松本 駅 みどり の 窓口。 JR西日本が「みどりの窓口」を削減 背景には何が?(小林拓矢)

「JR東日本 松本駅 みどりの窓口」(松本市

松本 駅 みどり の 窓口

札幌:5:40~24:00• 東京:5:30~23:00(どのみどりの窓口も共通)• 新宿:5:30~23:00• 横浜:6:00~22:00• 名古屋:4:50~23:20• 大阪:5:30~23:00• 京都:5:30~23:00• 兵庫:7:00~21:00• 今後変更される可能性があります。 早朝や夜遅くに購入予定の方はあらかじめ検索しておきましょう。 みどりの窓口で出来る事 ではみどりの窓口で出来る事について確認しておきましょう。 新幹線の切符の購入 みどりの窓口では新幹線・特急・快速列車の特急券を購入する事が出来ます。 窓口の方にどこの駅までの切符を購入したいという事を伝えたら、座席表を確認しつつ購入出来ます。 時間なども決まっているのであれば スポンサードリンク みどりの窓口でクレジットカードは利用出来る? 新幹線の切符は場所によってはかなりの料金がするのでクレジットカードが利用したいと思う方もいるかと思います。 なので確認しましたが以前はビューカードやJRカードといったカードでしか利用できませんでしたが、 現在はほとんどのクレジットカードが利用する事が出来ます。 支払い方法は原則一括払い ひとつ確認したい事としてクレジットカードを利用する際は 原則一括払いです。 ビューカードの場合は東日本の窓口なら利用出来るとの事ですが、それ以外は基本的に一括払いという事を覚えておきましょう。 まとめ 新幹線のみどりの窓口の営業時間や利用方法について紹介しました。 現在では色んな購入方法がありますが、初めて購入する方はやはり駅員から購入するみどりの窓口で購入するのが無難でしょう。 ただ券売機などが設置してある駅の場合は券売機の方が並ばなくてすむ可能性があるので券売機での購入についても知っておきましょう。

次の

松本駅

松本 駅 みどり の 窓口

有効期間 3日間 発売箇所 JR四国の駅のみどりの窓口、ワープ支店、駅ワーププラザ及び四国内の主な旅行会社 主なご利用条件• また、阿佐海岸鉄道全線と、JR四国バスのうち路線バス《大栃線、久万高原線》にご乗車になれます(高速バスには乗車できません)。 料金券を別途お買い求めください。 また、小児用は、大人用と同時購入に限ります。 四国内• フリー• 観光 JR四国では、「四国満喫きっぷ」シリーズ特別編として「四国満喫きっぷスペシャル」を発売します。 8,500円〜10,500円• 四国内• フリー• 観光 JR四国では、「四国満喫きっぷ」シリーズ特別編として「四国満喫きっぷスペシャル」を発売します。 8,000円• 四国内• フリー• 観光 誕生月の連続3日、JR四国全線と土佐くろしお鉄道全線の特急列車が乗り降り自由になるきっぷです。 9,680円〜13,240円• 四国内• フリー• ビジネス• 観光 JR四国全線の特急列車自由席を連続3日何度でもご利用いただける、フリータイプのきっぷです。 16,440円• 四国内• フリー• 観光 土曜日や休日等に、JR四国全線の特急列車自由席を1日自由に乗り降りいただけるフリータイプのきっぷです。 10,460円• 四国内• フリー• 観光 25歳以下のお客様限定!JR四国全線の特急列車自由席が3日間自由に乗り降りいただけるフリータイプの... 9,980円.

次の

JR篠ノ井線・大糸線 松本駅

松本 駅 みどり の 窓口

概要 [ ] 松本市の中心駅で、駅周辺には繁華街が広がり多くの企業、また高等学校、をはじめとする各種学校の最寄駅でもあり、利用者層は幅広く平日は朝夕を主として、休日は日中を含めて混雑が見られる。 周辺に多くの観光地があり当駅はその拠点駅となっており、土休日には観光ツアーの団体客、旅行客等の利用で賑いをみせる。 JR東日本のと、アルピコ交通のが乗り入れている。 JRの駅としての所属線は篠ノ井線であり 、大糸線と上高地線は当駅を起点としている。 篠ノ井線の列車については、を介して(中央東線・中央西線)へ直通する列車も多数設定されている。 そのためJR東日本では、旅客案内上は当駅以南も中央本線の一部として案内されている。 特急列車は、東京方面とを結ぶ「」と、名古屋・長野方面とを結ぶ「」の全列車が停車し「あずさ」については大糸線に直通する一部列車を除き当駅を始終着としている。 2018年頃までは土、休日に運転される「」も発着していた。 当駅以南、を経由し中央本線、方面 がに入る。 歴史 [ ]• (35年):篠ノ井線 当駅 - 西条駅間の開通と同時に開業。 旅客・貨物の取扱を開始。 (4年):(現在の大糸線。 現在のとは無関係)南松本駅(現在のとは別)が開業。 のちに松本駅に統合。 (12年):信濃鉄道が国有化。 (昭和17年)4月:駅舎改築。 (昭和22年):夕方に駅舎内から出火 し、木造2階建300坪が全焼。 出火原因は漏電が疑われている。 、で折り返し運転を行った。 (昭和23年)4月:駅舎改築。 (昭和39年):廃止。 後に駅前広場を改良。 (昭和40年):みどりの窓口設置。 (昭和43年):貨物の取扱を廃止。 (昭和47年):旅行センター開業。 (昭和53年)7月:駅舎改築。 (昭和62年)4月1日:により、国鉄の駅はJR東日本の駅となる。 (4年):駅ビルが改装、「セルヴァン」から「MIDORI」となる。 (平成18年):東西自由通路一部供用開始(改札口供用開始、西口バリアフリー化、みどりの窓口移転)、自動改札機稼動開始。 以前は、東口は3階に改札口、みどりの窓口等がある橋上駅舎、西口は6・7番線ホームに直接接続する地上駅舎であった。 びゅうプラザは東口を出て右側に設けられていた。 旧自由通路は駅コンコースとは独立しており、西口からは旧西口改札口横の階段を、東口からは駅ビル内を通り抜けるか、駅お城口北側、駅ビル北側入り口付近の自由通路を利用する必要があった。 (平成19年)• 1月頃:6番線・松電線ホーム連絡通路の工事開始。 :自由通路全面供用開始(これに伴い元東口を閉鎖)。 6月:西口整備竣工。 :駅舎改築完成。 (平成22年):駅ビル前のオアシス風の広場を解体し、広場が整備される。 (平成23年)4月1日:松本電気鉄道がアルピコ交通に社名変更。 それに伴い松本電鉄上高地線がアルピコ交通上高地線となる。 (平成24年):駅前広場整備事業が完成。 (平成26年)4月1日:「」の利用が可能となる。 に編入される。 (元年)• :が営業を終了。 :改札前広場(待合室)設置。 (令和2年):訪日外国人専用カウンター「JR EAST Welcome Center MATSUMOTO」を開設。 改札内 当駅はJR東日本とアルピコ交通が構内を共用するで、JR東日本が駅を管轄している。 は586. 0メートル。 0番線から7番線(0・6・7番線は切欠きホーム)まで、各ホームに2線ずつ、計4面8線のを持つで、を有している。 口は1箇所で3階にある。 その他3階に、JR東日本の設備として駅事務室・、()がある。 また、(一部上高地線にも対応)、、を設置している。 松本市も設備を有しており、観光案内所がある。 (配置)であり、として篠ノ井線の - 間の各駅および大糸線の・・を管理している。 駅舎の店舗は、「MIDORI」と2階・3階で接続しているほか、3階にコーヒー、(土産屋を併設)がある。 改札の外には、お城口(東口)・アルプス口(西口)それぞれにとが設置され、車椅子利用者単独での利用が可能である。 改札の中の通路及びホーム上にNewDays、各種売店がある。 は0・1番線と6・7番線にある。 改札の中には、すべてのホームにエレベーターが、6・7番線を除く各ホームにエスカレーターが設置されている。 特急列車が発着するホームの長野方には喫煙ルームが設置されている。 2007年に松本市制施行100周年を迎えるにあたって、駅舎・駅前広場の改良工事が行われた。 お城口に三代目駅舎の表札が掲示されており、これは当時(現豊科)在住の俳句宗匠・篆刻家の曽山環翠による揮毫木彫である。 名古屋方面特急「しなの」は、全列車1番線に到着する。 (大糸線に直通する臨時列車は除く)• 1番線からも長野方面行きや塩尻方面行きの列車が発車する。 大糸線と塩尻方面を直通する列車は、線路配置の関係から1番線には進入できず、2 - 5番線から発車する。 駅弁 [ ] 松本駅前に店を構えるイイダヤ軒との駅弁業者でもあるカワカミの2社の駅弁が主に販売されている。 イイダヤ軒• 月見五味めし - 松本駅を代表する駅弁• 山賊焼• 地鶏めし• 安曇野ちらし• 安曇野釜めし• 信州あずみ野物語• アルプスの四季• 大糸線の旅• カワカミ• とりめし• 小さな信濃路• 山里おつまみ弁当• アルプス道づれおむすび弁当• 信州和風牛肉弁当• 山菜釜めし• とり釜めし• 信州ジビエ祭弁当• 信州黄金シャモめし 利用状況 [ ]• JR東日本 - 2018年度(平成30年度)の1日平均は 16,663人である。 長野県内ではに次ぐ第2位である。 アルピコ交通 - 2017年度(平成29年度)の1日平均は 2,071人である。 乗車人員推移 年度 JR東日本(1日平均) (単位:人) アルピコ交通(1日平均) (単位:人) 1996年(平成8年) 19,177 1997年(平成9年) 18,475 1998年(平成10年) 17,285 1,836 1999年(平成11年) 17,899 1,787 2000年(平成12年) 17,459 1,792 2001年(平成13年) 16,983 1,838 2002年(平成14年) 16,620 1,775 2003年(平成15年) 16,240 1,689 2004年(平成16年) 15,923 1,614 2005年(平成17年) 15,493 1,608 2006年(平成18年) 15,367 1,614 2007年(平成19年) 15,780 1,694 2008年(平成20年) 15,601 1,719 2009年(平成21年) 14,868 1,685 2010年(平成22年) 14,919 1,762 2011年(平成23年) 15,367 1,768 2012年(平成24年) 15,864 1,858 2013年(平成25年) 16,299 1,945 2014年(平成26年) 15,781 1,918 2015年(平成27年) 16,303 1,915 2016年(平成28年) 16,350 1,934 2017年(平成29年) 16,597 2,071 2018年(平成30年) 16,663 駅周辺 [ ] 松本市街地の西端に位置する。 お城口(東口) [ ]• 本校校舎、駅前校舎• 松本駅前本町• 松本支店• 松本支店• 松本駅前支店• 松本駅前支店• 松本支店• 松本支店• 伊勢町Mウィング• アルプス口(西口) [ ]• ホテルモンターニュ松本• JR東日本• JR東日本 バス路線 [ ] 東口 [ ] (駅前、アルピコプラザ1階)• および共同運行会社の路線バス・高速バスの大半は松本バスターミナルから発着する。 松本駅お城口(タクシープール横)• 1 駅寄り• 松本周遊バス 北コース[200]• 松本周遊バス 東コース[210]• 松本周遊バス 南コース[220]• 浅間線[32](朝・夜便を除く)• 2 時計台寄り• 北市内線• 西回り[110]:・方面• 東回り[100]:・横田・信大病院南口方面• 3 交番近辺• 扉温泉送迎バス• ホテル翔峰送迎バス 松本駅お城口(日本たばこ産業前)• トラビスジャパン:新宿南• 松本駅から徒歩5分ほどの路上にある。 アルプス口 [ ] 松本駅アルプス口• 松本周遊バス 西コース[230]• 南部循環線 その他 [ ]• の「」第103回で、1947年(昭和22年)頭の設定で、松本駅が炎上し、市内の主人公宅のそば屋が、足止めを余儀なくされた人たちに対して炊き出しをする場面があった。 上がる炎が見えるのみで、駅自体は登場しなかった。 80-81。 305。 東日本旅客鉄道 2016年12月7日. 2016年12月8日閲覧。 日本国有鉄道旅客局 1984 『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年• 交通年鑑昭和48年度内「交通日誌」• 交通新聞社 : p. 1992年4月6日• 2006年5月22日 信濃毎日新聞 夕刊3面• , 2020年3月24日閲覧。 - JR東日本長野支社• - JR東日本長野支社• - JR東日本長野支社 2020年3月6日• 『JR時刻表』2017年3月号、、2017年、 553頁。 2017年4月2日閲覧。 2017年4月2日閲覧。 利用状況 [ ] JR東日本 [ ]• 東日本旅客鉄道. 2019年7月11日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 東日本旅客鉄道. 2019年3月28日閲覧。 アルピコ交通 [ ]• 松本市. 2019年3月28日時点のよりアーカイブ。 2019年3月28日閲覧。 松本市. 2019年3月28日時点のよりアーカイブ。 2019年3月28日閲覧。 松本市. 260. 2019年3月28日時点のよりアーカイブ。 2019年3月28日閲覧。 参考文献 [ ]• 信濃毎日新聞社出版部『長野県鉄道全駅 増補改訂版』信濃毎日新聞社、2011年7月24日。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - ホームのの音声を担当 外部リンク [ ]• - アルピコ交通.

次の