ビヨンド ザ タイム 歌詞。 angela THE BEYOND 歌詞

ビヨンド・ザ・タイム(名張市鴻之台1番町)|エキテン

ビヨンド ザ タイム 歌詞

『Beyond the Bounds』とは? 歴代のプレイステーションシリーズの中でも傑作と称される、ゾーン・オブ・ジ・エンダースの続編『ANUBIS』。 そのオープニングを飾ったテーマ曲『Beyond the Bounds』は、今なお名曲として高い人気を誇ります。 『Beyond the Bounds』は英語と、フィンランド語をベースにした造語で構成されています。 フィンランド語の発音は日本語に通ずる部分が多く、「日本人にもっとも適した外国語」と言われるほど。 聴いていて不思議な親近感をおぼえるのはこのためですね。 これにより、日本的な感性のまま、熱砂の王国と神秘的な呪文のイメージングに成功しています。 歌詞について ここではフィンランド語の発音ルールを交えつつ説明します。 歌詞は基本的にローマ字読みになります。 アクセントはすべて語頭です。 ただし「r」の発音が特殊で、瞬間的に爆発させる巻き舌のようなニュアンス。 このため、歌詞冒頭の「Ranar」だけはアクセントと相まって「ルァナル」になっています。 ヴァース2の 「Lukarmisi porer tirer lupar(ルカルミシ・ポレ-ェティレ-ェルパァ)」などは、単語が音節をまたいでいるため、-(ハイフン)でつないでいます。 また、公式和訳歌詞とは異なり、2番のヴァース1&2もまったく同じフレーズになります。 ラ行のスペルが多いので激しい舌遣いが求められます。 どうしてもついていけない場合、リズム感と、実際に声に出すことを意識するとうまく歌えます。 あとは根性でなんとかしてください。 クッド・ザット・ビー・ピース・オァ・ウォー? The answer no one knows ジ・アンサー・ノー・ワン・ノウズ Trusting the break of dawn トラスティング・ザ・ブレイク・オブ・ドーン The blue bird flies away ザ・ブルー・バード・フライズ・アウェイ Ranar likul viernopal kar Ranar likul viernopal ルァナル・リクル・ヴィエノパル カラ ルァナル・リクル・ヴィエノパル Lenar panar virakeral kar Lenar panar virakeral レナル・パナル・ヴィラケラル カラ レナル・パナル・ヴィラケラル Ehnar lakitu luyarpal kar Ehnar lakitu luyarpal エーナル・ラキト・ルヤルパル カラ エーナル・ラキト・ルヤルパル Luyan henar terarkel kar Luyan henar terakeral llukaparsi ルヤン・ヘナル・テラルケル カラ ルヤン・ヘナル・テラケラル・ルカパルシ Tiernopar ehlkdu rapardu Lukarmisi porer tirer lupar ティエノパル・エルクドゥ・ラパラドゥ ルカルミシ・ポレ-ェティレ-ェルパァ Vierllosa tularsi tumirpar Ehkulur latu retie marar ヴィエロサ・トゥラアシ・トゥミルパァ エークル-ゥラト-ゥレティエ・マラァ Travelling beyond the bounds トラヴェリング・ビヨンド・ザ・バウンズ We have to take that step ウィー・ハヴ・トゥ・テイク・ザット・ステップ What are we waiting for? It's now or never ワット・アー・ウィー・ウェイティング・フォー? イッツ・ナウ・オァ・ネヴァー Fear to see "The World to Be" フィアー・トゥ・シー ザ・ワールド・トゥ・ビー Is why we hesitate イズ・ホワイ・ウィー・ヘズィテイト Repeat the same mistake リピート・ザ・セイム・ミステイク Hoping to break new ground ホゥピング・トゥ・ブレイク・ニュー・グラウンド The blue bird flies away ザ・ブルー・バード・フライズ・アウェイ Pa laktu vimaturesi pasi lameta vimaturesi パ・ラクトゥ・ヴィマトゥレシ・パシ・ラメタ・ヴィマトゥレシ Lanasidu kisaturesi makipa sela nitaturesi ラナシドゥ・キサトゥレシ・マキパ・セラ・ニタトゥレシ Pasira laktu vimaturesi pasi lameta vimaturesi パシラ・ラクトゥ・ヴィマトゥレシ・パシ・ラメタ・ヴィマトゥレシ Lanasidu kisaturesi makipa sela nitaturesi Pasila ラナシドゥ・キサトゥレシ・マキパ・セラ・ニタトゥレシ パシラ Reaching out to catch the sun リーチング・アウト・トゥ・キャッチ・ザ・サン To hold it in our hands トゥ・ホゥルド・イット・イン・アウワ・ハンズ Longing for something strong to hide our weakness ロンギング・フォー・サムシング・ストロング・トゥ・ハイド・アウワ・ウィークネス Soon the light may disappear スーン・ザ・ライト・メイ・ディスアピアー Nothing is meant to last ナッシング・イズ・メーント・トゥ・ラスト Yet we believe our world イェット・ウィー・ビリーヴ・アウワ・ワールド Searching for happiness サーチング・フォー・ハッピネス The blue bird flies away ザ・ブルー・バード・フライズ・アウェイ こちらは2012年に制作されたリミックスアルバムの『Beyond the Bounds』。 熱気あふれるオリジナルとは打って変わって、サイバー・タッチの滑らかさと硬質感が際立った一曲。 Beyond the Bounds feat. KARYYN -Eshericks Remix- アーティスト/Karyyn アルバム/ZONE OF THE ENDERS ReMIX EDITION.

次の

TM NETWORK BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を越えて) 歌詞

ビヨンド ザ タイム 歌詞

『Beyond the Bounds』とは? 歴代のプレイステーションシリーズの中でも傑作と称される、ゾーン・オブ・ジ・エンダースの続編『ANUBIS』。 そのオープニングを飾ったテーマ曲『Beyond the Bounds』は、今なお名曲として高い人気を誇ります。 『Beyond the Bounds』は英語と、フィンランド語をベースにした造語で構成されています。 フィンランド語の発音は日本語に通ずる部分が多く、「日本人にもっとも適した外国語」と言われるほど。 聴いていて不思議な親近感をおぼえるのはこのためですね。 これにより、日本的な感性のまま、熱砂の王国と神秘的な呪文のイメージングに成功しています。 歌詞について ここではフィンランド語の発音ルールを交えつつ説明します。 歌詞は基本的にローマ字読みになります。 アクセントはすべて語頭です。 ただし「r」の発音が特殊で、瞬間的に爆発させる巻き舌のようなニュアンス。 このため、歌詞冒頭の「Ranar」だけはアクセントと相まって「ルァナル」になっています。 ヴァース2の 「Lukarmisi porer tirer lupar(ルカルミシ・ポレ-ェティレ-ェルパァ)」などは、単語が音節をまたいでいるため、-(ハイフン)でつないでいます。 また、公式和訳歌詞とは異なり、2番のヴァース1&2もまったく同じフレーズになります。 ラ行のスペルが多いので激しい舌遣いが求められます。 どうしてもついていけない場合、リズム感と、実際に声に出すことを意識するとうまく歌えます。 あとは根性でなんとかしてください。 クッド・ザット・ビー・ピース・オァ・ウォー? The answer no one knows ジ・アンサー・ノー・ワン・ノウズ Trusting the break of dawn トラスティング・ザ・ブレイク・オブ・ドーン The blue bird flies away ザ・ブルー・バード・フライズ・アウェイ Ranar likul viernopal kar Ranar likul viernopal ルァナル・リクル・ヴィエノパル カラ ルァナル・リクル・ヴィエノパル Lenar panar virakeral kar Lenar panar virakeral レナル・パナル・ヴィラケラル カラ レナル・パナル・ヴィラケラル Ehnar lakitu luyarpal kar Ehnar lakitu luyarpal エーナル・ラキト・ルヤルパル カラ エーナル・ラキト・ルヤルパル Luyan henar terarkel kar Luyan henar terakeral llukaparsi ルヤン・ヘナル・テラルケル カラ ルヤン・ヘナル・テラケラル・ルカパルシ Tiernopar ehlkdu rapardu Lukarmisi porer tirer lupar ティエノパル・エルクドゥ・ラパラドゥ ルカルミシ・ポレ-ェティレ-ェルパァ Vierllosa tularsi tumirpar Ehkulur latu retie marar ヴィエロサ・トゥラアシ・トゥミルパァ エークル-ゥラト-ゥレティエ・マラァ Travelling beyond the bounds トラヴェリング・ビヨンド・ザ・バウンズ We have to take that step ウィー・ハヴ・トゥ・テイク・ザット・ステップ What are we waiting for? It's now or never ワット・アー・ウィー・ウェイティング・フォー? イッツ・ナウ・オァ・ネヴァー Fear to see "The World to Be" フィアー・トゥ・シー ザ・ワールド・トゥ・ビー Is why we hesitate イズ・ホワイ・ウィー・ヘズィテイト Repeat the same mistake リピート・ザ・セイム・ミステイク Hoping to break new ground ホゥピング・トゥ・ブレイク・ニュー・グラウンド The blue bird flies away ザ・ブルー・バード・フライズ・アウェイ Pa laktu vimaturesi pasi lameta vimaturesi パ・ラクトゥ・ヴィマトゥレシ・パシ・ラメタ・ヴィマトゥレシ Lanasidu kisaturesi makipa sela nitaturesi ラナシドゥ・キサトゥレシ・マキパ・セラ・ニタトゥレシ Pasira laktu vimaturesi pasi lameta vimaturesi パシラ・ラクトゥ・ヴィマトゥレシ・パシ・ラメタ・ヴィマトゥレシ Lanasidu kisaturesi makipa sela nitaturesi Pasila ラナシドゥ・キサトゥレシ・マキパ・セラ・ニタトゥレシ パシラ Reaching out to catch the sun リーチング・アウト・トゥ・キャッチ・ザ・サン To hold it in our hands トゥ・ホゥルド・イット・イン・アウワ・ハンズ Longing for something strong to hide our weakness ロンギング・フォー・サムシング・ストロング・トゥ・ハイド・アウワ・ウィークネス Soon the light may disappear スーン・ザ・ライト・メイ・ディスアピアー Nothing is meant to last ナッシング・イズ・メーント・トゥ・ラスト Yet we believe our world イェット・ウィー・ビリーヴ・アウワ・ワールド Searching for happiness サーチング・フォー・ハッピネス The blue bird flies away ザ・ブルー・バード・フライズ・アウェイ こちらは2012年に制作されたリミックスアルバムの『Beyond the Bounds』。 熱気あふれるオリジナルとは打って変わって、サイバー・タッチの滑らかさと硬質感が際立った一曲。 Beyond the Bounds feat. KARYYN -Eshericks Remix- アーティスト/Karyyn アルバム/ZONE OF THE ENDERS ReMIX EDITION.

次の

ビヨンドザタイム

ビヨンド ザ タイム 歌詞

『Beyond the Bounds』とは? 歴代のプレイステーションシリーズの中でも傑作と称される、ゾーン・オブ・ジ・エンダースの続編『ANUBIS』。 そのオープニングを飾ったテーマ曲『Beyond the Bounds』は、今なお名曲として高い人気を誇ります。 『Beyond the Bounds』は英語と、フィンランド語をベースにした造語で構成されています。 フィンランド語の発音は日本語に通ずる部分が多く、「日本人にもっとも適した外国語」と言われるほど。 聴いていて不思議な親近感をおぼえるのはこのためですね。 これにより、日本的な感性のまま、熱砂の王国と神秘的な呪文のイメージングに成功しています。 歌詞について ここではフィンランド語の発音ルールを交えつつ説明します。 歌詞は基本的にローマ字読みになります。 アクセントはすべて語頭です。 ただし「r」の発音が特殊で、瞬間的に爆発させる巻き舌のようなニュアンス。 このため、歌詞冒頭の「Ranar」だけはアクセントと相まって「ルァナル」になっています。 ヴァース2の 「Lukarmisi porer tirer lupar(ルカルミシ・ポレ-ェティレ-ェルパァ)」などは、単語が音節をまたいでいるため、-(ハイフン)でつないでいます。 また、公式和訳歌詞とは異なり、2番のヴァース1&2もまったく同じフレーズになります。 ラ行のスペルが多いので激しい舌遣いが求められます。 どうしてもついていけない場合、リズム感と、実際に声に出すことを意識するとうまく歌えます。 あとは根性でなんとかしてください。 クッド・ザット・ビー・ピース・オァ・ウォー? The answer no one knows ジ・アンサー・ノー・ワン・ノウズ Trusting the break of dawn トラスティング・ザ・ブレイク・オブ・ドーン The blue bird flies away ザ・ブルー・バード・フライズ・アウェイ Ranar likul viernopal kar Ranar likul viernopal ルァナル・リクル・ヴィエノパル カラ ルァナル・リクル・ヴィエノパル Lenar panar virakeral kar Lenar panar virakeral レナル・パナル・ヴィラケラル カラ レナル・パナル・ヴィラケラル Ehnar lakitu luyarpal kar Ehnar lakitu luyarpal エーナル・ラキト・ルヤルパル カラ エーナル・ラキト・ルヤルパル Luyan henar terarkel kar Luyan henar terakeral llukaparsi ルヤン・ヘナル・テラルケル カラ ルヤン・ヘナル・テラケラル・ルカパルシ Tiernopar ehlkdu rapardu Lukarmisi porer tirer lupar ティエノパル・エルクドゥ・ラパラドゥ ルカルミシ・ポレ-ェティレ-ェルパァ Vierllosa tularsi tumirpar Ehkulur latu retie marar ヴィエロサ・トゥラアシ・トゥミルパァ エークル-ゥラト-ゥレティエ・マラァ Travelling beyond the bounds トラヴェリング・ビヨンド・ザ・バウンズ We have to take that step ウィー・ハヴ・トゥ・テイク・ザット・ステップ What are we waiting for? It's now or never ワット・アー・ウィー・ウェイティング・フォー? イッツ・ナウ・オァ・ネヴァー Fear to see "The World to Be" フィアー・トゥ・シー ザ・ワールド・トゥ・ビー Is why we hesitate イズ・ホワイ・ウィー・ヘズィテイト Repeat the same mistake リピート・ザ・セイム・ミステイク Hoping to break new ground ホゥピング・トゥ・ブレイク・ニュー・グラウンド The blue bird flies away ザ・ブルー・バード・フライズ・アウェイ Pa laktu vimaturesi pasi lameta vimaturesi パ・ラクトゥ・ヴィマトゥレシ・パシ・ラメタ・ヴィマトゥレシ Lanasidu kisaturesi makipa sela nitaturesi ラナシドゥ・キサトゥレシ・マキパ・セラ・ニタトゥレシ Pasira laktu vimaturesi pasi lameta vimaturesi パシラ・ラクトゥ・ヴィマトゥレシ・パシ・ラメタ・ヴィマトゥレシ Lanasidu kisaturesi makipa sela nitaturesi Pasila ラナシドゥ・キサトゥレシ・マキパ・セラ・ニタトゥレシ パシラ Reaching out to catch the sun リーチング・アウト・トゥ・キャッチ・ザ・サン To hold it in our hands トゥ・ホゥルド・イット・イン・アウワ・ハンズ Longing for something strong to hide our weakness ロンギング・フォー・サムシング・ストロング・トゥ・ハイド・アウワ・ウィークネス Soon the light may disappear スーン・ザ・ライト・メイ・ディスアピアー Nothing is meant to last ナッシング・イズ・メーント・トゥ・ラスト Yet we believe our world イェット・ウィー・ビリーヴ・アウワ・ワールド Searching for happiness サーチング・フォー・ハッピネス The blue bird flies away ザ・ブルー・バード・フライズ・アウェイ こちらは2012年に制作されたリミックスアルバムの『Beyond the Bounds』。 熱気あふれるオリジナルとは打って変わって、サイバー・タッチの滑らかさと硬質感が際立った一曲。 Beyond the Bounds feat. KARYYN -Eshericks Remix- アーティスト/Karyyn アルバム/ZONE OF THE ENDERS ReMIX EDITION.

次の