幾 久しく。 【幾久しく】の例文集・使い方辞典

幾春別駅

幾 久しく

会社概要 基本情報 社名 株式会社 久木 設立年月日 1964年1月 資本金 1,000万円 代表者 代表取締役 久木 洋 所在地 【本社】 〒657-0842 兵庫県神戸市灘区船寺通3丁目3-7 TEL:078-871-0351 FAX:078-871-0795• 各種機械設備等の運搬・据付・設置・移設• 事務所移転/室内レイアウト変更• 一般貨物自動車運送• 社内メール便運搬業務• 廃棄物収集運搬業• 特別管理産業廃棄物収集運搬業• 機密書類(廃棄書類/古紙)リサイクル• 真空封入(石英等)• 各種梱包資材及び販売品目 ブランドロゴについて お客様に幾久しくご愛顧いただけるよう久木の「久」をアレンジしています。 「久」という字の形の広がりから末永く幾 久しくご愛顧いただけますよう、お客様との和を大切に願いこのブランドロゴとなりました。 主要お取引先様• 株式会社神戸製鋼所• 株式会社コベルコ科研• コベルコビジネスサポート株式会社• コベルコ建機株式会社• 株式会社神鋼エンジニアリング&メンテナンス• 株式会社コベルコパーソネル• 株式会社インダストリアルサービス・インターナショナル• 神鋼ケアライフ株式会社• 神鋼リサーチ株式会社• 神鋼エアウォータークライオプラント株式会社• 医療法人社団 神鋼会• 神鋼不動産株式会社• 神鋼不動産ビルマネジメントサービス株式会社• 神鋼商事株式会社• 株式会社神鋼環境ソリューション• 神鋼興産建設株式会社• 神鋼物流株式会社• 神鋼特殊鋼管株式会社• 神鋼テクノ株式会社• 株式会社大阪チタニウムテクノロジーズ• ジャパンスーパーコンダクタテクノロジー株式会社• 住友電気工業株式会社• 住電半導体材料株式会社• 京セラメディカル株式会社• 三菱マテリアル株式会社• 日清鋼業株式会社 (敬称略・順不同) 許認可等•

次の

「幾久しく」とは?意味や使い方をご紹介

幾 久しく

結納の際には、結納品を贈る側が「幾久しくお納めください」と口上を述べ、受け取る側は「幾久しくお受けいたします」と答えるのが慣わしです。 前述のとおり「幾久しく」は「いつまでも変わらず」「末永く」という意味ですので、「幾久しくお納めください」「幾久しくお受けいたします」を直訳してしまうと、「いつまでも変わらず、お納めください」「いつまでも変わらず、お受けします」という、少々意味不明なやり取りに思えます。 しかしこの場合の「幾久しく」は、二人の関係が末永く続くことを願い、縁起を担いだ決まり文句です。 どんなに優秀な身内でも、他人に紹介する時は「愚妻」「愚弟」と言ったり、実際の能力にかかわらず「不束者ですが」といった挨拶をするように、日本語には決まり文句というものがあります。 結納の際の「幾久しくお納めください」「幾久しくお受けいたします」も、そうした決まり文句の一種と考えてよいでしょう。 たとえ集まるのが身内だけでも、結納当日は緊張する 「幾久しく御交誼を賜りますよう」は、「いくひさしく ごこうぎ を たまわりますよう」と読みます。 最近では、あまり使われているのを見かけなくなりましたが、元々はビジネスシーンなどでよく用いられた言葉です。 「交誼」には、「友好的な関係を結ぶ」「親しく交流する」という意味があります。 「幾久しく御交誼を賜りますよう」は、「賜る」という謙譲語の表現を用いているので誤解されがちですが、「交誼」はあくまで対等な関係の間で用いられる言葉です。 「御」や「賜る」という言葉が付いていても、目上の人に「御交誼を賜りますよう」という言い回しをするのはNGですので、ご注意を。 目上の人には、「交誼」の類義語である「御厚誼」「御高誼」を使いましょう。 「幾久しく」は、結婚式や結納などでよく使われる言葉ですが、逆にそうしたお祝い事の席では使ってはいけない「忌み言葉」というものがありますので、合わせてご紹介しておきます。 まず、「別れる」「切れる」「切る」などの、別れを連想させる言葉はいけません。 また、「死ぬ」「悲しむ」「負ける」など不幸や不吉を感じさせる言葉もNGです。 「重ね重ね」のような、言葉を繰り返す言い回しも忌み言葉とされています。 結婚式のスピーチなどでは、つい「スタートを切る」などの言葉を使いたくなってしまいますが「切る」は忌み言葉です。 このような場合は「スタートラインに立つ」など、別の言い回しに置き換えましょう。 結婚式は、友達同士の気楽な集まりではなく、新郎新婦の家族や親戚、職場の上司なども臨席する公式な場です。 そのため、使う言葉だけでなく、スピーチなどでは話す内容などにも配慮が必要です。 暴露話や下ネタは控えましょう。 「幾久しく」などの、日常生活の中であまり馴染みのない言葉は、使うのが面倒に感じる方も多いことでしょう。 しかし、きちんとした言葉遣いや、ここぞという時に使うべき伝統的な言い回しなどは、覚えておいて損はありません。 学生の間や社会人になりたての間は、少ない語彙で表現力に乏しい会話をしていても、それほど問題視されることはないでしょう。 ですが、社会人としてある程度まで地位が上がってくれば、必然的に、より地位の高い人と接する機会も増えてきます。 そんな時、まともな日本語を使えなければ、本当なら掴めたはずのチャンスを逃してしまうということにもなりかねません。 仲間内だけで通じる言葉を使って楽しむのも大切ですが、あらゆる世代、あらゆる立場の人と、円滑にコミュニケーションを取れる力を身につけておくことも、つつがなく社会人としてステップアップしていくためには、非常に大切なことです。

次の

幾春別駅

幾 久しく

結納は正式なご挨拶の儀式です。 何よりも大切に育ててこられた、家の宝ともいうべきお嬢さんをお嫁さんにもらい受けたいとお願いに上がるわけですから、正式なご挨拶はあって当然です。 衣服を整えて、本当にきちんとしたご挨拶の品々を携えて、改まってお伺いするということ、結納は、そういう男性側から女性側への正式なご挨拶の形なのです。 結納のご挨拶というのは、二人を取り巻く社会生活を円滑にしていくために、親や家族、親戚、友人や知人の協力が必要です。 そのために、よろしくお願いしますと、お互いに両家の親が本人たちをフォローしてあげるための縁結びといっていいでしょう。 結納の方法 結納は、地方によってしきたりが異なり、それを無視できないこともあるので、両家と仲人の間で充分に話し合いをもって、結納の準備をするべきです。 当人たちがこれから夫婦となることを誓い合い、同時に、回りの人たちも二人の結婚を認めるという、一つのけじめをつけるために大切なことです。 本来 結納というのは、あくまでもその意志をもった他人が仲立ちをする(お仲人)ことで、両者の糸を結んであげるというものですが、簡単にしようということで、簡略化され、略式で男性側のご両親が女性側に結納を納める場合も多くなりました。 結納の取り交わしは、昔のしきたりでは、大安、先勝、友引など吉日の午前中に行うのが正式ですが、現在では、お互いの都合もあることですし、暦の日柄には、あまりこだわる必要はありません。 仲人や本人たちの都合のよい日を選び、その日が吉日なら申し分ないでしょう。 一般には、土曜日か日曜日に決めることが多く、時間は、午前中でも午後でもよいのですが、夕方までには取り交わし終えるようにしたいものです。 正式には、おめでたいことなので午前中にすませるのがよいとされています。 結納の挨拶 女性側に結納をお持ちしての父親の挨拶は、「本日は佳いお日柄につきご婚約の印として結納の品を持参致しました。 幾久敷御受納下さいませ」、と云う意味の口上を述べます。 結納の服装 結納当日の服装は、格式を重んじる場合は正式礼装で、本人はモーニング、振り袖、お仲人やご両親はモーニング、留め袖となにます。 略式の場合は本人は男性はダークスーツ、女性は和装なら振り袖や訪問着、洋服ならワンピースかスーツで、ドレッシーなものを着用します。 お仲人は、男性はダークスーツ、女性は和服なら訪問着、色無地、付け下げのいずれか、洋服ならドレッシーなもので本人たちより華美にならないように、一段色を押さえます。 ご両親はお仲人の服装に合わせますが、両家とも同程度の服装になるように注意します。 結納の納め方.

次の