キュー アール コード 読み取り か た。 XPERIAでQRコードを読みたい!QRコードの読み取りはどうしたらいい?

QRコードをスマホで読み込む方法

キュー アール コード 読み取り か た

xperiaのQRコード読み取り 数あるスマホの中でもXperiaを使用している方にとってQRコードの読み取りができないというのは最早あるあるですよね。 もちろんXperiaではQRコードを読み取ることができないというわけではありませんが、QRコードを読み取るアプリが中々発見できないのです…。 私自身、アプリを発見することができず、結局Google Playストアからダウンロードしたのは今でもよく覚えています。 そこで今回の記事ではXperiaでのQRコードの読み取りアプリはどこにあるのか、そしてQRコードの読み取り手順についてご紹介していきます! XPERIAでQRコードを読み取るには XperiaでQRコードを読み取りするにはどうすればいいのか、ということについて悩んでいる方もいることでしょう。 そこでXperiaでQRコードを読み取るアプリ、いわゆるバーコードリーダーアプリはどこにあるのかはひとまず置いておいて、まずXperiaでのQRコードの読み取り手順について紹介していきます。 すると画像のように「アプリを提供しているサービス一覧」と書かれているページがありますのでそちらをタップします。 次に開いたページの画面下部にある、「ICタグ・バーコードリーダー」をタップ、そしてダウンロードします。 インストール完了後、ICタグ・バーコードリーダーを開き、QRコードにアプリをかざすことで読み取りが行えます。 ただ、dメニューからだと数あるメニューの中から該当する箇所を探す手間がありますので、可能であればこちらの方法がおすすめです。 私の使用端末がdocomoのxperiaであるためスクショ画像はありませんが、docomoの場合とは違い、わざわざアプリを探してインストールする必要はありません。 そのため、docomoのxperiaよりは簡単かつ楽にQRコードの読み取りが行えるのでは、と思います。 参考元: XPERIAでQRコードが読めるとこんな利点がある ここまでdocomoとソフトバンクのxperiaでのQRコードの読み取り方法について紹介してきましたが、QRコードを読み取りできることの利点についてはわからない方が多いのでないでしょうか。 そんな方にスマホでQRコードを読み取ることができることについての利点を以下にまとめます。 郵便物の再配達依頼が楽に行える• サイトに簡単にアクセスが可能• メールアドレスを読み取ることも可能• プレゼントやキャンペーンなどの応募も行える Etc… このようにQRコードの読み取りが可能であれば様々な利点があります。 もちろん様々にある利点の中でも一部であり、他にも多くの利点がありますのでバーコードリーダーアプリをインストールするかどうか迷っている方は参考にしてみてください。 XPERIAではQRコードリーダーのアプリは最初から入っていない 上記で紹介したQRコードの読み取り方法では、xperia端末 docomo にわざわざアプリをインストールし、読み取りを行うという手順について紹介しました。 しかし、なぜQRコードリーダーをわざわざインストールしなければならないのか、疑問に思う方もいることでしょうから、その疑問について紹介していきます。 XPERIAにはQRコードリーダーのアプリは別の名前で入っている XperiaではバーコードリーダーやQRコードリーダーではなく別名でインストールされていることがあります。 これは上記で紹介したソフトバンクのxperiaでのQRコード読み取り方法を見てもわかるのではないでしょうか。 アプリ一覧に表示されずに、ツール欄に入っていたり、別名で入っていたりすることはXperiaだけではなく他機種でもあることです。 なので、一通り探したけどバーコードリーダーがなかったという方はこの点を踏まえたうえでもう一度探してみてください。 docomoのXperiaでは自分でインストールする必要がある ソフトバンクのxperiaでは名前が少し異なるものの、バーコードリーダーアプリが入っていました。 しかし一方で、 docomoのxperiaには最初からバーコードリーダーがインストールされているわけではありません。 docomoのxperiaでは自分でバーコードリーダーアプリをインストールする必要があるため、上記のような方法となっているのです。 なぜ、このような不便な仕様となっているのかはわかりませんが、一部の人の中ではいらないアプリが勝手にインストールされているのよりは良い、との声もあります。 こういったユーザーの声に耳を傾けた結果、バーコードリーダーが必要な人は各自インストールしてもらうような仕様としたのかもしれませんね。 他にもXPERIAでQRコードが読めるアプリはある スマホでQRコードを読み取るためにはバーコードリーダーを利用しなければならない。 このように考えている方も多いのではないでしょうか。 しかし実はスマホでQRコードを読み取るにあたり、 必ずしもバーコードリーダーを利用しなければならないというわけではありません。 SNSツールとして有名な ラインにツイッター、フェイスブックなどのアプリでもQRコードを読み取ることが可能なのです。 別にバーコードリーダーアプリがなくても良いというXperiaユーザーは、そういったSNSツールをぜひ利用してみてください。 ちなみに参考までにツイッターでのQRコードの読み取り方法はというと以下のようになります。 ツイッターでQRコードを読み取りするには、左上にあるメニューボタン ハンバーガーマークのボタン をタップし、QRコードをタップします。 いくつか権限の認証が必要になりますが、そちらを認証すればQRコードの読み取りが可能になります。 ラインの場合は友だち追加方法の一つである「QRコード」から読み取りを行うため少し違いますが、フェイスブックの場合もツイッター同様にメニューから遷移しQRコードの読み取りが行えます。 参考元: XPERIAでQRコードがなかなか読み込めない場合 最後にQRコードの読み取りが上手くいかない場合、なかなか読み込めない場合の対処法について紹介していきます。 というのも、利用するバーコードリーダーアプリによっては読み取りたいQRコードとは相性が悪くスムーズに読み込めないということもあるからです。 いくら評価の高いバーコードリーダーアプリでも自分にとっても使いやすいかどうか、ということには必ずしもつながるわけではありませんので、ぜひこちらの対処法をお試しください。 例えば暗い場所や、カメラのレンズが汚れていること、読み取る際にブレているなど様々な要因によりQRコードの読み取りは上手くいかなくなります。 できるだけ明るい場所かつ読み取りたいQRコードに対しスマホが平行に、そして手ブレしないように気を付けつつ読み取りを行うようにしましょう。 まとめ Xperiaの中でもドコモのXperiaの場合はQRコードの読み取りを行うためのアプリであるバーコードリーダーアプリがインストールされていません。 そのため、ドコモのXperiaを使用している方がバーコードリーダーアプリを使用するには自分でインストールする必要がありますのでご注意ください。 ちなみに今回の記事ではdocomoが配信しているバーコードリーダーアプリをインストールし、QRコードを読み取る方法について紹介してきましたが、当然google playで配信されているアプリを使用しても構いません。 基本的にバーコードリーダーアプリを起動し、QRコードにかざすことで読み取りができるということについては変わりませんので、好きなアプリを探してみてもいいかもしれませんね。

次の

サーフェスプロのカメラでQRコード読取

キュー アール コード 読み取り か た

QRコードとは? 実は日本発の技術 QRコードとは、スマホなどのカメラをかざすだけで、バーコードのように情報を読み取れる技術だ。 冒頭に挙げた例以外にも、看板や広告、工場での在庫管理、予約した映画のチケットの発券などに印刷され、その用途は多岐にわたる。 今でこそスマホの普及とともに全世界へと広まったが、実は1994年に株式会社デンソーウェーブが開発した日本生まれの技術。 最大20文字ほどの情報しか記録できないバーコードに対し、「より多くの情報を格納したい」というニーズに応えて開発された。 バーコードから進化した点は、情報を横並びに記録する「一次元コード」ではなく、情報を縦と横の2方向に記録する「二次元コード」であること。 容量の大きいデータの場合、バーコードだとコードの桁もかさみ、商品のパッケージに印刷するのは難しい。 二次元に記録できる QRコードなら数十倍から数百倍もの情報を格納できる。 QRコードのメリット 情報を読み取るための技術として、QRコードのメリットは多い。 もっとも大容量な「バージョン40」、誤り訂正レベルLの場合、 最大で漢字・かなを1,817文字、英数字を4,296文字、数字のみなら7,089文字を格納できる。 従来のバーコードは、限られた桁を商品の国番号や事業者コード、商品コードなどに割り振り、それをリーダー側のデータベースと照合することで商品の情報を得る仕組みだったが、大容量データを格納できるため、QRコードなら割り振りに限らず、品名や生産日、使用期限といった 多岐にわたる情報を記録できる。 さらにはWebサイトやアプリのURLも読み取れるため、インターネットとの連携も可能になった。 3つの角に配置している四角い「切り出しシンボル」があるため、コードの存在とコード領域を即座に認識でき、 どの角度からでも高速で読み取れるため、何度もスマホの向きを変えたり、なかなか認識せずにやきもきと待たされたりといったストレスとは無縁だ。 いわば、白黒のマスは0と1の集合体であり、記録された言語そのものなのだ。 位置検出や歪んだコードの外形を正確に検出する役割があり、カメラはこれを捉えることで対象をQRコードだと認識し、どの角度からでも高速で読み取ることができる。 ちなみに四角形を採用したのは、コードの回りにある文字や図形からコードだけを早く抽出するため。 開発陣が5,000ページ以上もの帳票、チラシ、パッケージなどを調査した結果、もっとも使われていない比率を採用した図形が四角形だったという。 その配置や数、サイズの比率も、統計をもとに決定されている。 この配列のパターンにより、誤り訂正レベルが設定されている。 さらにQRコード全体には、白と黒のマスをバランスよく配置するために「マスク」と呼ばれる加工も施されている。 黒だらけでびっしり埋まったコードを見かけないのは、マスクによる補正のおかげだ。 8種類の法則に基づき、記録された言語を保ちながら白と黒の色を反転させる仕組みになっている。 QRコードの導入事例 そんなQRコードだが、具体的にどのように活用されているのか。 ここでは代表的な導入事例を紹介しよう。 レジ横に用意されたQRコードを専用のアプリで読み取るか、自分のスマホの画面に表示したQRコードを店側に読み取ってもらうことで、あっという間に決済が完了する。 特に中国や韓国での普及度は目を見張るほどで、デパートからレストラン、屋台、露店に至るまでQRコード決済が当たり前になっている。 QRコードは自分で作成することも可能 また、QRコードは専用のアプリによって自ら作成することもできる。 もちろん作成だけでなく、リーダーとしても使用可能だ。 「URL」「テキスト」「連絡先」場所」の選択肢が表示されるので、QRコード化したいものを選択。 たとえば「URL」を選択し、表示された窓にQRコード化したいURLを入力、「QRコードを作成」をタップすれば、数秒でQRコードができあがる。 連絡先やポートフォリオのQRコードを名刺に印刷するなど、活用の幅は工夫次第だ。

次の

QRコードをパソコンで読み取る(インストール不要)

キュー アール コード 読み取り か た

専用アプリなしでスマホでQRコードを読み取る手段 QRはQuick Response(クイックレスポンス)の略です。 QRコードを使えば、検索キーワードやURLを入力する手間を省いてカメラで読み取るだけで直接アクセスできることから、チラシやクーポン、TwitterアカウントのフォローやLINEの友だち追加など、幅広く利用されています。 しかし、インストールするアプリを1つでも減らしたいという人もいるでしょう。 結論から言うと、QRコードを読み取る専用アプリがなくてもQRコードを読み取ることは可能です。 専用アプリを入れずにQRコードを読み取る方法は、「スマホの標準アプリを利用する」「既存アプリの機能を利用する」の大きく2種類に分けられます。 既存アプリの機能を利用する• 以下、さまざまあるQRコード読み取りの手順を紹介していきます。 標準カメラでQRコードを読み取り【iPhone】 iPhoneの標準カメラアプリでQRコードを読み取るだけ カメラを起動して撮影画面内にQRコードを入れ、自動で読み込まれて上部に表示される通知バナーをタップするだけと簡単です。 Safariで当該ページにアクセスします。 QRコードを読み取れない場合、スキャン機能がオフになっている可能性があります。 iPhoneの標準カメラでQRコードを読み取る方法は下記の記事でも詳しく解説しています。 appllio. com また、の「QRコードマーク」から、QRコードリーダーを起動するという方法もあります。 標準搭載アプリでQRコードを読み取り【Android】 一部のNTTドコモのスマホにプリインストールされている読み取りアプリ たとえば、ドコモの一部Androidスマートフォンには「ICタグ・バーコードリーダー」という読み取りアプリが搭載されています。 これをそのまま活用して、QRコードの読み取りが可能です。 とはいえ、読み取りアプリがプリインストールされていない端末もあります。 Google Playから専用アプリを追加するのもよいのですが、利用頻度の高いLINE、Twitter、Facebookなどに備わっているQRコードリーダーをそのまま使うこともできます(後述)。 キーボード上部のスキャンボタンでQRリーダーを起動 まずGoogle Chromeのトップ画面で「検索またはURLを入力」と表示されている検索窓をタップします。 キーボードの上部にあるQRコードスキャンボタンをタップします。 タップするとQR・バーコードリーダーが起動し、読み取ることで当該ページにアクセスできます。 Spotlight検索でQRリーダーを起動 iPhoneのSpotlight検索画面で「qr」と検索する ホーム画面で下へスワイプして、Spotlight検索画面を表示します。 検索ボックスで「qr」と入力すると、Chromeの機能として[QR コードをスキャンします]が現れます。 これをタップすればQR・バーコードリーダーが起動し、QRコードをスキャンして当該ページにアクセスできます。 TwitterアプリでQRコードを読み取り ツイッターにもアカウントに紐づいたQRコードがあり、アプリに備わったQRコードリーダーで通常のQRコードもスキャンできます。 Twitterアプリで画面左上にあるアイコンをタップしてメニューを開き、右下のQRコードマークをタップします。 画面下部のQRコードボタンをタップしてQRコードリーダーを起動する すると自分のアカウントのQRコードが表示されます。 QRコードをスキャンするには、この画面下部にあるアイコンをタップしてスキャンモードに切り替えます。 その後、枠内にQRコードを収めて[OK]をタップすると、当該ページにアクセスできます。 なお、QRコードリーダー画面の右上にある画像アイコンをタップすると画像ライブラリが起動し、端末に保存してあるQRコードの画像を読み込むことができます。 FacebookアプリでQRコードを読み取り FacebookにもQRコードを読み取る機能があります。 「qr」と検索してQRコードリーダーを起動する 画面右上の検索ボタン[ ]をタップし、「qr」と入力して検索します。 検索結果の「Facebookショートカット」に[QRコード]が表示されるのでタップするとQRコードリーダーが起動します。 あとはQRコードにかざすと、自動で当該ページにアクセスします。 QRコードリーダー画面の[ライブラリからインポート](または[ギャラリからインポート])を選ぶと、スマホ内に保存したQRコードも読み取れます。 スマホに保存してあるQRコード(画像)を読み取りたい時などに役立ちます。 【番外編】スマホ画面上に表示されたQRコードの読み取り LINEなどでQRコードの画像が送られてきたり、ブラウザでウェブサイトを閲覧している際にQRコードが表示されたりした場合、どのように読み込めばいいかわからなくなるケースもあるでしょう。 スマホに表示されたQRコードはどうやって読み取る…? 画面に表示されたQRコードを読み取る方法はいくつかありますが、ここでは LINEを使った方法を紹介します。 まずは、送られてきたQRコードの画像を端末に保存するか、スクリーンショットを撮影します。 左:QRコードリーダーボタンをタップ 右:画面右上のライブラリボタンをタップ 次に、LINEアプリを起動します。 「」と同様に、「ホーム」「トーク」「ニュース」タブのいずれかからQRコードリーダーボタンをタップし、QRコードリーダーを起動。 次に、画面右上にあるライブラリボタンをタップしましょう。 読み取りが成功すると画面上部にURLが表示されるので、タップすると当該ページにアクセスできます。 読み取りに失敗したりQRコードが表示されていない画像を選択したりすると、「QRコードを検出できません」というエラーが表示されます。 なお、LINE以外でもTwitterアプリやFacebookアプリでも同様の方法で端末に保存されたQRコードを読み取ることができます。

次の