足 が ぴくぴく する 原因。 左足がけいれんする症状について

まぶたのけいれん:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足 が ぴくぴく する 原因

脚の筋肉がピクピクする原因 筋肉が固くなっている 脚がピクピクと痙攣するのは、筋肉が固まっている可能性があります。 ずっと同じ姿勢でいたり、筋肉を使いすぎて疲労が溜まっていたりすると、脳からの指令をスムーズに受けられなくなります。 それが痙攣という不随意運動につながることがあるのです。 体内のミネラルが不足している また、筋肉は脳から指令を受けて動きますが、その指令の伝達物質であるミネラルが不足していると痙攣が起こる場合があります。 ミネラルにはナトリウムやカリウム、カルシウムなど様々な種類がありますが、現代人において特に不足しているのが「カリウム」です。 カリウムが不足したり、ミネラルのバランスが崩れたりして脳から筋肉への電気信号がうまく伝わらず、痙攣が起きてしまうのです。 ミネラル不足は、栄養バランスの偏りだけでなく、利尿剤の副作用や、たくさん汗をかくことでも起こるため注意が必要です。 脚の筋肉がピクピクする時の対処法と注意点 脚の筋肉がピクピクする時、どうすればいいのでしょうか? 水分補給する 体内の水分が不足すると、脚の痙攣が起こりやすくなります。 筋肉がスムーズに活動するためには、血液中の電解質のバランスがとれていることが重要です。 水分が不足することにより、血液中の電解質であるナトリウムやカリウムなどのバランスが崩れ痙攣につながると考えられます。 予防するには、スポーツドリンクなどでこまめに水分を補給することが大切です。 筋肉をほぐす また、激しいスポーツによって脚の筋肉を使いすぎて過労になり、痙攣が起きるケースもあります。 運動をする時は、定期的に休憩したり、脚のストレッチをしたりして疲労が溜まらないようにしましょう。 痙攣を予防するには、適度に休息をとり、筋肉の疲労を回復することが必要です。 時々体勢を変える そして、運動だけでなく、安静にしていても痙攣することがあります。 長時間同じ姿勢で座っていたり、脚を組んでいたりするのも負担になるのです。 座って作業をする時や乗り物に乗る時など、定期的に立ち上がってストレッチしたり歩いたりして体勢を変えるようにしましょう。 脚の筋肉がピクピクする…食事で改善・予防できる 脚の筋肉がピクピクする原因は様々です。 疲労や冷えによる血行不良、カリウムやカルシウムなどの ミネラル不足の他、運動前にストレッチなどウォーミングアップが十分でなかった場合も考えられます。 また、夏場にたくさん汗をかいて 水分不足になることでも起こりやすくなります。 こういった症状は、食生活を見直すことで予防や改善の効果が期待できます。 まず、血行不良の改善には、血液をサラサラにするDHAやEPAを含むイワシやサンマなどの青魚がおすすめです。 そして、肉や魚などのタンパク質を積極的にとると冷え性に効果的です。 それから、ミネラル不足の解消には、チーズやヨーグルトなどの乳製品、ノリやワカメ、昆布などの海藻類、バナナやオレンジ、ドライフルーツなどを意識的に食べましょう。 カリウムなどのミネラルやビタミンを補給することができます。 その他、発汗による水分不足の予防には、こまめな水分補給が必要です。 夏場の運動なら30分に1回、それ以外の季節でも1時間に1回はコップ1杯程度の水分をとるようにしましょう。 ちなみに、運動中はビタミンB1、Cなどの栄養素が大量に消費することによっても症状が起こりやすくなります。 1日3〜4回ほど、ビタミンを定期的に摂取することも大切です。 脚の筋肉がピクピクするのは病気の可能性も 脚の筋肉がピクピクと引きつる場合、重大な病気である可能性もあります。 脳疾患(脳腫瘍、脳梗塞) 脳の組織の中に腫瘍ができると、頭痛や吐き気、嘔吐や言語障害の他、手足のけいれんが起こるケースが見受けられます。 てんかん 大脳の神経細胞が一時的に過度な興奮状態になることで起きる疾患です。 発作の程度によっては突然意識を失い、全身が突っ張るような硬直状態の後、手足のけいれんを伴うことがあります。 症状が重篤な場合は、呼吸が一時的に停止したり、チアノーゼが起こったりすることもあり、注意が必要です。 脳炎 脳や脳脊髄にウイルスが感染して炎症が起こる病気です。 日本脳炎は、日本脳炎ウイルスを持っている蚊に刺されることで感染し、頭痛や腹痛、下痢や高熱の他、手足のけいれんが起こる場合もあります。 これらの病気にかかる確率は高くないので、そこまで心配することはないと思われますが、手足のけいれんを伴う症状が続き、悪化する場合は病院を受診した方がいいでしょう。 脚の筋肉がピクピクする「不随意運動」…受診が必要なケースとは 脚の筋肉がピクピクするといった不随意運動が続く場合、何らかの病気である可能性があります。 筋肉の引きつりやけいれんが、数十秒から数分、長い時で1時間以上続くのであれば、通常とは異なる状態であり、受診が必要であると考えられます。 不随意運動とは、筋肉が収縮し続け、自分の意思に反して、顔や腕、足などの部位が引きつったり、曲がったり、突っ張ったりすることです。 症状の表れ方は様々で、ビクビクと動くけいれんだけでなく、体がクネクネと不規則に大きく動くケースもあります。 このような症状が頻繁に起こると日常生活にも支障が出てきます。 原因として考えられる病気として、てんかんや脳腫瘍、脳梗塞や脳出血、脳炎の他、脊髄病変などもあげられます。 不随意運動が突然起こるようになった時は、脳神経外科などを受診し、詳しく検査してもらう必要があります。

次の

足がピリピリする症状、糖尿病が原因である理由とは?

足 が ぴくぴく する 原因

超音波技師です。 仕事がら下肢動静脈をよく診ます。 足の血管が常にピクピクというのはあまり聞きなれない症状です。 血管であれば動脈だと思いますが、病気との関係は残念ながら実際に足を見せてもらわないと分からないです。 一方で右足の吊った感じ、重く感じ痛くなる等の症状は気になりますね。 間欠性跛行と言って閉塞性動脈硬化症等の可能性が懸念されます。 吊った感じというのは、よく静脈瘤のある方が訴えられる症状です。 実際こむら返りがよく起きるそうです。 ただ、有意な静脈瘤というのは目で見て分かりますよ。 血管がぽこぽこと浮き出ているからです。 また、静脈血栓がある場合も、よく足が重たい感じを訴えられたりするのですが、この場合は血栓を作りやすい要因というものがあります。 例えば、長期臥床や車椅子生活等、いわゆる足の筋肉を長期間使わない状況等です。 いずれも確定診断はエコー検査になります。 診てもらう診療科は循環器内科でも心臓血管外科でもOKです。 ただ、根治治療となると外科の扱いになります。 内科的に収めようとする場合は弾性ストッキング等で対処するのですが、結局根治にはなりません。

次の

寝ている時に足がビクッと動く原因は何?痙攣は病気のサイン?

足 が ぴくぴく する 原因

むずむず脚症候群は、どの年齢でも発症します。 特に多く見られるのは 60歳から70歳の高齢者や女性です。 女性は男性の1. 5倍から2倍多くなっています。 患者さんのおよそ半分程度に、家族歴があります。 45歳以下の若年性の発症は家族内発症が多いと考えられています。 むずむず脚症候群の原因の一つとされているのが 遺伝で、患者さんのおよそ半分に遺伝が関係するといわれています。 また、 鉄分不足も原因とされています。 健康な人の場合は、脳内の神経細胞どうしでドパミンという神経伝達物質の受け渡しが行われているため、手や脚からの不要な刺激が脳に伝わりません。 一方、むずむず脚症候群のある人は、鉄分不足によって神経伝達物質の受け渡しがうまくいかないため、刺激に対して敏感になり、むずむず脚症候群が発症すると考えられています。

次の