ドコモ キャッシュレス。 ドコモ、マイナポイント事業の対象決済に「dカード」登録

ドコモのキャッシュレスの魅力。まとめるほどお得になるポイント還元に注目!

ドコモ キャッシュレス

NTTドコモが企画した「 キャッシュレスご祝儀」というもので、d払いを使って結婚式のご祝儀を決済する内容だ。 あらゆる場面においてキャッシュレス決済が活用されているが、まさかご祝儀までとは……。 しかし、現金のご祝儀ははっきり言って面倒くさい。 細かいマナーに厳しい日本という国では、現金をご祝儀袋に包むだけでも一苦労である。 その手間を省くことができれば、どれほど効率的だろうか。 小林家・志澤家の結婚式の場面からNTTドコモの動画は始まる。 受付に並ぶ人がスマートフォンを取り出す。 どうやらd払いのアプリを立ち上げているようだ。 そして受付係が差し出したQRコードをカメラで読み取り、3万円と入力する。 これでご祝儀は新郎新婦に渡った。 ご祝儀袋も、筆ペンも、それを扱うテクニックもいらない。 出席者にとっては、それだけでも相当な労力軽減につながる。 慣れない筆ペンで一字一句、うずら卵を握るかのように字を書く。 失敗したら最初からやり直しだ。 しかも袋に入れる現金はいわゆるピン札でなければならず、ご祝儀の額によって「のし」と「水引き」の種類も異なる。 ならば、最初からご祝儀をキャッシュレスにしてしまえばいいのではという意見が出てくるのは、自然の流れとも言える。 先日、友人の結婚式に行った。 受付でご祝儀を出したら「その袋はマナー違反だよ」と注意されてしまった。 どうやら、袋の種類と金額が合致しないという。 この投稿が万単位でリツイートされた。 我々ライターの間では「好意的な拡散」を「バズる」と呼ぶのだが、これはまさにバズッた例。 ご祝儀マナーが煩わしいと思っている日本人が相当数いるという証明でもある。 筆者はインドネシアの友人の結婚式に赴いたことがある。 この国の冠婚葬祭にもご祝儀やご霊前に相当するものはあるが、いずれも募金箱のようなものに裸のままの紙幣を入れる方法だ。 このあたりの習慣の違いが、キャッシュレス決済普及にも少なからず影響を与えている。 インドネシアは富裕層から労働者層にまでキャッシュレス決済サービスが浸透している国でもある。 それに比べて日本は……と、自国の遅れている部分を嘆くことは誰にでもできる。 それよりも肝心なのは、「遅れているからこそ伸びしろがある」と発想を転換してその国に合った新しい仕組みを思案することだ。 仮に式の出席者全員がキャッシュレス決済を選択したら、新郎新婦はご祝儀の総額をリアルタイムで把握できる。 全ての計算はアプリがしてくれるから、それだけで諸々の手間を省くことができるのだ。 以上は冠婚葬祭の「冠婚」に限ったことであるが、これが「葬祭」であればどうだろうか。 本人はおろか親戚一同が幸せな気分に包まれている結婚式とは違い、葬式は故人の送り出しである。 さすがに赤の他人が気軽な感じで「キャッシュレスご霊前を導入しましょう」とは言えない。 が、他人ではなく当事者である遺族、もしくは故人の意向で「葬式のご霊前はキャッシュレス」となればどうだろうか。 結局は結婚式と同様、当事者の意向次第でアップデートが可能ということではないか。 キャッシュレスによる効率化は、様々な方面に多大な影響を及ぼしている。 <文/澤田真一> 【澤田真一】 ノンフィクション作家、Webライター。 1984年10月11日生。 東南アジア経済情報、最新テクノロジー、ガジェット関連記事を各メディアで執筆。 ブログ『たまには澤田もエンターテイナー』.

次の

登録キャッシュレス決済サービス

ドコモ キャッシュレス

Amazon Payの日本参入の記者会見。 事業本部長の井野川拓也氏の背景には、「NIPPON PAY」の文字が Photo by Rumi Souma 政府がキャッシュレス決済の旗を振る中、決済用タブレット端末の運営業者が金銭トラブルを起こしていることがダイヤモンド編集部の取材で分かった。 アマゾンやNTTドコモからカネを集めつつ、加盟店などへの支払いが大幅に遅延している。 キャッシュレスバブルの陰で起きた、大企業を巻き込んだ一大トラブルを詳報する。 今年2月、キャッシュレス決済業界に詳しい関係者は、声を潜めてこう漏らした。 支払い遅延を引き起こしているという業者は、NIPPON Platform(以下、NP社)。 タブレット端末を活用した小売店向けの決済サービスを展開するベンチャー企業だ。 そしてNP社は2018年8月、米アマゾン・ドット・コムの電子マネー「Amazon Pay」が、国内でQRコード決済サービスに参入した際、最初のパートナーとして選んだ業者であった。 参入を発表した会見では、アマゾンジャパンAmazon Pay事業本部の井野川拓也本部長と並び、NP社(当時社名はNIPPON PAY)の高木純代表取締役も登壇。 高木氏は「2020年末までに、50万店舗の加盟店数を目指す」と豪語していた。 ところが今年3月24日、アマゾンはNP社の端末を通じた決済を一時停止した。 「現在、ニッポンプラットフォーム様のタブレットが設置されている店舗におけるAmazon Payによる決済を一時的に停止しております」(アマゾンジャパン広報) いったい何が起こっているのか。 取材を進めると、NP社をめぐり昨年末から複数の金銭トラブルが生じていることが分かってきた。 被害総額は100億円規模に及ぶ可能性があるとみられる。

次の

ドコモのキャッシュレスがこんなにお得だったなんて!? dカード GOLDとd払いとiDで実現します!

ドコモ キャッシュレス

直前の4月17日にリリースした専用アプリ「LINE Pay」を使って、ユーザーがコード決済した場合、上限1万円が還元された。 最大還元額こそ2500円相当(2500ポイント)と競合相手のキャンペーンに比べると低めだが、非接触決済の「iD」とコード決済の両方に対応。 期間中、メルペイによる決済は通常より大幅に増えたという。 さらに、QRコード決済サービス事業者としては老舗のOrigamiが運営する「Origami Pay」や、楽天ペイメントが運営するQRコード決済サービス「楽天ペイ」、NTTドコモが運営するQRコード決済サービス「d払い」なども、利用できる小売店や利用条件を細かく変えながら、10~20%のポイント還元キャンペーンを19年になってもこまめに打ち出し続けている。 LINEは営業赤字、PayPayは増資へ もっとも、こうした高還元キャンペーンを、QRコード決済サービス事業者がいつまでも自腹で展開し続けられる保証はない。 例えばLINEの19年12月期第1四半期決算(19年1~3月)を見ると、前年同期比で増収を達成したものの、営業損益は78億9200万円の赤字に転落している。 主因はLINE Payの積極的なプロモーション、つまり高還元キャンペーンだ。 同社は19年12月期にFintechやAI(人工知能)の分野に600億円の戦略投資を決めているとはいえ、負担が大きいのは数字が証明している。 ソフトバンクとヤフーが折半出資しているPayPay(東京・港 も19年5月8日、ソフトバンクとヤフーの親会社であるソフトバンクグループを引受先として、同社のこれまでの資本金と同額の約460億円の第三者割当増資を実施すると発表した。 これで同社の資本金は約920億円と、これまでの2倍になる。 顧客を開拓するための積極投資という位置付けではあるが、近い将来、3度目、4度目の増資に踏み切れるかは定かではない。 2019年春に「メルペイ」「auペイ」「セブンペイ(7Pay)」がサービスを開始し、7月には「ファミペイ」のサービスも始まるなど、19年になっても新たなQRコード決済事業者が続々と名乗りを上げている。 さらに、「J-Coin Pay」を始めたみずほ銀行や、決済ベンチャーのスクエア(東京・港)と提携した三井住友カードなど既存の金融機関もキャッシュレス化の推進に大きく舵を切った。 だが、これでキャッシュレスが日本社会に定着するかといえば、ことはそう簡単ではない。 定着するには、キャッシュレスの手立てが多くの小売店に普及し、実際に利用するユーザーも増えなくてはならない。 そこで、小売り側の具体的な取り組みや、カード会社など決済事業者の対応を軸に、キャッシュレス決済は日本社会に本当に定着するのか。 そのための条件は何かを探った。

次の