日、TBS) - ナレーション• (2020年1月19日 - 、TBS) - 田村鈴 役• (2020年4月17日 - 予定、NHK)- 主演・真野千晶 役 単発・ゲスト• (2002年6月28日、フジテレビ) - 坂井里佳 役• (2004年11月26日、フジテレビ) - 田口ユリア 役• (2006年11月5日、テレビ朝日) - 小鶴 役• (2006年11月26日、テレビ朝日) - 相沢順子 役• (2006年12月5日、) - 田所はる 役• (2006年12月29日、フジテレビ) - おしの 役• (2007年8月5日、) - 中沢恵子 役• 第5 - 6話(2007年8月、テレビ朝日) - 浅葱ユリ 役• (2008年3月31日、TBS) - 工藤沙紀 役• 第4 - 6話(2008年5月、TBS) - 野々村雪乃 役• アベレイジ2(2008年10月10日、フジテレビ) - 小中 役• (第6シリーズ) 第2話「父を返して! 京都の秋に響く娘の叫び!! 」(2008年10月30日、テレビ朝日) - 後藤ゆき 役• (2009年2月、テレビ朝日) - 安城順子 役• (2009年3月27日、テレビ朝日) - 主演・宮城のばら 役• 第16話「食品偽装」(2009年5月15日、・テレビ朝日) - 志乃 役• (2009年11月21日、テレビ朝日) - 神林一子 役• 土曜ワイド劇場 森村誠一の棟居刑事5 背徳の詩集(2011年7月30日、テレビ朝日)• 土曜ワイド劇場 森村誠一の棟居刑事6 死海の伏流(2012年11月24日、テレビ朝日)• 土曜ワイド劇場 森村誠一の棟居刑事7 棟居刑事の夜の虹(2014年2月8日、テレビ朝日)• 土曜ワイド劇場 森村誠一作家50周年記念 棟居刑事の黒い祭(2015年3月14日、テレビ朝日)• 土曜ワイド劇場 森村誠一の棟居刑事9 棟居刑事の偽完全犯罪(2016年4月23日、テレビ朝日)• ミステリースペシャル 森村誠一の棟居刑事10 棟居刑事の凶縁(2017年9月28日、テレビ朝日)• Third Story「完璧な男」(2009年12月、フジテレビ) - 好美 役• (2010年1月4日、フジテレビ) - 菅井愛実 役• (2011年1月2日、) - 楓 役• (2011年1月8日、テレビ朝日) - 安達真由美 役• 味いちもんめ(2013年5月11日、テレビ朝日)• (2011年2月18日、・2011年5月4日、全国放送) - 主演・伴野みのり 役• (2011年12月12日、TBS) - 栗山かおる 役• (2012年1月3日、フジテレビ) - 花園皐月 役• (2012年1月8日、) - 星野美音 役• 第2夜(2012年4月6日、TBS) - 横手涼子 役• 第3話「三角波」(2012年4月7日、WOWOW) - 主演・巻子 役• (2012年8月24日、フジテレビ) - おはる 役• 剣客商売〜剣の誓約〜(2013年12月27日、フジテレビ)• 剣客商売〜鬼熊酒屋〜(2014年8月8日、フジテレビ)• 剣客商売〜陽炎の男〜(2015年9月11日、フジテレビ)• (2012年9月22日、テレビ朝日) - あさひ太夫 役• みをつくし料理帖(2014年6月8日、テレビ朝日)• 尾根のかなたに〜父と息子の日航機墜落事故〜(2012年10月、WOWOW) - 小倉あゆみ 役• ピン女のメリークリスマス(2012年12月17日 - 19日、日本テレビ) - 主演・松原楓 役• (2013年10月6日、テレビ朝日) - 美山ゆかり 役• 事件救命医2〜IMATの奇跡〜(2014年6月15日、テレビ朝日)• (2014年1月1日、NHK) - 和香 役• ママが生きた証(2014年7月5日、テレビ朝日) - 大森恭子 役• 第7話(2014年11月25日、関西テレビ・フジテレビ) - 大西真理 役• (2015年5月10日、テレビ朝日) - 樋口有希子 役• NHK正月時代劇 (2016年1月3日、NHK) - 汀女 役• 土曜ワイド劇場スペシャルドラマ (2016年2月13日、テレビ朝日) - 神尾ちず 役• おみやさんスペシャル2(2016年10月15日、テレビ朝日)• 春の新作ミステリー 更生補導員・深津さくら 殺人者の来訪〜告解者〜(2017年3月26日、テレビ東京) - 主演・深津さくら 役• (2017年12月16日、テレビ朝日) - 主演・神木恭子 役• 黒薔薇2〜刑事課強行犯係 神木恭子(2019年9月22日、テレビ朝日)• 長崎発 (2019年2月6日、NHK BSプレミアム) - 主演・桐畑瑞樹 役• 新春3夜連続ドラマ 「」(2020年1月3日 - 5日、テレビ朝日) - 奥田静江 役• 第1話(2020年4月18日、テレビ東京) - DVD 役 映画• (2002年) - 稲原秋子 役• 惨劇館 夢子(2002年) - 奥矢月子 役• (2004年) - 小林果歩 役• (2004年9月11日) - 斉藤良江 役• (2005年) - 長尾瑠奈 役• (2005年) - 井上祥子 役• (2005年) - 宍戸瞳 役• (2006年) - アケミ 役• (2006年) - ンーギャバ 役• (2006年) - 後藤梨香 役• (2007年) - 村尾高子 役• (2007年4月21日) - 賀茂川香音 役• (2007年8月4日) - 広瀬葫子(ココ)役• (2007年9月15日) - 丹沢志緒美(タンシオ)役• (2007年11月3日) - メリー 役• (2007年11月3日) - 栗田加奈子 役• (2008年9月13日) - サオリちゃん・女子社員 役• (2009年3月7日) - 如月翔子 役• (2009年5月9日) - 宍戸瞳 役• (2009年8月22日) - 敦子 役• (2009年11月7日) - 藤岡和歌子 役• (2010年1月30日) - 凛香 役• (2010年2月20日) - 大河内琴美 役• (2012年3月24日) - 相馬あずさ 役• (2012年7月14日) - アパ 役• (2013年5月25日) - 主演・阿波野マコ 役• (2014年3月8日) - 藤宮濤子 役• (2014年3月29日) - 谷村夕子 役• 救いたい(2014年11月22日) - 鷹峰純子 役• (2014年12月20日) - ベティ三宅 役• (2015年2月14日) - 坂築美汐 役• (2017年6月24日) - 古海初音 役• 「夢の国」(2017年9月16日) - 主演・夢都子 役• (2017年11月3日) - 特別出演• (2019年1月11日) - 菊子 役• (2019年9月20日) - 美奈子 役• (2019年11月8日) - 主演・佐藤茜 役 Webドラマ• 伊藤正次演劇研究所公演• (2001年) - おたね役• 時の氏神(2001年) - 杉本芳子役• 第3帝国の恐怖と貧困(2001年) - 女中役• (2003年) - 彼女役• 頼母しき求縁(2003年) - 十倉汲子役• 伊藤正次追悼公演「麺麭屋文六の思案」、「秘密の代償」、「父帰る」(2005年6月17日、18日、19日)• POOL-5公演 「新築HIMAWARI-A日記」(2004年6月) - 客演/雷葵役• (2005年4月3日 - 24日、) - ジュディ役• 労働者M(2006年2月、)• (東京:2010年6月15日 - 27日、大阪:7月2日 - 4日) - 主演・長島千恵 役• 泣き虫なまいき石川啄木(2011年10月7日 - 30日) - 石川節子 役• 朗読劇『宮沢賢治が伝えること』(2012年6月1日)• vol. 1 『8月31日〜夏休み最後の日〜』(2012年10月7日 - 31日、) - 主演・高木千佳 役• (2014年8月15日 - 31日、) - 主演・ 役• もとの黙阿弥(2015年8月1日 - 25日:新橋演舞場、9月1日 - 25日:大阪松竹座) - 長崎屋お琴 役• (2016年9月1日 - 11日:大阪松竹座、16日 - 26日:新橋演舞場) - 主演・北島マヤ 役• 幽霊でもよかけん、会いたかとよ(2016年12月21日 - 28日、下北沢 駅前劇場) - 主演・嬉里弥生 役• (2017年4月、プレイハウス) - 役 声の出演• (チェコ人形アニメ映画、2009年8月1日) - 主人公・ポムネンカ 役• (2009年10月 - 2010年5月、) - コンスタンス 役• (2010年4月 - 7月、日本テレビ) - 小池節子 役• 雪女(チェコ短編アニメ映画、2012年8月8日より島根県立美術館で上映) - 雪女 役• (2012年10月 - 2014年3月、NHK教育) - 主人公・トリー・ベガ 役• (日本語吹替、2014年11月21日公開) - 女妖怪ハンター・段 役• 西遊記2〜妖怪の逆襲〜(日本語吹替、2017年9月8日公開) - 女妖怪ハンター・段 役 ラジオ• 5週目パーソナリティ(2005年10月31日 - 2006年2月2日、・)• 2008年12月放送回担当(2008年12月1日 - 12月31日、TOKYO FM)• (2009年10月1日 - 2010年3月31日、TOKYO FM)• ASIAN COLOR(2005年11月27日・12月4日)• ASIAN SESSION(2009年11月1日)• (2013年7月20日)• 婚礼、葬礼、その他(2014年1月25日)• 夏の夜の朗読音楽会 「接吻」(2019年8月15日、) - 朗読 ドキュメンタリー• (2008年4月6日、) - ナレーション• サクラガサイタ〜信州のスウィングガールズ ワシントンへ行く〜(2008年5月11日、) - ナレーション• (フジテレビ) - ナレーション• 「親子・乱歩に挑む〜と〜」(2008年11月23日)• 「上京物語2009〜ふるさとを離れる日〜」(2009年4月19日)• 「上京物語2010〜夢がゆれる18歳〜」(2010年10月24日)• 「上京物語2011〜すれ違う親子〜」(2011年10月2日)• 「負けるな! 泣き虫三姉弟 2」(2012年4月15日)• 「上京物語2012〜二十歳 夢の分岐点〜」(2012年11月4日)• 「上京物語〜母との再会編〜」(2013年4月14日)• 「上京物語2013〜『青い鳥』はどこにいる〜」(2013年10月6日)• 「上京物語2014〜決断〜」(2014年12月21日)• 「上京物語2015〜仲間〜」(2015年12月6日)• 「上京物語〜その後ボクと父さんの8年間〜」(2016年3月20日)• (2009年1月 - 3月、テレビ朝日) - ナレーション• 「熱中人FILE〜の野草〜」(2009年7月11日、) - ナレーション• 「Home〜僕が田舎暮らしを始めた理由」(2010年5月27日、) - ナレーション• (2010年10月 - 、NHK) - ナレーション• 「愛と胃袋・スペイン のバスク」(2010年10月19日、) - ナレーション• アジア神秘紀行(2011年4月 - 2012年4月、BS朝日) - ナレーション• 演劇特集「小さな劇場の大きな冒険〜、現代演劇を見る〜」(2012年3月17日、NHK教育) - ナレーション• 貫地谷しほりの恋する惑星〜・・ 三都物語〜(2012年3月31日、BS朝日) - ナビゲーター• ・失われた琉球の魂を求めて(2012年6月15日、WOWOW) - ナレーション• (NHK BSプレミアム) - ナレーション• 編(2012年9月4日)• 編(2013年1月8日)• 編(2013年4月23日)• 編(2014年3月18日)• 編(2014年12月2日)• 編(2015年6月30日)• 編(2016年10月25日)• 青春舞台2012(2012年9月29日、NHK教育) - ナレーション• (2012年10月 - 、BS朝日) - ナレーション• 第40回(2013年1月14日、TBS) - ナレーション• 報道特別番組「0311、知られざる心の闘い」(2013年3月9日、フジテレビ) - ナレーション• (2013年8月24日、日本テレビ) - ナレーション• 「世界を触れ!〜見える人にこそ伝えたい〜」(2013年9月14日、関西テレビ) - ナレーション• (2013年10月8日、TBS) - ナレーション• (2013年12月30日、日本テレビ) - ナレーション• ボクらの地球「奇跡の深海を潜る あなたの知らない 探検!"東京海底谷"の神秘」(2014年1月9日、BS朝日) - ナレーション• (2014年3月9日、3月16日、テレビ朝日) - ナレーション• 地球ドック〜宇宙から今の地球を健康診断〜(2014年4月3日、テレビ東京) - ナレーション• シリーズ故宮(2014年6月28日、6月29日、NHK) - ナレーション• ザ・プレミアム プレシャス・ブルー「カリブ海・クジラの親子と出会う旅」(2014年7月19日、NHK BSプレミアム) - 朗読• (2014年7月21日、日本テレビ) - ナレーション• はじめてのおつかい(2015年1月5日)• はじめてのおつかい 夏の大冒険スペシャル(2016年7月18日)• トーキングブルース 伝説のライブ 復活の舞台裏(2014年12月26日、BS朝日) - ナレーション• 戦後70年特別番組 発掘! 戦場の叫び〜元兵士1500人が伝えたい真実〜(2015年8月15日、BSジャパン) - ナビゲーター• シリコンバレー戦国時代(2016年1月2日、NHK BS1) - ナレーション• 「若冲 いのちのミステリー」(2016年4月30日、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター• スペシャル てっぺんをめざして~旭丘高校合唱部104人の180日(2016年12月29日、STV・札幌テレビ放送) - ナレーション• (2019年4月 - 、テレビ東京)- Art Traveler CM• 「零〜ZERO」(2001年)• 「希林あげ」(2002年 - 2003年)• 「プルサーマル計画」(2002年 - 2003年)• 「週末の恋人たち編」(2003年)• 「ツナガルコト」(2003年)• 「ア・ラ・ポテト」(2004年)• 「酢ラダ編」「のっけずし編」(2004年)• 「1000円パック チキンの食べ方いろいろ編」(2006年)• 「ドコモショップ店員 モモコ 役」(2006年9月 - 2008年3月)• 「コンビニATM利用手数料無料ストレートトーク予告編」(2007年3月)• 「ディズニー通帳編」(2007年9月 ナレーションのみ)• 「がんばれ! フレッシャーズ」キャンペーン(2008年3月)• 「教授会編」「大事なこと編」「見つかるでしょう編」(2007年4月 - 2009年3月)• 「2010年ユーキャンブランドキャンペーン」(2010年1月 - 12月)• 「三つの幸せ物語」(2010年1月 - 12月)• 「 イメージキャラクター」(2010年4月 - 2013年3月)• ・ 「 イメージキャラクター」(2010年4月 - 2012年3月)• 「 トモダチコレクション」(2010年5月)• 洗顔フォーム 「ホメられ肌のつくり方」(2009年11月)• ビオレ パーフェクトオイル(2010年9月)• ビオレ マシュマロホイップ(2011年2月)• エフ(2011年9月)• 「 貫地谷しほりとサシ飲み」(2010年9月)• 「S」(2011年1月 - )• 「 Rejapan プロジェクト」(2012年4月)• 「ロキソニンSプラス」(2015年7月 - )• アサヒスタイルフリー 「海上列車編」「シーギリヤロック編」「25億本突破! 編」(2013年3月)• トリニティアーツ 「studio CLIP」(2013年10月 - )• 「プレミアム TOKYO」篇(2016年9月 - )• 「輝きを地肌から」編(2017年9月 - )• - シアワセにする、ぜんぶ「トータルブランド」篇 2019年 PV• 初回盤はでビデオクリップが収録される。 映画『』の主題歌。 「予感」• 「打ち上げ花火」• John-Hoon 「春恋」 その他• DVD Grasshoppa! Vol. 「花の国づくり協議会」ポスター(2004年 - 2005年)• 「誕生日にお花を」のコピーと、花束を抱えた写真のポスター。 マーブルブックス「キミト、ドコカヘ vol. 1」(2006年8月発売)• 鉄道風景を舞台にした写真物語。 に旅をする。 広告 「カレンダー2007」• 「女子アナ出題! 同梱に、特命として出演。 「」シリーズ• 映画版に続き、ネット配信版でも宍戸瞳役として出演。 「全国安全週間」ポスター(2008年6月 - 7月)• 「秋の100冊フェア」 2008年イメージキャラクター• 第60回 2009ふくい(2009年6月7日)• 福井県民代表と共に「未来への一筆啓上」を宣言。 この模様はで生中継された。 不思議Wiiテレビ「未来は今」第1話主演(2009年6月14日配信)• カレンダー(2009年版の7月、2010年版の7月、2011年版の6月)• 「トーハク?」キャンペーン イメージポスター(2010年12月)• DVD 「地球征服アパート物語」(2011年3月18日発売) - 宇宙人78号 役• スターカレンダー(2012年版の3月、2013年版の5月、2014年版の9月)• 求婚の日プロジェクト「ふたりの時計」(2014年1月25日配信) - 主演・ユカリ 役 受賞• 2008年 第32回 新人賞(『愛の流刑地』『神童』『彩恋 SAI-REN』『包帯クラブ』『青空のルーレット』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』『風林火山』『花より男子2(リターンズ)』『イヴの贈り物』『スシ王子! 』『ちりとてちん』)• 2009年 第13回・ドラマグランプリ(GP)」 夏ドラマ・助演女優賞(『』)• 2010年 第7回 The Best of Beauty 2010• 2014年 主演女優賞(『』) 写真集• 二十歳(2005年12月12日、、撮影:新津保建秀)• カンジヤノハナシ(2009年3月26日、ワニブックス、撮影:土井文雄) 脚注 [] 注釈• 2019年11月22日閲覧。 exciteニュース 2016年12月13日. 2018年8月1日閲覧。 2016年11月9日. 2018年8月1日閲覧。 タレントデータバンク. 2018年8月1日閲覧。 貫地谷しほり. インタビュアー:ふみぐら社. 伊藤正次演劇研究所.. の2013-02-26時点におけるアーカイブ。 2020年1月25日閲覧。 : p. 2019年9月1日. 2019年11月22日閲覧。 演劇ニュース. シアターガイド 2007年3月20日. 2013年4月18日閲覧。 2019年11月22日閲覧。 MANTANWEB. 2019年6月3日. 2019年11月22日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年9月24日. 2019年9月24日閲覧。 exciteニュース 2012年1月16日. 2018年8月1日閲覧。 雑誌 2010. 5月号 本人の発言• 2008年8月11日。 2007年2月10日• 美しい森林づくり推進国民運動. フォレストサポーターズ. 2013年4月18日閲覧。 (個人名)「広島市東部・東広島市地方版」2008年12月 - 2009年11月 125頁に4軒。 (2009年11月26日時点の)• エー・アンド・エー配布「マンスリーBOAT RACE」2014年5月号• サイゾー 2013年4月18日. 2018年8月1日閲覧。 ORICON STYLE 2016年5月26日. 2016年5月27日閲覧。 NHKオンライン 2019年3月1日. 2019年3月1日閲覧。 プレスリリース , 日本放送協会, 2014年1月6日 , 2019年4月22日閲覧。 ドラマトピックスブログ. NHK 2014年2月14日. 2014年2月22日時点のよりアーカイブ。 2019年4月22日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2015年12月21日. 2019年4月22日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2014年12月24日. 2019年4月22日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2015年12月11日. 2019年4月22日閲覧。 コミックナタリー 2016年3月7日. 2016年3月7日閲覧。 デイリースポーツ. 2016年10月19日. 2016年10月19日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2017年12月5日. 2017年12月5日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年3月19日. 2019年4月22日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年4月19日. 2019年4月19日閲覧。 MANTANWEB(まんたんウェブ) 2020年1月21日. 2020年1月21日閲覧。 ウォーカープラス. 2015年3月24日. 2015年3月24日閲覧。 ORICON STYLE. 2015年10月29日. 2015年11月9日閲覧。 ニュースウォーカー. 2016年1月18日. 2016年1月18日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月17日. 2016年8月17日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2017年2月7日. 2017年2月7日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年2月17日. 2019年2月17日閲覧。 NHKオンライン. NHK. 2019年2月9日閲覧。 破天荒フェニックス. 2019年11月14日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2017年3月22日. 2017年3月22日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2017年7月5日. 2017年7月5日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2018年4月2日. 2018年4月2日閲覧。 Cinema Cafe. 2017年12月1日. 2017年12月3日閲覧。 ステージナタリー. 2016年9月11日. 2016年9月12日閲覧。 TVでた蔵 2014年9月14日. 2014年9月14日閲覧。 ドワンゴジェイピーnews 2019年11月18日. 2019年12月10日閲覧。 、2014年2月4日閲覧。 『朝日新聞』2014年1月25日夕刊(東京本社版)• 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2014年2月12日. 2017年2月9日閲覧。 外部リンク• - SHIHORI KANJIYA -貫地谷しほりオフィシャルサイト-•

次の