尾道 ラーメン。 壱番館 (いちばんかん)

【実食比較】尾道ラーメン超厳選10選!オススメや特徴を詳しく解説

尾道 ラーメン

尾道ラーメンの歴史 80年以上の歴史 尾道ラーメンは、地元で80年以上の歴史を持つと言われています。 昭和3年頃、中国福建省の張氏が青竹で麺を作り、手回しの機械で麺線を作り、露店でチャルメラを吹きながら売り歩いていたのが、尾道で「支那そば」として出現したのが「尾道ラーメン」の始まりです。 当時の尾道ラーメンのスープは、牛骨と豚骨でとったスープで、白く濁ったスープでした。 尾道は造船の街で、戦前戦中と大陸から来た人々が大勢造船業に従事していました。 戦時中に材料不足で一時中断しましたが、戦後、造船業が衰えた中、中華そばの屋台を引く者が現れ始めました。 「朱華園」の創業者、朱阿俊氏もそういう一人だったそうです。 屋台の創業は昭和22年です。 またその後、日本人による中華そば店も現れました。 創業者は船員だったという「つたふじ」もまた、現在尾道を代表する一軒である。 尾道ラーメンの発祥 昭和30年から40年にかけて、平打ち麺で、鶏ガラで、尾道ならではの瀬戸の魚介類を主体とした透き通った味わいのあるスープ、上に背脂のミンチを散らすスタイルになりました。 現在「尾道ラーメン」として普及しているラーメンは、「朱華園」「つたふじ」等の人気店のスタイルと、そのベースとなった戦前からの中華そばのスタイルから発祥しているとされます。 地元では、「尾道ラーメン」という呼称はなく、殆どのお店が「中華そば」または「ラーメン」というシンプルな表記をしていました。 テレビ番組などから「尾道ラーメン」という言葉が生まれ、福山市の珍味メーカーが「尾道ラーメン」という箱入りのお土産品を販売し、その商品が爆発的人気になり「尾道ラーメン」が全国に知れわたるようになりました。 その為「朱華園」などでは「うちは中華そばであって、尾道ラーメンではない」とも断言します。 また、スタンダードとなった尾道ラーメンスタイルが尾道の街に普及するのには、地元製麺所の尽力もありました。 尾道で最大のシェアを誇る「はせべ製麺」の創業者、故長谷部氏は、製麺業の傍ら、新しくラーメン店を開こうとする人への味や経営両面でのコンサルタントやアドバイス、また開業後の麺やタレの提供など、地元ラーメンの活性化に非常に積極的でした。 その甲斐あって、「尾道ラーメン」は中国地方ではもっとも有名なご当地として、全国的に認知されています。 尾道ラーメン最大の特徴となっている背脂ミンチ 尾道ラーメンの魅力 尾道ラーメンはその名の通り、尾道市を発祥とした広島県東部に広がるラーメンスタイルです。 鶏ガラで取った澄んだダシと瀬戸内の小魚からとったダシに醤油を合わせたスープがベースですが、表面に浮く背脂のミンチがこってり感を加えています。 麺は中細で平打ちのものが多く使われています。 具はネギ、チャーシュー、メンマなどのオーソドックスな物が乗っています。 瀬戸内の小魚のダシ 現在、一般的な「尾道ラーメン」は瀬戸内の小魚のダシを加える為に独特の風味がスープに加わっています。 もともと「尾道ラーメン」というブランド名は、福山市のメーカーがおみやげラーメンにつけたもが始まりといわれています。 ラーメンを売り出す際に何かもっと尾道をPRできるものはないかと考えて、瀬戸内の小魚のダシを使ったことから尾道ラーメンは現在のスタイルが定着したそうです。 尾道ラーメンの基礎 尾道ラーメンが全国的に知られる前、古くは戦前から現在まで尾道市で『中華そば』として提供されている醤油ベースの透き通ったスープに背脂ミンチ、平打ち麺のスタイルが、今の尾道ラーメンの基礎となっています。 最大の特徴「背脂ミンチ」 最大の特徴となっている背脂ミンチはぷるぷると柔らかく、さらりとしているスープを濃厚なコクのあるスープへと変化させています。 それは、関東地方の背脂チャッチャ系ラーメン スープにコクを出すために煮込んだ豚の背脂を、丼の上から網でチャッチャッと漉しながら振りかけたラーメン。 とは食感も風味も全く違っています。 尾道ラーメンの背脂ミンチは、スープの表面に大きな塊で浮いていることです。 このミンチは揚げてあるものや、ネギで香りづけしたものなど、各店舗それぞれの工夫がこらされています。 このミンチが、味にも見た目にも強烈なインパクトを加え、『澄んだ醤油スープのラーメン』とは全く違う尾道ラーメンというブランドを作りあげました。

次の

【2020年最新!】尾道のラーメンで今年人気のおすすめ10店

尾道 ラーメン

尾道市役所の近くにある雑兵 広島県尾道市にある雑兵に行ってまいりました。 尾道市役所の近くにあるお店です。 店頭にもメニューの一部が貼り出してありました。 店内 店内はコンパクトなレイアウト。 厨房を囲むようにカウンター席が並びます。 卓上にはコショウや唐辛子といった調味料が用意してありました。 メニュー メニューは尾道醤油ラーメンをはじめチャーシューメン、野菜ラーメン、ピリ辛ホルモンラーメン、味噌ラーメン、冷やし中華(夏季限定)、焼ソバ、チャーハン、ご飯、ギョーザとなってます。 チャーハン、半チャーハンセットは平日だと50円引きのサービス。 ありがたいですね。 今回は尾道醤油ラーメン(600円)を注文しました。 尾道醤油ラーメン こちらが雑兵の尾道醤油ラーメン。 トッピングはチャーシューにメンマ、背脂、ネギとなってます。 はじめはさっぱりとした口当たりのスープ。 おダシのような風味がきいていて和風な感じもします。 それでいてどこかコッテリさもある。 魚介からと思われる優しい旨みがジンワリと広がってまいります。 醤油の風味もよくきいていて深みがある。 背脂と一緒にススると濃厚なまろやかさとコクが楽しめました。 麺はやや細めのストレート。 茹で上がりは普通くらいでしょうか。 ちょっぴり平べったい形をしていもす。 そのためかススるとペロンとなるのが心地いい。 小麦の香りも高いです。 さすが自家製と思わせてくれる麺でした。 チャーシューはややしっかりめの味付け。 とても柔らかい仕上がりで食べやすいです。 脂身からは特有のまろやかさと甘みを楽しめました。 おそらくご夫婦お二人で切り盛りされている雑兵。 店内はどこかのんびりとした雰囲気です。 今後もいつまでも営業していただきたいですね。

次の

尾道ラーメンとは

尾道 ラーメン

この記事のポイント• そもそも尾道ラーメンとは? 尾道ラーメンとは80年以上の歴史があり、元々は「朱華園」を開業した台湾出身の朱阿俊氏が提供したラーメンに始まったと言われています。 屋台から始まった朱阿俊氏のラーメン。 そしてその頃、元船員だった日本人が作った「つたふじ」も古くから続く尾道ラーメンの名店です。 ちなみに、朱華園の二代目である壇上俊博氏は「ラーメン作りで父(朱阿俊)に教わったことはひとつもない」とインタビューで答えています。 現在の朱華園の中華そばは、父親の味を壇上が独自に研究、再現、改良したものになります。 現在の尾道ラーメンの特徴である 醤油味。 鶏ガラ。 瀬戸の魚介。 透き通ったスープ。 背脂のミンチ。 平打ち麺というスタイルは昭和30年〜40年頃に確立されたと言われております。 尾道ラーメンの最大の特徴は 背脂に有ると言われており、関東地方の背脂チャッチャとは全く違う食感を感じることができます。 店舗によって揚げたり焼いたりと、独自の味付けをしたりしている背脂の旨味が澄んだ醤油味のスープを 濃厚でコクのあるスープへと変化している尾道ラーメンを是非お楽しみください。 厳選10選 様々なタイプの尾道ラーメンを超厳選して10店舗のご紹介させていただきます。 ちなみに尾道ラーメン。 量は通常のラーメンよりも気持ち少なめです。 そのため、尾道ラーメンをガッツリ楽しむのであれば2店舗や3店舗を一日で回るのもまた良し。 もし一店舗に絞って伺うなら自分の好みのラーメン屋を是非探してみてください! 1. 尾道ラーメン 丸ぼし さっぱりとした薄めのスープながらも、 濃厚でキリッとした醤油味と小魚系の出汁の味わい。 そして、 背脂のしっかりとした旨味を味わえるラーメンです。 バランスが良く、最近できたお店ながらも 尾道ラーメンの良いところをしっかり集積させたようなラーメンは一度食べたらハマることマチガイナシ。 尾道ラーメン 谷 濃厚な醤油感と強めの脂を楽しめる「たに」は尾道駅の駅前にあることもあってアクセスも抜群。 シンプルで飽きのこない味わいと、 余韻に強い脂とコクを楽しめます。 壱番館 通販で人気が出てラーメン屋を出してしまったという異色派! キレのいい醤油の味わいとしっかりと 旨味があるスープは流石の一言!麺にもコシがあって美味しいです。 めん処 みやち 創業は1940年代という超老舗!名物の天ぷら中華そばもイチオシとのこと。 昔ベタことがあるかも・・・とつい思ってしまうような実に シンプルでまるでうどんお出汁のような中華そば。 どこかほっこりさせてくれるような気分になれるお店です。 フレンド 宇宙一美味しいラーメン!? スープの味自体はかなり薄めでさっぱりとした醤油の味わいと背脂を味わえます。 中毒性が高いシンプルなスープです。 特徴的なのは麺で、 しっかりコシがあるうどんのような平打の麺はハマる人はドハマリしそうです。 朱華園(2019年6月16日に閉店) ご存知! 尾道ラーメンの元祖とも言えるラーメンです。 行列必至なので、行きたい方は夕方くらいかオープン前から並ぶことをおすすめします。 ただ、回転は早いので見た目ほどは待ちません。 スープはかなり濃厚で飲みきれないほど(笑)強い旨味とバランスの良い醤油と脂を楽しめます。 日乃出食堂 バランスの良い標準的な味わいの尾道ラーメン。 特筆すべきことがないと言うことはそれだけ バランスの良い王道系の尾道ラーメンということ。 尾道ラーメン以外のメニュー充実していてついつい浮気しそうになっちゃいそうなお店です。 くいしん坊 千両 アーケード街にある中華屋さんです。 いわゆる醤油ベースの中華そばに背脂を足して尾道ラーメンにしてしまったようなラーメンです。 万人に愛されるようなバランスの良い味わいと居酒屋メニューも充実していて、ゆっくり出来るラーメン屋さんです。 麺や 雑兵 かなり脂が強くて濃い味わいの尾道ラーメンです。 自家製麺の小麦粉の香りがふわっと香る麺はコシもあってしっかり美味でオススメです。 つたふじ 行列必至のラーメン屋さんです。 席数も少なく回転率も悪いので要注意。 背脂は小さめですが、 かなり脂が強いラーメンで、醤油とともに魚介系の味わいも感じられます。 醤油感よりも まったりとした強い旨味が楽しめるラーメンです。 老舗から新店まで。 コッテリマッタリ系から、さっぱり系まで様々なラーメンがあります。 強い醤油と背脂の旨味を味わうのならがオススメ。 駅チカでさっと本格的な味わうのであればが。 さっぱり系が好みならをオススメします。 とにかく老舗の味を味わってみたいのであれば並ぶの覚悟で。 家族でゆっくりと食べるならで。 そして、コッテリマッタリ系はがおすすめです。 同じ尾道ラーメンでも店舗によってその表情を大きく変える尾道ラーメン。 もしも旅行などで尾道に行く際は尾道がうんだ歴史あるラーメンとその進化をお楽しみください。

次の