ニキビ 治る 過程。 なかなか治らない!しこりニキビ・硬結ニキビの原因と治し方

噴き出しを乗り越えればアトピーは治る! アトピーが治っていく過程

ニキビ 治る 過程

Contents(見たい目次を押せば、そこにすぐ飛べます)• 治療を始めるまでの経緯 私、マイケルは現在約20歳。 数年前までは、顎や口周りにそこまでひどくニキビが出た記憶も全くありませんでした。 しかし、ふとした瞬間に気づきます。 ちなみに、オルビスなどの化粧水や、洗顔の見直し、栄養面の改善など、尽くせる手はすでにこなしてきました。 しかし、それでも顎や口周りのニキビたちは消えてくれません。 やつらはかなり手強いのだ!!一度消えてもすぐ復活してきます。 だから決心しました。 「そうだ、皮膚科へ行ってみよう」 このサイトを始めようと思った理由 自分自身顎や口周りのニキビに悩んでいた頃、インターネットで「治し方」など色々な言葉を入れて検索していました。 しかし、今でこそ分かるのですが、 嘘だらけです。 確かに正しいことも多々あるのですが、最適な方法とは断じて言えません。 ハッキリ言って、 市販の化粧水や石鹸に頼ってニキビを治そうとするのは危険です。 なぜって? だって、 あなたの肌に合わせて作られたものではありませんから!! たまたまその化粧水が自分に合って、吹き出物がマシになることはありますが、ハズレたらむしろ悪化。 そして、無駄に高額なお金を払っただけで終わってしまいます。 だからこそ、 世間は教えてくれない 本当に正しいニキビの治し方を提供しよう と思い、このサイトを作成しました。 それも、 治療過程を全て公開で! 真似をするだけで、今まで憂鬱だったあのニキビ達も消し去ることが出来ます。 皮膚科に行くまで それまでは、ネットで評判の良かった「ビーグレン」や、「メルライン」「どろあわわ」。 そして、市販で売れている「草花木果のどくだみシリーズ」「プロアクティブ」「プリモディーネ」など、多数の化粧水やら石鹸を試してきましたが、口周りニキビの改善にはならないまま終了。 皮膚科に行く直前まで使っていたオルビスは、まだ残っているので証拠として写真に収めておきます。 このオルビスも洗顔料含め、半年以上使用していましたが、 全く効果なし。 お金だけが地球の彼方へと吹っ飛んでいきました。 本当に、ここまでいくら費用が重なってしまったか数え切れません。 ニキビ対策のものって、何度も使用するとかなりの金額になってくるんですよね。 洗顔料• 化粧水• クリーム 本当にバカにならない値段になります。 それなのに、 仮に効果があった化粧水に出会ったとしても、継続して使い続けない限りまたニキビに悩まされてしまいます。 こうなってしまうと、完全に 化粧水メーカーの思うツボですから、注意してください。 満を持して皮膚科へレッツゴー! 2月15日午前10時28分13秒、皮膚科の診察室前にて待つ私。 そしてついに、誰よりもニキビに詳しい現役皮膚科医に診てもらいます! この時、診察カルテに「インターネットのサイトに、自分と同じようにニキビに困っている方の為に、情報を共有したいので、音声を録音したい」旨を記載し、承諾を得ました。 そこで得た貴重な内容を以下に載せておきます。 売薬(市販で売っている、お店にあるお薬のこと)ではなかなか治らない• ニキビは15~25歳によく出来るもので治りにくいもの• 医者に行くべきだが、大方の皮膚科の先生は上手いこと治さないことが多い• 1年いっても治らなかった人がいっぱいいる• 保険は効く• 睡眠大事(7時間以上)• 便秘の人はニキビ出来やすい• 治る病院に行くか治らない病院に行くかは大事• とりあえず皮膚科にいっとけばいいか精神では絶対治らない• ぜんぜん勉強してない先生(毎週学会で勉強する人もいれば遊んでいる人も)多々いる• 病院が大きいからといって必ずしも良い先生とは限らない• 治すのに1~2ヶ月はみたほうがいい ハッキリ言って、上記の内容の中には ネット上の他のページにはどこにも流れていない裏(真実の)情報があります。 だからこそ、なんとしてでもこのサイトを皆さんに知ってもらい、事実を広めなければならない使命があるんです! ニキビ治療スタート! マイケルは、皮膚科で• 漢方薬(荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ))• ベピオゲル• ビタミンCローション• 抗生剤(クラリスロマイシン)• ピーリング石鹸 これら5点をもらい、次の日から使い始めました。 この時、処方される薬に関しては、一人一人に合ったものを皮膚科医が判断してくれています。 なので、全く同じ薬を真似しようとせず、必ず1度は診察してもらって専門医に決めてもらいましょうね! 自分で選んでしまうと、合わずに余計ニキビを悪化させる原因となる可能性が大いにありますから。 そして使い続けること数日。 本当は2週間分なんですが、2月16日から使い始め、3月7日まで無くなりませんでした。 理由は、家でご飯を食べる時にだけ使っていたからです。 なので、きちんと守って使い続けたわけではありません。 さらに、3月7日以降、皮膚科の開いている時間に通えないスケジュールが続き、3月は8日からずっと薬は使用していませんでした。 でもね、顎と口周りにあったニキビが治ったんです!!シンプルにビックリしました(笑) 2月15日の状態。 4月3日の状態。 カップ麺やインスタント食品も食べてます。 正直、 何も我慢していません。 マイケルニキビ(マイニキ)のポリシーは、 「ニキビのために何かを制限したりしない!ストレスフリー!」 です。 もちろん、 チョコレートも大好きなのでペロリといっちゃってました(笑) しかし、それでも治ったんです。 再び皮膚科へレッツラゴー! 時間が取れるようになったので、4月4日に再度皮膚科へ行き直します。 本当はさっき紹介したもので間に合っているんですが、「キレイサッパリ」ニキビが無くなった訳ではなかったので、 どうせ皆の為になるなら、皮膚科の薬も試してみようと思ったのでまた行きました。 実質、4月4日以降は、 「処方薬+最後に紹介する〇秘アイテム」でニキビ対策をしてきました。 肌に異変が・・・!? 2度目の皮膚科に行ったとき、最初にもらったペビオゲルから、ディフェリンゲルへと変わりました。 ちなみに、他の4点は全く同じです。 使い始めて1週間、なんだか肌がおかしなことになっていったんです・・・。 か、皮があああぁぁぁぁ!!!! 脱皮でもするんじゃないか、という前兆。 すぐに通いつけの皮膚科にいき、「皮がめくれてきたんですけど・・・。 」と相談したところ、 ディフェリンゲルの使用は止めることになりました。 一応、ディフェリンゲルの副作用で皮がめくれたり、皮膚が赤くなる症状が使い始めは起こりやすいことを知っていたのですが、ここはひとまず医師の声を尊重して中止。 こんなひどい顔の状態でも、外には出る用事があるので、それが辛かったですね。 しかし、乗り越えればモテ肌になれる自分を想像すれば、たった数日程度我慢 するしかありませんでした出来ました。 待ちに待った念願のモテ肌が・・・!! 4月16日、とうとう「キレイサッパリ」のお肌を手に入れることが出来ました!! 2月16日から皮膚科でもらった処方薬を使い続ける(飲み忘れや外食は飲んでいなかったので、2週間分が3週間かかった)。 3月8日以降、病院に行く時間が取れなかったので、薬なし。 実は2月21日から〇秘アイテムを使い始めており、そのおかげで皮膚科の処方薬がなくてもニキビがほとんど無くなった。 この間、カップ麺やお菓子を禁止したりすることは全くしませんでした。 なぜって? だって、ニキビが治るまで制限していても、治った後に元の生活に戻ったらまたニキビを繰り返すだけですから。 それじゃ意味がありません。 「生涯死ぬまで」悩まない方法で、ニキビ治療を行うことが非常に大事です。 誰にでも効果のあるニキビ治療法 ここで初めて気づきましたよ・・・。 何がって? 本当に言いづらいんですが、、、 「皮膚科に行ってニキビは治らない」んですよね。 よく考えてみてください。 皮膚科に行ってニキビが治ってしまえば、皮膚科にお客さんは来なくなってしまいますよね?そしてどんどんお客さんが減っていき、皮膚科自体が潰れてなくなってしまうんです。 つまり、皮膚科でニキビが治る可能性はかな~り低い。 もう皮膚科に行くのは疲れました。。。 マイニキでは、本当に正しいニキビの治療法をお伝えしていきます。 (クリックですぐにページへ飛べます) 今までニキビを治す・治療のためにお金をつぎ込み、いろんなアイテムを自分で試し、本当に集大成になっております。 特に重きを置いたのは、 「誰でも効果のある方法」であること。 お肌は合う・合わないがあり、人と同じスキンケアをしてもその人とまったく同じ結果にはならないことはきっと知っていると思います。 しかし、突き詰めていくことで、やっと見つけました、誰でも効果のある方法を。 まずは目を通してみてください^^.

次の

なぜ治りにくい?「しこりニキビ」の原因と改善法|フェミークリニック美容皮膚科

ニキビ 治る 過程

毛穴が健やかな場合、 皮脂は毛穴を通って肌表面へ。 ポツポツと目立ってからではなく、実は肌の奥でジワジワとできはじめている ニキビ。 「過剰な皮脂」と「毛穴の詰まり」、そして「アクネ菌の繁殖」といった基礎条件が揃うと発症しやすくなります。 毛穴の奥には皮脂を分泌する皮脂腺が備わっています。 肌が健康な場合は、皮脂は毛穴を通って肌の表面へと排出、ベールのようにうるおいを守る働きをします。 ところが、さまざまな原因により過剰に分泌された皮脂や古くなった角質などで毛穴が詰まると、本来外に出ていくはずの皮脂が中に閉じ込められてどんどんたまっていくということに。 皮脂を栄養とするアクネ菌や細菌などの温床になり、ニキビの初期段階である白ニキビができてきます。 できはじめのタイミングを見逃さずに、早めにケアすることがこの先の炎症や進行を防ぎます。 詰まった皮脂を栄養にしてアクネ菌や細菌が繁殖し、炎症が起こった「赤ニキビ」に。 ニキビのできはじめは、肌の表面からはほとんど気づきません。 毛穴のまわりの角質が厚く硬くなってきて、毛穴に皮脂や古い角質が溜まり始めると次第にポツポツとニキビの症状が出はじめます。 溜まった皮脂が固まってできたコメド 面皰 が毛穴の出口を栓のようにふさぐようになると、 中の皮脂はますます肌表面に出ることができずに溜まる一方に。 この皮脂を栄養としてアクネ菌が増殖、からだが抵抗しようとして炎症に。 赤く腫れてきて、さらに重症化すると膿んで痛みを伴うに症状へと進行して、鎮まってからも色素沈着やニキビ跡が残りやすくなります。 「そのうち治る」と思っているうちに進行いくニキビ。 肌に負担をかける前に、すみやかに適切なお手入れが必要です。 古くなった角質ははがれ落ちて、新しい皮膚と交代。 肌は一定のサイクルで生まれ変わりを繰りかえしています。 肌奥の基底細胞でつくられた新しい皮膚が次々と表面へと押し上げられて、いちばん表面の古くなった角層と入れ替わるターンオーバーにより、美しさや健やかさを守っているのです。 このサイクルがきちんと保たれなくなると、 ニキビができやすい状態へ。 本来はがれ落ちるはずの古い角質が肌表面に残ったままで、毛穴を詰まらせてしまうのです。 20代で約28日とされるターンオーバーは、年齢を重ねるほど長くなります。 大人ニキビはできると治りにくく、跡が残りやすいのは肌の生まれ変わりが遅くなっているため。 肌内部のうるおいを守り、外からの刺激からガードするバリア機能も衰え、トラブルを抱えやすくもなります。 ターンオーバーを整えるには、 スキンケアだけでなく、ビタミンの摂取など内側からのサポートが有効です。 ニキビができる原因だからとマイナスな印象を持たれがちな「皮脂」。 でも、みずみずしく美しい肌に欠かせない重要成分でもあります。 肌の奥で作られる皮脂は、毛穴を通り道として肌表面に排出されます。 そして皮脂膜となって水分の蒸発を防ぎ、外からの刺激からガード。 うるおいを保つ働きをしているのです。 しかし、皮脂が過剰に分泌されたり、毛穴に溜まったりするともともと肌に存在するアクネ菌の栄養に。 たちまちニキビができてしまうというわけです。 重要なのは、皮脂のバランス。 そして毛穴に詰まらせないこと。 ジャマ扱いしないで皮脂の働きを知ることおくことがニキビ予防と美肌の秘訣です。 炎症を起こした ニキビは膿が外に出るか、また中で吸収されることでやっと治まっていきます。 しかし、ひどくなった後、鎮まっても、陥没したような跡やシミなどの色素沈着となって残る場合も少なくありません。 特に赤くぶよぶよした膿がたまって、痛みを感じるなど、炎症症状が進んだニキビは跡が残りやすく注意が必要です。 鏡を見るたびにユウウツになるニキビの跡。 できるだけ残さないためにも早めのお手入れを。 無理につぶしたり、紫外線などの刺激も避けてください。 できているときはもちろん、治まっても跡になって、悩まされ続ける肌ダメージ。 ニキビは原因からケアして、できにくい肌に整えていくことが大事です。 スキンケアやメイクの時に、肌をしっかりとチェック。 ニキビを寄せ付けない健やかなコンディションを守っていきましょう!

次の

【医師監修】ニキビができる原因と治し方

ニキビ 治る 過程

普通のニキビのような芯が見つからない• 見た目が蚊にさされに似ている• かゆみがある• さわると痛い 上記の特徴があり、 できるとなかなか治らない厄介者です。 でも、できてしまったものはなんとしてでも治したいですよね。 普通のニキビよりも少し大変ですが、自力でも正しくケアすれば治すことはできるので安心してください。 時間がある方は皮膚科にいくのがおすすめです。 硬結ニキビって何? ニキビといってもいくつか種類があります。 そして 硬結ニキビは、黄ニキビが更に悪化してしまったものと考えましょう。 つまり ニキビの中でも最高に症状が重く、治すのが難しいということ。 ニキビ界でも、とっても手ごわいニキビなんですね。 しかし、これと同時に肌にダメージを与える活性酸素がたくさん発生してしまうんですね。 活性酸素はアクネ菌を殺すのと同時に、 毛穴の壁を作っているコラーゲンやエラスチンを破壊。 毛穴はボロボロになっていきます。 毛穴の外にまで炎症が進んでしまうので、腫れや痛みがかなりある状態です。 毛穴の修復で肌が硬くなってしこりができる 肌はこのボロボロになった毛穴を修復するために、がんばってたくさん新しい細胞を作ります。 しかしこのときに、 逆に細胞がたくさん作られすぎて肌が硬くなってしまうんですね。 これが硬結ニキビとなってしまいます! 以上がニキビがしこりになってしまう主な原因になります。 それって本当に硬結ニキビ?間違いやすい病気 しこりができる硬結ニキビですが、以下の2つの皮膚の病気と間違いやすいので注意が必要です。 粉瘤(ふんりゅう)• 毛嚢炎(もうのうえん) この2つの病気は硬結ニキビとどのように違うのでしょうか? 肌にできたしこりが本当にニキビなのかどうか、チェックしてみてください。 粉瘤 ふんりゅう 引用: 皮膚の良性腫瘍。 古い角質や皮脂などが溜まった袋状のものが皮膚の下にできてしまうものです。 コレっ!といった原因は特定されていません。 かゆみや痛みがない• しこりに黒いヘソがある• 中に溜まっているものが出ると悪臭がする• 放置していると、どんどん大きくなる 以上が硬結ニキビとは異なる、粉瘤の特徴です。 見分けるときの参考にしてみてください。 基本的にかゆみも痛みもないしこりですが、炎症して痛みが出るものもあります。 痛みがある場合は、硬結ニキビと間違いやすくなるので気をつけましょう。 毛嚢炎 もうのうえん 引用: 毛を処理したあとに、赤くポツポツが出てしまった経験がある人は多いのではないでしょうか? あの赤いポツポツが毛嚢炎です。 ヒゲやムダ毛の処理によって、毛穴の奥にある毛包というところで炎症が起きてしまうんですね。 ほとんどが悪化することなくすぐに治りますが、たまに悪化してしこりになることがあります。 2つはしこり化する原因が全く違います。 ただし、 一旦しこりになると硬結ニキビとよく似ていて見分けるのが難しいです。 わからない場合は自力でなんとかしようとせずに、病院で診てもらいましょう。 硬結ニキビは自然に治るもの? 「こんなしこりになったニキビはいつか治るの?・・・」 硬結ニキビができてしまった人は、いつかちゃんと治るのか不安になってしまいますよね。 先ほど言ったように、硬結ニキビは最高に症状が重く、治すのが難しい状態。 放っておいても治るといえば治りますが、 自然治癒だと数ヶ月~数年の長い時間がかかります。 しこりがなくなったとしても、 ニキビ跡として残ってしまう可能性もかなり高いでしょう。 そのため硬結ニキビを絶対に治したいという人は、なるべく早い段階でケアか治療をすることが大切。 すでに治りにくい状態ではありますが、 正しい処置をすれば治すことができるので安心してくださいね。 おすすめは【 塗り薬+ 適切なスキンケア】をダブルで行うことです! 時間がある方は皮膚科に行くのをおすすめします。 最初に言いましたが、硬結ニキビは炎症がかなりひどいニキビです。 治すには炎症を沈めることが1番重要。 ニキビやできもののケアに作らた市販薬は、炎症を抑える働きがあるので効果が期待できます。 市販薬なら「たこの吸い出し」がおすすめ 薬をぬるだけでできものの口をパカっと開き、 中にたまった膿を外へ出してくれます。 消毒効果は強いですが、一方でかゆみや赤みが出るなどの 副作用も出やすいため注意が必要です。 早く治したいからと1度にたくさんぬるのは危険です。 用法用量を守って正しく使いましょう。 市販薬が効かない場合もある 硬結ニキビは、塗り薬だけで完全に炎症を抑えるのは難しいことも覚えておきましょう。 というのも、 硬結ニキビは肌の奥深くまで炎症が起きていてかなり根強いんですね。 市販薬は浸透力が高くないため、奥の炎症を抑えきれない可能性があります。 1~2週間使い続けても、ニキビに変化が見られないときは皮膚科に行くのがおすすめです。 硬結ニキビを治すためのスキンケアの3つのポイント 塗り薬だけでなく、硬結ニキビを早く治すためには正しいスキンケアも欠かせません。 炎症が悪化しないように毛穴を清潔に保つ• ターンオーバーを促進して早く治るようにする• ニキビ跡にならないように予防する この3点が硬結ニキビを治す上でのスキンケアの役割です。 それぞれどのようなことに気をつけるべきかポイントを紹介します。 毛穴の奥までしっかり洗う 毛穴に皮脂や汚れが詰まりっぱなしでは、肌の炎症はひどくなる一方です。 硬結ニキビの炎症を少しでも早く抑えるためにも、正しい洗顔で毛穴の汚れをスッキリ洗い流してあげましょう。 合成界面活性剤が入っていない• 洗浄成分が小さくされている この2つは、肌にやさしく、尚かつ毛穴の奥まできれいにしてくれる洗顔料の特徴です。 まず合成界面活性剤という洗浄成分が入っているものは選ばないようにしましょう。 洗浄力が強すぎて、 肌にとって大切なうるおい成分まで根こそぎ洗い流してしまう厄介者です。 洗顔料を選ぶときは、入っていないかを必ずチェックしてみてください。 また「超微粒子〇〇」「ナノ化〇〇」などと洗浄成分が小さくされているものがおすすめ。 毛穴の奥まで入りこんで、汚れをしっかりと洗ってくれます。 泥の粒子で洗顔するものですね。 肌に必要なうるおいを残しながら、毛穴汚れはしっかりと落としてくれる優れものです。 スポンサーリンク クレイ洗顔を使ってみたい人にオススメなのが「 ビーグレン」です。 余分な皮脂や汚れを取りのぞき、硬結ニキビが悪化するのを防いでくれます。 またスクワランやヒアルロン酸といった保湿成分が入っているので、洗い上がりしっとりで乾燥しません。 まずは 化粧水・美容液・クリームもついたお得なトライアルセットから使ってみるのがオススメ。 1,944円(1週間分)なので気軽に試せます。 保湿でやわらかい肌にしてあげる 保湿は肌のターンオーバーを整えるのに欠かせない要素です。 肌は乾燥していると、固まってしまいなかなかスムーズに生まれ変わることができません。 保湿ケアで うるおいを与えて固まった肌をほぐしてあげましょう。 ターンオーバーを促進して、炎症が起きている奥深くの皮膚を浅いところに押し上げるイメージです。 炎症が浅いところで起きているだけなら、比較的簡単に治せるようになりますよね。 成分が小さくなっている• 油分が少ない、または入っていないもの 上記の2ポイントに注目して化粧水を選ぶようにしてみてください。 洗顔と同じく 「ナノ化〇〇」「加水分解〇〇」など成分が小さくなっているものを選びましょう。 毛穴の奥までしっかりと保湿することができます。 また化粧水にオイルが入っていると、硬結ニキビの炎症を悪化させてしまうことがあります。 「しっとりタイプ」などと書かれているものはオイルが入っているので注意してくださいね。 できるだけ オイルフリーのものを選ぶのがおすすめです。 美白でニキビ跡になるのを予防 硬結ニキビは、重症ニキビなのでとても跡に残りやすいです。 せっかくニキビが治っても跡が残ってしまったら最悪ですよね。 ニキビ跡として残らないようにするためには、美白ケアをすることがポイント。 ニキビ跡の原因はメラニンです。 美白成分でメラニンの発生を抑えて、シミをできにくくしましょう。 美白成分としては、 ビタミンC誘導体やトラネキサム酸・プラセンタなどが効果が高くおすすめです。 保湿と美白が大切な硬結ニキビのケアにぴったりです。 加水分解ヒアルロン酸・コラーゲンなど保湿成分たっぷりで、 肌の奥までまんべんなく潤いを届けてくれます。 ターンオーバーをスムーズにすることで、硬結ニキビを早く治すサポートをしてくれるんですね。 また美白成分のプラセンタが、 硬結ニキビが跡にならないように予防してくれるので心強いです。 初回4,980円と少し値段は高いですが、 永久の返金保証がついてきます。 「あんまり効果が感じられない…」となっても返金してもらえるので安心です。 ニキビをそれ以上悪化させないためにも、以下のNGポイントにも気をつけてみてください。 自分で潰す まず1番やってほしくないのが自分で潰して膿を出そうとすること。 絶対にNGです! 普通のニキビと同じですが、 触ったり潰したりすると雑菌がついてさらに重症化します。 ニキビ跡になる可能性もぐんと上がるので気をつけましょう。 気になる気持ちはわかりますが、触ったり刺激を与えるのは絶対にやめてくださいね。 ファンデーションの厚塗り しこりが目立たないようにと、毎日ファンデーションを厚塗りするのはやめましょう。 毛穴にファンデが詰まり、炎症を悪化させる原因です。 特に、リキッドタイプのファンデは油分が多く毛穴に詰まりやすいので注意してくださいね。 隠したい気持ちはわかりますが、できるだけメイクは避けたほうが治りも早くなります。 どうしてもカバーしたいという人は、 パウダーファンデーションなら比較的肌にやさしいのでおすすめです。 過度なピーリングケア ニキビを早く治したいあまりに、セルフで頻繁にピーリングを行うのは絶対にやめましょう。 市販の安いピーリングの大半は肌への刺激が強いものばかり。 一時的に肌がツルツルするだけで、肌は大きなダメージを受けてしまいます。 ちなみに、拭き取りシートやスクラブタイプのピーリングは肌を傷つけるのでNG。 ジェルや石鹸タイプのものが肌にやさしくておすすめです。 なかなか治らないなら皮膚科に行こう! 「がんばってケアをしてもなかなか治らない・・・」 「できるだけ早く治したい!」 そんなときはめんどくさくても1度皮膚科で診てもらうのがおすすめ。 自分に合わないケアや、間違ったケアを続けていては治るものも治りません。 硬結ニキビは粉瘤や毛嚢炎とも間違えやすいため、なかなかよくならないときは皮膚科で先生に見てもらうのが安心です。 塗り薬と飲み薬をもらうことができる 皮膚科では、ぬり薬と飲み薬の2つをもらうことができます。 硬結ニキビは肌の奥深くで炎症が起きているため、飲み薬でのケアも効果的です。 外と内の両側から炎症にアプローチできるので、セルフケアよりも早く硬結ニキビを治すことができます。 即効性のある治療が受けられる 皮膚科であれば、薬よりも更に短い時間でしこりを除去することもできます。 「どうしてもただちに硬結ニキビを治したい!!」という人はこれらの治療を検討するのも1つの方法です。 ここでは、硬結ニキビに効果的と言われている治療を3つ紹介しておきます。 ケミカルピーリング 引用: 特定の薬剤を使うことで、 肌のターンオーバーを促す治療法です。 古い角質や毛穴の汚れを取りのぞき、スムーズに新しい肌に生まれ変わらせることができます。 また炎症を抑える働きもあるので、硬結ニキビの炎症を抑えるのにも効果的です。 痛みが少ない• 翌日からメイクができる• 炭酸ガス(CO2)レーザー 引用: ニキビ・ほくろ・イボの治療などに使われるレーザーです。 レーザー光が ニキビの中の膿や皮脂を溶かし、また雑菌も殺してくれます。 炎症の原因になっていた雑菌がいなくなるため、ニキビの炎症が早く治るようになるんですね またニキビの中にたまった皮脂も溶かしてくれるので、それ以上にニキビが悪化することもなくなります。 ただし、 痛みがかなり強く治療後の肌のダメージが大きいのがデメリットです。 傷跡がかさぶたとなって残るので、しばらくの間はかさぶたをつけたままの生活になります。 切開手術 皮膚を切開してしこりを取り除く方法です。 切開の前に、しこりの大きさや深さを超音波検査で調べ、どれくらい切開するのかを決めます。 麻酔を使ってもらえるので痛みはありません。 しこりの大きさにもよりますが数十分~1時間で終わるので、想像よりは手軽な手術になると思います。 ただし 傷が残ってしまうリスクが多少なりともあ るので、しっかりと医師と相談して施術を受けるかを決めましょう。 特別企画• 人気ランキング• 注目コンテンツ• 新着記事• カテゴリー•

次の