海馬 使用 カード。 遊戯王 劇場版 海馬社長デッキデッキレシピ青眼(ブルーアイズ)【ファン・テーマ】

【遊戯王】 海馬瀬人が使用したモンスターカード達!

海馬 使用 カード

全て「自力で引く」ことで戦うタイプのデッキになっていますので、事故率は高く、戦闘継続能力は著しく低くなってしまっていますが、正直使っていてとても楽しいです。 また、最も大事な運用方法として、「海馬社長になりきる」ことが大切です。 途中「ハイパーアルティメットバースト!!!!」とか叫びながらもうヤケクソでした。 強み・コンボ ほんと単純なデッキで強みとかコンボは何かと言われてもなんとも言えない感じです。 ただ、相手の場のモンスターにもよりますがアサルトワイバーンでモンスターを破壊して、効果で蘇生したドラゴンでの追撃はなかなかかっこいいです。 あと、カオスMAXが強いですね。 このカードのおかげで戦えているような感じです。 それが一番強いです。 弱点・課題点 課題だらけでどうしようもない気がします。 例えばアサルトワイバーンの攻撃力が低くて効果につなげづらいとか、いわゆる「回す」というより、キーカード全てを自力で引いてこなければいけないこととか…。 ただ、ポリシーとして、あくまでも海馬社長が使ったカードをメインにしたい、ということがありますので、特にモンスターは劇場版で海馬社長が使ったカードのみになっております。 あとクリスタルアバターくん使いドコロが難しすぎます。 他の劇場版トラップも同様ですが。 劇場版カードを全種入れようと思ったら当然のごとく枠が無くなりました。 正直な話、ブラッド・ヴォルスとかパンデミックとか融爆とかクリスタルアバターとか諸々のカード入れないでそこに他のカード採用したほうが強いのではいや絶対強いと思うのですが、そんなことしたら劇場版海馬社長のマネが出来なくなってしまう… 映画で感動した勢いで作ったデッキなので、カスタマイズの余地は過剰なほどあると思います。 好みの海馬社長デッキにしてみて下さい。 そしていい案があったら是非ともコメントで教えて下さい。 よろしくお願いいたします。 どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。 1 10 0 0 1 :自分フィールドの表側表示のが戦闘または相手の効果で破壊された時に発動できる。 2 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の1体を対象として発動する。 このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力と同じになる。 3 :フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動する。 相手フィールドのモンスターを全て破壊する。 3 8 3000 2500 このカードは通常召喚できない。 手札の1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。 この方法によるの特殊召喚は1ターンに1度しかできない。 1 :このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限りとして扱う。 2 :1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 1 7 2500 1000 1 :1ターンに1度、100の倍数のLPを払って発動できる。 このカード以外のフィールドの表側表示モンスターの攻撃力は、この効果を発動するために払ったLPの数値分ダウンする。 2 :1ターンに1度、このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 3 :このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動する。 フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力は1000ダウンする。 1 5 1900 1200 1 :自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。 2 :このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動する。 このカードの攻撃力は500アップする。 3 :このカードが戦闘で破壊された場合に発動する。 このカードを破壊したモンスターの攻撃力は500ダウンする。 3 4 1800 1000 1 :このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、このカードをリリースして発動できる。 自分の手札・墓地から以外の1体を選んで特殊召喚する。 3 3 500 1100 このカードを融合素材モンスター1体の代わりにする事ができる。 その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。 また、このカードを手札から墓地へ捨てる事で、デッキからカード1枚を手札に加える。 2 8 4000 0 により降臨。 このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。 1 :このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。 2 :このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が越えた分の倍の数値だけ戦闘ダメージを与える。 3 手札・自分フィールド上から、カードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その1体をエクストラデッキから特殊召喚する。 3 1 :自分の墓地のレベル7・8の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 2 :自分フィールドのが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。 1 制限 自分または相手の墓地からモンスター1体を選択して発動する。 選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。 3 手札を1枚捨てて発動できる。 デッキから攻撃力が3000以上で守備力が2500以下のを2体まで手札に加える。 3 手札からレベル8のモンスターカードを1枚捨てる。 自分のデッキからカードを2枚ドローする。 2 このカードを発動したターン、相手がドロー以外の方法でデッキ・墓地からカードを手札に加える度に、自分はデッキからカードを1枚ドローする。 は1ターンに1枚しか発動できない。 1 フィールド上に表側表示で存在する1体を選択してエクストラデッキに戻す。 さらに、エクストラデッキに戻したこのモンスターの融合召喚に使用した融合素材モンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、この一組を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。 1 1 :このターンに特殊召喚された自分フィールドの1体を対象として発動できる。 このターン、そのモンスターは通常の攻撃に加えて、相手フィールドのこのターンに特殊召喚されたモンスターの数まで、1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。 1 フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。 選択したモンスターの元々の攻撃力はエンドフェイズ時まで半分になる。 3 の降臨に必要。 1 :レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じ数値になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、またはリリースの代わりに自分の墓地からまたはを除外し、手札から1体を儀式召喚する。 1 は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :相手ターンに、相手LPの数値以下の攻撃力を持つ 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その表側表示モンスターを破壊し、自分はそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受ける。 その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。 1 2000ライフポイントを払って発動する。 モンスターを特殊召喚する効果を含む効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動、モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚のどれか1つを無効にし破壊する。 1 ライフポイントを半分払って発動する。 魔法・罠カードの発動、モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚のどれか1つを無効にし破壊する。 3 12 4500 3800 ++ の 1 の効果は1ターンに2度まで使用できる。 1 :融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから1体を墓地へ送って発動できる。 このカードは続けて攻撃できる。 2 :自分フィールドのを対象とする魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 1 10 3000 2500 + このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。 1 :このカードは戦闘では破壊されない。 2 :このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。 3 :このカードの攻撃によって相手モンスターが破壊されなかったダメージステップ終了時に発動できる。 その相手モンスターを除外する。 閲覧数 33976 評価回数 25 評価 218 ブックマーク数 0 - NEW -.

次の

遊戯王の最強キャラランキングまとめた!デュエリストの頂点はやはり遊戯なのか?

海馬 使用 カード

最新記事 by きもやん• - 2019-10-31• - 2019-10-04• - 2019-09-26 ず っとオレのターン!!!!! いつかこのセリフを言いたいと思いつつも、アラサーでそんなことやるとただの社会不適合者になってしまうので未だに言えずモヤモヤしております。 つらい。 そんなジレンマとは反対に、遊戯王の世界では素晴らしいデュエリストが揃ってますね。 さらに千年眼 ミレニアムアイ の所有者であり、相手の心を読むことが出来るというぶっ飛びスキルは、当時の読者に衝撃を与えましたね。 それが千年リングに封印されており、時折 獏良了の体を乗っ取り、表に現れるんです。 使うデッキは死霊系統のダークなもので、トリッキーなデュエルを展開。 また ウィジャ盤というエクゾディア系の『揃えたら勝ち確定』のレアな戦法で挑んでくるのも特徴です。 ちなみに今やおなじみの オシリスの天空竜ですが、遊戯が初めて降臨させたのはこの闇獏良戦のときでした。 第4位 闇マリク 【DATA】 使用デッキ… ラーの翼神竜デッキ 主力カード… ラーの翼神竜 主なバトル結果 … 闇獏良に勝利、城之内克也に勝利、 闇遊戯に敗北 バトルシティ編のラスボスであり遊戯王シリーズ上で 『最も残酷で性格が破綻している』と言われているのが彼! 『闇』マリクとはいうものの、遊戯や獏良のように千年アイテムの力によるものではなく、正真正銘の二重人格なのも特徴。 見た目の禍々しさからヒール感MAXなわけですが、その強さも相当のもの。 マリクの場合は 『ラーの翼神竜を召喚する』という一点に集中したデッキ構成となっているため、状況さえ整えば対戦相手は瞬殺されることになります。 原作で城之内克也には勝っていますが、これ本来なら城之内が勝ってたんですよ! 力が尽きて最後の一撃が出せなかっただけで、順当に行けば勝てていた。 ほら!有名な 『次回 城之内しす!』のところですよ!w そしてマリクは闇遊戯との戦いも繰り広げました。 遊戯のオシリスの天空竜さえも、ラーの翼神竜で撃破してますし、 ラーがやられた場合は 何回でも蘇生してリターンさせるという猛攻をたたみかけます。 【DATA】 使用デッキ… 青眼の白龍&オベリスクデッキ 主力カード… 青眼の白龍・オベリスクの巨神兵 主なバトル結果 … ペガサスに敗北、城之内に勝利 遊戯に勝利&敗北 後述 もはや彼を説明するということ自体が野暮。 ブルーアイズホワイトドラゴンよりもブルーアイズホワイトドラゴンしており、オベリスクの巨神兵よりオベリスクの巨神兵してるのが海馬瀬人。 デュエリストという枠では収まりきれず、 最近では某動画サイトで コラ素材として利用されまくるという 活躍の幅を感じさせています。 初期は青眼の白龍を切り札とし、中期では青眼の究極竜をメインにデュエルします。 後半ではオベリスクの巨神兵も加えて、 海馬瀬人ここにあり!という迫力を常に演出してくれています。 長きに渡る遊戯の物語の前にはペガサスや獏良、マリクなど様々な強敵が立ちはだかりますが ライバルはなんだかんだで海馬だよねと思わせるのは彼の実力あってこそ。 しかし過去のデュエルを振り返ると、遊戯とデュエルをしたのは実はたった3回のみ。 その戦績は 『もう1人の遊戯』とかやもんな! そして終盤で判明した闇遊戯の正体は 古代エジプトのファラオであるアテム。 その研ぎ澄まされた勝負勘と引きの強さ、頭の回転で作中3回のデュエルを除いた全てに勝利しています。 デッキ構成としてはブラックマジシャンが主力で、中盤以降はブラックマジシャンガールもメインモンスターとなっています。 だって 『あの』千年パズルを解いた張本人こそ武藤遊戯自身ですし、オリジナルのゲームを作る描写まであります。 つまり武藤遊戯こそ、 闇遊戯が事実上 実力で負けた 唯一の相手なんです。 さらに彼が使うデッキもまたいいんです! 闇遊戯や海馬たちが使う『スターポジション』のモンスターではなくどこかポップでマイルドなデザイン! 【DATA】 使用デッキ… 真紅眼の黒竜デッキ 主力カード… 真紅眼の黒竜 主なバトル結果 … 海馬に2回敗北、闇マリクに勝利 武藤遊戯・闇遊戯の親友であり、海馬からは 凡骨と称される男こそ城之内克也! 序盤ではそのワルっぷりが目立ちますが、遊戯との旅を続けることで本来の人の良さが出てきています。 また、多くのデュエリストの中でも数少ない 『普通の人間』であり、遊戯王という物語が 『前世や特殊能力をもつ選ばれし人間でしか 通用しない世界である』ということを常に阻止し続けてきた庶民の味方でもあります。 デッキに関しては戦士族がメインの猪突猛進系かと思いきや相手のカードを奪ったり利用したりするカードが多いのも特徴。 ある意味では遊戯や海馬よりもバランスが取れたデッキであるという見方もあります。

次の

海馬瀬人

海馬 使用 カード

遊戯王界において世界に4枚しかない超レアカード。 また特殊能力はないが、攻撃力は通常モンスターとしては最強。 海馬のデッキにはこれが3枚入っている。 海馬とは古代エジプト時代から因縁のあるモンスター。 青い目の女性キサラに宿っていた精霊(カー)。 その力は神に匹敵する。 バトルシティで海馬がオベリスクを生け贄にこれを召喚するシーンは必見である。 闇のゲームが初めて実体化した。 レベル5のためバトルシティ以降は使われなくなった。 海馬デッキでは攻撃力は低いほう。 遊戯王界ではレアカードらしい。 アメルダ戦では相手の「ジャンクディーラー」を奪いこれを特殊召喚した。 アニメでは墓地のモンスターの数だけ攻撃力をアップさせる特殊能力があった。 「死のデッキ破壊ウイルス」の媒体用に入っているようだ。 「ミノタウルス」との融合を前提としたカードだ。 「マジック・ランプ」とのコンボ用だ。 実戦ではイマイチ。 「ランプの魔精ラ・ジーン」を守り攻撃力を跳ね返す強力なコンボカードだ。 乃亜編ではOCG同様の効果で登場。 ただ攻撃を跳ね返す効果は使われなかった。 OCGではスピリット効果がある。 OCGではリバース効果だ。 能力は当時としては高め。 攻撃力なら神をも上回る究極の竜。 (遊戯のセリフより) OCGならデビフラ効果で出すのが一般的だが、海馬は普通に融合召喚する。 そして何故か遊戯がいないと特殊召喚されない(ぇ ただ、活躍したかどうかは別の話。 直接攻撃の出来ない王国ルールでは強力なカードだった。 海馬自身は使ってないが、このときの腹話術士のデッキは海馬のデッキ。 つまり海馬はこのカードを入れていたということだ。 アニメではOCGとの混在をなくすためカード名が変わっている。 アニメではOCGとの混在をなくすためカード名が変わっている。 劇場版ではOCG同様の効果になっている。 海馬も「青眼の白龍」などの上級モンスターを出すのによく使う。 OCGとは大きく効果が違う。 海馬はほとんどの場合「青眼の究極竜」召喚に使う。 OCGと比べると随分と弱体感している。 モンスターの攻撃を無効にしバトルフェイズを終了させる。 効果は対象の動き封じと攻撃力700ダウンと、OCG同様。 しかもアニメ・原作では効果がOCGと異なる。 なんと敵デッキの攻撃力1500以上のモンスターを全滅させるのだ。 レアカードらしいが海馬は36枚所持らしい…。 レベル4で攻1900は優秀だ。 海馬デッキでは数少ない守備型モンスターだ。 OCGでもこうなら使われたのに…。 海馬の2軍に入っているようだ。 バトルシティでは頻繁に使われた。 アルカトラズでの戦いのあと、遊戯に渡された。 強力な攻撃力に加え、特殊能力も強力。 通称:ゴッドハンドインパクト さらに詳細不明な「インフィニティゴッドインパクト」もある。 vsCPU vs名蜘蛛 vsレアハンター(2) vs光と闇の仮面 vsイシズ vs遊戯<4回目> (測定不可) 『カイザー・グライダー』 光属性 ドラゴン族 攻撃力2400 守備力2200 原作では効果を持たないドラゴン族。 アニメではOCG同様だ。 強力なモンスターだが、活躍はあまりない。 海馬はこれでCPUの『青眼の白龍』を破壊しようとしたが、失敗した。 海馬の2軍に入っている。 ドラゴン族対象の効果を無効にする効果があるがあまり使われない。 どちらかといえば「ドラゴンを呼ぶ笛」のためだ。 おまけに反転召喚でしか出せないので、かなり弱い。 守備も高いのでなかなか使えたりする。 攻撃力は低いが、「死のデッキ破壊ウィルス」の媒体になるので良い。 海馬デッキでは活躍は見込めない。 アニメでは守備力1000。 今の環境ではまず使われないだろう。 アニメでは何故か守備力1000。 女戦士には劣るが、なかなか使える。 正確にはお互いのモンスターのコントロールを総入れ替えするのだ。 アニメではOCGとの混在をなくすためカード名が異なる。 デッキからカードを2枚ドローできる。 海馬ファンデッキなに入れれるのはラッキーかな。 いつも「破壊輪」とセットで使われる。 「破壊輪」のアニメと原作の効果の違いによって作られたカードだ。 OCGでは必須カードの1枚。 原作ではダメージは敵だけという犯罪カード。 アニメでは「防御輪」で効果の違いを補っている。 レベル4なので単体でも活躍する。 ただし、召喚に必要なカードを持っていない海馬がこれを召喚するのは不可能だ。 あくまで融合を前提にしたカードだ。 原作では効果なしだが、アニメではOCG同様。 破壊されると別の自分モンスターの攻撃力を1000アップさせる効果がある。 光属性の生け贄2体分の代わりになるため、「青眼の白龍」の召喚をサポートした。 攻撃力より守備力が高いが何故かいつも攻撃表示。 攻撃力もかなり高いが、効果も強力。 手札1枚をコストに敵フィールド上のカード1枚を破壊するのだ。 意外と簡単に融合召喚ができる。 原作との効果の違いをなくすために作られたカードだ。 ちなみに発動時に相手は魔法を1枚手札に加えることができる。 手札を5枚になるようドローし、5ターン後に全ての手札を捨てる。 デメリットもあるが、この効果が使われたのは1回のみだ。 普通は敵に使うが、「死のデッキ破壊ウィルス」のため自分のモンスターに使うことも。 原作の「催眠術」を上回るカードだろう。 記憶によれば使ったのは4回だけど、もっと使ったかも。 アニメのアルカトラズでも罠。 でもKCグランプリでは速攻魔法だったカード。 いずれにしてもOCGとはまったく違う効果だ。 敵モンスターへの魔法効果を自分のモンスターに移す効果だと推測される。 召雷弾も防げるツワモノカード。 1000コストで神を奪えるなんて卑怯くさいような…。 そうなれば開闢デッキは流行らなくなるな〜。 その後自分は1枚ドローする。 …という犯罪カード。 明らかに「攻撃の無力化」の立場が無い。 アニメ・原作では通常魔法で下のような効果だった。 1000ライフ払って下の効果から1つ選んで発動。 OCG化すればエクゾディア対策にもなる。 OCGでは通常モンスター限定だが、アニメでは効果モンスターも出してた。 海馬を倒し、マリクに挑む遊戯に託された。 そのせいでOCGで超弱体化したカードでもある。 OCGでは「ルード・カイザー」よりも使われないカードかも。 相手の手札を半分捨てさせ、捨てた枚数だけ自分はドローする。 自分手札が0枚の時にしか使えないというデメリットが一応ある。 効果はOCGと異なり、効果までもコピーできるようだ。 攻撃対象を別のモンスター1体へ変更させる効果を持つ。 劇場版では大活躍だ。 OCG効果は「守備封印」と同じだ。 相手墓地の魔法カードを瞬時に発動できる。 全てにおいて「カイザー・グライダー」に負けてるが気にしないようだ。 アニメの乃亜編では絶対に破壊されないという最強効果だった。 ダメージを与えるとモンスター・魔法・罠のどれか1つを墓地へ送れる。 ここでモンスターを宣言した海馬はちょっと間違ってる。 OCGでもなかなか使えるカードだ。 デメリットとして他にモンスターがいると召喚できない。 おまけに他にドラゴンがいないと攻撃が出来ない。 海馬のドラゴンデッキの主力だ。 手札のドラゴンを1枚墓地へ送るごとに攻撃力を1000ポイントアップさせる。 しかし大した活躍はしなかった。 出す数は2体でも1体でもOKだ。 海馬はこれを「死のデッキ破壊ウィルス」の生け贄にしようとした。 海馬が遊戯に残したカードの1枚だ。 手札にあることのみ確認されている。 しかしアニメでは不発に終わる。 海馬はこれで「エクゾディア・ネクロス」を攻略した。 特に活躍はなかったはず。 生け贄にしたドラゴンの攻撃力以下の守備力の表側表示モンスターを破壊する。 アニメでは無駄撃ちに終わったカード。 海馬は「青眼の白龍」を選択したが、乃亜の「天界王シナト」に敗れる。 「闇魔界の戦士ダークソード」と合体能力があるが、海馬は使ってない。 所詮ウイルスの媒体か。 「青眼の究極竜」を使った海馬デッキなら使えるカード。 OCG同様の効果だが、裏守備に攻撃したことは無い。 「青眼の白龍」を呼び出すには適任。 「クリティウスの牙」+「死のデッキ破壊ウイルス」 アメルダに追い詰められた海馬が召喚したモンスター。 召喚時に攻撃力1500以上のモンスターを全滅される効果を持つ。 「クリティウスの牙」+「タイラント・ウィング」 恒例の奇跡のドローでクリティウスを引いた海馬が召喚。 相手モンスター全てに攻撃することができるようだ。 アニメではさらに「青眼の白龍」と合体し、大暴れした。 このモンスターへの攻撃を「ミラーフォース」同様に跳ね返す効果がある。 これによってダーツのミラーナイト達は全滅したが、新たなる脅威が現れる。 デュエルモンスターズ界に伝わる伝説の竜だ。 海馬は「青眼の白龍」を戻したが、やはり使いにくい。 アニメ効果のトゥーンモンスター対策のカード。 装備したドラゴン族に「タイラント・ドラゴン」みたいな効果を持たせるようだ。 おまけに攻撃力もアップ。 効果もそれとほぼ同じ。 破壊されたモンスターの攻撃力LPを回復させる。 海馬はすでにLP0の自分でなく、残った遊戯のLPを回復させた。 「青眼の白龍」と同等のステータスに加え、召喚は簡単。 さらに1000ライフで手札・フィールドをリセットする。 アニメでは守りの為に使ったが、かなり強力なカードだろう。 OCGでも意外と役に立つカードだ。 あっけなく破壊されたが、ジークの除外デッキには効果抜群のカードだ。 上級の多い海馬デッキにはオススメなカードだ。 というか海馬社長、相手が除外デッキと知ってこれ入れたでしょ。 特に海馬デッキでは上級が手札に残りやすいので、活躍するだろう。 「次元融合」とのコンボは威力絶大。 デュエルでは使ってないが、記憶編の最初に海馬のジュラルミンケースに入っていた。 自分モンスターが破壊されたときに発動。 お互いはデッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚できる。 これが2枚入っているようだ。 劇場版では2つの特殊能力を持つ。 通称:シャイニングノヴァ ちなみに後者の能力はOCGにはない。 XYZとも相性がいい。 通常召喚はできないが、特殊召喚で簡単にフィールドに出せる。 単体では役に立たないが、コンボで強力なカードになる。 記憶編でもジュラルミンケース内に確認されていた。 表側モンスターにしか使えないが、除外ができる。 決闘では使ってないが、デッキには入っていたようだ。 攻撃力500以下のモンスターが破壊されると、相手のデッキを10枚も墓地へ送る。 ペーテンとのコンボは凶悪だ。 が、海馬デッキで活躍することはまずない。 コストがライフ半分なので、残りライフが少なくても発動できる。 ペガサスをノックアウトさせたキーカードだ。

次の