新電力 安い。 【高圧】なぜ新電力の電気代は安いのか?負荷率との関係とは

2020版新電力はどこが安い?CDエナジーダイレクトの評判はいいけど本当に安いのか?実は安くない?

新電力 安い

「電力会社を切り替えたいけど、どこを選べばいいか分からない…」という方に向けて、この記事ではおすすめの電力会社を紹介します。 おすすめの電力会社を見つけるには、電気料金の安さ、特典・割引の内容、キャンペーンの有無、供給実績を詳しく比較する必要があります。 しかしそれを自分でやるのは至難の業。 そこでこの記事では長年電力業界にいた筆者が徹底的に調べ上げ、 本当におすすめできる電力会社を分かりやすくまとめました。 上記の5社以外にも、様々な目的や状況別におすすめできる電力会社はあるのでそれぞれ詳しく紹介します。 初めて電力会社を乗り換えるという方も、すでに乗り換えたことがあるという方もぜひ電気代の見直しの参考にしてください! 離島を除く全国 1ヶ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -78円 3~4人世帯 400kwh使用 -793円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,121円 電力自由化直後からサービスを開始し、すでに20万件を超える供給実績のあるLooopでんき。 シンプルなプランとお得な電気料金で、 2020年現在もっともおすすめできる新電力です。 基本料金が0円 Looopでんきは、 基本料金が0円の新電力。 これまでの電力会社では毎月数百円から1,000円前後の基本料金を支払っていましたが、Looopでんきはその分を まるまる0円にできるのです。 基本料金はアンペアが大きいほど高いので、40A以上など契約しているアンペアが大きい方ほど節約効果も大きく、業界でも最安クラスの安さで利用することができます。 Looopでんき+ガスの契約も可能 Looopでんきは東京でガスのサービスも展開していて、 Looopでんき+ガスとしてセットで契約することが可能。 セット割が適用されることで、電気代だけでなくガス代も節約することが可能。 電気とガスをまとめたい、光熱費全体で節約したいという方にもピッタリの新電力です。 環境に優しい電気を使える また、Looopでんきは再生可能エネルギーを多く使用した環境にやさしい電源構成も魅力。 Looopでんきは電気料金の安さと環境への低負荷を両立させた数少ない新電力と言えます。 東京電力エリア、東北電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア 1ヶ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -47円 3~4人世帯 400kwh使用 -1,282円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,494円 エルピオでんきは電気料金の安さに特化した新電力で、特に電気をたくさん使う家庭におすすめです。 電気使用量が多いほど安くなる エルピオでんきの最大の特徴は、電気をたくさん使う家庭でとにかく電気料金が安いこと。 特に電気をたくさん使った時 300kwh~ の単価が安く設定されているため、 電気代が1万円を超える家庭などでお得に利用できます。 ガスとのセット割や基本料金0円などの飛び道具はないですが、シンプルに電気料金が安くなるのが魅力です。 料金プランはいくつか用意されていますが、関東・東北・中部エリアでは「スタンダードプランS」、関西・中国・四国・九州エリアは「使った分だけSプラン」がそれぞれ最もお得に使えるプランです。 キャッシュバックが高額 また、エルピオでんきでは高額なキャッシュバックを実施しているのも特徴。 2020年6月現在では、 電気代3ヵ月15%OFF&3,000円~20,000円のキャッシュバックを実施しています。 業界でもかなり高額なキャンペーンなので、気になる方は実施中の申し込みがおすすめです。 北海道を除く全国 1ヶ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -165円 3~4人世帯 400kwh使用 -736円 5人以上世帯 650kwh使用 -1,451円 電気使用量が少ない方ほどお得 シン・エナジーは電気をあまり使わない 省エネ志向の方が特にお得になる電力会社。 ここまで紹介してきた電力会社は電気をたくさん使う方がお得でしたが、シン・エナジーは月の電気代が~8,000円くらいまでの方にピッタリの電力会社です。 一人暮らしや二人暮らし、あまり電気を使わない3人家族などが該当しますね。 深夜が安くなるプラン また、シン・エナジーには 深夜の電気料金が安くなる「生活フィットプラン」も用意されています。 共働きの家庭や、日中あまり家にいない方、休日に家族が多く集まる家庭などで特に大きな節約が見込めますよ。 シン・エナジーでは現在、新規申し込みでAmazonギフト券やWAONポイントなどと交換可能な「JOICAセレクトギフト」3,000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。 東京電力エリア 1ヵ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -180円 3~4人世帯 400kwh使用 -899円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,300円 電気使用量に合わせた豊富なプラン CDエナジーでは一人暮らしから大家族まで使用量に応じたプランが用意されています。 そのため、どんな使用量の方でも自分にピッタリなプランを選んでお得にすることができます。 電気とガスをセットにできる CDエナジーはガスとセットで契約することも可能。 セット割が適用されることで、電気代、ガス代がさらに0. 5%OFFになります。 他のセットにできる会社では、電気とガスいずれかしか安くできない場合が多いため、どちらも安くできるのはCDエナジーの大きな魅力です。 電気ガス代の支払いでポイントが貯まる さらに、電気ガス代の支払いで毎月独自のポイントが貯まります。 貯まったポイントはTポイントやdポイントなど様々な提携ポイントと交換できたり、貯まったポイントを電気代の支払いに充てることも可能です。 CDエナジーでは現在、新規申し込みで 最大10,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。 検討している方はお早めの申し込みがおすすめです。 東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、九州電力エリア 1ヵ月の 節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -138円 3~4人世帯 400kwh使用 -953円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,381円 基本料金が0円 あしたでんきは、 Looopでんきと同様に基本料金が0円の新電力。 電気代は使った分だけ支払えばよく、大きなアンペアで契約していた方ほどお得になるのが魅力です。 Looopでんきに比べてサービス面は若干劣りますが、電気代はさらに100円~300円ほど安くなるように設定されています。 たくさん使う方向けのプランも用意 あしたでんきでは電気をたくさん使う人向けに「たっぷりプラン」も用意。 基本料金は3,000円かかりますが、単価が非常に安く設定されています。 電気代が20,000円を超えるような使用量が多い家庭では一か月に3,000円近くも電気代を節約することも可能です。 安心の東京電力グループ あしたでんきは新電力でありながら東京電力のグループ会社。 東電の社員も多数出向しており、電気に関するノウハウも豊富です。 そして電気料金は北海道に次いで全国2位の高さ。 そのため、数ある新電力の中から本当に信頼出来て電気料金も安くなる電力会社を選ぶのが大切です。 関東エリアでは、ランキングで紹介したLooopでんき、エルピオでんき、シン・エナジー、CDエナジーの他にも、 東京ガスの電気もおすすめです。 東京ガスの電気 東京ガスの電気はご存知東京ガスが提供する電気のサービス。 印象的なM効果もあり、新電力として契約者は全国No. 1の実績を誇ります。 東京ガスの都市ガスとのセット割が用意されており、電気とガスをセットで契約すると毎月270円が割引されます。 また、電気やガスの支払いでパッチョポイントが貯まり、様々な商品や提携ポイントと交換が可能。 また、電気のトラブルに無料で対応してくれるなどのサービスも付帯します。 電気代が安くなるだけでなく、豊富な特典や抜群の実績も兼ね備えた新電力です。 関西エリアでおすすめの電力会社は? 関西エリア(京都、大阪、滋賀、兵庫、奈良、和歌山、福井の一部、三重の一部、岐阜県の一部)は関東に次いで2番目に電気を使う人口が多いエリア。 電気をたくさん使う人は先ほどのランキングのエルピオでんき、Looopでんきがおすすめですが、電気をあまり使わない人は シン・エナジー、関西電力の「なっトクパック」(電気とガスのセット契約プラン)がおすすめです。 電気とガスをまとめられる関西電力がおすすめ 関西電力「なっトクパック」は、電気とガスをセットにしたプラン。 電気代、ガス代ともに安くすることができます。 特に使用量が少ない家庭では電気だけでの節約は限界があるため、ガスもセットでお得にすると良いでしょう。 関西電力エリアにおすすめ電力会社はこちらでも詳しくまとめています。 北海道では特に基本料金が高いため、 基本料金が0円の電力会社がおすすめになります。 北海道で利用できる基本料金0円の電力会社でおすすめは Looopでんき。 基本料金は契約しているアンペアによって料金が変わり、北海道電力では40Aなら1,364円、60Aなら2,046円です。 一方Looopでんきは何アンペアで契約していても0円なので、それだけで1,000円~2,000円を節約できることになります。 基本料金0円は多くの方にメリットがありますが、北海道の方は特にその恩恵を受けられるのです。 北海道電力エリアでおすすめ電力会社はこちらで詳しくまとめています。 中部地方で特におすすめの電力会社は あしたでんき、エルピオでんきの2社です。 1人~4人家族まではあしたでんきがお得で、4人以上で電気をたくさん使う家庭ではエルピオでんきがお得になります。 一人暮らしにおすすめの電力会社は? 一人暮らしの方は電気をあまり使わないため、電気をよく使うファミリー世帯とは異なる電力会社がおすすめになります。 一人暮らしの方は 使用量が少ない時の単価が安いシン・エナジー、 毎月一律額が割り引かれるCDエナジー「シングルでんき」を選ぶとお得です。 一人暮らしにおすすめの電力会社はこちらの記事でも詳しくまとめています。 電気ガスのセット契約ができる電力会社は上でも紹介したCDエナジーや東京ガス、関西電力がありますが、他にも ニチガスもおすすめです。 また、小田急グループが提供する 小田急でんき、東急グループが提供する 東急でんきも、それぞれガスとのセット契約が可能です。 スマホとまとめるのにおすすめの電力会社は? 大手スマホキャリアで電気のサービスを行っているのはauとソフトバンクの2社です。 auでんきは電気代の支払いでPontaポイントが貯まります。 また、電気のトラブルに無料で駆けつけてくれるサービスも利用できます。 オール電化におすすめは? 現在、オール電化の家庭の方で2016年より前に設定された料金プランを利用している人は、料金プランを変更してしまうと高くなってしまいます。 つまり、そうした方々は「 今の電力会社を使い続けることがおすすめ」となります。 ただそれ以降に設定された料金プラン、例えば東京電力であれば「スマートライフプラン」を利用している人には、必ず安くなる出光昭和シェルの電気がおすすめです。 Looopでんき ・基本料金0円/一律の使用料金 エルピオでんき ・たくさん使う人が特に安くなる シン・エナジー ・少量使用者が安くなるプラン CDエナジー ・使用量で選べる3つのプラン ・定額サービスが無料になる3つのプラン ・ガスとのセットで0. 5%OFF ・カテエネポイントが100円=1P貯まる 東京ガス ・少量使用者、ファミリー世帯で選べる2つのプラン ・ガスとのセットで0. 5%OFFまたは月275円引き ・パッチョポイントが1,000円=15P貯まる あしたでんき ・基本料金0円/一律の使用料金 ニチガス ・200kwhまで定額。 3人家族以上で安くなる ・ガスとのセットで月300円引き 出光昭和シェルの電気 ・たくさん使う人が安くなる 楽天でんき ・基本料金0円/一律の使用料金 ・楽天ポイントが最大100円=1. 開示されていないものは「開示なし」とします。 CDエナジー 開示なし あしたでんき 開示なし ソフトバンクでんき 開示なし シン・エナジー 開示なし 親指でんき 卸電力取引所 100% Looopでんき 再エネ 23. 4% 、水力 2. 卸電力取引所とは電気の取引を行う市場で、ここには火力、原子力、水力など様々な方法で発電した電気が含まれます。 また「その他」「開示なし」の場合は詳細が不明です。 そのため100%自社発電の電気を利用できる電力会社はほとんどないのが現状です。 電力会社の4つの比較ポイント 電力会社を比較する際のポイントを4つ紹介します。 電気料金 電力会社を比較する際は、まずはその電力会社の電気料金を比較しましょう。 比較の方法は、従来の電力会社(東電など)に対して、 基本料金、単価がどれだけ安いのか?を見ることです。 一般的に、以下のことが言えます。 セット割・特典の豊富さ セット割や特典の豊富さを比較することも重要なポイントです。 自分が普段からよく使うサービス(ネット、スマホ、ガスなど)とセットにすることでそれらの料金を安くすることもできたり、ポイント特典が付く電力会社では電気代の支払いでポイントを貯めることもできます。 電気料金の節約だけでなく、生活費全体をお得にしたい方はセット割・特典が豊富な電力会社を選びましょう。 ただし、セット割や特典が豊富な電力会社は電気料金の安さで少し劣る場合が多いので注意しましょう。 キャンペーン 電気の乗り換え時にキャンペーンを実施しているかどうかを比較します。 キャンペーンの内容はギフト券のプレゼントであったり、電気代のキャッシュバックであったりします。 キャンペーンやキャッシュバックは、その金額の分だけ電気代をさらに安くできたということになります。 電気料金では若干高いとしても、キャンペーンを含めると安くなる場合も多いので、キャンペーンの有無と金額はしっかり比較しましょう。 電気の供給実績 その電力会社がどれくらい電力事業の実績があるのかを比較します。 電力会社(新電力)は、大きく分けて以下の3つに分類できます。 ・電力自由化以前から電力事業を行ってきた企業 例:出光昭和シェル、ENEOS、シン・エナジー ・電力自由化に合わせて電力事業に参入した企業 例:楽天でんき、auでんき、ソフトバンクでんき ・従来の電力会社の関連会社や子会社 例:あしたでんき 自由化以前から電力事業を行ってきた企業、従来の電力会社の関連企業は電力事業に関するノウハウが豊富です。 また、多くの電気の販売実績もあります。 電気を提供するインフラ企業としての実績を比較し、安心して契約できる電力会社を選ぶことも大切です。 電力会社を乗り換える前の基本情報 おすすめな電力会社は見つかったでしょうか?最後に電力会社を乗り換える前の基本情報をまとめます。 電力会社の乗り換え方法と流れ 電力会社の乗り換えは、公式サイトから申し込むだけで完了します。 申し込む際は 電気の検針票(新電力の場合はマイページ画面)、クレジットカードまたは口座番号を手元に用意しましょう。 公式サイトから申し込む• スマートメーターの設置作業が行われる• 現在の電力会社の解約が行われる• 電気が切り替わる 申し込み者がするのは1だけで、以降は何もする必要はありません。 工事は不要 電気の切り替えで工事はありません。 スマートメーターが未設置の場合のみ設置作業が行われますが、家の外にあるメーターの簡単な取替作業なので立ち合い不要、費用も無料です。 現在の電力会社の解約作業も不要 現在契約している電力会社の解約は、申込先の電力会社が代行してくれます。 自分で解約の手続きや連絡をする必要はありません。 約1か月で電気が切り替わる 電力会社によって異なりますが、おおむね申し込みから約1ヵ月で電気が切り替わります。 切り替え当日も何もする必要はなく、自然に切り替わります。 解約金・違約金がかかる場合がある 現在の電力会社を解約する際に、解約金や違約金が発生する場合があります。 なお、この記事で紹介してきた電力会社で解約金・違約金が発生するのは以下の電力会社です。 今までは必ず地域の決められた電力会社としか契約できませんでしたが、電力自由化以降、私たちは好きな電力会社と契約できるようになりました。 電力自由化以降に登場した電力会社は「新電力」と呼ばれ、大小あわせて500社を超えるといわれています。 乗り換えても電気の品質・安定性は変わらない 電気を家庭まで送る送電網はこれまでも従来の電力会社が管理しますし、乗り換え先の電力会社で万が一電気の供給がストップしても、代わりに従来の電力会社がバックアップする仕組みになっています。 これまでと全く同じ電気を使うことができます。 まとめ いかがでしたか? かなり長くなってしまいましたが、新電力会社への乗り換えにきっと役に立つと思います。 たくさんあって選ぶのが面倒だという方もいると思いますが、そうした方にはこの記事で紹介した「」からぜひ検討してみてくださいね。 , ,•

次の

2020版新電力はどこが安い?CDエナジーダイレクトの評判はいいけど本当に安いのか?実は安くない?

新電力 安い

「あしたでんき」は電力自由化がはじまってしばらく経ったタイミングで登場した新電力なんじゃ。 標準プランは今まで当たり前じゃった 基本料金が0円のプランで、電気を使っただけ請求される「従量料金」も一律単価じゃから、電気料金がわかりやすいと思うぞ。 基本料金0円&従量料金一律単価、っていうプランが増えてきましたよね。 そうじゃのう。 一般的な人にもわかりやすくて、さらにお得感が感じられるからのう。 あしたでんきには電気使用量が多い家庭向けの「たっぷりプラン」もあるんじゃ。 こっちのプランは 基本料金が3,000円と高めの設定になっているんじゃが、従量料金がかなり安い設定なんじゃ。 自分の電気使用状況に合わせて選べるのはいいですね!セット割や特典はないけど、シンプルに電気料金で得したいって人にはすごく合っていますね! 「Looopでんき(ループでんき)」は電力自由化スタートにいち早く参入した新電力のひとつじゃ。 「 基本料金0円」という斬新なプランは、当初かなり話題になって加入者も急増したんじゃよ。 これまで当たり前に請求されてきていた基本料金が0円になったんですもんね。 そりゃ話題になって当然かもしれないですね! これまで電気使用量に応じて段階的に単価が決まっていた 「従量料金」も、一律単価になっているからわかりやすいのう。 別のサービスとのセット割などはなく純粋に電気料金が安くなる点も料金が比較しやすくて良いと思うぞ。 太陽光・風力・水力といった自然エネルギーの活用に力を入れている点も評価できるんじゃ。 Looopでんきって電力自由化スタートから 2年半ほどで、150,000件以上の契約があったんですよね!それだけ支持されているんだからすごいですね!電気料金がどれくらいお得になるか、さっそくシミュレーションしてみよう! 「エルピオでんき」は、もともとプロパンガス事業を展開していたエルピオの電力供給サービスじゃ。 エルピオでんき最大のメリットは、電気料金が各エリアで最低水準という点なんじゃよ! 電気料金が安いのはいいですねぇ。 だけどガスとセットで契約しないと、得できないとか…そういう縛りはないんですか? ガス契約をしていない人でも電気の契約ができるんじゃ!電気だけの契約でも電気料金は変わらんから、とにかく 電気料金の安さで電気だけ契約するって人が多いんじゃ。 シミュレーションしてみたら、どれだけお得になるかわかるぞ!やってみるといい。 自分のライフスタイルや電気の使用量に合わせて、いろいろなプランから選べるっていいですね!そもそも電気料金が最低水準なら、検討してみるべきですよね! 「親指でんき」は電力自由化開始からしばらくして登場した新電力なんじゃが、一般的な家庭向けプランは 「基本料金0円」「従量料金一律」という非常にわかりやすいプランで、後発ながらかなりの加入者を集めているんじゃ。 基本料金がタダって嬉しいなぁ。 従来の電力会社のプランだと、電気使用量に応じて請求される「従量料金」は使用量が増えるほど段階的に単価が上がっていたんですよね?それがけっこう面倒なんですよね、計算するの…。 まぁ電気料金を細かく計算しているって人は少ないからのう。 段階的に単価が変わるプランだと計算が面倒に感じるかもしれんの。 親指でんきは基本プランの他にも「わんにゃんプラン(ペットを飼っている家庭)」「夜更かしプラン」「ゲームプラン」といった バラエティ豊かなプランが揃うぞ。 自分のライフスタイルに合わせて、一番最適なプランを選べるのはうれしいですね。 こりゃ人気なのも納得だ! 関東エリアで都市ガスを提供している「東京ガス」も電力供給をしているんじゃが、ガスを契約している人の多くが電気を東京ガスに切り替えたもんで、加入者は一度に膨らんだんじゃよ。 光熱費の請求がまとまるのは、家計管理をしている人にとって便利じゃから、切り替えが起きるのもうなずけるのう。 そうですよね。 支払い先がまとまるって、それだけで家計管理がしやすくなりますもんね。 東京ガスの電気は関東エリアのみとなっているんじゃが、 関東エリアではトップクラスの安さなんじゃ。 さらにガスと 電気のセット割引や、プロバイダーサービスとのセット割引があるから、マッチする人だとかなりお得を実感できると思うぞ。 セット割が充実しているんですね!電気料金自体も安いなら、これは検討する価値がありそうですね! 電力自由化スタート当初から非常に人気なのが「ENEOSでんき(エネオスでんき)」じゃ。 テレビCMなんかも放映しているから知名度も抜群じゃのう。 電気使用量が多い家庭ほど大幅に電気料金が安くなるプランで、さらに2年間の継続契約 「にねんとく2割」を選ぶと1kWhあたり0. 2円の割引がつくんじゃ。 しかも3年目以降は1kWhあたり0. 3円の割引になるぞ。 長く契約するほどお得になるのか!それは契約者にとって嬉しいですよね!ENEOSでんきに申し込むなら、絶対に「にねんとく2割」を検討すべきですね! 電気料金自体も非常に割安なんじゃが、他にもメリットがあるんじゃ。 ENEOSのガソリンスタンドで使用できる ENEOSカードの種類に応じて、給油の割引や電気料金の割引特典があるから、日常的にENEOSを利用している人におすすめじゃ!車に乗らないという人は Tポイントもしくは提携カードのポイント還元を受けることができるんじゃ。 電気料金が安いだけじゃなく、さらに特典(付帯サービス)があるなんてメリット大ですね!ENEOSでんきは都市ガス供給もしているから、セット契約してもいいかも。 供給エリアが関東と関西に限られるけど、対象エリアに住んでいる人は検討したいですね。 「自然電力のでんき」は、サービス名からも連想できるが、 環境に配慮した自然に優しい電気を供給しているんじゃよ。 100%自然エネルギーでまかなうプランもあるから、電力会社を切り替える際、どうせなら環境に優しい電力会社を選びたいと思う人におすすめじゃ。 100%自然エネルギーでまかなうプランですか。 興味あるなぁ。 プランは2つ。 100%自然エネルギーを利用するプランと、 自然エネルギーを30%利用した料金が割安なプランじゃ。 環境も料金も…という人なら後者のプランがいいじゃろ。 ちなみに自然電力は電気を仕入れる際の卸価格に連動して、料金の一部が変動するんじゃ。 とはいえ、現状ではそれほど極端に変わるものとは言えんがのう。 へー料金が変動するのかぁ。 面白い料金設定ですね。 環境にも配慮したいし、電気料金も安くしたいって人は、自然電力のでんき、検討してみるといいですね。 昭和シェル石油が提供する家庭向けプランは、一般的な家庭向けの「Sプラン」と、オール電化住宅に住む人向けの「オール電化プラン」の2つがあるんじゃ。 どちらのプランにも「カーオプション」があって、 昭和シェルのガソリンスタンドで給油をすると給油代が割引になるセット割引がついているんじゃ。 じゃあ車をよく使う人はありがたいですね!さすがガソリンスタンドを展開する会社のサービスだ! 電気使用量が少なすぎるとお得感は小さいとかもしれんが、 オール電化住宅なら損することはなさそうじゃ。 オール電化向けのプランはお得感が少ないものが多いんじゃが、昭和シェル石油ならさらにガソリン代の割引なんかの特典があるからのう。 気になる人は一度シミュレーションでチェックしてみるといいね! ソフトバンクの「おうちでんき」も人気じゃの。 ソフトバンクやワイモバイルのユーザーなら、 スマホやネット1回線につき毎月100円の割引になる特典があるんじゃよ(3年目以降は割引率が変わります)。 最大10回線まで割引対応じゃから、家族にソフトバンクもしくはワイモバイルユーザーが多いほど得じゃ。 電気料金自体はどうなんですかね?安いんですか? 電気使用量に応じて請求される 従量料金の部分が、毎月ずっと1%割引になるから、従来の電力会社と比較してしっかり安くなるぞ。 スマホ代やネット代と電気代の請求がまとまるというのも便利じゃの。 確かに家計を管理する人にとって、 支払い先がまとまるって嬉しいですよね。 管理する手間が減るんですからねー。 ソフトバンクやワイモバイルのユーザーなら、おうちでんきを検討してみよう! ケーブルテレビのサービスを提供するJ:COMが、契約者を対象に提供しているのが「J:COM電力」なんじゃ。 基本的に テレビやインターネット、電話といった既存のJ:COMのサービスとセット契約になるんじゃが、J:COMと契約している人は検討するといいぞ。 J:COM電力かぁ。 電気料金は安いんですかね? 基本料金は従来と同じなんじゃが、従量料金の部分が「0~120kWh:0. 5%割引」、「121~300kWh:1%割引」そして「301kWh~:10%割引」になるんじゃ。 電気使用量が多い人ほどお得度が大きくなるわけじゃな。 さらに電気と既存サービスのセット「電力セット」契約になるから、 J:COMの利用料金が最大総額12,000円割引になるんじゃよ。 J:COMの利用者は、J:COM電力のシミュレーションしてみるといいかもね! エリアを絞り込む• なんたって電力会社を切り替えるだけで、毎月の出費が減るんじゃからのう。 毎月1,000円の電気代カットだって、年間で考えたら12,000円。 これってなかなか大きいよね! 電力会社をさまざまな角度から比較 ここからは、おすすめの電力会社を特徴別に紹介していくよ!自分にぴったり合うのはどんな電力会社かな? シミュレーションして電気料金が安くなるなら試しに切り替えてみるといい。 また元の電力会社に戻したり他の電力会社に戻すことも可能じゃから、まずは気軽に切り替えてみるべきじゃよ。 シンプルに電気代を安く!基本料0円で使った分だけお支払い 特にセット割や付帯サービスは用意されていないんじゃが、シンプルに電気料金が安くなったと実感できるのが 「基本料金0円」を打ち出している電力会社かもしれんのう。 確かに!今まで支払っていた基本料金がまるっとなくなるわけですから、お得感が大きいですよね。 電気を使った分だけ支払うってすごく画期的! 基本料金0円のプランのほとんどが電気使用量によって変わる 「従量料金」が一律単価じゃから、電気料金がわかりやすいというメリットもあるぞ。 東京ガスの電気• ENEOSでんき• 昭和シェル石油• おうちでんき• J:COM電力 結局、一番おすすめの電力会社は? 部長ぉぉ…解約違約金も発生いろいろなおすすめ電力会社を見てきたんですけどね…電力会社の数ってすごく多いじゃないですか?そうなると結局どの電力会社にしたらいいか迷っちゃって決めきれないって人、けっこう多いと思うんですよねぇ。 まぁ、確かにそうじゃろうな。 で…結局のところどの電力会社がいいんですかね?もちろん電気使用量や電気を使う時間帯なんかによってベストな電力会社が違ってくるのは理解しているですけど、誰が契約しても基本的に損しなくてお得を実感できる電力会社ってどこなんですか? だったら 「Looopでんき」じゃないか?基本料金が0円というのは非常にメリット大じゃし、従量料金も一律単価じゃから電気料金の仕組みがわかっていない人も計算しやすいと思うぞ。 それに 何より加入者数が業界トップクラスの多さじゃから、安心感も持てるじゃろ。 ピッカリーーーーーーン!!!!!じゃあ迷っている人はLooopでんきのシミュレーションをしてみて、電気料金が安くなるなら決めちゃってもいいってことですね! そうじゃそうじゃ!シミュレーションで節約ができるという結果が出たのならLooopでんきに切り替えてもいいじゃろ。 契約手数料も解約違約金も発生しないから、嫌ならまた切り替えればすむ話。 そんなに小難しく考えずに、ひとまず切り替えてみるといいぞ! 電力会社の選び方・比較ポイント 電力会社にもいろいろなタイプの会社があって、当然、料金プランもさまざまじゃからそう簡単に選べないこともあるじゃろ。 ここからはわしが電力会社を選ぶ際に着目すべきポイントについて具体的に解説するぞ。 項目別に見ていけば自分にぴったりな電力会社がわかってくるはずじゃから最後まで読んでみるといい。 電気料金 一番わかりやすくて一番気になるのが電気料金じゃ。 選ぶ電力会社によって年間10,000円以上の差がつくこともあるから、シミュレーションで確認するんじゃよ。 ほとんどの電力会社の公式サイトにはシミュレーターがありますもんね。 電気料金をチェックする際は、 自分が毎月どれくらい電気を使用しているか知っておくことが大切じゃ。 電気料金の明細を見てみるのが手っ取り早いかのう。 電気を多く使う人向けのプランや、電気の使用量が少なくてもあるていど得できるプランがあるから、賢く選ぶといい。 セット割・特典 電力会社の中には、 既存のサービスとセット契約することで得できるプランを出しているところもたくさんあるんじゃ。 通信、ガス、ガソリン(給油)などなど、普段から利用頻度の高いサービスを選ぶことで、毎月数百円~数千円得できるぞ。 「セット割」ってやつですね! 割引以外に ポイント付与の特典を用意している会社もあるのう。 もし電力会社選びに困ったら、自分が利用しているサービスとのセット割や特典を基準に選んでみてもいいじゃろう。 ただし大事なのはトータルでどれだけお得になるかじゃ。 特典があっても肝心の電気料金があまり安くならなければ意味はないからのう。 違約金・解約金 これはとても重要なことじゃ。 いくら電気料金が安くても、違約金や解約金が高い場合は決してお得とは言えん。 ほとんどの電力会社は契約期間を設けていて、それ以前に途中解約すると違約金がかかってくるんじゃ。 じゃから、 あらかじめ違約金・解約金の有無や金額、契約期間についてはよく確認するんじゃよ。 解約金・違約金に注意しなきゃ! プランによっては、 セット契約している電気以外のサービスの解約で違約金・解約金を請求される場合もあるから、その点も注意するんじゃよ。 時間帯別・季節別電気料金 特定の時間の電気使用量が多い家庭、また豪雪地域のように季節によって電気使用量が大幅アップするような家庭は、 時間帯別に料金が設定されているプランや季節別に料金が設定されているプランを選ぶのが得策じゃ。 時間帯や季節によって電気料金が変わるプランかぁ。 現在、すでにお得な料金プランで契約している人は 軽はずみに電力会社やプランを変更して損をすることもあるから、十分に気を付けておくんじゃよ。 オール電化向けプラン 東京電力や関西電力といった地域の電力会社(一般電気事業者)のプランには、オール電化向けのお得な料金プランがあるんじゃが、新電力のうち オール電化向けのプランを設定している会社はあまり多くないんじゃ。 オール電化向けのプラン…ですかぁ。 既にオール電化向けプランで電気料金を抑えている家庭の場合、安易に新電力に切り替えてしまうと電気料金がかなり割高になって大損をする可能性大。 このままのプランが最適というケースが多いんじゃ。 もし電力会社選びをするというときも慎重にプランを比較・検討するんじゃよ。 電源構成の開示 供給する電気でがどんな発電方法で作られたのかを比率で表したものを「電源構成」や「エネルギーミックス」と言うんじゃ。 電源構成の開示は推奨されているものの、義務化されていないんじゃよ。 したがって 電力会社の中には電源構成を公開しているところもあれば非公開にしているところもあるのが実情じゃ。 電源構成は公開してほしいですねぇ。 いくらホームページで「環境改善に積極的に取り組んでいる」と書いてあっても、電源構成が開示されていなければ信憑性に欠けるわけじゃ。 電源構成を開示しているという情報についての透明性は信頼感に繋がるわけじゃから、そういった視点で電力会社を選んでもいいと思うぞ。 環境配慮 電力会社によって発電方法が異なるというのはわかっておるな? それくらいは理解してますよぉ。 もし環境負荷が気になるのであれば、水力発電や風力発電、太陽光発電、バイオマス発電といった 再生可能エネルギーを積極的に取り入れている電力会社を選ぶというのもいい。 また 二酸化炭素排出量が少ないLNG(天然ガス)を活用した発電に取り組む電力会社もあるので、チェックしてみるといいぞ。 発電量 自社発電所やグループ会社の発電所で作られた電力を供給する電力会社もたくさんあるんじゃが、気になるのは発電量じゃ。 いくら環境に配慮した発電方法を取り入れていると言っても、 発電量自体が少なければ需要を満たすことはできん。 需要を満たすことができない!? そうなれば既存の電力会社の電力に頼ることになるから、 再生可能エネルギーなど環境を配慮した電気を十分活用しているとは言えなくなってしまうんじゃ。 発電方法をチェックするだけでなく発電量をチェックすることも大切なことじゃよ。 停電や倒産 契約している電力会社によって停電のしやすさに違いはないし、例え倒産したとしてもフォロー体制が整っているから停電することなく各家庭に電気が供給されるようになっておる。 しかし電力会社が倒産した場合、一般電気事業者(東京電力や関西電力など)の経過措置プラン(従来通りのプラン)に自動的に引き継がれるが、期間内に 新たな電力会社を探して契約をし直す必要があるんじゃ。 へーちょっとそれは面倒ですね。 電気が停電することはなくても、また比較検討して契約をし直すというのは手間も時間もかかるのう。 激安プランを目当てに契約するのも間違いではないが、倒産の心配をしたくないという人は 実績・知名度・信頼性・安心感という面で電力会社を決めるのが良いと思うぞ。 顧客対応の良さ 基本的に電力会社というのは長く付き合っていくものじゃから、何度電話をしても繋がらない、問い合わせメールの返信がなかなか来ない、というような あまりにも顧客対応が悪い電力会社は避けておいたほうがいいと思うぞ。 た、確かに困ったときになかなか連絡がつかないような会社は不安ですね。 自分に合った電力会社を見つけよう! おすすめの電力会社を紹介してきたけど、どうだった?みんなはどんな電力会社が気になったかな? 僕はやっぱり部長がイチオシの「Looopでんき」が良いかなぁ…なんて思っているよ! どの電力会社に切り替えるかは自由だけど、一番良くないのは「電力会社を変えると節約できるんだろうなぁ…」「切り替えた方がいいんだろうなぁ…」って思っていながら何も行動しないこと! やってみたら 思った以上に簡単に切り替えができると思うから、みんなもぜひぜひ積極的に電力会社の切り替えを検討してみて!早く切り替えたもん勝ち!きっと節約効果が実感できると思うよ。

次の

電力会社おすすめ比較ランキング!おすすめ新電力15社を徹底比較【2020年7月】

新電力 安い

第二次世界大戦後、日本の電力業界は全国に10社ある大手電力会社(旧一般電気事業者)が、地域独占という形で発電から電力供給までを行ってきました。 この仕組みを大きく変えたのが電力自由化です。 電力業界は「発電事業」「送配電事業」「小売り事業」の大きな3つの柱によって成り立っています。 電力自由化とはその全ての事業の自由化を指しますが、ここでは私たち消費者にとって最も関係が深い「小売り事業」の自由化を支える『新電力』の仕組みについて解説していきます。 新電力への切り替えで受けられる恩恵のひとつに「電気代が安くなる」ということが揚げられますが、これには新電力の仕組みが関係しています。 また注意したいのは、電気代が安くならないケースもあるという点です。 このページでは、新電力が安い理由と電気代の鍵を握る負荷率の仕組みについて解説し「新電力導入によって電気代を安くできるのか?」の判断材料にしていただけるようにしました。 新電力が安い理由とその仕組み 電力小売りの自由化により、私たちは「電気をどの会社から買ってもよい」という選択肢を手に入ました。 新電力と呼ばれる電気小売り事業者が、電力市場に多数参入し各社が特色を活かした多様なプランを提示しています。 電力需要家である消費者にとっては、それこそ『よりどりみどり』にプランを選べるようになったわけです。 しかしそれは選べる自由度が増えた分、仕組みを理解し賢い選択をしていかなければならないということです。 自社や自分たちの事業にとってより良い選択ができるよう、新電力が安い理由と仕組みについて解説します。 1-1. 低コストで運用ができる仕組み 新電力は、従来の大手電力会社(東京電力や関西電力など、全国10社の地域電力会社)のような大規模な発電施設を持っていません。 電力の仕入れは自社所有の小規模発電所、電気の卸売り会社(卸電気事業者・卸供給事業者)からの仕入れ、余剰電力の買い取りなどでまかなっています。 つまり大規模発電施設を保有していないことで、設備にかかる経費やランニングコスト、人事費などコストの高い部分を低くおさえることが可能です。 また新電力は運営自体を少人数で行っている企業も多く、低コストで得た運用利益を電気料金に反映させる仕組みになっています。 1-2. 効率的な運用が可能な新電力 大手電力会社である一般電気事業者は、長年にわたり「ユニバーサルサービス」という公益的なサービスを担ってきました。 誰にも等しく電気を供給する義務があったため、地域独占での経営が許されていたわけです。 等しく電気を供給するためには、常に大規模な電力を確保する必要があります。 また、あまり電気を使わないような場所や人、どのような地域にも電気を送らねばなりません。 しかし新電力は、ユニバーサルサービスを提供する必要がありませんので、電力の売り先を選ぶことが可能です。 つまり「電力消費の多い企業などに優先的に電気を販売する」「利益率の高いところへのみ販売を行う」など、効率の良い経営を行うことで利益を確保しています。 1-3. 電気を安く仕入れる仕組みと工夫 大手電力会社の電気の仕入れは、自社の大型発電施設からの供給に頼っています。 ですから例えば震災後の原子力発電の停止による電力供給不足は、ダイレクトに電気料金の値上げとして反映されてきました。 新電力は前述した通り、自社による大型の発電施設を所有していません。 そのため様々な方法で電気を仕入れ、販売を行っています。 「電気の卸売り会社から安く仕入れる」「自家発電設備を持つ企業などの余剰電力を買い取る」など、電気の仕入れ先を工夫しています。 このようにして仕入れコストをおさえることで、電気料金を安くすることが可能になっているのです。 1-4. 利益の出る範囲での料金設定 ユニバーサルサービスを担う大手電力会社の電気料金には、電気を安定供給するためのインフラ整備費も含まれています。 しかし新電力はインフラ整備費を考える必要がありません。 もちろん経営安定化のためのコストはかかりますが、電気料金の設定は「利益がでる範囲」で設定すればよいわけです。 大がかりなインフラの整備費を電気料金に含ませる必要がないことで、電気代を安くおさえることが可能になっているのです。 1-5. 電力事業以外からの収益 新電力に参入した企業の多くは、別事業を行っているケースがほとんどです。 ガスや石油の販売事業、通信・携帯電話事業、鉄道事業、総合商社など、その業種は多岐にわたっています。 それらの事業の付加価値を高めるために新電力事業に参入している企業も多いので、コストの全てを電気料金でまかなう必要がありません。 各種サービスなどと組み合わせることで、相乗的に売り上げを立てることを目指していますから、電気料金を下げられるというわけです。 電気代の決め手となる負荷率の仕組み 新電力への切り替えで電気料金が安くなるかどうかの鍵を握っているのが「負荷率」です。 つまり電気代が安くならないケースは負荷率が関係している場合が多いわけです。 まずは負荷率の仕組みを理解しておきましょう。 2-1. 負荷率の算出方法 負荷率とは、一定期間内の「平均電力」と「最大電力」の比率を示したもので、契約電力量に占める実際の電力使用量を表します。 負荷率の計算は以下のように行います。 つまり、電力使用量が1年(または1日)を通して平均的で、電気使用のピーク時と使っていない時の差が少ない状況です。 この負荷率を算出することで、需要家(消費者)の電気の使い方を判断することができます。 例えば負荷率の高い施設とは、工場、ホテル、病院、24時間営業の店舗など、電力設備を継続的に稼働させる時間が長い業種や業態になります。 逆に負荷率の低い施設とは、官公庁、学校、スキー場、スポーツ施設、事務所ビルなど、電力を使用している時間や期間が、使用していない時とはっきりと分かれている業種・業態になります。 新電力で電気代が安くならないケース 従来の大手電力会社は火力発電などの大規模発電施設で電力を供給しています。 そのため発電施設を一定の出力で稼働させ続けた方が効率が良いわけです。 ですから年間や1日を通して電気の使用量の変動が少ない=負荷率の高い需要家(消費者)の方が、電力単価を安くおさえることができ、負荷率の高い需要家にはお得な料金プランを用意していました。 つまり負荷率の高い事業所はすでに電力単価が低い場合が多く、新電力に切り替えても電気料金が下がらない可能性があるわけです。 一般的に新電力への切り替えで電気料金が安くなる目安は、負荷率が25%~30%の事業所と言われています。 負荷率は上記の計算式に当てはめることで算出できます。 また新電力に切り替えることで、電気料金がいくらになるのかはシミュレーションすることが可能です。 新電力への切り替えを検討する際には、それらの算出結果を元に電気料金が安くなるかを調べてみる必要があります。 まとめ 事業所にとって電気料金は、毎月かかる経費です。 この経費を少しでも安くできるのであれば、新電力へ切り替える大きなメリットとなることでしょう。 ただし上述したように、必ずしも全ての事業所の電気料金が安くなるわけではありませんし、新電力は新しい取り組みであるがゆえに、まだ不透明な部分がないわけではありません。 新電力の仕組みを理解し、切り替え後の電気料金を必ずシミュレーションしてみましょう。 また様々なケースを想定した上で新電力への切り替えを検討していくことが大切になってきます。

次の