マヤ 暦 明日。 今日のマヤ暦 K244 黄色い種・青い鷲の10日目

マヤ暦の明日何が起こるんでしょうか?何かどっかで地震雲発見したというのをS...

マヤ 暦 明日

今日のkinは? 毎日更新中。 kin92 宇宙は「沈黙」している。 神も「沈黙」しているらしい。 自分の行いはすべて自由意思の元で。 宇宙や神に介入されない嬉しさと厳しさ。 なんて話を友人としてみたり。 聞いてみたり。 納得してみたり。 sponsordLink 時間のかんがえ方 マヤの人たちは、時間は単に流れていくものではなく、 「意識のエネルギー」と考えていました。 現代の私たちの生活の中の「時間の感覚」と大きく違うところです。 簡単に言えば、1日1日のその日の「意味」や「エネルギー」があり、 260日違うエネルギーを受けて、人や宇宙は存在しているという考え方です。 「今日は時間が過ぎるのが早いな~」 「なんだかソワソワする日だな~」という経験ありませんか? それは、「時間」をココロが感じているのです。 「時間」にはエネルギーがあり、それを感じるココロの変化を 周期的に表したものがツォルキン暦なのです。 その260日は第一の城~第五の城まで、 5つの色の城で成り立っています。 第一の城 Kin1~52 2020年3月29日~2020年5月19日 「起」だったり「誕生」だったり「種をまくとき」だったりします。 第二の城 K53~104 2020年5月20日~2020年7月10日 「承」だったり「鍛錬」だったり「揺すぶられるとき」だったりします。 第四の城 K157~208 2020年9月01日~2020年10月22日 「結」だったり「熟成」だったり「刈り入れるとき」だったりします。 第五の城 K209~260 2020年10月23日~2020年12月13日 「回帰」だったり「整理」だったり「感動するとき」だったりします。 スポンサーリンク sponsordLink コンテンツ一覧 調べる• — 20,507,470 views• — 310,221 views• — 360,882 views• — 68,635 views 新規追加 知 る• — 1,320,484 views• — 356,492 views• — 290,368 views• — 126,133 views• — 72,741 views• — 100,316 views 楽しむ• — 254,410 views• — 190,711 views• — 587,253 views 参加する• — 39,615 views• — 51,927 views• — 52,902 views 聞く• — 29,995 views• — 7,682 views なんとなく• — 23,483 views 新規追加 メルマガ• — 34,452 views 新規追加 おすすめ人気記事•

次の

マヤ暦K182「白い犬」最終日☆明日から「青い夜」13日間start~ヽ(^。^)ノ☆

マヤ 暦 明日

黄色い種、青い鷲、音10 の日。 心のモチベーションが大切なポイントです。 計画をしっかり立ててみましょう。 ・体重6kg前後。 引き続き、よろしくお願い致します ***** 昨日は一日、家を出たり入ったりと 慌しく過ごしていました。 市役所へ提出する書類もようやく出きて ポストへ投函。 そのついでに本屋さんへ寄って 読みたかった雑誌を見たり、 気になってた本を読んでみたり。 いつも覗くコーナーは猫ちゃんコーナーや 片付け関連の本を置いてあるコーナー。 昨日はひぐちさとこさんの 「みるみる部屋が片付きました」 という本の表紙の言葉に目が留まり・・・ 「集めすぎ女子」 あはは、それって私もあてはまるかも。 どうしたらいいのかわからなかったり。。。

次の

【今日のマヤ暦】ツォルキン暦でみる今日の過ごし方 K90 白い犬 青い嵐 音12

マヤ 暦 明日

マヤ暦の予言というのがウソなので何も気にする必要はないです。 地震雲は存在しません。 地震虹も存在しません。 お天気と地震は関係ないです。 空に何かが出たら地震がくるという話はウソです。 珍しいと思われている虹や雲は実は珍しくない、気象学で説明できるのだ、ということを知らない人たちが地震と結び付けているのでしょう。 まず、雲の形にはどういうものがあって、どの高さにできるのか、を知るのがよいと思います。 普通の雲のことを知らないと、異常な雲は発見できないでしょうから。 いろいろな雲の形についでは、京都市青少年科学センターのまとめがあります。 池田圭一「図説 空と雲の不思議 きれいな空・すごい雲を科学する」や荒木健太郎「雲を愛する技術」でも詳しく紹介していますので、お勧めします(きれいな写真も多いです) 地震学会の広報紙「なゐふる」の昨年4月号にも地震雲の記事が出ていますのでおすすめします。

次の