あしたでんき 申し込み。 あしたでんき|電気料金・プラン詳細・申し込み・解約・連絡先

【電気代最安の評判は本当?】あしたでんきの特徴とメリット・デメリット|口コミ評判レビュー

あしたでんき 申し込み

コスト削減ガイドブックを無料公開! 【店舗・オフィス向け】無駄なコストを徹底削減 あしたでんきの特徴 「あしたでんき」は、東京電力ホールディングスの子会社であるTRENDE トレンディ 株式会社が提供する新電力サービスです。 東電のサブブランドとして安定性も高い「あしたのでんき」の一番の特徴は電力料金の安さです。 その価格は、業界の中でも最安クラスとなっており、料金プランもシンプルで分かりやすい点がユーザーから多くの指示を集めています。 >> 供給エリア 供給エリアは「東北・東京・中部・関西・中国・九州」の6エリアとなっており「北海道・沖縄・四国・北陸エリア」は契約することができないため注意が必要です。 あしたでんきの料金プラン 安さとわかりやすいプランが特徴のあしたでんき。 ここでは。 実際の料金プランがどういった内容なのかを詳しく見ていきましょう。 2種類の料金プラン あしたでんきの料金プランは「標準プラン」と「たっぷりプラン」の2種類です。 「標準プラン」は、月の電力使用量が300kWh程度の一人暮らしや2〜4人世帯の家庭に向いています。 「たっぷりプラン」は、月の電力使用量が700kWh程度のペットを飼っている家庭や5人以上世帯の家庭におすすめです。 たっぷりプランは基本料金が3,000円かかりますが、従量料金の単価が安くなっているため、使えば使うほどお得感を得やすくなっています。 解約金・違約金はかかる? あしたでんきの契約期間は1年間となっていますが、仮に1年以内に解約しても違約金はかかりません。 電気使用量の「見える化」 あしたでんきには、WEBのマイページから自宅の電気使用量をグラフで確認できるサービスがあります。 1時間単位、1日単位、月単位で電気の使用量をグラフ化でき、使用量と一緒に料金も表示してくれるので、使いすぎ防止につながります。 あしたでんきは電気を多く使うほど安くなるプランを採用しているため、家族の人数が多い家庭ほど減額幅が大きくなっているのです。 あしたでんきの評判【メリット編】 さっそく「あしたでんき」を利用しているユーザーの評判をもとに、メリット・デメリットをみていきましょう。 さまざまな新電力企業が参入するなか、「あしたでんき」は東京電力のサブブランドという位置付けで開始された新電力なので、地域電力会社である東京電力が培ってきたノウハウを継承しているため、「停電などは大丈夫?」「トラブルがあったときはきちんと対応できる?」このような不安なども抱えることなく安心して契約することができます。 また引っ越した際なども東京電力系列のため、対応がスピーディであるといった点も「あしたでんき」の大きな魅力といえるでしょう。 一方「あしたでんき」は、階級制ではなく電力量料金を一律にするという料金プランを展開しています。 これは、どれほど多くの電気を使用しても従量料金が変わらないということを意味しており、電気使用量の多い家庭ほどお得になるというメリットがあるのです。 「あしたでんき」にすると、なぜそれほど電気代が安くなるかと言うと、これまで当たり前に発生していた基本料金が0円で、さらに一律の電力量単価だからです。 例えば、4人世帯で月々の電気使用量574kwh使用していた場合、「あしたでんき」にすることで月々1,300円以上、年間にすると16,028円も電気代が安くすることが可能です。 このように「あしたでんき」に乗り換えると、毎月かかっていた基本料がなくなるので、それだけでも電気代の節約に大きく貢献してくれるでしょう。 アンペアとは簡単に言うと、家の電力 家電 をどれだけ一度に利用できるかを表します。 皆さんも「電化製品を一度に使ったらブレーカーが落ちてしまった。 」という経験はありませんか? これは、契約アンペア数の上限を超えて家の電化製品を同時に使ったがために起きてしまうことなのです。 電化製品には、アイロン14A・ドライヤー12A・電子レンジ15Aといったように、アンペア目安というものが存在します。 つまり、仮に契約アンペアが30Aだった場合、先程あげた家電を一気に使うとアンペア数が超過しブレーカーが落ちる可能性があるということです。 今まで、従来の電力会社を使っていてブレーカーダウンが続く場合は、さらに高い基本料金を支払うことで契約アンペアを上げる方が大半でした。 しかし、あしたでんきは基本料金が0円のため、アンペア数をいくらあげても料金が変わりません。 契約アンペアを上げると料金負担が増えると負担を感じていた方も、あしたでんきであれば迷うことなくアンペア数の契約を変更できます。 >> あしたでんきの評判【デメリット編】 今まであしたでんきのメリットを多くご紹介してきました。 ここでは確認しおくべき注意点もしっかり見ていきましょう。 その理由としては、あしたでんきが一律の従量料金を採用していることが影響しています。 参考までに、東京電力とあしたでんきの従量料金の違いを以下の表で確認してみましょう。 従量料金 東京電力(従量電灯B) あしたでんき(標準プラン) 120kWhまで 19. 88 円 26円 120kWh超えて300kWhまで 26. 48 円 300kWh以上 30. 57 円 表を見ると分かる通り、120kWh以下の電力使用量を比べると東電が19. 88円で、あしたでんきが26円となっています。 つまり月の電力使用量が120kWh以下の家庭の場合は、東電から切り替えると逆に料金が高くなってしまう可能性が高いのです。 「あしたでんき」は、現金での料金の支払いを行っておらず、クレジットカードのみの支払いとなっています。 そのため、現在クレジットカードを持っていない場合は、残念ながら「あしたでんき」を契約できません。 そのため、クレジットカードに慣れていないご高齢の方などは乗り換えが難しい可能性があります。 しかし、あしたでんきはガスなど他のサービスを同時利用した場合のセット割はありません。 そのため、セット割が気になる方は他の電力会社も合わさて検討してみましょう。 そもそもオール電化住宅は、日中に使用する電力を夜のうちに発電することで省エネを実現する仕組みとなっています。 そのためオール電化向けの料金プランは、夜の電気代が安くなっている点が特徴です。 これまでオール電化向けの料金プランを契約していた方は、「あしたでんき」に切り替えると夜間割などがないため、かえって電気料金が高くなってしまう可能性が高いので注意が必要といえるでしょう。 持続可能な社会に向けて各国がCO2削減へと向かう中、あしたでんきの環境負荷の側面は確認しておくべき注意点といえるでしょう。 >> あしたでんきの申し込み方法 あしたでんきの申込みはWEB上で完結し、早い方だと10分程度で終わります。 申込みの前に用意するものは「現在使用している電力会社の検針票」と「引き落としされるクレジットカード」の2つのみです。 引用: 検針票とクレジットカードが揃ったら、あしたでんきのWEBページから申込みを行いましょう。 WEBページの案内に沿って住所や氏名、クレジットカード情報などの必要事項を入力し申込みが完了したら、1〜2周間ほどで供給開始日のメールが届きます。 実際に切り替わるまでの流れ あしたでんきに申し込みが完了したら、あしたでんき側で現在の電力会社の解約手続きを行います。 なお、ご自宅にスマートメーターが設置されていない場合は、無料で設置作業が行われます。 申し込みから供給開始までは、スマートメーターがある家庭でおよそ1週間、スマートメーターがない家庭で2週間程度かかると考えておきましょう。 「あしたでんき」と「Looopでんき」の比較 あしたでんきと同じく料金が安いと評判の「Looopでんき」。 ここでは、Looopでんきとあしたでんきの違いを見ていきましょう。 まず基本料金に関しては、Looopでんき、あしたでんきともに0円です。 従量料金に関しては、以下の表を見ていただく分かる通り、あしたでんきのほうがLooop電気より0. 4円ほど安いという結果になっています。 従量料金 あしたでんき(標準プラン) Looopでんき(おうちプラン) 北海道電力 ー 29. 5円 東北電力 26円 26. 4円 東京電力 26円 26. 4円 中部電力 26円 26. 4円 北陸電力 ー 21. 3円 関西電力 22円 22. 4円 中国電力 24円 24. 4円 四国電力 ー 24. 4円 九州電力 23円 23. 例えば、環境への負担が懸念されるあしたでんきに比べて、Looopでんきは再生可能エネルギーへの投資を積極的に行っています。 また、Looopでんきとガスをセットで契約すると、Looopでんきの従量料金が0. 4円割引になるので、実質あしたでんきとおなじ従量料金で電気が使えるようになります。 まとめ 今回は、「あしたでんき」の評判をもとにメリット・デメリットを解説するとともに、申込み方法や実際に切り替わるまでの流れなどをお伝えしました。 改めて、「あしたでんき」の評判をもとにしたメリット・デメリットをおさらいしてみましょう。 新電力への乗り換えを検討する際にはぜひ「あしたでんき」への切り替えを視野にいれてみてはいかがでしょうか。

次の

あしたでんきの評判・デメリットを調査!使った人の口コミは?

あしたでんき 申し込み

電力会社のキャンペーンは2,000円~3,000円分の特典が多いですが、今回は2倍くらいですからね。 ちなみに、あしたでんきだけでなく、電力会社のキャンペーンの多くは現金キャッシュバックはありません。 だいたいギフト券進呈や初月の基本料金無料、数ヶ月間の電気代10%割引などのパターンですが、あしたでんきではギフト券プレゼントが多い傾向にあります。 申し込みキャンペーンにこだわりたい人はも確認してください。 あしたでんきほどの知名度ではありませんが、人気急上昇中の格安電力で常にどこよりもお得なキャンペーンを実施しています。 ただし、お得な特典ですが、条件の難易度が少しあがることが多いです。 例えば、あしたでんきは通常、いつ解約しても解約金は0円ですが、代理店のキャンペーンの条件として『最低4ヶ月間は利用すること』『1年以内に解約した場合は対象外』など契約期間に縛りができることがあります。 公式サイトのキャンペーンを利用しても、ギフト券のコードが届くまでの約2ヵ月は利用する必要がありますが、代理店経由だと若干長めになりがちです。 また、別の電力会社では紹介した友達が契約したらギフト券進呈などの特典もあります。 なので、代理店を利用してお得に申し込みする際には、必ず『条件』を確認しましょう。 簡単な条件ならいいのですが、難しすぎる条件の代理店やキャンペーンはおすすめしません。 エネチェンジや価格コムの限定キャンペーンを比較 あしたでんきのカスタマーセンターに問い合わせたところ、 あしたでんき公式サイトのキャンペーンは経由先を問わず適用されるとのこと。 つまり、『価格コム』などの限定キャンペーンがある窓口から申し込みした方がお得になります。 例として『エネチェンジ』と『価格コム』のあしたでんきのキャンペーンを見てみましょう。 エネチェンジの限定特典・キャンペーンコードは対象外 エネチェンジはあしたでんきとは代理店契約をしておらず、エネチェンジ限定キャンペーンを実施していません。 また、エネチェンジにはタイミング次第で『キャンペーンコード』を入手すると、さらにお得になる特典もありますが、 あしたでんきは対象外となっています。 価格コムの窓口限定キャンペーンは適用される 価格コムから申し込みすると価格コム限定キャンペーンとあしたでんき公式サイトのキャンペーンを両方とも受け取ることができます。

次の

【あしたでんきは評判が悪い?】3分でわかるメリット&デメリット

あしたでんき 申し込み

関東の場合 楽天でんき・あしたでんきと東京電力の従来の料金プラン「従量電灯B」を比較します。 平均的な家庭の場合、 1年間の電気料金の目安は次のとおりです。 (スマホは右にスライドできます ) 世帯 人数 東京電力 従量電灯B (年間) 楽天でんき Sプラン (年間) あしたでんき 標準プラン (年間) 1人 66,568円 65,826円 年間-742円 別途329ポイント 64,584円 年間-1,984円 2人 109,693円 107,166円 年間-2,527円 別途535ポイント 105,144円 年間-4,549円 3人 128,165円 120,204円 年間-7,961円 別途601ポイント 117,936円 年間-10,229円 4人 137,100円 124,974円 年間-12,126円 別途624ポイント 122,616円 年間-14,484円 5人 153,371円 136,104円 年間-17,267円 別途680ポイント 133,536円 年間-19,835円 このように楽天でんき・あしたでんきはどちらも東京電力よりかなりお得です。 ただし楽天でんきのポイントを考慮に入れても、 電気料金は必ずあしたでんきの方がお得になります。 できるだけ節約したい人はあしたでんきを選ぶといいですね。 関西の場合 楽天でんき・あしたでんきと関西電力の従来の料金プラン「従量電灯A」を比較します。 平均的な家庭の場合、 1年間の電気料金の目安は次のとおりです。 (スマホは右にスライドできます ) 世帯 人数 関西電力 従量電灯A (年間) 楽天でんき Sプラン (年間) あしたでんき 標準プラン (年間) 1人 56,630円 55,890円 年間-740円 別途279ポイント 54,648円 年間-1,982円 2人 98,428円 90,990円 年間-7,438円 別途454ポイント 88,968円 年間-9,460円 3人 112,838円 102,060円 年間-10,778円 別途510ポイント 99,792円 年間-13,046円 4人 118,111円 106,110円 年間-12,001円 別途530ポイント 103,752円 年間-14,359円 5人 130,412円 115,560円 年間-14,852円 別途577ポイント 112,992円 年間-17,420円 このように楽天でんき・あしたでんきはどちらも関西電力よりかなりお得です。 ただし楽天でんきのポイントを考慮に入れても、 電気料金は必ずあしたでんきの方がお得になります。 できるだけ節約したい人はあしたでんきを選ぶといいですね。 中部の場合 楽天でんき・あしたでんきと中部電力の従来の料金プラン「従量電灯B」を比較します。 平均的な家庭の場合、 1年間の電気料金の目安は次のとおりです。 (スマホは右にスライドできます ) 世帯 人数 中部電力 従量電灯B (年間) 楽天でんき Sプラン (年間) あしたでんき 標準プラン (年間) 1人 67,300円 65,826円 年間-1,474円 別途329ポイント 64,584円 年間-2,716円 2人 108,452円 107,166円 年間-1,286円 別途535ポイント 105,144円 年間-3,308円 3人 125,901円 120,204円 年間-5,697円 別途601ポイント 117,936円 年間-7,965円 4人 134,462円 124,974円 年間-9,488円 別途624ポイント 122,616円 年間-11,846円 5人 149,859円 136,104円 年間-13,755円 別途680ポイント 133,536円 年間-16,323円 このように楽天でんき・あしたでんきはどちらも中部電力よりかなりお得です。 ただし楽天でんきのポイントを考慮に入れても、 電気料金は必ずあしたでんきの方がお得になります。 できるだけ節約したい人はあしたでんきを選ぶといいですね。 東北の場合 楽天でんき・あしたでんきと東北電力の従来の料金プラン「従量電灯B」を比較します。 平均的な家庭の場合、 1年間の電気料金の目安は次のとおりです。 ただし楽天でんきのポイントを考慮に入れても、 電気料金は必ずあしたでんきの方がお得になります。 一方楽天でんきは東北の1人暮らし・2人暮らしでは割高なので、からあなたに合った電力会社を探しましょう。 中国の場合 楽天でんき・あしたでんきと中国電力の従来の料金プラン「従量電灯A」を比較します。 平均的な家庭の場合、 1年間の電気料金の目安は次のとおりです。 中国地方で一番高い中国電力から、早めに切り替えて節約したいですね。 一方楽天でんき・あしたでんきはどちらも中国の1人暮らしでは割高となるので、からあなたに合った電力会社を探しましょう。 九州の場合 楽天でんき・あしたでんきと九州電力の従来の料金プラン「従量電灯B」を比較します。 平均的な家庭の場合、 1年間の電気料金の目安は次のとおりです。 (スマホは右にスライドできます ) 世帯 人数 九州電力 従量電灯B (年間) 楽天でんき Sプラン (年間) あしたでんき 標準プラン (年間) 1人 59,909円 58,374円 年間-1,535円 別途291ポイント 57,132円 年間-2,777円 2人 97,214円 95,034円 年間-2,180円 別途475ポイント 93,012円 年間-4,202円 3人 113,600円 106,596円 年間-7,004円 別途532ポイント 104,328円 年間-9,272円 4人 121,854円 110,826円 年間-11,028円 別途554ポイント 108,468円 年間-13,386円 5人 136,364円 120,696円 年間-15,668円 別途603ポイント 118,128円 年間-18,236円 このように楽天でんき・あしたでんきはどちらも九州電力よりかなりお得です。 ただし楽天でんきのポイントを考慮に入れても、 電気料金は必ずあしたでんきの方がお得になります。 できるだけ節約したい人はあしたでんきを選ぶといいですね。

次の