グッピー 産卵。 大人気!グッピーの習性は?繁殖や産卵、稚魚の育て方は?

産卵ケースに入れるタイミング【グッピー】

グッピー 産卵

グッピーはカラフルで華麗に泳ぐ姿が人気の魚ですが、繁殖が簡単で数を増やすことができることでもよく知られています。 グッピーの繁殖が簡単というのは、通常の魚は卵を産んで孵化して稚魚になりますが、グッピーの場合哺乳類とよく似ていて母親がお腹の中で稚魚になるまで育ててから出産をするからです。 卵の状態で産むと他の魚に食べられたり、カビが生えたりと孵化するまでの壁が高くなりますが、稚魚で生まれてきたグッピーはすぐに泳ぎ始めることができます。 そのため、水槽の水質などの環境条件さえ整えていたら元気な母親から元気の良い仔が次から次へと生まれて育っていきます。 グッピーは出産で何匹の仔を生むのでしょうか。 簡単で数を増やすことができるグッピーの出産は、生後4ヶ月くらいから始まります。 初産では出産にかかる時間が少し長くなることがありますが、経験とともに心身とも慣れてきてスムーズに行うことができます。 4ヶ月くらいで始めて出産を行う母親のグッピーが一度に生む仔の数が何匹かというと大体10~20匹です。 まだ体も成熟してなく発達途上にあるため、最初に出産する仔の数は少なめです。 グッピーは一生に3回出産をすると言われています。 その生涯は10ヶ月から1年ちょっとと非常に短くなっています。 短期間の間に3回の出産を繰り返して次の代へとバトンタッチしていくのです。 初産を終えたグッピーはすぐに次の出産に向けてお腹が大きくなってきます。 そして約1ヶ月の周期を経て2回めの出産を行います。 グッピーの出産の周期は28日と言われています。 生後4ヶ月経過した時から約1ヶ月に1回出産を行います。 体が成熟してくるとメスのグッピーが一度に出産する仔の数は増えてきます。 その数が何匹かというと、最大100匹と言われるくらい何匹もの稚魚を放出します。 1ヶ月毎に100匹近くを出産して、その仔が育っていくとあっという間に水槽で飼育できないくらいの数になっていきます。 まして、出産するグッピーは水槽内に1匹だけではないでしょうから、毎月何百匹ずつ増やしていくことが可能です。

次の

【初心者向け】グッピーの飼育方法とは、種類、値段、産卵などすべて教えます

グッピー 産卵

グッピーの産卵周期は?産卵時間はどれくらい? まず、グッピーの産卵についてです。 グッピーはお腹の中で卵を孵化させる魚。 そして、子供の状態になってから生むのです。 メダカの仲間でこのような特徴をもつ種類は「 胎卵生メダカ」と呼ばれています。 グッピーも胎卵生メダカなわけです。 グッピーの産卵周期ですが、約20日~30日とされています。 幅があるのは個体差と、飼育時の水温による影響があります。 水温が高いほど産卵周期が早まる傾向にあるのです。 産卵時間はおよそ6時間。 思ったより長いと感じたでしょうか?6時間かけるのですから、飼っていれば産卵の状況を見ることが可能ですね。 でも、ストレスをかけないためにも、遠巻きにそっと見るぐらいにしておきましょう。 グッピーの産卵では何匹ぐらい産むの?どんな前兆や兆候があるの? グッピーが一度に生む子供の数はおよそ 30匹ほどです。 体の中で孵化させるのですから、30匹でも多く感じますよね。 産卵が近付くと、腹部のふくらみと同時にお腹が黒くなってきます。 ここまでくればもう一息。 もうすぐ赤ちゃんが出てきます。 ドキドキですね。 当然ですが、産卵が近付くとメスはナーバスになり、水草の影に隠れるようになります。 産卵の準備でもありますので、姿を隠すようになったらかなり産卵が近いと思っていいでしょう。 安全に産卵させてあげたいですね。 Sponsored Link グッピーを産卵箱に入れるタイミングとは? 腹部のふくらみと黒ずみが確認できた段階で産卵箱に移しましょう。 そのまま産卵箱に移さずに産卵させてもいいのですが、子供の確認がしにくいことと、産み終えた親魚が子供を食べる可能性もあるため、 産卵箱で産卵させ、産卵が終わったら親魚を元の水槽に戻すのが安全です。 もし、産卵箱を使わずに産卵させる場合は、たっぷりの 水草を入れてあげてください。 水草は生まれた子供の隠れ家になります。 食べられる可能性を少しでも低くするためなので、生まれた子供を守ってあげましょう。 ちなみに、グッピーの隠れ家としておすすめの水草は ウォーター・スプライト。 繁殖力も強く初心者でも扱いやすい水草です。 Sponsored Link グッピーの産卵周期は?何匹ぐらい産むの?産卵箱に入れるタイミングとは? まとめ いかがでしたか?グッピーは稚魚の状態で子供を産むのです。 卵から孵化してくるところを見たかったという人もいるでしょうが・・・子供の状態で産んだほうが遥かに生存率は高まるわけですから、グッピーの知恵ですよね。 成魚が稚魚を食べてしまうのは、魚ではよくあることです。 増えすぎないための自然形態でもありますので、一概に可哀想だと思うわけにもいきません。 飼育状況であれば、個体数の管理もある程度できます。 繁殖させたいのであればメスと若いオスを別の水槽に入れる、それ以外はオスとメスを別々の水槽で飼うなど管理していきましょう。 ブログランキングに参加しています。 応援いつもありがとうございます!.

次の

グッピーの産卵に見られる前兆。産卵前に必要な準備について

グッピー 産卵

SPONSORED LINK 流木に!前景に!ウィローモスは自由自在! ウィローモスは購入すると 意外と高価ですが、成長が比較的早いのですぐに増えます。 しかも、前述したように陰性植物なので抵抗量でCO2も不要。 放置しておけば、邪魔になるほど増えます。 ウィローモスを単体で購入しようとすると、ほんの少しの量なのに1000円以上します。 安価なものでも500円程度でしょうか。 ヤフオクなどではもっと安く入手することができるので、あなたが素人育成の物でも気にしないということならそちらを購入されるのが良いでしょう。 ウィローモスは基本的に何かに 活着させてレイアウトする水草です。 一般的には 流木や石、タイルなどにテグスなどで巻き付けて活着させますが、初心者にとっては、糸を使ってウィローモスを巻き付けるという作業が意外と難しいものです。 そこでおすすめなのが、 流木や石などに巻き付けた状態で販売されている商品。 実は、ウィローモス単体で購入するより安い場合があるので、通販サイトを物色してみてください。 石やタイルに活着させたウィローモスはマット状にして 絨毯のように敷き詰めることも可能です。 詳細はこちらの記事を参考にしてください。 絨毯のようになっていると、グッピーの稚魚の隠れ場所として最適なので、グッピーを少しだけ繁殖させたいという時にはとってもおすすめの水草でしょう。 しかし、ウィローモスと言っても、数種類あります。 例えばこちら。 ウィローモス• 南米ウィローモス• ジャイアント南米ウィローモス それぞれ、葉の形や大きさが違うので、お好みのウィローモスを選んで購入すると良いでしょう。 育成に関してはどの種類のウィローモスも非常に容易です。 ウィローモスの最大の利点は、何かに活着している状態なので 低床の掃除や レイアウト変更などの時はとっても便利ですね。 では、次に同じ陰性植物のアヌビアスナナについて見ていきましょう。 とっても丈夫なアヌビアスナナは流木や石に活着させてレイアウト自在! アヌビアスナナはとっても丈夫な「サトイモ科」の水草です。 こちらも低床に自生するのではなく、何かに 活着させてレイアウトするタイプの水草です。 個人的には流木に活着させてレイアウトするのがおすすめですね。 アヌビアスナナを流木に活着させると、木から葉が生えているような自然な演出が可能となります。 アヌビアスナナの最大のおすすめポイントは 非常に丈夫な水草であるという点です。 枯れることは殆ど無いと言っても過言ではありません。 葉だけの状態でも復活するくらいの強さです。 但し、その反面、非常に残念な点がありますので、その点だけ注意しておきましょう。 実は、アヌビアスナナは他の水草に比べ、非常に成長が遅い水草なのです。 ですから、成長する前にコケが生えてしまうということもよくある話。 コケ対策を行う必要があるでしょう。 また、成長が遅いということで、製造過程で農薬を使用されるケースが多いようです。 ですから、特に海外から輸入されてくるアヌビアスナナに関しては 残留農薬に注意しなければなりません。 エビ類を混泳させている場合はきちんと残留農薬の処理をしてから水槽に入れるようにしましょう。 では、最後にウォータースプライトについて紹介したいと思います。 グッピーと同じアルカリ性を好むウォータースプライト! ウォータースプライトとは、ミズワラビの和名をもつ 水生シダの仲間です。 ワラビとは言っても、私が最初に見た時のイメージは「菊菜」でした。 そのまま食べられそうな感じです。 笑 ウォータースプライトをおすすめする理由は、丈夫で育てやすいということも勿論あります。 しかし、最大の理由は ウォータースプライトの好む水質が弱アルカリ性という部分ですね。 実は、グッピーが好む水質も弱アルカリ性。 ですから、グッピーとウォータースプライトは非常に相性が良いというわけです。 丈夫で育てやすく、更に株分けも非常に簡単なウォータースプライトはとってもおすすめの水草です。 まとめ 今日は、グッピー水槽におすすめの水草を紹介しました。 グッピー水槽におすすめの水草はこちらの3種類。

次の