引っ越し見積もり。 【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

【毎日安い】カルガモ引越センター|1分で引越し料金を自動見積もり

引っ越し見積もり

満足度 4. 00 引越日 2019年02月16日• 満足度 4. 25 引越日 2016年04月04日 良かった点を3つ述べさせて頂きます。 1つ目は作業のスピードです。 梱包からしていただいたのですが、あっという間…• 満足度 3. 50 引越日 2015年09月25日 女性二人の方が、担当者でした。 最初は重いものばかりなのに大丈夫なのかな、と思いましたが挨拶も明るく、養生から積込み、…• 満足度 4. 00 引越日 2015年07月14日 荷物の積み込み、また搬入作業で特に問題なく作業を進めてもらい安心して任せることができました。 仕事も正確で早く、愛想も…• 満足度 5. 00 引越日 2015年07月14日 暑い中、丁寧な仕事に満足です• 満足度 4. 75 引越日 2015年06月25日 何社か見積もったのですが、他のところはトラックを多めに出すと言ったり、かなり高い金額を提示されましたが、アートさんは… 業者ロゴ PR文 お問い合わせ 当社は1971年の創業以来「まごころこめておつきあい」をモットーに、 お客様の新しい生活をサポートすべく高品質なサービスを提供することを心掛けてきました。 おかげさまで多くのお客様にご指示いただき、昨年度には引越作業件数&売上高で業界No. 1になることができました。 最近では47都道府県のすべてに190を超える営業所を展開し、グローバル化にも対応すべく海外引越にも注力しております。 またお客様が引越時に求められるご要望にお応えするために、 電気工事や不用品リサイクルのサービスも関係会社と協力して行っております。 これからも引越業界のリーディングカンパニーとして、お客様に安心して任せていただけるサービスを提供してまいります。 新サービスとして、6月より東京都内のお引越を均一料金で行うサービスを開始いたしました。 お申込みと同時に契約となるため、面倒な訪問見積やお電話でのやりとりも不要となっております。 その他の引越商品は、作業終了後3ヶ月以内) 要相談 レンタルあり 単身パック当日便は無料 一部有料 あり 全国 現金 カード 無料(本数は、ダンボールの枚数に応じる) 最大50枚 1回分のみ あり 最大5個 無料(枚数はプランに応じて) あり 一部有料 全国 現金 カード(らくらく家財宅急便を除く) 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何本でも無料 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何枚でも無料 「引越らくらくタイムリーサービス」「建替引越パック」なら、引越後に使用済資材をすべてお引き取り。 「単身引越サービス」は、別途3,000円(税抜) あり 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何個でも無料 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何枚でも無料 あり(TV・洗濯機の取付も無料) あり•

次の

引越しの見積もり・費用相場・安い業者探しは【LIFULL引っ越し見積り】(旧HOME’S)

引っ越し見積もり

引越しが決まったらまずは引越し業者をどこにするか、選びますね。 ネームバリューのある大手を選びますか?それともクチコミで評価の良い地域密着型の業者を選びますか? いろんなクチコミサイトなどを見ていたら良いことも書いてあれば悪いことも書いています。 引越し業者選びはギャンブルのようなものです。 正直、良いスタッフに当たるか悪いスタッフに当たるか…なんてわかりません。 そんな中で最も着目したいのが 引越し料金の部分ですね。 引越し料金なんてあって無いようなものと良く聞きますが、一体 引越し料金の基準はどんな風に決まるかを見てみましょう。 荷物量 単純に引越し時の荷物量です。 この 荷物量を少なくする事が引越し費用は抑えるコツです。 単身など荷物量が少ない場合、各引越し会社が定めるボックス1個に入りきれば格安で手軽に引越しをする事が可能です。 搬出の難易度 エレベータなしのアパート3階から荷物を運ぶなど、荷物搬出・搬入が困難でないか。 また、玄関からトラックまでの輸送距離も関係してきます。 もちろんこれらが 簡単であればあるほど引越し料金を割引きしてもらうチャンスです。 輸送距離 輸送コスト(燃料費)の事もあるので、短距離の方が引越し料金は安くなります。 長距離の場合もトラックではなく、貨物列車を利用して荷物を輸送する 「コンテナ便」などを上手く組み合わせて使えば格安な料金で引越しが可能です。 引越し作業日時 引越しをする日は「大安」や「休日」がいい!という人が多くこの日は引越しの申込みが集中します。 そうなるともちろん引越し料金もグンと跳ね上がります。 六曜にこだわりが無い場合は「仏滅」や「平日」を選べば安くなる業者が多いです。 特殊な荷物 グランドピアノや超大型な家具などは玄関から出す事が出来ない場合が多いです。 普通では運び出せない荷物があるか無いかでも引越し料金は大きく変わってきます。 同一市区内の短距離輸送でも 最低20,000円以上のオプション料金がかかる事もあります。 引越し料金の内訳、実は決まっている? 引越し料金を決める要素は上の表のとおりですが、実は各業者が国土交通省に 「引越運送約款」の届け出を出しています。 これは簡単に言うと「引越しする時のルール」です。 この届け出をしていな業者もありますが、その時は国が定める「標準引越運送約款」が適用されます。 ルールを作っておかないと滅茶苦茶な料金を請求してくる引越し会社が出てくるからでしょうね。 この引越運送約款には様々な決まり事が書かれていますが、その中に 「基礎運賃・基礎作業料金」という項目があります。 基礎となる時間制と距離制の基本ベースがあり、法律によって決まっているのでこの部分を極端に高くしたり安くしたりはできません。 そんな引越し料金とは、下の3項目の合計で算出されます。 基礎運賃・基礎作業料金(値引きしにくい部分)• 引越し作業や燃料、資材などの実費• 付帯サービス(オプション) 実費とオプションの部分で引越し業者との値引きバトルとなりますね。 値引き交渉にヒートアップし過ぎて「1000円にしろ!」なんて迫らないで下さいね。 法的に無理なお話なので(笑) では法的に決められた範囲内で出来るだけ 安い引越し料金の業者を失敗せずに選ぶ方法とは何か見てみましょう。 失敗しない引越し業者の選び方とは? 失敗しない引越し業者選び、と簡単に言いますが実際に探そうと思ったらかなり大変です。 何が一番大変かというと、どの引越し業者も 引越し料金を明確にしていないからです。 なぜかというと引越しというのは人によって色んなパターンがあって、それにより引越し料金が変動してくるからなんです。 荷物量にしても小さい冷蔵後を運ぶのか4ドアの大きな冷蔵後を運ぶのかで料金は大きくかわります。 要するに 見積もり取るまでは引越し料金が不明という事なんです。 じゃぁ見積りを取ればいいじゃない? はい、その通りでございます。 見積もりを取ってしまえば問題は解決なんです。 でも引越しの見積りって結構面倒で、どんな荷物が何個あるかなどの詳細を正確に伝えないと引越し業者も料金を割り出せません。 普通なら3社目くらいで面倒になってくるし、引越しの準備もしないとダメだから時間もあまりありません。 そんな面倒な作業も 「一括引越し見積サイト」を使えば非常に要領よく見積もりが取れます。 使い方はとっても簡単!引越しの条件(旧居、新居、荷物量、引越し日など)を入力して「一括見積」ボタンを押すだけです。 その情報がたくさんの引越し業者伝わり、自分の条件にあった引越し業者から後日連絡が入ります。 その中から自分が 一番気に入った引越し業者を選んで決める事ができるというシステムです。 これを使えば、今まで知らなかった激安でサービスの良い地域密着型の引越し業者と出会えるかもしれません。 一括引越し見積りサイトは何種類か知っていますが、個人的にはという一括見積サイトがオススメです。 オススメなポイントは3つあります。 さて、自分の引越し条件に合った業者を見つけましたか? うん!見つかったヨ!ここに決めるねっ! ちょっとまったー!!! 早まらないで下さい! ここからが本番なのでっ! 取り敢えず自分の条件に合った引越し業者の見積りをいくつか準備しましょう。 引越し料金も同じくらいの方がいいですね。 その中の1社を呼びつけて値引き交渉開始です。 ここで値引き交渉のコツとして ジワジワ攻めるという事です。 獲物を弱らせてから確実に仕留める!という狩猟の鉄則です。 後、自分で出来そうな作業は自分でするよ!と、引越しに前向きな姿勢を見せると値引きをして貰いやすくなるかもしれませんね。 ある程度まで値切ったら、ここで最終兵器の登場です。 他社の見積もり金額を耳元で囁いてください。 すると営業マンが「あぁ、きたか…」と腹をくくると思います。 そこから先は引越し業者の努力次第でしょう。 その値切りを成功させる為にも、交渉材料となる 他社の見積結果は多い方が良いです。 そんな時に役立つのが引越し一括見積もりです。 簡単な操作だけでたくさんの引越し業者から一括で見積もりが取れるので便利ですね。

次の

【体験談】訪問見積もりは気をつけて!お得に引っ越しする際の注意点

引っ越し見積もり

この記事の目次• 住所未定でも見積もりを取ることはできる 結論からいうと決してレアケースではありませんので、引っ越し業者はきちんと見積もりをしてくれます。 とくに繁忙期で予約が取りづらい時期や、急な転勤でまだ物件を探している最中の方でも、希望の引っ越し日程の予約を取るために早めの見積もりを取ることをおすすめします。 繁忙期は住所未定でも見積もりをする 引っ越しをする日が確定していて、引っ越し先の範囲もほぼ絞れているようなとき、なおかつ3月や8月のような引っ越しの繁忙期に入るような場合は、引っ越し先が決まっていなくても、引っ越し日を確保するために見積もりをお願いしましょう。 運ぶ荷物を決めておく 運ぶ荷物の量である程度のトラックのサイズや人件費がわかっていれば、運賃料と人件費はある程度確定し、残りは移動距離だけの確認になりますので再見積もりの際も簡単です。 持っていくものと持っていかないものは、見積もり前に明白に分けて置くようにしましょう。 引っ越し一括見積サイトを利用すれば引っ越し費用は安くなる 住所がわからなくても引っ越し費用は安く抑えたいですよね?そんな場合に利用したいのが 引越し一括見積りサイトです。 見積もり依頼時に「引っ越し先がまだ決まっていません。 」と見積りを行うときに伝えるようにしてください。 依頼時に注意するのはそれだけです。 以下の場合は、引っ越し一括見積もりサイトの利用が可能です。 引越し見積りサイト選びのコツ 引っ越し一括見積りサイトには、 登録引っ越し業者数が一番多く、引越しの見積り金額が最安になりやすい 引越し侍 電話番号入力が不要の為、煩わしい営業電話が一切ない SUUMO引っ越し見積もり 自分で見積もりする業者を選ぶことができるため、見積もりしたい業者がある程度決まっている方におすすめの「 LIFULL引越し」 がありますので、自分に合った引越し一括見積もりサイトを選ぶようにしましょう。 上記のどれかがわからなくても見積もりは可能ですですが、おおよその金額での見積もりになってしまうため、再見積もりの際に料金が変わる可能性が高く、あまり意味がないのでおすすめできません。 訪問見積もりも時間を使ってしまうので、できるだけ情報が揃ってからお願いすると良いです。 引っ越し一括見積もりサイトを利用したほうがよい詳しいメリットは次の記事で解説しています。 市町村くらいまでわかれば大丈夫 引っ越し料金は、トラックの積載量や人件費の他に、移動距離によって変わってくるため、新しい住所の市町村くらいまでわかっていれば、業者も細かい料金の見積もりがしやすくなります。 場所も何箇所かで迷っている場合は、運ぶ荷物をはっきり決めて距離別で見積書をもらえないか聞いてみましょう。 あくまで仮見積もり もちろんここで出される見積もりはあくまでも「仮」の見積もりになります。 引っ越し先が確定した時点で見積もりの変更が入ることもありますし、引っ越し時に割増料金が発生することもあります。 金額は変わる可能性は高くなりますが、引っ越しの日程だけは確保できます。 引っ越しする日が決まっているケースでは、早めに引っ越し業者に見積依頼をして、 希望する引っ越し日を確保するようにしてください。 業界最多クラスの引越し 業者290社が登録しており、 引越し業者からの電話は多くても引越し費用を安くしたい方におすすめ。 LIFULLで一括見積りする 引っ越し先が確定したらすぐに引っ越し業者に連絡しよう 引っ越し先未定で引っ越しの予約をした場合は、引っ越し先が決まったらすぐに引っ越し業者に連絡してください。 引っ越しまでに時間の余裕があるようであれば、再度見積もりを依頼しましょう。 再見積もりを行わずに引っ越し当日に割増になる場合は、引っ越し業者のほうが立場的に有利になってしまいます。 そのため相場よりも高めの割増料金がプラスされるケースも有ります。 事前の再見積もりであれば、見積金額が高すぎる場合に、もう一度他社との競合になる可能性があるため、最初に出てきた見積からそうかけ離れた金額を提示してくることはありません。 再見積もりの引っ越し料金が高い場合 もし、引っ越し業者の出してきた再見積もりの金額が想定以上に高すぎて、納得できる説明を受けられない場合は、もう一度他社も含めて再見積もり依頼を検討してください。 引っ越しは3日前まではキャンセル料が発生しませんので、あまりにも相場価格とかけ離れる金額の場合は、思い切って引っ越し業者を変えてしまいましょう。 ただし、繁忙期にこれを行うと、高い上に希望の日程での引っ越しができない可能性もあります。 すでに 予約している引っ越し業者は確保した状態で、他社に見積もり依頼を行うようにしましょう。 ポイントは住所未定で依頼をするときに、「 引越し一括見積りサイト」を利用して、複数の業者に訪問見積もりをしてもらうようにすることです。 業界最多クラスの引越し 業者290社が登録しており、 引越し業者からの電話は多くても引越し費用を安くしたい方におすすめ。 LIFULLで一括見積りする こうしておけば、他社の担当者とはすぐに連絡取れますので、事情を話して再見積もりを依頼してください。 そこで安い金額を提示してもらえれば、引っ越し業者を変更するようにしてください。 ちょっとズルいような気もしますが、引っ越しを安く行うにはそれくらいの駆け引きは必要になります。 新居が決まった場合の注意点 できれば新居の周辺環境などを写真に撮って、引っ越し業者に送ってあげましょう。 荷物の搬入が難しそうな場所があれば、採寸しておいて引っ越し業者に伝えるようにすれば、不要な割増料金や、引っ越し当日になって荷物を搬入できないという事態を避けることが可能になります。 住所変更の必要手続きについてはことらの記事を参考にしてみてください。 予約日までに引っ越しが間に合わない場合 ギリギリで引っ越し先がきまり、引っ越し日までに荷物の梱包などが間に合わない場合や、物件は見つかったけど、入居日が引っ越し日までに間に合わないときは日程を変更することができます。 しかし、無料で変更できるのは先ほどお伝えしたとおり引っ越し当日の3日前までとなります。 それ以降だとキャンセル扱いと同じになり キャンセル・延期料金を支払わなくてはいけません。 さらに、繁忙期に変更希望した場合は、引っ越し業者の空いている日が限らており、料金が高めの土日しか空いてないことも想定しおきましょう。 平日から土日祝日になった場合、料金が大きく変わることになり、せっかく安い引っ越し料金だったのに高くなってしまった…とならないためにも、 入居日が決まり日程変更が必要なときは早急に業者に変更の連絡を入れるようにしましょう。 住所未定でもちゃんと値段交渉する 引っ越し先が確定できず、住所未定の状態でも引っ越しの見積もりを依頼することは可能です。 ただし、見積金額は仮の金額で、最終的には増額する可能性があることを頭に入れておきましょう。 ですが値段交渉も忘れないようにしてください。 納得出来ない増額の場合で、引っ越しまでにまだ余裕があるようであれば、他社にも再見積もりを依頼して、納得できる金額での引っ越しを行いましょう。 住所未定で引っ越し見積もりをすると、営業の方はこのお客さんは急いでいるという目でみて、高めの金額をふっかけてくることもあります。 返事はすぐせずに、「明日にでも連絡します」と伝えて帰ってもらい、必ず複数社の相見積もりをとって安い方を選ぶようにしましょう。

次の