官能 小説 書院。 ひとことレビューその3~『お背中流します【貸し切り癒し温泉】』天崎僚介

TG

官能 小説 書院

お探しの本はもしかすると 吉野純雄「父(パパ)が愛人」CR文庫 1987年 かもしれません。 札幌の単身赴任から戻った父親LOVEな小6の娘が夫婦の夜の営みを 見てしまって性に目覚め・・・みたいなあらすじなので母親はいますが、 最終章は「2人のロリータ」なので娘の同級生も加わりそう。 (うちに現物があるのですが、未読なのではっきりしません) とはいえ、この本は児童ポルノ規制強化の影響で入手は難しそうです。 以下、父娘相姦小説に関する情報。 日本人作家作品で実父娘がストーリーの中心という商業作品はほとんどありません。 (需要が少ないから。 なお、欧米では母子ものより父娘ものが多い。 ) フランス書院文庫で実父娘というと、騙されたり脅しで強制されたり、 という形が多く、描写ボリュームも少ない。 積極的な関係は 「相姦の家 美少女に酔い、少年に溺れて…」石動彰 ですが、これは家庭内で複雑な組み合わせの近親相姦が行われる話。 (フランス書院サイトで「父娘相姦」のタグ検索をしても大半は義理) その他に手持ちで実父娘ものというと、マドンナメイト文庫1987年の 「禁姦 父と娘」矢切隆之 くらい。 程度の悪い本が、ちょうどヤフオクに出品されていて本日終了予定。 これを逃すと入手は容易ではないと思います。 以上、お役に立てたようでしたらば幸いで.

次の

フランス書院: 官能 小説 無料で淫乱(フランス書院)

官能 小説 書院

応募規定 応募資格• プロ、アマを問いません。 自作未発表作品に限らせていただきます。 必ずプリントアウトしたものをお送りください。 応募原稿のスタイル• パソコン、ワープロで応募の際、原稿用紙の形式にする必要はありません。 原稿第1ページの前に、簡単なあらすじ、タイトル、氏名、住所、年齢、職業、電話番号、あればメールアドレス等を明記した別紙を添付し、原稿と一緒に綴じること。 郵送に限ります。 尚、応募原稿は返却いたしません。 手書きの方はコピー原稿で応募することをおすすめします。 よくある質問 Q:発表はいつですか? A:応募を締め切った月の翌々月に一次選考に残った作品を当サイト上で発表します。 その後、最終候補作品を順次、発表していきます。 Q:ちゃんと原稿が届いたか心配なんですが…… A:ご不安な方は配達確認の可能な宅配便などをお使いください。 Q:自宅にいきなり「フランス書院」を名乗って連絡されては困るのですが…… A:作品の性質上、プライバシーには配慮しています。 メールアドレスがある場合はなるべくメールで連絡をとるようにしています。 Q:何枚ぐらい書けばいいですか? A:枚数は基本的に自由です。 どうしても目安が知りたいという方には「四百字詰めで100ページ前後を目標に書いてみてください」とアドバイスしています。 Q:官能大賞以外の窓口はないのですか?(編集部に原稿を持ち込んでもいいですか?) A:当編集部における応募原稿の窓口は「フランス書院文庫官能大賞」のみです。 また、編集部への直接の原稿の持ち込みは、いっさいお受けしていません。 Q:ひとりで複数の作品を応募してもいいんですか? A:ひとりで何点応募してもかまいません。 複数の応募作品を、ひとつにまとめても、別個でも、どちらでもかまいません。 Q:(落選したら)原稿を返却してもらえますか? A:申し訳ないのですが、原稿の返却には対応しておりません。 手書きの方は、コピーした原稿での応募をおすすめしています。

次の

凌辱夜(栗原英介) : フランス書院文庫

官能 小説 書院

応募規定 応募資格• プロ、アマを問いません。 自作未発表作品に限らせていただきます。 必ずプリントアウトしたものをお送りください。 応募原稿のスタイル• パソコン、ワープロで応募の際、原稿用紙の形式にする必要はありません。 原稿第1ページの前に、簡単なあらすじ、タイトル、氏名、住所、年齢、職業、電話番号、あればメールアドレス等を明記した別紙を添付し、原稿と一緒に綴じること。 郵送に限ります。 尚、応募原稿は返却いたしません。 手書きの方はコピー原稿で応募することをおすすめします。 よくある質問 Q:発表はいつですか? A:応募を締め切った月の翌々月に一次選考に残った作品を当サイト上で発表します。 その後、最終候補作品を順次、発表していきます。 Q:ちゃんと原稿が届いたか心配なんですが…… A:ご不安な方は配達確認の可能な宅配便などをお使いください。 Q:自宅にいきなり「フランス書院」を名乗って連絡されては困るのですが…… A:作品の性質上、プライバシーには配慮しています。 メールアドレスがある場合はなるべくメールで連絡をとるようにしています。 Q:何枚ぐらい書けばいいですか? A:枚数は基本的に自由です。 どうしても目安が知りたいという方には「四百字詰めで100ページ前後を目標に書いてみてください」とアドバイスしています。 Q:官能大賞以外の窓口はないのですか?(編集部に原稿を持ち込んでもいいですか?) A:当編集部における応募原稿の窓口は「フランス書院文庫官能大賞」のみです。 また、編集部への直接の原稿の持ち込みは、いっさいお受けしていません。 Q:ひとりで複数の作品を応募してもいいんですか? A:ひとりで何点応募してもかまいません。 複数の応募作品を、ひとつにまとめても、別個でも、どちらでもかまいません。 Q:(落選したら)原稿を返却してもらえますか? A:申し訳ないのですが、原稿の返却には対応しておりません。 手書きの方は、コピーした原稿での応募をおすすめしています。

次の