水マグナ編成。 【グラブル】初心者向け水マグナ編成の進め方

無課金で水マグナの理想の武器編成は?スタメン候補も考案!

水マグナ編成

編成例のメイン武器とEX攻刃はメイン第8章までに解禁されるサイドストーリーで獲得可能です。 上記の編成はこの段階での理想編成では無いですが、徐々に武器を入れ替えていく流れをイメージして頂けると良いかと。 四象降臨開催時に、『冬ノ霜柱』『玄武甲槌』を入手して編成しておくのも重要。 バハ武器はサイドストーリーの「どうして空は蒼いのか」クリア報酬でSSR段階を入手するのがおすすめです。 もし4凸が可能なら随時進めたいところ。 四象降臨で手に入る「冬ノ霜柱4凸」作成できると、リヴァ短剣の本数を減らせるのでぜひ採用したいですね。 EX枠はATKの面からコキュ琴優先ですが、両方メイン武器で使う可能性や交換だけで確保できる点から 琴1杖1の形でもOK。 キャラの得意武器を揃えられる場合はこの辺りから 虚空武器やオメガ等も積極的に採用していきたいですね。 PT内で3人以上の得意武器を揃えられるなら虚空武器の起用も選択肢になる。 水属性は奥義性能の高いキャラや奥義加速が得意なキャラが多いので、リヴァ短剣編成の次の段階として目指したい立ち位置。 また5凸段階まで強化を終えた場合は、更に加護対象となる第3スキルを追加できるため編成から外れることはなくなる。 アストラルウェポン関連記事はこちら 『ドラゴニック武器』は5凸から編成候補 終末武器とは共存できず編成にどちらか1本のみだが、『ドラゴニック武器』は 5凸まで強化することで攻刃を含む「神威」スキルの習得が可能になる。 上限UP系のスキルを習得できないが、耐久面で役立つ性能。 同じ通常攻刃枠であるバハ武器と入れ替えて起用したい。 詳細は以下のページを参照。 ただし カツウォ編成などの奥義特化運用では奥義ダメを伸ばす恩恵が大きく、琴5本目の採用までは視野に入れたいですね。 PT全体の火力を底上げすることができるので古戦場の戦貨ガチャで優先的に入手したい。 短剣なのでダクフェなどのジョブが装備できる点も優秀。 奥義発動で3ターンの間味方全体を確定クリを付与する奥義持ち。 連撃を他キャラで確保できる場合、四天刃の代わりにメイン武器候補。 四天刃と比較するとTA率が上がらないが、DA率と属性攻撃強化の上昇値が高く、効果ターンも長い。 PTメンバーを1つの得意武器で固めていてかつ、水属性で作成できるなら優秀なメイン武器候補。 ランバージャックやライフォ等のメイン武器として特に活躍する性能。 HPの維持に最適な効果で、杖メインジョブなどで強敵に挑む際のメイン武器として非常に有用な武器。 番外編:鰹運用の奥義編成 水ライフォ用のロペ琴5本編成 水属性マグナは 強力な方陣必殺スキルで奥義特化型の編成を組めるのも特徴。 エウロペに挑戦する段階にきたら、エウロペ琴、エウロペ杖を集めて奥義編成の作成を目指そう。 最終的にヴァルナ編成移行も考慮 ヴァルナ編成とは? 通称神石と言われるSSR召喚石『ヴァルナ』を使った編成。 無料ガチャなどでヴァルナが手に入ったら考え始めるといったレベル感でOKです。 PT全体の火力を底上げすることができるので古戦場の戦貨ガチャで優先的に入手したい。 短剣なのでダクフェなどの優秀なジョブが装備できる点も優秀。 四天刃と比較するとTA率が上がらないが、DA率と属性攻撃強化の上昇値が高く、効果ターンも長い。 PTメンバーを1つの得意武器で固めていてかつ、水属性で作成できるなら優秀なメイン武器候補。 ランバージャックやライフォ等のメイン武器として特に活躍する性能。 HPの維持に最適な効果で、杖メインジョブなどで強敵に挑む際のメイン武器として非常に有用な武器。 次に『もともと編成にある武器』で探す 奥義効果が強力なメイン武器がない場合、次は もともと編成に入っている武器の中でメインで装備できる武器を探すのが良い。 マグナ武器やEX攻刃武器に装備できる武器種があれば理想。 後は『装備できる武器』でOK もし上記ふたつに当てはまる武器がなかった場合は、装備できる武器を探していけばOK。 ライターA もちろん育成済みの攻刃があれば優先したいですが、 装備できるなら未育成でも守護でも構いません。 最適なジョブを使えないデメリットの方が大きいです。 攻撃力では銃が最高だが、短剣はSSR武器がなければダークフェンサーのメイン武器として使える。 島HARD周回で集めるのがおすすめ。 霧氷の攻刃 水属性の通常攻刃スキルを持つ槍武器。 メイン第12章クリアで解禁されるサイドストーリー「若き義勇の振るう剣」の クリア報酬で3凸入手可能。 EX攻刃等 水属性のEX攻刃スキルを持つ武器。 メイン第10章クリアで解禁される サイドストーリー「プリコネコラボ」で交換入手可能。 入手できる時期が早く、序盤のEX枠として活躍する。 作成も簡単なのでどんな編成でも最優先で編成したい。 この段階では「メイン12章クリア報酬」分に加え、 リヴァマグに挑戦してもう3本3凸作成を目指したい。 交換時点で3凸のため育成リソースが少なく、4凸も容易なためリヴァ短剣4凸段階までは1本入れ替えで編成に入る性能。 霧氷の攻刃II イベント『四象降臨』で入手できる武器。 最終解放も可能で、序盤の通常攻刃枠や上限UPスキル持ちの武器として活躍する。 バハムート武器は種族に応じて恩恵を得られるスキルを持つ武器。 メイン54章クリアで解禁される「どうして空は蒼いのか」を進めてSSR段階を入手しよう。 EX攻刃等 水属性のEX攻刃スキルを持つ武器。 メイン第10章クリアで解禁される サイドストーリー「プリコネコラボ」で交換入手可能。 入手できる時期が早く、序盤のEX枠として活躍する。 この段階では最終解放も考えたい。 この段階ではステータスを上げるために上限解放を進めたいところ。 この構成を作るうえで必要なこと 1:リヴァイアサンマグナを倒そう メインクエスト第54章クリアで解禁されるサイドストーリー「どうして空は蒼いのか」では、 SSR段階のバハ武器を入手できるのがポイント。 この段階では積極的にメインクエストを進めてバハ武器の入手を目指そう。 2倍に強化される。 SRのままでは恩恵が少なく編成から外れやすいので、SSRへの強化が可能なRank101を目指そう。 方陣・攻刃II この編成の基本となる武器で、3凸の完成が目標。 ドロップで集めた装備を1本ずつ3凸にしていきつつ、最終的には4本完成を目標としたい。 HP満タン時の火力はやや下がるものの、 複数本リヴァ短剣が入る編成では1本代わりに編成できる武器。 この段階で集める必要はないが、もし拾った場合は 育成してから無凸で編成。 霧氷の攻刃II イベント『四象降臨』で入手できる武器。 リヴァ短剣をメイン武器として使う際に通常攻刃枠として編成されるほか、 Slv15まで育っていればリヴァ短剣と入れ替えになる。 できればこの段階でスキルに王を追加したいところ。 EX攻刃 特大 六道武器があるならこの段階のEX枠の理想は琴1本、杖1本の計2本。 EX1枠の場合はATKが高い琴を優先したい。 EX攻刃 特大 コキュ琴と同じEX攻刃を持つ武器。 無い場合はこのあたりの段階でEX枠を1本に減らしたい。 バハ武器 様々な属性の編成で使える武器なので、この段階でスキルLvを上げておきたい。 育成する順番 武器 解説 【1】 ガブ杖 SR3凸まで強化しておく 【2】 冬ノ霜柱 優先的に4凸Lv150まで強化したい スキルLvもできるだけ上げる 【3】 EX攻刃 この時点でEX攻刃武器1本目が Slv10でない場合は最優先 【4】 リヴァ短剣 最後まで強化しておきたい武器 EX攻刃2本が終わったらSlv10まで 【5】 バハ武器 ノヴム化のためにSlv10が必要 スキル餌が大量に必要な点に注意 【6】 通常攻刃 玄武甲槌であれば最後まで優先的に育成 EX攻刃武器がない場合は優先度UP この構成を作るうえで必要なこと 1:リヴァイアサンマグナを倒そう この段階では『冬ノ霜柱』を4凸Lv150のSLv15までの強化を目指そう。 4凸Lv120まで育てることで「海神方陣・背水」を習得し、 HP減少時にはリヴァ短剣を上回る武器になるので、リヴァ短剣が複数本入る編成では1本起用したい。 特にリヴァイアサンマグナHLでは この後の最終解放に必要になる素材をドロップするため、積極的に挑戦していきたい。 リヴァ短剣を複数本編成する場合、1本編成に入りやすい。 他の手段で連撃を確保できるならリヴァ短剣の方が安定して火力を確保できる場合が多いため、基本的にはHPが欲しい際の編成候補という立ち位置。 2倍にする優秀な天司武器。 SSR化さえすれば対火属性ならどんな編成からもほぼ外れることはない。 スキルLv上げはバハ武器と同じスキル餌が必要なので、後回しでも問題無し。 EX攻刃 特大 優秀なEX攻刃枠の武器として武器編成に計2本入る。 ATKはコキュ杖より高いが、 それほど大きな差はないので作成しやすい琴1本、杖1本の計2本を編成したい。 EX攻刃 特大 コキュ琴と同じEX攻刃を持つ武器で優先して編成に入る。 ATKはコキュ琴の方が高いが、それほど大きな差はないため杖1本琴1本の計2本でOK。 他のEX武器の場合は1本編成し、コキュ武器入手の機会を待ちたい。 EX攻刃 大 コバルト・ アーツ EX攻刃の効果量はゼノコキュ武器に及ばないものの、アビダメ上限UPの効果があるため、 アビダメを中心とした運用では編成候補。 奥義効果も優秀なので 水属性で作成できるならメイン武器としても役立つ。 バハ武器 フツルス化すれば種族縛りも緩和されるため、パーティの種族に応じて作成。 育成する順番 武器 解説 【1】 リヴァマグ石 4凸の恩恵が非常に大きい。 Rank120以上なら最優先で目指そう。 【2】 リヴァ短剣 解放するごとにスキルを上げていきたい ただし必要な餌が多いため注意 【3】 EX枠 リヴァ短剣と合わせて最終上限解放、 スキル上げの両方を進めていきたい 【4】 バハ武器 フツルス化は優先、スキル育成は後回し 餌にかなり余裕が出たらSlv. 奥義の頻度が高いPTなら、特に恩恵が大きい。 必殺武器と組み合わせて、より奥義上限を伸ばせる。 23倍にする非常に強力な武器。 対火属性であれば編成から外れることはない。 状況に応じて、リヴァ短剣1本と選択肢で編成できる。 5凸解放をすると、加護対象の渾身や背水、進境などのスキルを習得できる。 EX攻刃 極大 極大のEXを持ち 3凸段階からEX枠としては最も優先度の高い武器。 5凸後は弱体数に応じた通常上限UPのメイン装備縛りがなくなりより扱いやすくなる。 EX攻刃 特大 コキュ杖と同スキルを持つEX攻刃枠の候補。 フェイトレスがない場合はATKがコキュ杖より高いため、編成する場合は琴を優先したい。 EX攻刃 特大 コキュ琴と同じくEX攻刃枠の優先候補となる武器。 フェイトレスと合わせてEX2枠が理想だが、所持しておらず他のEX武器で代用する場合EX攻刃枠は1本になる。 EX攻刃 大 アビダメ上限UP EX攻刃の効果量はゼノコキュ武器に及ばないものの、アビダメ上限UPの効果があるため、 アビダメを中心とした運用では編成候補。 ウーノを始めとして優秀な槍刀キャラが揃っているため、 専用の編成を組めるならEX枠と入れ替えで編成できる。 水はエウロペやアルタイルなどの相性の良い杖得意キャラが複数いるため運用しやすい。 こちらも 専用の編成を組めるならEX枠の候補になる。 先制の氷刃 霧氷の攻刃 開始8ターンの間のみ発動する「先制」スキルを持つ武器。 ただし2本目以降の先制スキルは共存しないため編成本数は1本。 霧氷の攻刃III 渦潮の必殺 攻刃IIIに通常必殺を持つ武器。 通常攻刃枠での編成もできるが、 奥義効果が優秀なためメイン武器での採用も有用。 カツウォ必殺編成にも採用はできるが、2本以上編成するのであれば、ヴァルナ編成に移行したい。 奥義効果も優秀なので 水属性で作成できるならメイン武器としても役立つ。 バハ武器 水属性は種族縛りが厳しいが、それでも通常攻刃枠として編成に入ってくる武器。 HPが伸ばせる点も優秀だが、オメガ武器と選択肢になる場合もある。 【2】 エウロペ琴 リヴァ武器5凸よりも、 ロペ琴4凸を優先 【3】 リヴァ短剣 エウロペ琴の集まりに応じて 短剣を5凸したい。

次の

【グラブル】水マグナ天秤の可能性

水マグナ編成

土マグナハイランダー編成という可能性 水有利古戦場も終わって落ち着いて来たので、古戦場前に加入してちょっとずつ使いはじめている土属性賢者であるカイムの使用感などをあげてみようと思います。 まずはカイムのアビリティ編成 おそらく使い勝手が良いのは2アビです。 いわゆるコピースキルであり、分かりやすく言うとグラゼロのあとに打つともう一発グラゼロが打てるというようなスキル。 ただ、スキルによってはコピーできないものもあり、剣聖の剣神解放やザ・グローリーのグロリアス・アーツなどはコピーが出来ないようです。 そして、カイムの特徴とも言うべき3アビのブランクフェイス。 スタメンが使ったアビリティによってアビリティの内容が変わるというリミテッドリーシャのブレイブコマンドとちょっと似たアビリティとなります。 ブレイブコマンドはアビリティ使用後に使った種類によってアビリティ内容が変わりますが、ブランクフェイスの方はブランクフェイス状態の時に使われた直前のアビリティによって内容が変わります。 また、ブレイブコマンドの方は号令レベルの高さが非常に重要になりますが、ブランクフェイスの方はランクによって変わるのはカイムにかかる効果だけになるのであまり重要ではない気がします。 そして、ブランクフェイス及び変化した各トリックの再使用ターン数は一応5ターンとなっていますが、奥義を打つごとに各トリックがリセットされ、即ブランクフェイスが使用可になるので奥義回りがいい土属性だと5ターンかからずに打てることが多々ある感じです。 2アビの使用間隔が1ターンなのでダイヤトリックを多用していくことになる感じでしょうか。 カイムも正位置と逆位置のアビリティを持っていますが、カイムのもう1つの特徴とも言うべき刑死者の逆位置のサポートアビリティ、すべて違う武器を並べるといういわゆるハイランダー編成です。 メンバーと召喚石は全く一緒で 装備の方を変えてみました。 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 これで試しに通常マキュラを同じような進行で殴ってみたのですが どちらも両面ユグマグでリロード無し 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 差は少ないもののマグナハイランダー編成の方が強いという結果に・・・ これ以前にも同様にマキュラを殴っているのですが、やはりマグナハイランダーの方が僅かに早い結果でした。 マグナハイランダー編成の方はニーベルンホルンが3本並んでないのでクリティカル確定とはなりませんが、逆位置効果や白虎邪のダメージ上限アップ効果もありマグナハイランダー編成の方に分があるようでした。 通常マグナ編成ダメージ例 マグナハイランダー編成ダメージ例 まぁ、どちらの編成も進行する上で多少のブレはあると思いますが、少なくとも火力的には甲乙つけがたい性能と言えるのではないでしょうか。 また、HPを比べてみると 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 ほぼ変わらず・・・ マグナ編成の方はニーベルンクリンゲをもっと並べてHPを盛るというのもあると思いますが、自分のユグ杖はスキルレベル15までしか上げていなかったのでそれを考慮すると、マグナ編成に勝てないまでもなかなかいい勝負になるのではないかと思います。 そして、やはり本命は両面ティターンによるハイランダー編成・・・ 仮にティターンを引くことができれば違う武器を1本ずつ並べるだけなので比較的容易にティターンでのハイランダー編成を組むこともできます。

次の

水マグナ理想編成まとめ【スマホ・グラブル】

水マグナ編成

その場合、リヴァ短剣と交換となるが、 <M攻刃>が39. 6-33=6. 22)= 6. 52パワーを所有 属性石120により6. 2= 14. その場合、適宜、使いたいジョブのメインと入れ替えていく。 なお、通常攻刃枠が少ないので、通常攻刃の効果量が高いものを選ぶか、英雄武器(可能ならベルセルクオクス=奥義で通常攻刃40%をまけるので)を選ぶといい。 44)= 5. 27パワーを所有 属性石120により5. 2= 11. その分、火力は落ちる。 キャラに関しては、鰻のカギとなる、最終カトル、ヴァジラ、アルタイルと固定メンツになりがち。 そのため、汎用性という意味で人によって評価が分かれるところではある。 おわりに マグナ鰻編成は、 必殺による奥義特化が特徴です。 そのため、通常攻撃は低めになり連撃が足りないことが多いが、それを補うために、連撃用の 最終カトルや奥義ゲージを増やす アルタイル、2回行動や2回奥義ができる ヴァジラなどが必要になります。 ちなみに足りない部分をオルオベで増やしすぎると劣化ヴァルナ編成になるので注意。 編成を強くするために必要なものが多いように感じます。 それでも、奥義の火力がずば抜けているので、エウロペ琴ことテュロスビネットを集める価値があると思います。 いかがでしょうか。 この記事が参考になったら幸いです。

次の