ご 送付 させ て いただき ます。 取引先に資料を送って、そのことを連絡する時、

「ご送付」の意味と使い方とは? ビジネスシーンでの「郵送」「送信」「添付」との使い分けを解説!

ご 送付 させ て いただき ます

ご査収は便利な言葉でもありますので、ついいろいろな場面で使ってしまいますが、間違った使い方をしないように気を付けましょう。 間違った使い方としては、調べるものがない時やよく調べなくてもいい時などにも使ってしまう場合です。 例えば、添付ファイルなどがない場合でも「ご査収ください」とあると、受け取った相手は何を調べるべきなのかわかりません。 ただ確認してほしいといった時には「ご確認ください」でまったく問題ありません。 むしろこちらの方が正確に意味が伝わります。 また、すでに送ったことのある資料の最終版などを送付する際も「ご確認ください」で十分です。 ご査収は「よく調べて受け取る」という意味であることを、きちんと把握しておきましょう。 繰り返しになりますが、ご査収は「よく調べて受け取る」という意味ですから、それに対する返事も単に「受領しました」では不十分です。 きちんと確認した旨も伝えるべきでしょう。 では、 「ご査収ください」という文面にはどう返事をすればよいのでしょうか。 例文を2つほどご紹介します。 ・確認させていただき、特に問題ございませんでした。 ご送付いただきまして、ありがとうございました。 ・書類の確認をさせていただきましたが、修正をお願いいたします。 修正箇所は~ このように、 受け取ったという事実だけでなく、中身にも目を通して確認したということを伝える必要があります。 ご査収に対しては「中身を確認し、受領した」という返事をする、このことをぜひ覚えておいてください。

次の

送付の意味は?郵送との違いや類語や敬語・荷物やメールでの使い方も

ご 送付 させ て いただき ます

上司・目上に「ご送付ありがとうございます」は失礼? もっと丁寧な敬語って無い? とご心配のあなたへ。 「ご送付ありがとうございます」はビジネスメールによく使う敬語であり、上司・目上に使っても丁寧です。 ただ、よりカチッとした敬語にすると…• 「ご送付 いただき(まして)ありがとうございます」• 「ご送付 くださいましてありがとうございます」 と言い換えもできます。 結論は以上ですが…念のため本文では「ご送付ありがとうございます」の意味、敬語の種類、ビジネスシーンにふさわしい使い方(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)、注意点についてビジネスメールの例文つきで解説していきます。 この記事の目次• なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 「ご送付ありがとうございます」には「いただくorくださる」が省略されている じつは「ご送付ありがとうございます」には省略されている文章があります。 完全な文章にすると以下のようになります。 「ご送付ありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 2通りの解釈がありますのでそれぞれ敬語の種類をみていきます。 「ご送付 くださいましてありがとうございます」• 「ご送付 いただき(まして)ありがとうございます」 「ご送付くださいましてありがとうございます」の敬語 「ご送付 くださいましてありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「送付」• 「〜してくれる」の尊敬語「お(ご)〜くださる」で「ご送付くださる」• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で「ご送付くださいまして」• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「送付」に尊敬語「お・ご」で 「ご送付」• さらに「〜してくれる」の尊敬語「〜くださる」で 「ご送付くださる」• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で 「ご送付くださいまして」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 「ご送付いただき(まして)ありがとうございます」の敬語 「ご送付 いただきましてありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「送付」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で「ご送付いただきまして」• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「送付」に謙譲語「お・ご」で 「ご送付」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご送付いただく」• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で 「ご送付いただきまして」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「連絡」「教示」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ご送付ありがとうございます の使い方 つづいて「ご送付ありがとうございます」の使い方について。 文字どおり送付してもらったときのお礼に使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「返信ビジネスメールの書き出し挨拶」 「ご送付ありがとうございます」はとくに上司や目上・取引先から何かを送付するようお願いしたとき。 返信ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 取引先にカタログなど資料送付の依頼をして返信があったとき。 -ビジネスメール例文- お世話になっております。 カタログを拝受しました。 早々にご送付いただきありがとうございます。 さてカタログを拝見しましたところ、商品AおよびBが今回の目的に合致しそうですので、一度評価いたしたく存じます。 もしよろしければ少量(〜100gほど)サンプルをいただけますでしょうか。 なお送付先は下記のとおりとなります。 (住所) たびたびお手数ではございますが、お取り計らいの程お願い申し上げます。 まぁとにかく「送付してくれてありがとう!」という意味ですので、そのようなビジネスシーンであれば大抵は使えますね。 「ご送付ありがとうございます」のより丁寧な敬語 ここまでの解説で「ご送付ありがとうございます」の意味と敬語・使い方がわかりました。 ここからは、 「ご送付ありがとうございます」をより丁寧な言い回しにするコツを紹介します。 上司・目上にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 「ご送付 くださいましてありがとうございます」• 「ご送付 いただきましてありがとうございます」• 「ご送付 いただきありがとうございます」 としたほうがなお丁寧な敬語です。 なぜならすでに解説のとおりで「ご送付ありがとうございます」には途中の文章が省かれているからです。 一般的に何かしら抜けおちている敬語フレーズを上司や目上・取引先につかうのは好ましくありません。 極端なたとえですが、• 目上にNG「よいお年を!」• 目上にNG「お大事に!」 というフレーズを目上につかうとイマイチ失礼に感じられるのと同じこと。 ビジネスメールには堅苦しい敬語がオススメ ビジネス会話であれば「ご送付ありがとうございます」としてもよいでしょう。 あるいは… 親しい取引先・社内の目上・上司などあまり気づかいし過ぎする必要の無い相手にもOK ただし、ビジネスメールにおいてはより堅苦しい敬語フレーズが好まれます。 なぜならメールは会話と違い、態度で敬意をしめすことができないから。 メールにおいては丁寧な敬語フレーズを使うことが上司や目上のひとにたいする最大限の配慮なのです。 とくに、 あまり親睦のない取引先への社外メールや、きびしい上司・目上へのビジネスメールには言い換えするほうが無難です。 より丁寧な文章を心がけたいものです。 【例文】ご送付ありがとうございます のビジネスメール全文 つづいて「ご送付ありがとうございます」を使ったビジネスメールの例文を紹介します。 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 to社内:資料送付を依頼したあと、お礼返信メールする 【to社内・各位・上司など】 資料の送付依頼メールにたいする返信をもらったあと。 さらに返信メールでお礼するメール例文。 ご多忙にも関わらず早々にご送付いただき誠にありがとうございます。 それでは当日、いただきました会議資料をプリントアウトし関係者に配布いたします。 よろしくお願いいたします。 人事部 ノマド ・「拝受」は「受け取ること」の意味の謙ったフレーズ 「ご送付いただきまして vs ご送付くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 さきほど紹介したように「 ご送付いただきましてありがとうございます」と似たような表現には「 ご送付くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形• 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご送付いただく=送付していただく」なのか「ご送付くださる=送付してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご送付いただきましてありがとうございます」「 ご送付くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「ご送付」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご送付ありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「ご送付」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご送付」 お礼シーンだけじゃない「ご送付」の使い方。 ほかには何かしら資料などを目上や上司・取引先に「送付してほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 たとえば、• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付くださいますようお願い申し上げます」 意味は「送付してくれるようお願いします」• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付のほどお願い申し上げます」 意味は「送付してくれるよう、どうかお願いします」• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付いただければ幸いです」 意味は「送付してもらえたら嬉しいです」• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「送付してもらいたいと思います」• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「送付してもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご送付いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「送付してね!よろしく」という意味なのです。 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご送付くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご送付くださいますよう お願いいたします」「ご送付くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご送付くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! 「ご送付」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご送付〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご送付〜」 「たびたび恐縮ではございますがご送付〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご送付〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご送付〜」 「たびたび恐れ入りますがご送付〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご送付〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご送付〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご送付〜」 ほかにも色々ある「ご送付」の例文 敬語の種類というのは本当にいろいろあります。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。

次の

領収書送付時の送付状・メール文例

ご 送付 させ て いただき ます

>「送付」に「御」をつけるべきか分かりません。 「資料を御送付させて頂きました」で結構です。 敬意の度合いはこれより少し低くなりますが、 「資料を送付させて頂きました」でも「させて頂きまいた」で敬意は示されていますので構いません。 謙譲語の形式は、話し手自身(および自分の側の人)のことをへりくだって言うことで、相手 話題の人 に敬意を示す表現で、動作を表す言葉を「お ご ~する、お ご ~いたす、お ご ~申す」で挟んで作ります。 「ご~する」の「~」は、自分の行為・動作であり「ご お 」は付きます。 「資料を ご 送付させていただきました」は、.... 基本の形.... 送付する..... さ)せてもらう................. ご送付する... (さ)せていただく すなわち、「 ご 送付させていただく」は、一つの語に二つの敬語が重ねられているわけではなく、「ご送付する」と「する」の使役形に接続助詞「て」を付加したもの「(さ)せてもらう」という別の言葉が結びついてできあがっている言葉であり、「送付する」を謙譲語「ご送付する」とし、「(さ)せてもらう」を「(さ)せていただく」のように、それぞれの語を謙譲語にした形であるため、二重敬語ではなく正しい敬語なのだといえます。 同様の理由で、「ご連絡させていただく」なども誤用と言っている回答があるようですが、こちらも正しい敬語です。 「ご連絡させていただく」というのは、「連絡させていただく」の頭に「ご」を付けた言葉ではなく、「ご連絡する」に、「(さ)せてもらう」の謙譲語である「(さ)せていただく」が続いたもので、敬語の連結ととらえられます。 「ご送付する」「ご連絡する」の「ご(お)」は、いずれもよく使われる謙譲語「お(ご)~する」の「お(ご)」であることがわかります。 基本的に「~させていただく」は、「(許可を得て)させて」+「いただく(ことがありがたい)」という気持ちの込められた表現です。 自分の行為を表す動詞のすべてを「させていただきます」の形にさえすれば、謙虚な表現になると思っているようですが、それはあなたの勘違いです。 相手から資料を送付するよう依頼・要請があった場合、 相手から「送ってもらいたい」と言われて「それでは、送らせていただきます」と言っているわけですから、これは相手からの依頼があり、許可を得て、「そうさせてもらう」という意で「させていただく」を使う適切な場面です。 しかし、相手からの依頼・要請がなく、自分の都合 新製品の売り込みなど で、相手の許可をなく送付する場合に、「させていただく」という表現をすると、送付したと一方的に宣言したような慇懃無礼とも受け取られかねませんので、ふさわしい表現とは言えないと思います。 「資料をご送付いたしました(ので、ぜひご覧ください)」 などの表現がふさわしいと思います。 このように「させていただく」というのは、相手の依頼や許可を得て「 そう させてもらう」場合と、相手の厚意や恩恵を得て「 そう させてもらう」というような場面で使われる表現です。 したがって、相手から依頼・要請を受けたわけでもなく、何ら許可も必要としない、そして直接相手から厚意や恩恵を受けたわけでもないような場面で使いますと、慇懃無礼であったり不自然さを与えたりしかねない不快な表現になってしまいます。 (日本語マナーの歳時記・井上明美).

次の