カボチャ スープ レシピ 人気。 簡単!かぼちゃレシピ人気15選おすすめを厳選紹介!【煮物・レンジ・デザート】

かぼちゃのポタージュ(スープ)のレシピ/作り方:白ごはん.com

カボチャ スープ レシピ 人気

バターナッツカボチャのポタージュスープ ホマレ姉さんの畑では、毎年バターナッツカボチャを作っています。 このカボチャは粘質で煮物にするにはイマイチなんですが、スープにするとバツグンに美味しいのです。 バターナッツカボチャは8月の終わりくらいから収穫し始めますが、すぐには出荷せず、必ず1か月以上寝かし、完熟してから出荷します。 姉さんもよく、このバターナッツでスープを作りますが(恥ずかしながらレシピも以前UPした…)、出荷先のホテルのシェフが作るバターナッツのポタージュスープはやっぱり桁違いに美味しいのヨ! これは何か秘密があるのでは…と思い、秋の行楽シーズンで思いっ切り忙しいこの時期に、失礼を承知でシェフに教えを乞うてきました。 美味しさの秘密は使うブイヨン(だし汁)にあります。 炒め玉ねぎとか使いません。 ましてスープの素は論外です。 バターナッツのポタージュのブイヨンはバターナッツ自身で取る…いわゆる、始末のレシピです。 もう一つ、運悪くあまり甘くないカボチャに当たった時の秘密も聞き出しました。 それは最後に書いておきますから、最後まで読むんだよぉ〜(笑)。 しかし、こんなに暴露してシェフに怒られないか、心配です…。 煮込んだらザルに上げて濾しブイヨンにする、カボチャの色と香りがしたらOKです。 加熱時間は100gに対し2分が目安。 硬ければ追加加熱をする。 (あ、シェフはレンジじゃなく、カボチャをアルミはくに包みオーブンで加熱してましたが、家庭で作るにはレンジで十分と言ってました)• (使うカボチャによりブイヨンの量は調節する)•

次の

簡単!かぼちゃレシピ人気15選おすすめを厳選紹介!【煮物・レンジ・デザート】

カボチャ スープ レシピ 人気

かぼちゃのポタージュの材料 このかぼちゃのポタージュレシピは、 かぼちゃ250gに牛乳500mlを合わせるので、比較的あっさりめな仕上がりです。 そのねらいとしては、 普段の和食の献立にも取り入れやすいよう、生クリームなどは使わずに、作りやすく、さらりと飲みやすくしたかったから。 かぼちゃと牛乳以外に使うのは玉ねぎとバター。 玉ねぎは繊維を断つように薄切りにしておきます。 かぼちゃは種とワタをスプーンなどで取り除き、ヘタがあれば切り落として皮をむきます。 皮に近い部分の緑色がほとんどなくなるくらいに皮をむいてから、切りやすい幅に切り分け、かぼちゃをまな板の上で安定させてから1㎝幅に切ります。 切ったかぼちゃを平皿などに重ならないように並べてラップをして、 600Wで2分加熱します。 取り出して厚みのある部分に爪楊枝などを刺し、火通りを確認します(火が通っていなければ追加で加熱し、この段階でほぼ火が通っている状態にしておきます)。 かぼちゃのポタージュの下ごしらえ 鍋にバターを入れて弱めの中火にかけ、溶けて熱くなれば玉ねぎを加えて炒めます。 玉ねぎが透明になるまで火を通します。 玉ねぎに火が通れば、弱火にして、 小麦粉大さじ1を全体にふりかけ、すぐに炒め合わせます。 バターが多くないので、玉ねぎにまとわりつくような形になりますが、それでも大丈夫です。 1分くらい炒め合わせます。 ここで500mlのうち300mlの牛乳をそそぎ入れます。 火を少し強め、玉ねぎと小麦粉がほぐれるように混ぜながら牛乳を温めます。 沸騰前にレンジで加熱したかぼちゃを入れ、沸いたら極弱火にして、1~2分ほど加熱して火を止めます。 ミキサーの場合は軽く冷ましたものを移し、後から残りの冷たい牛乳200mlを足し入れて混ぜます。 これで完全に冷めるので、その状態でミキサーにかけます。 その場合のことは下の補足にまとめています。 かぼちゃがこまかくなって、ポタージュ状になればOKです(ミキサーに移し終わった鍋に移せばよいので、鍋は特に洗わずに置いておくとよいです)。 鍋に取り出し、飲むタイミングで火にかけます。 温まればAの塩(小さじ1弱)と味をみて甘みが足りなければ少量の砂糖を加えます。 温めるときに鍋肌や鍋底にスープがこびりつきやすいので、ゴムベラやお玉で落としながら温めるとよいです。 あとは器によそって、粗びき黒こしょうをほんの少し振りかけるのもおすすめです。

次の

かぼちゃの人気レシピ厳選30!カボチャは栄養の宝庫♪体の中から綺麗に| 家計すまいる

カボチャ スープ レシピ 人気

バターナッツカボチャのポタージュスープ ホマレ姉さんの畑では、毎年バターナッツカボチャを作っています。 このカボチャは粘質で煮物にするにはイマイチなんですが、スープにするとバツグンに美味しいのです。 バターナッツカボチャは8月の終わりくらいから収穫し始めますが、すぐには出荷せず、必ず1か月以上寝かし、完熟してから出荷します。 姉さんもよく、このバターナッツでスープを作りますが(恥ずかしながらレシピも以前UPした…)、出荷先のホテルのシェフが作るバターナッツのポタージュスープはやっぱり桁違いに美味しいのヨ! これは何か秘密があるのでは…と思い、秋の行楽シーズンで思いっ切り忙しいこの時期に、失礼を承知でシェフに教えを乞うてきました。 美味しさの秘密は使うブイヨン(だし汁)にあります。 炒め玉ねぎとか使いません。 ましてスープの素は論外です。 バターナッツのポタージュのブイヨンはバターナッツ自身で取る…いわゆる、始末のレシピです。 もう一つ、運悪くあまり甘くないカボチャに当たった時の秘密も聞き出しました。 それは最後に書いておきますから、最後まで読むんだよぉ〜(笑)。 しかし、こんなに暴露してシェフに怒られないか、心配です…。 煮込んだらザルに上げて濾しブイヨンにする、カボチャの色と香りがしたらOKです。 加熱時間は100gに対し2分が目安。 硬ければ追加加熱をする。 (あ、シェフはレンジじゃなく、カボチャをアルミはくに包みオーブンで加熱してましたが、家庭で作るにはレンジで十分と言ってました)• (使うカボチャによりブイヨンの量は調節する)•

次の