クリック ポスト 追跡。 クリックポスト|日本郵便

クリックポストとは?追跡番号の収集が簡単にできる方法を教えます!|ec

クリック ポスト 追跡

クリックポストの配送方法はポストそれとも配達員? クリックポストサービスを運営しているのは郵便局なので、 当然 郵便局員による配送ですが手紙やハガキのように郵便ポストに入れてくれます。 なので、ゆうパックのようにチャイムがなって配達員から手渡しされる訳ではありません。 つまり、 小包なんだけどポストに入れてくれるという有難いサービスなんですね。 このクリックポストの便利な点は、全国どこでも164円 (2018年9月に料金改定で185円に値上がり予定)で送ってくれること。 そしてネットで運賃を支払い、あて名ラベルを印刷したらポストに差出すだけなので、 わざわざ窓口に行かなくても良いんです。 クリックポストには追跡サービスがあるので、今どこの集配局にあるのか?配達中なのかが分かるので安心です。 ただし気を付けなくてはいけないのが、中身が壊れていた場合は 損害賠償されないので壊れ物をクリックポストで送らないよう 送り主にもお願いした方が良いですね。 (何よりも壊れ物は送ってはいけない事になっています) スポンサードリンク クリックポストの配達時間は夜何時まで? クリックポストは特別な配達時間が設けられている訳ではないので、通常の配達時間内で行われます。 配達時間は郵便局によっても多少の違いがあり、 更にはその日の配達物の量によって午前中に届いたり夕方に届いたりと時間がバラバラです。 ただ、通常の配達であれば朝10時~夕方5時ぐらいまでに届けてもらえます。 郵便ポストに入らなかったなどで再配達になると、 通常の小包と同じように夜9時までの時間帯を指定して配達してもらう事になります。 バイクに乗った郵便局員さんが夜遅くまで配達している姿は見かけませんし、5時以降は車で再配達しています。 小包専用の配送便で配達している場合もありますが、それでもやはり最初の配達は夕方5時までで、再配達だと夜9時までになります。 クリックポストは差出人が郵便ポストに投函するので、 差出人が「荷物を投函しました」と連絡があった翌日に集荷され 近場であればその翌日もしくは翌々日には受け取る事が出来ます。 トンネルのような形をしたオシャレなポストに長方形で柔らかくない物は入りませんよね… そんな時は、まずは玄関チャイムを鳴らして配達員が受取人に手渡ししてくれます。 この時にあいにく留守にしていた場合は、ちゃんとQRコードが印字された 不在通知書を郵便受けに入れてくれるので、後はQRコードをスマホで読み取り、 再配達の手続きを行ってください。 夕方5時までなら、もしかしたらその日のうちに受け取る事が出来ますよ!! さいごに 最近は何もかもがスピーディになりましたよね。 直ぐに手元に届く事が当たり前になってきてはいるんですが、 そのせいか地域担当の郵便局の人や配送業の人と玄関先で話す時間が劇的に短くなっているか、 会話すらない状況に変化しています。 担当者と長々と話す訳ではないけれど、黙々と仕事をこなしている感じで 昭和生まれの私にはちょっと寂しいご時世に感じてしまいます。 ただ、フリマサイトでお金を出して買ってくれたお客様に間違いなく届けて欲しいので 自分が送った荷物が今どこの辺りまで配送されているのかが分かる追跡サービスは、 無くてはならないサービスなんですよね。 クリックポストが誕生して本当に助かってます!!

次の

クリックポスト|日本郵便

クリック ポスト 追跡

クリックポストの追跡番号 クリックポストは、全国どこに送っても料金が188円 増税後の料金 ととても安く荷物を送れる郵便局のお得な郵便サービスです。 クリックポストとは何か、送れるものや梱包して送れる荷物の大きさや重量や厚さ、そして送り方の手順などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。 そんな便利な追跡サービスで追跡状況を確認する為には、追跡番号を入力しなくてはいけません そこで、クリックポストの追跡番号はどこに書いてあるのかっていうと ・ 発送ラベルに印字されているバーコードの下の番号 ・ クリックポストのマイページにあるお問い合わせ番号 です。 発送ラベルに印字されている追跡番号 クリックポストの発送ラベルに印字されているバーコードの下の番号っていうのは 上記の画像の赤枠で囲ってあるa0000-0000-0000aっていう a~aの間にある12桁の番号です。 この12桁の番号がクリックポストの追跡番号です。 マイページに表示されている追跡番号 マイページに表示されている追跡番号っていうのは 上記の画像の赤枠で囲ってある 「お問い合わせ番号」に表示されている12桁の番号が追跡番号です。 発送ラベルに印字されている追跡番号もマイページの「お問い合わせ番号」も同じ12桁の番号です。 クリックポストの追跡の確認方法 クリックポストの追跡番号の場所や数字については、わかってもらえたとおもいます。 そこで、クリックポストの追跡の確認方法は ・ 送り主 自分 が確認する方法 ・ 送り先 相手 が確認する方法 の2つの方法があります。 送り主 自分 が追跡状況を確認するやり方 送り主 自分 が追跡状況を確認するやり方は、クリックポストのマイページを見ます。 マイページに、上記の画像の赤枠で囲ってある 「配達情報」っていう場所に 引受・到着・お届け済みっていう表示がされます。 送り先 相手 が追跡状況を確認するやり方 送り先 相手 が追跡状況を確認する方法は、郵便局の個別番号検索のページで確認することができます。 郵便局の個別番号検索のページはコチラです。 送り先 相手 は、追跡番号がわからないので、必ずクリックポストを発送した後に追跡番号を連絡して教えておいてください。 スポンサーリンク クリックポストの配達日数 クリックポストの配達日数は、基本的には普通郵便と同じで ・ 近い場所だと1~2日 ・ 遠い場所だと2~3日 の配達日数がかかります。 ただし遠い場所に送る場合は、クリックポストを午前中に発送された場合は、翌日の午後に届けてもらえることが多いので、1日早く届けることができます。 日曜日と祝日は配達されないので注意 クリックポストは、 日曜日や祝日は配達されません なので、日曜日の場合は月曜日に配達されますし 祝日の場合は、祝日明けの翌日に配達されます。 なので、日曜日や祝日を挟んでいる場合は、配達日数が長くなってしまうので注意してください。 クリックポストの速達や時間指定 普通郵便で送る場合は、配達日数を短くして早く届けてもらう速達サービスや お届けする時間帯を指定できる時間指定サービスなどのオプションをつけて発送することができます。 しかし、クリックポストは料金が安い分、 速達や時間指定などのオプションをつけることができません なので、少しでも早く届けたい場合は、クリックポストで送れる荷物と同じようなサイズを送ることができるレターパックで送るのも一つの郵送方法です。 レターパックも全国どこに送っても一律の料金で送ることができて、速達並みの早さで配達してくれます。 クリックポストとレターパックの料金や送り方の違いやお得な使い分け方などについては、コチラの記事に書いてあります。 クリックポストの追跡番号は ・ 発送ラベルのバーコードの下に記載されている番号 ・ マイページに記載されている「お問い合わせ番号」 です。 そして、追跡状況の確認方法は ・ マイページの「配達情報」を見る ・ 個別番号検索に追跡番号を入れる などで確認することができます。 クリックポストは、全国一律で188円 増税後の料金 で安く送ることができます。 そして、配達日数は普通郵便で送る場合とほとんど同じです。 しかし、安い分、速達サービスや時間指定サービスなどのオプションをつけることができないので注意してください。 クリックポストのキャンセル方法や有効期限などについては、コチラの記事に書いてあります。

次の

クリックポストが追跡できない原因は?遅い場合の3つの対処法

クリック ポスト 追跡

クリックポストの配送方法はポストそれとも配達員? クリックポストサービスを運営しているのは郵便局なので、 当然 郵便局員による配送ですが手紙やハガキのように郵便ポストに入れてくれます。 なので、ゆうパックのようにチャイムがなって配達員から手渡しされる訳ではありません。 つまり、 小包なんだけどポストに入れてくれるという有難いサービスなんですね。 このクリックポストの便利な点は、全国どこでも164円 (2018年9月に料金改定で185円に値上がり予定)で送ってくれること。 そしてネットで運賃を支払い、あて名ラベルを印刷したらポストに差出すだけなので、 わざわざ窓口に行かなくても良いんです。 クリックポストには追跡サービスがあるので、今どこの集配局にあるのか?配達中なのかが分かるので安心です。 ただし気を付けなくてはいけないのが、中身が壊れていた場合は 損害賠償されないので壊れ物をクリックポストで送らないよう 送り主にもお願いした方が良いですね。 (何よりも壊れ物は送ってはいけない事になっています) スポンサードリンク クリックポストの配達時間は夜何時まで? クリックポストは特別な配達時間が設けられている訳ではないので、通常の配達時間内で行われます。 配達時間は郵便局によっても多少の違いがあり、 更にはその日の配達物の量によって午前中に届いたり夕方に届いたりと時間がバラバラです。 ただ、通常の配達であれば朝10時~夕方5時ぐらいまでに届けてもらえます。 郵便ポストに入らなかったなどで再配達になると、 通常の小包と同じように夜9時までの時間帯を指定して配達してもらう事になります。 バイクに乗った郵便局員さんが夜遅くまで配達している姿は見かけませんし、5時以降は車で再配達しています。 小包専用の配送便で配達している場合もありますが、それでもやはり最初の配達は夕方5時までで、再配達だと夜9時までになります。 クリックポストは差出人が郵便ポストに投函するので、 差出人が「荷物を投函しました」と連絡があった翌日に集荷され 近場であればその翌日もしくは翌々日には受け取る事が出来ます。 トンネルのような形をしたオシャレなポストに長方形で柔らかくない物は入りませんよね… そんな時は、まずは玄関チャイムを鳴らして配達員が受取人に手渡ししてくれます。 この時にあいにく留守にしていた場合は、ちゃんとQRコードが印字された 不在通知書を郵便受けに入れてくれるので、後はQRコードをスマホで読み取り、 再配達の手続きを行ってください。 夕方5時までなら、もしかしたらその日のうちに受け取る事が出来ますよ!! さいごに 最近は何もかもがスピーディになりましたよね。 直ぐに手元に届く事が当たり前になってきてはいるんですが、 そのせいか地域担当の郵便局の人や配送業の人と玄関先で話す時間が劇的に短くなっているか、 会話すらない状況に変化しています。 担当者と長々と話す訳ではないけれど、黙々と仕事をこなしている感じで 昭和生まれの私にはちょっと寂しいご時世に感じてしまいます。 ただ、フリマサイトでお金を出して買ってくれたお客様に間違いなく届けて欲しいので 自分が送った荷物が今どこの辺りまで配送されているのかが分かる追跡サービスは、 無くてはならないサービスなんですよね。 クリックポストが誕生して本当に助かってます!!

次の